副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【そんな美味しい話はありません】Webライターの仕事はきついです

WRITING

Webライター きつい

Webライターを始めました「Webライターの仕事は、長く続かない人もいるけれどきついんじゃないの?リアルな情報を知りたいです」このような疑問が出てきました。

今回は、このような疑問を解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • Webライターのきつい部分が分かる
  • Webライターのお仕事がイメージできる
  • Webライターで良かったことが分かる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライター兼ブロガーとして活動しています。

そんな僕は、Webライターとして、固定クライアントもでき、案件に困ることはなくなりました。また、Webライターで培ったライティングスキルを元にブログを始め、ブログからも毎月安定して収益を出すことができています。その結果、Webライターとして毎月安定し、固定の収益を発生させ、ブロガーとしてある程度、半自動での収益も発生させられるようになりました。

しかし、Webライターを始めたばかりの頃は「かなりきつかったです。

理由は、「実績がないから仕事が受注できない。受注できた仕事でもリサーチの仕方がわからず前に進まない。また、興味がないジャンルなので執筆テンポも悪い。時間がかかってようやく1件の執筆が終わり、納品してもダメ出し…しかも報酬が安すぎる…時給換算したら数百円…」これで、きついと思わない人は少ないはずです。

でも最近では、コツを掴んできたことと、実績ができたことで、得意な仕事を選んで受けれるようになったので、Webライターの仕事をきついと思うことも無くなりました。

Webライター きつい

「実績があるから得意な仕事を選べるようになっただけでしょ…」

このように思う方もいると思いますが、実際にそうです。実績次第で仕事が選べるのが、Webライターなのです。ですので、いかに早く実績を効率よく作るかで全てが変わってきます。

ですので、現在はいかに早く実績をつけるかを、僕自身が運営する「Wakablog College」でお伝えしており、最近では生徒さんも早い段階で実績をつけられるようになってきており、少しずつ稼げるようになってきています。そのようなことからこの記事も少しは信憑性があると思われます。

日々どんなことを意識してWebライターのきつい仕事から解放されるようにしているのかをシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論

Webライターは実績がつくまではきつい仕事です。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

Webライターはきつい仕事

2021_1008_2_1-web-writers-job-is-hard

Webライター きつい

「Webライターのきつさってなんだろう?また、どのくらいきつくていつまで続くの??」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • Webライターのきつい部分が分かる
  • きつい部分についての回避方法がわかる

こちらのテーマでは、Webライターのきつさを紹介します。Webライターとして1年以上働いてきたからこそ、仕事のきつさが分かるのです。事前に確認しておくことで、心構えができますよ。

提案が全く通らなくてきつい

こちらのパートでは、Webライターとして仕事を得るには営業力が必要な理由を解説します。その理由は、営業力がなければ仕事を始められないからです。そのため、初心者はこの時点で諦めてしまう人がたくさんいます。

初心者Webライターの場合、クラウドソーシングでの提案が全く通らないという最初の壁があります。せっかく気合いを入れて行動したのに全く仕事ができず、ここで諦めてしまう人も多いわけです。

クラウドソーシングによっては、1つの求人に対して100人以上の応募者が集まるのに、採用人数はたったの5人、もしくはそれ以下ということがあります。応募文を丁寧に書かなければ、たくさんの応募者の中から選ばれないわけですね。Webライターとして働くには、営業力が必要。だから難しいのです。

Webライター きつい

「営業力なんてないよ…そもそも営業が嫌で副業をしているのに…」

このように思う方もいると思います。しかし、営業力は先ほどお伝えした応募文で全て解決できます。応募文があなたの代わりに営業をしてくれます。

いわば最強の分身です。

では、具体的に応募文はどのようにして執筆したらいいのかですが、「【無料 テンプレート有り】ライティングでお仕事が受注できる応募文」で詳しく解説をしています。興味がある方はご覧ください。

幅広く知識が必要だからきつい

こちらのパートでは、Webライターとして働くためには知識が必要なことを解説します。なぜなら、自分が理解していないものを読者に分かりやすく伝えられないからです。そのため、勉強の大切さが分かります。

Webライター きつい

「文章さえ書ければWebライターはできる」

このように思っているのなら、注意してください。Webライターに求められるのは幅広い知識です。受注した仕事の意味が分からないと、以下の状態に陥ります。

  • 最初にその言葉自体の意味を調べる
  • 言葉の意味を調べて出てきた言葉の意味をさらに調べる
  • 2回目に出てきた言葉の意味が分からずさらに深掘りする
  • サイトによって使う言葉が少しずつ違うため、間違っていないか不安になる

たとえば、ライティングの分野によって以下のテーマを依頼されるときがあります。

  • リフレーミングについて解説する
  • ワーク・エンゲイジメントについて解説する

聞いたことのある人がいるかもしれませんが、ちゃんと意味を解説できる人は少ないのではないでしょうか?このように、頭の中で漠然としているものでも、相手に伝わる文章にしなければなりません。

ちなみにリフレーミングとは、物事を見る枠組みを変えて、別の枠組みで見直すこと。しかし少ない情報だけでは、しっかりイメージできませんよね。

そこで、まず1つの物事に対して考え方や捉え方を変えることだと解説します。その後に「コップに水が半分も入っていると捉えるか、半分しか入っていないと捉えるか」というたとえ話を使えばいかがでしょうか?イメージできるようになりませんか。このように、難しい話もたとえ話を用いて相手に伝わりやすくするわけです。

ワーク・エンゲイジメントは、仕事をするうえで以下の3つが揃った状態のことです。

  • 誇りややりがいを感じているか
  • 熱心に取り組んでいるか
  • 活き活きと働けているか

意味の分からない言葉を相手に分かりやすく伝えることはできません。そのため、まず自分が理解しなければならないところが、Webライターの難しさの1つです。

想像力が必要だからきつい

こちらのパートでは、想像力がなければWebライターとして働くのは難しいことを解説します。なぜなら、実際に体験していない内容でも、想像力を働かせながら執筆するからです。書き方1つで、伝わり方も変わります。

Webライターは自分が体験したことのない内容でも、想像力を働かせる必要があります。なぜなら、記事を読む読者の悩みが、自分が経験した内容とは限らないからです。「興味がないジャンルの仕事は執筆の速度が落ちる」というのは、初心者にはよくあります。

たとえば、この記事を読んでいるあなたが30代の男性だとしましょう。同じ「30代男性の仕事に関する悩み」でも、以下のように状況が変わるわけです。

  • 本業の収入が少なくて副業を探しているのか
  • 転職先が見つからず焦っているのか
  • 今の仕事を続けたいけど責任が重くて悩んでいるのか
  • 上司と合わなくて会社を辞めたいのか
  • 会社員を辞めてフリーランスになろうとしているのか

仕事関係で少し考えただけでも、これだけの状況が出てきました。それぞれの読者の悩みを想定しながら、読んでもらえるように文章を書くのです。

そのため人の気持ちを想像するのが苦手な場合、Webライターはとてもきつく難しい仕事だと感じるでしょう。

自己管理ができないときつい

こちらのパートでは、Webライターとして安定した収益を得るには、自己管理が必要だということを解説します。誘惑に負けやすい人は、Webライターとして稼ぎ続けるのは困難です。体内の環境を一定に保つ機能がありますので、合わせて解説します。

Webライターは出勤する必要がない分、自己管理が大切になります。「朝の9時に仕事が始まる」と決まっていないので、意思を強く持たなければ仕事をしなくなるのです。そのため、誰かが見ていたり注意を受けたりしないと作業ができないタイプの人には、難しい仕事だと言えます。

たとえば、子どものときに夏休みの宿題をギリギリまで放置していたタイプは自制が困難でしょう。「今日は楽しみにしていた動画コンテンツが配信される日だ」「漫画を一気読みしたい」などの誘惑に1人で耐えるのは難しいですよね。

私たち人間には体内の環境を安定な状態に維持しようとする働きがあります。この機能があるおかげで、気温が高ければたくさんの汗をかいて体温を下げようとしますし、自律神経が働いて体内の環境を調節するわけです。

しかし厄介な面もあります。たとえば「Webライターになって収入が増えたらいいなぁ」と頭で考えたとしても、体で例えればどこにも異常は発生していない状態です。だから、目標を達成するために行動したりその行動を続けたりしないのですね。これに対して「なんとしてでも50万稼いでやる!」という状態の人は、Webライターへの取り組み方も変わります。

自己管理ができないとWebライターを続けられないのは、楽な方に流れてしまうからです。

Webライター きつい

「どうやって自己管理をすればいいのだろう…」

このように思う方もいると思います。そのような場合は「【リモートワーク中の自己管理】デジタル管理とアナログ管理の両立」を参考にして下さい。また、自己管理の中で1番重要な事は時間管理です。そのような場合はこちらの記事も合わせて参考にしてください。

考えて仕事ができないと収益につながらない

こちらのパートでは、自分でしっかり考えないとWebライターとして稼げないことを解説します。なぜなら、ライティングの業界は基本的に、Webライターにとって不利な構造だからです。それでもしっかり考えて仕事を見極めている人は稼いでいます。

Webライターは、考えて仕事をしていかないと稼げません。理由は簡単です。通常の報酬形態と違い文字単価いくらの契約が多いからです。

1文字0.5円で文字数5,000文字を執筆しても2,500円です。5,000文字をリサーチして執筆して修正するまでにどのくらいかかるでしょうか?初心者なら8時間はかかると思った方がいいでしょう。

ようするに、時給は312円です。

しかも、そこからクラウドソーシング側に手数料を取られるなどで、稼げません。これが単価1円でしたらどうでしょうか?それでも時給は624円なのです。

これでは、稼げません。

このように「知識がないから…」「スキルがないから…」と安い値段で執筆をさせられることがあります。ですので、このような仕事をしなくてすむように、「見極め」が大切なのです。

独学で、スキルや知識をつける事は可能です。しかし、見極め方は独学でつけれるものではありません。僕が運営する「Wakablog College」でも生徒さんが「この案件どう思う?」と聞いてきてくれます。このように初心者の方は特にですが、案件精査をしていかないと無駄なお仕事をして消耗してしまうことになります。

そもそもクラウドソーシングは、ライターが負ける構造になっています。

発注者は特に手数料は発生しません。オプションをつけない限り、無料で仕事を発注できるのです。また、クラウドソーシングは受注者から手数料をもらって運営をしています。ということは、金銭的リスクを追うのは受注者です。そのため、僕がいつも生徒さんにいうことは「早く、クラウドソーシングから卒業しましょう」なのです。

Webライターの手数料と単価はこちらの記事を参考にして下さい。

しかし、きついWebライターでもある程度のラインまでくれば、とても良い仕事です。具体的には「ある程度楽に大きな金額を稼げる」であったり「汎用性が効くので他の仕事でも稼げる」などが挙げられます。その内容を次のテーマで解説します。

Webライターは最初はきついですが、自分のポジションを確立できれば確実に楽しい仕事です。

こちらのテーマでは「Webライターはきつい仕事」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

Webライターで良かった事

2021_1008_2_2-web-writers-job-is-hard

Webライター きつい

「Webライターで良かったことってなんだろう?本当にWebライターっていい仕事なのかな…」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • Webライターで良かったことが分かる
  • 知識や経験をつけたくなる理由が分かる

こちらのテーマではWebライターになって良かったことを深掘り解説していきます。Webライターは確かにきついことも多いですが、一定のフェーズを超えると見える世界が変わります。その点について詳しく解説します。

好きなことを仕事に活かせるチャンスがある

こちらのパートでは、Webライターの仕事は会社員より好きなことを活かせるチャンスが多いことを解説します。なぜなら、商品やサービス、つまり読者のニーズにはいろいろなジャンルがあるからです。

Webライターをしていると、好きなことを仕事に活かせるチャンスが多いです。一般的な会社員で働いていると、自分の好きなことをなかなか仕事に活かせないときも多いでしょう。それどころか、上司が部下の得意・不得意を理解していない場合も多々ありますよね。

ところがWebライターには、たくさんの分野の仕事があります。

美容が好きな人は、美容のライティングができますし、投資が好きな人は、投資に関するライティングの仕事ができるのです。また、ブログ運営の経験がある人を募集している求人もありますから、ブログ運営で苦労した経験が活かせます。

Webライターになれば、好きなことをほかの誰かに役立てられる可能性が高いのです。

働く場所や時間が自由

こちらのパートでは、Webライターになると働く場所や時間が自由だということを解説します。また、働く場所や時間が自由な分、敷居が低いのもWebライターの魅力です。いつでも簡単に求人へ応募できます。

Webライターは出勤しないので、働く場所や時間を自由に選べます。在宅でも働けるので、通勤する仕事よりも敷居が低いです。通勤が必要な仕事に応募する場合、以下のようにたくさんの手順が必要になります。

通勤が必要な仕事に応募する場合

  • 求人票を見て条件や仕事内容などを確認する
  • 応募したい求人に電話をかけて面接の予約をとる
  • 時間をかけて履歴書を作成する
  • 会社まで行って面接を受ける

Webライターの求人に応募する場合と比較してみましょう。

Webライターの場合の一例

  • クラウドソーシングなどのサイトをチェックする
  • 自分のできそうな仕事にネットから応募する
  • 自分の応募文が通ったらテストライティングを受ける
  • 合格したら仕事を開始する

Webライターの仕事は、求人への応募から仕事の作業まで全て在宅で完結します。例外として、クライアントにより対面でのミーティングを希望されるときもありますが、事前に募集要項に書いている場合がほとんどです。

Webライターになるのは敷居が低いので、参入しやすいわけですね。

文章でお金が稼げるようになる

こちらのパートでは、文章でお金が稼げるようになるとサラリーマンよりも良い収入を得られる可能性があることを解説します。初心者の間は収益が少ないですが、実績を積めば高収入になる可能性があるわけです。

Webライターの仕事で稼げるようになると、サラリーマンより高い収入を得られる可能性があるんです。僕は実際に、インターネット上で「月収100万円」と言っている人たちを見ています。けれども、高い収入を得るにはもちろん努力が必要。お伝えした通り、初心者のうちは割に合わないと感じる仕事が多いでしょう。

時間をかけて情報収集を行い納品した記事でも、クライアントからたくさん修正の指示が入るときがあります。「あんなに時間がかかったのに・・・」と落ち込むこともありますよね。しかし、クラウドソーシングで実績がつけば、クライアントが実績のついたプロフィールを見るので高単価のお仕事を得やすくなります。

また、これまでに執筆した記事を実績として見せれば、初心者の頃より容易にお仕事が得られるのです。
※クライアントによって実績としての掲示を禁止している人がいるので、ご確認ください。

Webライターとして稼ぐにはコツがいるのが分かったと思います。以下でも解説しているので、合わせてご覧ください。

下の表を見れば分かる通り、5万円以上の収益を得ているWebライターでも全体の18.0%になります。サラリーマンより良い収入を得られますが、それ相応の努力が必要なのです。

副業Webライターのリアルな収入は以下のようなものです。

5万円未満 全体の27,7%  副業Webライター初心者
案件が取れない下積みの時期。
5万円から10万円未満 全体の18.0%  副業Webライター中級者
案件に慣れてきてサッと稼げるようになる金額。
10万円から20万円未満 全体の18.5%  副業Webライター中級者
案件はこなしているがジリ貧状態になる。
20万円から30万円未満 全体の13.7%  副業Webライター上級者
クラウドソーシングで稼げる限界。
30万円から40万円未満 全体の8.7%   副業Webライター上級者
新規は無し。継続案件 + 企業案件で収益化。
40万円から100万円未満 全体の11,5%   副業Webライター上級者
企業案件で良い単価の案件のみを受けている状態。
100万円以上  全体の1.8%    副業Webライター最高峰
案件、単価、仕組みの全ての構築ができている。

●詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

汎用性が効くこと

こちらのパートでは、文章を書くことを覚えれば汎用性が効く事例を解説します。Webライターが仕事をできるのは、クラウドソーシングだけではありません。個人でブログを持つ方法もあるのです。個人のブログを地道に作成してアフィリエイト収入を得られれば、サラリーマン以上の収益も夢ではありません。

Webライターには、個人でブログを運営してアフィリエイトで稼ぐ方法があります。

アフィリエイトとは、商品を自分のブログで紹介してお金を稼ぐ仕組みです。紹介する商品は楽天のような通販のサイトやASPなどから選べます。ASPとは、たとえば「A8ネット」や「もしもアフィリエイト」などです。

ブログで商品を紹介すれば、以下のように収益が得られます。

A8ネット

2021年9月 539,434円 
画像1-web-writers-job-is-hard

もしもアフィリエイト

2021年9月 2,099,500円
画像2-web-writers-job-is-hard

しかし、クラウドソーシングの仕事と同様に、個人のブログでも好きな内容を書けばいいわけではありません。

たとえば、あなたが仕事で使ったサービスを紹介するとします。自分が使って良かったサービスをだらだらと紹介するよりも、以下の内容を書けばより分かりやすい記事になるのです。

  • 記事を書いたあなたはどんな人?
  • どうしてそのサービスを選んだの?
  • そのサービスはどんな人におすすめ?
  • そのサービスをおすすめしない人は?
  • そのサービスを使って良かったことは何?
  • どんな機能があるの?

ここまで詳しく書けば、はじめてブログに来る読者にも分かる内容になるでしょう。Webライターの仕事をして文章力がつけば、個人のブログの運営もできるわけです。

Webライターがブログを運営する方法をさらに詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

こちらのテーマでは「Webライターで良かった事」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

知識やスキル、実績をつける方法

2021_1008_2_3-web-writers-job-is-hard

Webライター きつい

「Webライターとして稼ぐ未来を作るにはどうすればいいのだろう?具体的な方法を知りたい!」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • この3つができれば確実に稼げます
  • この3つを習得する方法が理解できます

こちらのテーマでは、知識やスキル、実績を身につければWebライターで稼げることを解説します。逆にこの部分を考えずに進むとずっと稼げないWebライターとしてやっていくしかありません。

あなた独自の専門知識を見つける

こちらのパートでは「Webライターとして稼いでいくために、稼げるジャンルを得意な分野にしよう」ということをお伝えします。割に合わないと思いながら低単価の仕事を続けるより、稼げるジャンルを狙った方が効率がいいからです。

Webライターの収益はジャンルで決まると言っても過言ではありません。平均文字単価の例を見てみましょう。

Webライターの平均文字単価の例

不動産関係 平均文字単価はおよそ7円から10円前後
金融関係 平均文字単価はおよそ7円から8円前後
美容関係 平均文字単価はおよそ3円から5円前後

上記を見れば「Webライターの収益がジャンルで決まる」ことが分かると思います。

クラウドソーシングサイトでWebライターの求人を確認すれば、得意なジャンルの単価が調べられるでしょう。たとえば美容関係なら、クラウドソーシングの検索窓に「ライター 美容」と入れればどんな単価の求人があるのか確認できます。

しかし、一般的にクラウドソーシングサイトは単価が低いと言われています。そんなときはSNSを使って調べることも可能です。TwitterなどのSNSでも稼げるジャンルの求人を行っているときがあるので、「#ライター募集」などで調べてみましょう。

執筆ジャンルについての詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

4つのライティングスキルを身につける

こちらのパートでは「Webライティング」「SEOライティング」「セールスライティング」「コピーライティング」を身につけるべき理由を解説します。スキルを身につければ、高単価のお仕事を得やすくなるのです。

Webライティング

ライティングスキルの基本は、相手に正しく伝わる文章を書くことです。目安として、およそ30記事執筆すれば身につけられるでしょう。文字単価1円のお仕事を得るには、まずWebライティングのスキルを身につけてください。

SEOライティング

検索エンジンGoogleに、自分の書いた記事を上位表示させるためのスキルが「SEOライティング」です。奥が深いスキルで、読者の悩みにしっかり答える、キーワードを入れながら執筆する、などいろいろな方法があります。文字単価2円の仕事を得たいのなら、最低限SEOライティングを習得しましょう。

セールスライティングとコピーライティング

商品やサービスを販売するための文章を執筆するのが「セールスライティング」です。セールスライティングやコピーライティングは、そのほとんどが長文になります。コピーライティングも一緒に身につければ、7円以上の高単価が見込めるでしょう。

ここでは4つのスキルが必要なことを解説しました。以下の記事でも詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

今からの半年間で50件のライティング実績をつける

こちらのパートでは、クラウドソーシングでライティング実績をつける方法を解説します。お伝えした通り、実績をつければそれが仕事に繋がり、単価の高い仕事に繋がるからです。実績に繋がる応募文の書き方も紹介しました。

半年間で50件のライティング実績をつけるには、仕事の依頼として積極的に応募文を提出します。仕事を探している人は1日でおよそ10件~20件の仕事に応募文を提出しているのが、Webライティングの世界です。

初心者から半年間で50件の実績をつけるには、まず仕事を獲得しなければいけません。そのため、積極的に応募文を提出しましょう。クラウドソーシングの応募文で大切なのは「仕事内容に関係のある実績を伝わるように書くこと」です。以下に、仕事内容がブログの運営方法の場合の事例を紹介します。

仕事内容

ブログの運営方法を執筆する。

応募文の例

①自己紹介や応募した理由を書く。名前は本名が望ましいです。挨拶を忘れずに。
例文
はじめまして。Webライターをしている○○と申します。私は日常的にブログで情報発信をしています。
※ここで重要なことは「副業とは言わない」ことです。誰も副業のライターに仕事を依頼したくありません。

②仕事内容に関係のある実績を具体的に書く。クライアントが求める内容を理解していることもアピールしましょう。
例文
依頼内容を拝見させていただいたところ、初心者にブログの申し込み方法から運営方法を解説するのが目的だと認識しました。また、想像するにこの記事は、サーバー紹介へのアフィリエイト誘導がゴールだと認識しています。

私が運営するブログは、実際にサーバーまでを紹介する記事や、その後の流れを説明する記事を多数作っております。結果、○月のサーバー関係のアフィリエイト報酬は〇〇万円ございます。実績もあるため、御社の役に立てると確信しております。

また、サーバー契約後のアフターフォローや運営方法を学ばせるための記事内容として、ブログスクールの紹介記事を集客記事から収益記事、そして商標記事まで自然と送客できる設計を組み運用しております。その結果、スクール紹介からのアフィリエイト報酬が、○月には○○○万円ございました。

ただ、1つの記事を執筆するだけではなく、後の読者の行動心理から次に欲する内容までを計算してマネタイズできる設計を組むことが可能です。

そして、私が執筆の時に重要視しているのは下記の内容です。

  • 読者はどんな記事が読みたいのか?
  • 読者が求める答えを記事に書いているか?
  • 誰が読んでも分かりやすく解説できているか?

そのため、読者に分かりやすく解説できることと思います。

以下が私のブログのURLです。参考までにご覧ください。
自分が執筆した記事のURLを掲載する

③執筆スケジュールを記載する。仕事内容の詳細に書いている、クライアントの意向に沿うのが望ましいです。
例文
1週間に10記事の執筆が可能です。

④最後に以下のようなメッセージを書いておくと、返信しやすいです。
例文
最後になりますが、上記の内容に対して疑問点や不安がありましたら、ご連絡ください。また、ご担当者様の業務負担軽減につながることが、私の付加価値になります。ご興味があればご連絡をお願いします。

このように実績を書けば、クライアントに伝わります。上記は仕事内容がブログの運営だった場合です。コスメに関する執筆なら「どれだけコスメが好きで詳しいか」「どれだけ日常的に使っているか」を書くといいでしょう。

以下の記事でも、自己PR文の書き方だけではなくテンプレートもありますので、合わせてご覧ください。

クライアントに実績が伝わる応募文を提出して、コツコツと仕事を進めましょう。クライアントからの評価も高くなりますので、できれば納期よりも早く納品する習慣をつけてください。

  • 実績が伝わる応募文を積極的に提出する
  • 納期よりも早く納品する習慣をつける

これが、半年間で50件のライティング実績をつけるコツです。けれども、Webライティングのスキルを独学で学ぶのは労力がかかります。こちらも合わせてご覧ください。

こちらのテーマでは「知識やスキル、実績をつける方法」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_1008_3-web-writers-job-is-hard
この記事では「 【そんな美味しい話はありません】Webライターの仕事はきついです」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • Webライターはきつい仕事
  • Webライターで良かった事
  • 知識やスキル、実績をつける方法

という内容でお届けしました。
 
それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。