会社を辞めずに賢く副業で稼ぐわかチンのブログ

» 「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

管理方法に関する記事一覧


管理方法

経費について考える運営者「最近『何にいくら使っているのか分からない…』や『経費で落とせるから私的な事にお金を使っている…』が重なり、リアルにどのくらいの経費がかかっているのが全く分からない…」このような疑問が出てきました。本記事ではこの様な疑問を解消するためのお手伝いをします。結論「経費として使うもの」と「経費にできるもの」は全く違い、経費にできるものはただの浪費もしくは消費です。経費管理を見直しましょう。

管理方法

提供コンテンツに悩む運営者稼ぐ系ジャンルのスクールを運営しており、通常は講義中心のコンテンツを提供していますが、最近マンネリ化を感じています。。マンネリが解消できるコンテンツが欲しいです…」このような悩みが出てきました。本記事ではこのような悩みを解消するためのお手伝いをします。新しいコンテンツを導入することは大賛成です!重要なのは、『稼ぎにつながるコンテンツであり、常に数字で検証可能な形のコンテンツであること』です。

管理方法

スケジュール管理の方法を模索する運営者「稼ぐ系ジャンルのスクールを運営しています。生徒さんが増えてきてスケジュール管理が難しくなってきました。上手にスケジュールを管理する方法を知りたいです」このような疑問が出てきました。本記事ではこのような疑問を解決するためのお手伝いをします。結論、スクール運営のスケジュールの管理の仕方ひとつで売り上げが大きく変わってくることを理解しておきましょう。

管理方法

コンテンツの管理に悩む運営者「稼ぐ系ジャンルのスクールを運営しています。日々、生徒さんの稼ぎに繋がるコンテンツを作っているのですが、コンテンツの数が増えて管理しきれていません…どうすれば…」このような悩みが出てきました。本記事ではこのような悩みを解決するためのお手伝いをします。管理するべきコンテンツの種類は2つあります。ひとつ目は「学習動画コンテンツ」ふたつ目は「単体動画コンテンツ」です。常に入れ替えをしていく必要があります。

管理方法

売上げの使い道を考える運営者「稼ぐ系ジャンルのスクールを運営しています。最近、少しずつ稼げるようになってきました。この売上げをどう使うのが1番良いのでしょうか?スクールの発展に繋げたいです」このような疑問が出てきました。結論、スクールで稼いだお金はスクール生に対して還元、投資をしていきましょう。そうすることで、生徒さんの収益アップとスクールの発展に繋がります。間違っても浪費に使うことをしてはいけません。

管理方法

定員人数に悩む運営者「副業で稼ぐ系ジャンルのスクールを運営しています。少しずつ生徒さんも増えてきましたが、どのくらいの定員数に設定すれば良いですか?本業との両立ができる方法を知りたいです…」このような悩みが出てきました。本記事ではこのような悩みを解決するためのお手伝いをします。結論、受け入れ人数はその人によって変わります。ただし「定員数 = 売上目標 ÷ 授業料」ということを理解しましょう。よって、稼げる可能性の高い生徒さんだけを選定しましょう。

管理方法

データ管理に悩む運営者「稼ぐ系ジャンルのスクールを運営しています。スクール運営において必要な生徒データですが、どのように保管すれば良いですか?生徒さんに管理させているとよくなくされます…」このような悩みが出てきました。本記事ではこのような悩みを解消するためのお手伝いをします。結論「生徒さんのデータ管理はデータ管理にはGoogleドライブが最適な選択肢」です。理由はデータ共有も簡単にできるからです。しかし、ドライブ内でのデータ管理方法が重要です。

管理方法

進行管理に悩む運営者「稼ぐ系ジャンルのスクールを運営しています。最近生徒さんが順調に増えてきたのですが、ひとりひとりの進捗状況を把握できなくなってきました…頭で覚えられるキャパを超えました」このような悩みが出てきました。本記事ではこのような悩みを解決するためのお手伝いをします。結論「頭で覚えておくことは非常に難しいです。メモ帳とカレンダーを活用して生徒さんの進行状況を管理」これがシンプルでわかりやすい方法です。

管理方法

思考力を持たせたい運営者「稼ぐ系ジャンルのスクールを運営しています。私の生徒さんは…自発的に考えることが苦手なようでして…自分でコンテンツを作ることができません…どうすれば良いでしょうか?」このような疑問が出てきました。本記事ではこのような疑問を解決するためのお手伝いをします。結論「生徒さんの思考力向上は、実践的な課題提供と継続的なサポートを通じて実現可能です」これがスクール運営者の仕事です。

管理方法

悩む運営者「稼ぐ系ジャンルのスクール運営を始めます。ただ、将来のことを見据えると1人で運営することは可能なのか心配になってきました。複数で運営するべきか、1人で運営するべきか迷っています…」このような悩みが出てきました。本記事ではこのような疑問を解決するためのお手伝いをします。結論「オンラインスクールの運営は、個々の状況に応じて単独または複数で行うことが推奨されます」その理由は収益問題と外注さんの存在です。