会社を辞めずに賢く副業で稼ぐわかチンのブログ

» 「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【無料 テンプレート有り】ライティングでお仕事が受注できる応募文

Webライティング

腕組みをして考えるサラリマンライター

副業でWebライターをしています。
「クラウドソーシングで仕事が受注できません。応募の仕方が悪いのでしょうか?」
「応募文のテンプレートはないでしょうか?」
このような悩みが出てきました。

このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • クラウドソーシングでお仕事の受注ができるようになります。
  • 仕事を応募する際のストレスが軽減されます。
  • 発注者側からの目線が理解できます。

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。
そんな僕は、2021年4月1日から2021年4月23日まで、お仕事を46件応募をし、結果6件のお仕事の受注ができました。受注の仕方は非常にシンプルで、応募文のテンプレートにクラアントが知りたい情報を付け加えるだけです。
日々どんなことを意識して、クラウドソーシングでお仕事の応募をしているかシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論です。

応募する際にはクライアントが望む情報を1番に提供しましょう。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

クラウドソーシングで使える応募文のテンプレート

crowdsourcing-template-2-3

腕組みをして悩む男性ライター

「クラウドソーシングで、ライティングのお仕事がスムーズに受注できるような応募分のテンプレートはないかな?」

こちらのテーマでは、このような悩みを解消するために、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

このテーマを読むメリットは次の内容です。

  • このテンプレートを使うことでWebライティングの受注の難易度を下げられます。

このテーマでは、ライティングのお仕事をクラウドソーシングで受注する際に、使える応募文をご紹介します。
このテンプレートを使えば、10件応募すれば1件は受注ができる内容です。使い方も簡単です。「クラウドソーシングを使っているけど、お仕事の受注ができない」このような悩みをお持ちの方に向けてお届けする内容となっています。

テンプレートの申請方法

テンプレートの他にも特典がついてます!

まずこちらからテンプレートの申請をしてください。
» 【無料】クラウドソーシング用 ライティング応募文のテンプレート

特典:応募文の添削

こちらの応募文を受け取ってくださった方には、あなたが作成した応募文のテンプレートの添削を無料で行います。添削方法は、あなたが作成した応募文を「30分無料相談」もしくは「問い合わせフォーム」に投稿してください。3日ほどで添削をし、返信します。
また、応募文を使った結果がよければそちらも教えていただければとても嬉しいです。

では、実際に次のパートでは、応募文の使い方につてレクチャーをしていきます。

テンプレートの使い方

テンプレートがあればお仕事の受注には困らない!

テンプレートの全容はこのような内容です。
※クリックすると拡大できます。

あなたのタイプに合わせて修正をしましょう

  • 導入文章
  • 自己紹介
  • ポートフォリオ
  • 稼働時間について
  • 日常業務
  • 特技・スキル
  • お願い

になります。では、詳しく解説していきます。

導入文章

【1】の部分は、あなたの名前を入力します。
crowdsourcing-template-4
【2】の部分は、お仕事のタイトルをコピペして貼り付けます。
crowdsourcing-template-5
【3】応募時にクライアントからの応募時の応募要項があれば「応募時の質問回答」と記載し、回答を入れます。
crowdsourcing-template-6

自己紹介文

副業でやってます」はNGワードです。発注する側としては、副業でやっている人には発注したくありません。
【4】この部分は、そのまま使ってもらってもOKです。
crowdsourcing-template-7
【5】の部分は、必要に応じて使用してもらってOKです。
SEOライティング、セールスコピーライティングの対応が可能です」この部分だけは対応可能ではないのであれば外しましょう。
crowdsourcing-template-8

ポートフォリオ

【6】ブログがあればブログテーマ名+URLを貼り付けましょう
crowdsourcing-template-9
【7】過去のライティング実績がある場合は入れましょう。ない場合は削除して下さい。また、過去のライティング実績の記事URLやPDFのデータを貼り付けておきましょう。
crowdsourcing-template-10

稼働時間について

【8】こちらで重要なのは、発注者が知りたい情報です。それは「何文字の記事を月に何記事納品できるか」です。こちらを明確に記載しましょう。
僕の場合ですと3,000文字を月間10記事前後としていますが、クライアントの依頼内容が5,000文字などの場合は、記事納品数で調整をしています。
crowdsourcing-template-11
【9】追加で平日の稼働可能な時間と土日の稼働可能時間を記載しておきましょう。
※こちらはあくまでもMAXの数字でOKです。
※「しかし、お急ぎの場合は臨機応変に対応させていただきます。お気軽にご相談ください」この文言が重要なので置いておきましょう。
crowdsourcing-template-12

日常業務

【10】こちらでは、普段あなたが行っている作業内容を記載しましょう。
※「本業では・・・」のように、Webライターを副業でやっていることを連想させないようにしましょう。
コツとしては触れる程度のレベルで問題ありません。ここで執筆できるジャンルの選定にものなります。
crowdsourcing-template-13

特技・スキル

【11】こちらではあなたが得意な分野、少し触れる程度でも構わないのでスキルを記載しましょう。
こちらの目的はあくまでも「別案件でのスカウトをもらうため」になります。
自分が執筆したいと思うジャンルを連想させることが重要です。
※全くさわれない、知識がないものを記載してはいけません。
crowdsourcing-template-14

お願い

【12】こちらで重要なことはその案件にもよって変わってきますが、下記の2つは必ず入れておきましょう。

  • 打ち合わせの対応方法
  • 仮払い前の執筆

になります。基本的にはchatworkやクラウドソーシング内だけでの関係に留めておきましょう。
よくある話ですが、LINEやメールアドレスを聞き出し、そのLINEやメールアドレスに勧誘のためのSTEPを送ってくる業者がいますのでご注意ください。
crowdsourcing-template-15

このようにテンプレートは使っていきます。
このテンプレートを使い、応募をすれば10件に1件は受注ができると思ってOKです。

もし、テンプレートを自分なりに作成しても「このテンプレートで問題ないかな?」と思う人もいますね。
そのような場合は僕が添削を行います。「30分無料相談」や「お問い合わせ」からご連絡をください。

まだ、テンプレートを受け取っていない方はこちらよりテンプレート申請をしてくださいね。
» 【無料】クラウドソーシング用 ライティング応募文のテンプレート

こちらのテーマでは「クラウドソーシングで使える応募文のテンプレート」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

テンプレートを使う際の注意点

crowdsourcing-template-2-2

縛られている男性

「テンプレートを使う際の注意点ってなんだろう?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するために、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

このテーマを読むメリットは次の内容です。

  • テンプレートがテンプレートではなくなるオリジナルの応募文になります。

このパートは重要です!
クラウドソーシングでライティングのお仕事の応募をする際に「テンプレートをコピペして応募するだけでは受注になりません」あくまでも雛形だということを理解してください。
クライアントが何を求めているかを汲み取りましょう。

まるまるコピペではだめです。

コピペだけで仕事が取れる甘い世界ではありません!

クライアント側は、送ってきた応募文がコピペなのか、わざわざ作った文章なのかは、見ればわかります。
ですので、取得したテンプレートをそのまま使うのではなく、加工しながらあなたの実績に合わせて変更していきましょう。

応募文がそのままのコピペなら意味がありません。

それぞれのクライアントからの応募要項があります。その応募要項に合わせてあなたが作成する必要があります。
crowdsourcing-template-16
こちらの応募内容を「応募時の質問回答」の欄に付け加えて加工してください。
crowdsourcing-template-17

絶対に忘れたらだめな箇所は「応募タイトル」です。

こちらは必ずチェックし、間違いがないかを確かめた上で応募をしましょう。
crowdsourcing-template-18

こちらのパートではテンプレートを使う際の注意点について解説してきました。次のパートでは実際に独自性を出すため、テンプレートに育てていく方法を解説していきます。

クライアントの要望を汲み取りましょう。

常に逆の立場に立って考えましょう!

クライアントに文章で「この人と仕事がしたい」と思わせれば継続案件も受注可能

できることなら1度クラウドソーシングでお仕事を出してみましょう。
テストライティングなどであれば1記事出すのに、500円から1,000もあれば十分可能です。そうすれば実際に、どのような形でお仕事の依頼が届くかがわかります。

僕も実際にお仕事の発注をすることがあります。

仕事を発注する側に立てば、見えてくるものがあります。「テンプレートを使用していてもきちんと書いている」と思う人から「テンプレートをコピペしているだけ」の人。見ればわかります。

大切なことは、発注者がお仕事情報に記載していることに対し、きちんと回答をくれる方とお仕事をしたいと思う。ということを理解することです。

また、僕が発注者側に立った時には、ワーカーさんとのやりとりの回数を減らしたいと思います。そのため、クライアントが「何を依頼しており、何を求めているか」これを理解して応募文を作ることが大切です。

こうすればクラウドソーシングからでもお仕事の受注は問題なくできます。

まとめると、このような悩みを解決できる記事です。

疲れてため息をつくライター

「クラウドソーシングで受注が取れない」

このような場合は下記のことが考えられます。

  • 仕事の応募数が少ない
  • 送っている応募文の内容が薄すぎる

になります。

回答としては、今回ご紹介したテンプレートを使い、1つのお仕事の受注までに10件の応募をしてみましょう。

みなさんから「このテンプレート使ったらお仕事が受注できた!」の声をお待ちしております。
» 【無料】クラウドソーシング用 ライティング応募文のテンプレート

こちらのテーマでは「テンプレートを使う際の注意点」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

crowdsourcing-template-2-4
この記事では「【無料 テンプレート有り】ライティングでお仕事が受注できる応募文」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • クラウドソーシングで使える応募文のテンプレート
  • テンプレートを使う際の注意点

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。下記の自宅で学べる無料講座「THE 副業大百科 〜個人の力でお金を稼ぐ〜」も、是非チェックしてくださると喜びます🙇‍
講座を視聴していただいた方限定で豪華特典を無料プレゼントしているので、この機会にどうぞ💁‍♂️

自宅で学べる無料講座

賢い副業!特別ウェビナー

お知らせ:厳選した下記のコンテンツがおすすめです

サラリーマンから主婦の方に対応しており、これから賢く副業をスタートしたいとお考えの方は、ぜひどうぞ🙇‍

おすすめコンテンツ

無料コンテンツ

有料コンテンツ

当ブログと他のサイトの圧倒的な違いは、様々な疑問や悩みを解決するために【無料体験レッスン】30分の無料相談会&体験レッスン(オンライン開催)に初回限定で参加できることです。

どうしても分からなかったり、1人で悩むことがあればご相談ください。

その他、ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

無料から学べる「Wakablog College」に参加はお済みですか?会社を辞めずに副業で安定した収益を発生させるために、順序立てて学べるオンライン学習サイトです。この機会にぜひどうぞ💁‍♂️

僕は、こんな人です

わかチン
本業を捨てずに、ブログを主軸に収益を発生させています。また、副業を始めた人が迷わずに学べるオンラインスクール【Wakablog College】を運営しています。当ブログではみなさんにとって有益な情報を無料で提供していきます。一緒に頑張っていきましょう!「サラリーマンや主婦の方向け!個人の力でお金を稼ぐための講座」を無料配信中!無料で集中して作業ができる環境→ もくもく作業会
» プロフィール詳細はこちら

チップをいただけると、心から喜びます

特別配信【THE 副業大百科】個人の力でお金を稼ぐ【無料で受講できる特別講座】

挫折防止【1人じゃない!】ZOOM もくもく作業会〜孤独社会からの脱却〜