副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【Webライターで副収入ゲット】おすすめオンラインスクール 3選

WRITING

頭の上に「?」がついている男性

Webライターのオンラインスクールに入学を検討中です「おすすめのスクールを知りたいな。受講する意味、価値って本当にあるの?また、実際にスクールに通った事でどのくらい稼げるようになるの?」このような疑問が出てきました。

今回は、このような疑問を解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • Webライタースクールを受講すべきかの判断が下せる
  • Webライタースクールを選ぶ際に失敗しないで済む

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。

そんな僕は、Webライターを始めた当初オンラインスクールに通っていました。その結果、同時期に始めたWebライター仲間よりも先に稼ぐことができるようになりました。

1番オンラインスクールに通って良かったと感じる点は、発注者側のリアルな選考方法が理解できたことです。発注者の選考方法や選考基準を理解したことで、仕事の受注率がかなり上がりました。

そのほかにも、Webライターとしての文章力向上やWebライティング独特の文章構成も理解できたことで継続案件を含めて受注を量産し、稼ぐことができるようになりました。

その結果、現在では僕自身がWebライターを育成するスクールを運営したり、Webライターで稼ぐための短期集中講座を運営できるようになりました。

オンラインスクールを受講し、現在はWebライターとして副収入を得ている経験から、「ココは良い」と思えるおすすめのオンラインスクールをシェアしていきます。またオンラインスクールのメリットやデメリット、スクール選びで重要なポイントもご紹介します。参考になると嬉しいです。

結論です。

オンラインスクールを受講するとWebライターとして副収入を得ることにつながります。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

Webライタースクールおすすめ 3選

2021_0801_2_1-recommended-web-writing-school

頭の上に「?」がついている女性

「おすすめのオンラインスクールはどこか知りたいな?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 自分にピッタリのオンラインスクールがわかります

こちらのテーマでは、副業でWebライターを始めたいという方におすすめの、3つのオンラインスクールを紹介していきます。それぞれ概要や料金、そしておすすめポイントについて触れているので、スクール選びの参考にしてみてください。皆様の希望にあった、気になるスクールが見つかるはずです。

1つだけ、理解して下さい。基礎知識の部分はどこのスクールでも同じことを教えてもらえます。大切なことは「誰に教えてもらいたいのか」になります。どのスクールでも特別な情報が出てくることは期待しないで下さい。

とは言っても、どのスクールでも、教わることを身に着けることでしっかりと稼ぐ事が可能です。それでは、詳しく見ていきましょう。

スクール名 WritingHacks Enthrall たのまな
料金 69,800円(税込) 88,000円(税込)
※キャンペーンで69,300円(税込)
初回のみ3,560円(税込)、2回目以降は3,300円(税込)×9の分割
トータル33,260円(税込)
講義スタイル 5~10分の動画が多数 7本の動画 紙とオンラインの良いとこどり
強み ・講師は有名ブロガー兼ライターの「沖ケイタ氏」と「原千秋氏」
・1つの動画は5~10分なので隙間時間に勉強可能
・LINEで気軽に質問可能(無制限)
・他人の質問とその回答がチェックできるので視野が広がる
・卒業生限定の仕事グループへ招待される
・講師はWebメディア立ち上げ経験もある「佐藤渉氏」
・7本の動画で短期集中学習
・質問は無制限でZOOMを使った対面も可能
・案件探しのサポート
・作成記事の添削
・紙ベース+オンライン講座
・Webライティング技能士試験が受けられる
・質問はメールで無制限
・「確定申告」などに関する副業セミナーを受けられる
・支払いは分割(月額3,300円)
向いている人のタイプ ・隙間時間に勉強がしたい人
・他のライターと交流したい人
・まとめて一気に勉強がしたい人
・ZOOMなどでしっかりと質問したい人
・初期投資をおさえたい人
・紙のテキストがあると勉強しやすい人
・ライターとしての資格を取りたい人

「ライティングハックス」とは

こちらのパートでは人気のオンラインスクール「ライティングハックス」についての概要・おすすめポイント・投資分を回収するのに必要な期間をご紹介しています。ライティングハックスが、自分に向いているスクールなのか、そうではないのか、ザックリとした感覚がつかめるはずです。

ライティングハックスのおすすめポイントは隙間時間で勉強がしやすいということ。講義は5分~10分の動画で構成されているため、電車での移動時や、仕事のお昼休みなど、ちょっとした時間を有効活用してWebライティングの勉強が可能です。

忙しくて続けられるか不安…という方も、5分の動画なら見られますよね。

講義を担当しているのはブロガー・ライターとして活躍している「沖ケイタ氏」によるライティングスクールです。

大金を稼ぎだす現役ライターならではの視点で、読まれる文章の書き方から、安定した仕事の受け方までを指導してくれます。

そんなライティングハックスの料金は69,800円(税込)です。

この69,800円という金額は文字単価1円の仕事を69,800文字請け負えばペイできます。Webライティングの世界では5,000文字程度の仕事が多いので、おおむね14記事分ということです。

最初は記事作成にそれなりの時間がかかるはずです。1ヶ月で5記事程度しか書けないかもしれません。けれどそれをすぎれば、スピードは一気に増します。副業でも1ヶ月で10記事作成も無茶な話ではありません。

つまり2ヶ月目で投資分を回収し、以降は収益が生まれるということ。チャレンジする価値はあるはずです。

ご紹介するライティングハックス

有名なブロガー兼ライターが講師を務める、ネームバリュー満点のライティングハックの申し込みはこちらからどうぞ。

» 申し込みはこちらをクリック

詳細はこちらの記事をご覧下さい。

「Enthrall」とは

こちらのパートでは話題を集めている「Enthrall|最短最速で月5万円稼ぐ」についての概要・おすすめポイント・投資分を回収するのに必要な期間をご紹介しています。「Enthrall|最短最速で月5万円稼ぐ」が、自分に向いているスクールなのか、そうではないのか、ザックリとした感覚がつかめるはずです。

Enthrall|最短最速で月5万円稼ぐWebライティング講座は短期集中で勉強したいという方におすすめ。7本の動画で構成されており、1日1本見れば、1週間で基礎理解が可能。

講義を担当しているのはWebメディア運営経験のある「佐藤渉氏」です。

仕事の受注から記事作成までをサポートしているため、Webライターとしての安定した収入につながりやすいのが特徴です。

Enthrall|最短最速で月5万円稼ぐWebライティング講座の料金は定価が88,000円(税込)なのですが、2021年7月現在、キャンペーンで69,300円(税込)で受講できるそう。気になる方はおはやめに。

なお、定価の88,000円という金額は文字単価1円・5,000文字の仕事で18記事分ということです。

最初は記事作成にそれなりの時間がかかるので1ヶ月で5記事程度だと思います。けれどそれをすぎれば、スピードは一気に増すもの。副業でも1ヶ月で10記事作成も無茶な話ではありません。

つまり3ヶ月目で投資分を回収し、以降は完全な収益です。チャレンジする価値はあるはずです。

ご紹介する「Enthrall」最速で月5万円稼ぐWebライティング講座

人気Webメディア編集者が講師を務める、オンラインスクール「Enthrall」の申し込みはこちらからどうぞ。

» 割引申し込みはこちら

詳細はこちらの記事をご覧下さい。

「たのまな」とは

こちらのパートでは「ヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」Webライティング講座」についての概要・おすすめポイント・投資分を回収するのに必要な期間をご紹介しています。ヒューマンアカデミーのライティング講座が自分に向いているのか、そうではないのか、ザッとした感覚がつかめるはずです。

初期投資をおさえつつWebライティングを学びたい方におすすめなのがヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」Webライティング講座です。

多くのオンラインスクールは一括払いのみなのですが、「たのまな」Webライティング講座では分割払いに対応。初回のみ3,560円(税込)で、2回目以降は3,300円(税込)です。勉強したいけどお金が…という方でも比較的始めやすいはずです。

トータルとしても、33,260円(税込)ですので、お財布に優しいオンラインスクールです。

33,260円分の投資を回収するために文字単価1円の記事を33,260文字書けばOKです。ボリュームの少ない3000文字の記事だとしても、12記事でペイできます。

副業ライターだとしても2ヶ月あれば投資を回収し、収益を生み出せるはずです。チャレンジする価値はありますよね。

ヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」Webライティング講座では紙ベースのテキストとオンライン講義のハイブリッド型です。テキストがあるので、学んだことをすぐに見直しやすいというメリットもあります。

ご紹介するヒューマンアカデミー「たのまな」Webライティング講座

まずは、無料の資料請求を行い中身を確認してみましょう。営業勧誘もありません。

» 無料の資料請求はこちらからどうぞ

ご紹介したスクールの比較は以下です。

スクール名 WritingHacks Enthrall たのまな
料金 69,800円(税込) 88,000円(税込)
※キャンペーンで69,300円(税込)
初回のみ3,560円(税込)、2回目以降は3,300円(税込)×9の分割
トータル33,260円(税込)
講義スタイル 5~10分の動画が多数 7本の動画 紙とオンラインの良いとこどり
強み ・講師は有名ブロガー兼ライターの「沖ケイタ氏」と「原千秋氏」
・1つの動画は5~10分なので隙間時間に勉強可能
・LINEで気軽に質問可能(無制限)
・他人の質問とその回答がチェックできるので視野が広がる
・卒業生限定の仕事グループへ招待される
・講師はWebメディア立ち上げ経験もある「佐藤渉氏」
・7本の動画で短期集中学習
・質問は無制限でZOOMを使った対面も可能
・案件探しのサポート
・作成記事の添削
・紙ベース+オンライン講座
・Webライティング技能士試験が受けられる
・質問はメールで無制限
・「確定申告」などに関する副業セミナーを受けられる
・支払いは分割(月額3,300円)
向いている人のタイプ ・隙間時間に勉強がしたい人
・他のライターと交流したい人
・まとめて一気に勉強がしたい人
・ZOOMなどでしっかりと質問したい人
・初期投資をおさえたい人
・紙のテキストがあると勉強しやすい人
・ライターとしての資格を取りたい人

こちらのテーマでは「Webライタースクールおすすめ 3選」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

スクールのメリット・デメリット

2021_0801_2_2-recommended-web-writing-school

疑いの目を向けてくる男性

「Webライターのオンラインスクールって意味あるの?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • オンラインスクールを受講すべきかを判断できます

こちらのテーマでは、副業ライターを始めたい方がオンラインスクールで得られる3つのメリットについて紹介していきます。「日本語で文章は書けるし、自己流でもいいんじゃない?」や「お金の無駄にならないか心配…」なんてことを考えている方はぜひこのテーマをチェックしてみてください。

オンラインスクールのメリット

こちらのパートでは、オンラインスクールを受講して得られるメリットについてご紹介していきます。多くの方はオンラインスクールに対して「ホントに意味あんの?」と思っているはず。もちろん個人差はありますが、オンラインスクールには意味があります。その理由をチェックしてみてください。

Webライティングに関するオンラインスクール受講のメリットはこのような感じです。

  • 文章スキル・読ませるスキルが学べる
  • SEOについて学べる
  • ライターとしての営業方法が学べる

このようなメリットを詳しく解説します。

文章スキル・読ませるスキルが学べる

Webライター向けオンラインスクールを受講すると、多かれ少なかれ文章スキルと読ませるスキルがアップします。

思い返せば文章の書き方についてキチンと学んだ記憶ってないですよね。みんな自己流で文章を書いています。これはつまり、「文章スキルアップの伸びしろが残っている」ということです。

ただし、何もしない限り、伸びしろを活かすことはできません。これってもったいない話ですよね。

また、Webライターが書く文章はスマホで読まれることも多く、スマホでの読みやすさを意識する必要もあります。おそらく「スマホで読みやすい文章の書き方」を学校で習った人はいないはずです。

スマホで読みやすい文章は適度に改行されている必要があります。あるいは漢字の使い方も重要です。例えば「いずれも」を漢字で書くと「何れも」ですが、これは平仮名表記の方が読みやすいと感じる人が多いはず。

改行も漢字の使い方もちょっとした話です。けれど、読みやすい文章を書くためにはそんな「ちょっとした」が重要になります。

見た目よりも内容の方が重要では?」という人もいるかもしれません。もちろん文章を書く以上、中身は重要です。

とはいえ、内容に行き着く前には見た目の印象が重要な意味を持ちます。例えば、文章がギチギチにつまって読みにくいホームページを開いたら、思わずスワイプしたくなるはず。これでは読んでもらえません。

文章の基本的な書き方と共に、Webブラウザ上で読みやすい文章の書き方が学べることがオンラインスクールのメリットです。

SEOについて学べる

SEOが学べることも、ライティングスクールの大きなメリットです。SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字。ざっくりと言えば、検索結果上位に食い込むためのテクニックです。

どれだけ良い文章を書いたところで、誰の目にもとまらなかったら意味がありません。そして、誰かの目にとまるかどうかは、検索結果に表示されるかどうか次第です。そこではSEOが大きな意味を持っています。

上手い文章が書けるけど検索結果に表示されないWebライター」と「文章はそこそこだけど検索結果に表示されるWebライター」がいた場合、後者の方がお金を生み出せます。つまりWebライターにとってSEOの理解は文章力と同じか、それ以上に大切ということです。

意味のある内容だったらおのずと検索結果の上位に表示されるんじゃ?」と考えている人もいるかもしれませんが、そう簡単にはいきません。

意味のある内容かどうかを判断するのはあくまでも読者です。読者の目にふれてこそ、良し悪しの判断がなされます。誰の目にも触れることの無い文章が(たとえ内容が素晴らしかったとしても)検索結果の上位にくることはありません。

このように、Webライターとして結果を出すためには、検索結果に表示されることが大切です。SEOが学べることはオンラインスクールを受講する大きなメリットといえます。

ライターとしての営業方法が学べる

Webライターは個人事業主です。収入を得るためには、自ら営業をして仕事を見つけてこなくてはいけません。

定期的に収入を得るためには、継続してできる仕事が重要です。まっとうな収入を得るためには文字数と文字単価も見逃せません。つまり、Webライターとして安定した収入を得るためには、文章力とSEOに加え、まともな仕事にアクセスできる営業力が求められます。

ちなみに今回おすすめしている3つのライティングスクールでは、営業や仕事の進め方についての講義も持っています。受講して内容を理解すれば、すぐにWebライターとしての仕事が始められます。

営業や仕事の進め方ってそんなに重要?」と思う方もいるかもしれません。けれど、個人で仕事を進めていく上では思っている以上に重要です。私も過去には思い出すのもイヤなほど「ろくでもない案件」に引っかかったことがあります。とはいえ、個人で契約している以上、誰も守ってはくれません。そんな案件に貴重な時間を使ってしまったことは後悔してもしきれないほどです。

営業のやり方や仕事の進め方を学べることは、定期的な収入を得るために大きな意味を持っています。営業力がアップすることはオンラインスクールの大きなメリットといえます。

オンラインスクールのデメリット

こちらのパートでは、オンラインスクールのデメリットについて解説していきたいと思います。どんなことでもそうなのですが、メリットしかないということはありえません。メリット・デメリットをしっかりと見極めてこそ、受講すべきかが見えてきます。「受講するか悩んでる…」という方はぜひチェックしてみてください。

Webライティングに関するオンラインスクール受講のデメリットはこのような感じです。

  • 学習するにはそれなりの時間が必要
  • 料金は安くはない

このようなデメリットを詳しく解説します。

学習するにはそれなりの時間が必要

Webライティングに関するオンラインスクールをこなすにはそれなりの時間が必要です。例えばライティングハックスですと、講義だけで動画が77本用意されています。1本の長さは5~10分ほどですが、全て5分だとしても、全て見るためには385分必要です。

当然ですが、動画を見て終わりではありません。課題の文章作成がありますし、それに対するフィードバックもしっかりと目を通し、次に繋げてこそ、ライターとしての成長につながるからです。

正直言って簡単なことではありません。とはいえ、簡単なことで月に5万円の副収入は得られないですよね。

挫折するかどうかの境目は成長するための努力と考えられるかどうかです。

料金は安くはない

Webライター養成のオンラインスクールの料金は数万円というのが相場です。決して安い金額ではありません。学生や休職中の方などにとっては痛い金額のはずです。

オンラインスクールの料金を自分への投資と考えられるかどうか、そこがポイントになってきます。なお、少なくないお金を出すことが、勉強に対するモチベーションになるという側面もあります。

こちらのテーマでは「スクールのメリット・デメリット」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_0801_3-recommended-web-writing-school
この記事では「【Webライターで副収入ゲット】おすすめオンラインスクール 3選」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • Webライタースクールおすすめ 3選
  • スクールのメリット・デメリット

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。