副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【初心者におすすめ】Webライティングを副業にして稼いでいく方法

WRITING

パソコンを見ながら悩むサラリーマンライター

副業でWebライティングを始めようと思っています。「どのくらい稼げるのだろう?仕事の始め方や受注のしかたがわからない!メリット・デメリットが知りたい…」こんな悩みの解決方法があれば知りたいです。

今回は、このような悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • 具体的な稼ぎ方がわかります
  • 準備と始め方がわかります
  • 具体的な仕事の受注方法がわかります

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。

そんな僕は、Webライターとして、固定クラアイアントもでき、案件に困ることはなくなりました。その結果、Webライターとして毎月安定して、固定の収益も発生させられるようになりました。

また、Webライターとして次のステージに進むため、僕自身がWebライターを育成するスクール「Wakablog College」を運営したり、「Webライターで稼ぐための短期集中講座」をサービス展開しています。

現在では、現役Webライターとしての活動とWebライターを育成する立場としての見方ができるようになりました。また、同時に僕自身がライターさんに記事を発注することも多数あります。そのため、この記事も少しは信憑性があると思われます。

日々どんなことを意識し、Webライターとして仕事をしているかをシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論

日本語の読み書きができれば月に10万は稼げます。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

副業Webライティングは稼げます

started-with-web-writing/

あたまの上に「?」がついているライター

「Webライティングを副業にするとどのくらい稼げるのだろう?」

こちらのテーマではこのような疑問を解消するために深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 具体的な稼ぎ方がわかります

こちらのテーマでは、Webライターの稼ぎ方について解説します。Webライターで稼ぐために、まずはそれなりの量をこなさなければいけません。稼ぐために必要なことについて解説します。

稼ぐための絶対条件

こちらのパートでは、Webライターとして稼ぐために頭に入れておくべきことをご紹介します。具体的な方程式はとてもシンプルです。Webライターは裏技があるわけではありません。ご紹介する方程式を理解して行動しましょう。

「単純な公式を頭に入れること」がスタートです。常に意識してください。

  • 文字単価 × 文字数 × 納品数 =収益

これを理解するとWebライティングで稼げます。逆にこれが理解できていないと、まったく稼げません。

膝を抱えて涙を流すライター

「いくらやっても稼げない・・・」

こんなふうにならないために、この公式は必ず覚えてください!

大切なのでもう一度お伝えします。

  • 文字単価 × 文字数 × 納品数 =収益

単価を意識する

こちらのパートでは、Webライターとして稼いでいくために必要な「単価」について解説します。Webライターは文字単価いくらの世界で仕事をしています。受ける仕事の線引きをするようにしましょう。

文字単価によって1記事の報酬が違ってきます。はじめに押さえておきましょう。

文字単価1円以上の仕事しか受けない

具体的に数字を見てみましょう。

A:3時間で 5,000文字 × 1.0円 
= 5,000円 時給1,667円

B:3時間で 5,000文字 × 0.3円 
= 1,500円 時給  500円

どちらが効率がいいか、わかりますよね?

でも、こんな疑問が出てくると思います。

しれーっと見てくるライター

「初心者だからしかたない…高単価の仕事を受注しても、時間がかかれば時給単価は下がる」

僕も最初はそう思いました。

そのため、最初は「文字単価0.3円」の仕事を受注しました。しかし、その仕事を2時間かけて執筆し納品した後は、”脱力感”と”今後続けていけるか?”という心配しかありませんでした。

2時間で 5,000文字 × 0.3円 
= 1,500円  時給  750円

次の仕事は、たまたま「文字単価2.2円」でした。3時間かかり、納品しました。しかし時給にはこんな違いがでました。

3時間で 5,000文字 × 2.2円 
= 12,500円  時給 4,167円

しかも、0.3円の仕事とそれほど難易度は変わりませんでした。

両方とも不明点がありましたが、Google検索で答えが出てきました。これを「コピペしてから、リライトする」で執筆できました。

1円以上の案件も1円以下の案件も、難易度にはそれほど差がないことがわかりました。

だからこそ、仕事を選ぶ条件は文字単価1円以上。なんなら検索して文字単価の高いものから選んでいくのもいいと思います。

これをやってみて「月に5万から10万稼ぐのは初心者でも可能」だと感じました。

納品数を意識する

こちらのパートでは、Webライターで稼ぐために重要な「納品数」について解説します。納品数がなければどれだけ高い文字単価のお仕事を受けても稼ぐことはきません。文字単価と同じく、大切な項目です。

納品数が多ければ稼げます。しかし、無理をすれば続きません。自分のペースをつかむことが大切です。

逆算と自分の生活スタイルで決める

  • 文字単価 × 文字数 × 納品数 = 収益

無理せずに稼ぐことを考えましょう。

次は納品数について解説します。ポイントは下記の通りです。

  • 無理に納品数を増やさないこと!

継続して稼いでいくためには、無理をしすぎないことが大切です。

こんなふうに書くと、このような反論が出てくると思います。

頭の上に「?」があるライター

「そんな甘い考えで稼げるの?」

実は、これがとても大切です。

無理に受注して納期に遅れたら、そのクライアントとの付き合いは終わります。

クラウドソーシングで発注している人のブログに、こんなことが書いてありました。

  • 7割の人は納期に遅れる
  • 納期に遅れた人には次から発注しない

つまり「満足してもらえる記事を納期内に納品すること」が先決なのです。

また、何よりも納品数を増やして稼ぐことには限界があります。

  • 収益アップを目指すには納品数より単価アップを考えましょう!

これも初心者には大切なことですね。「1ヶ月に執筆できる記事数は何本か?」まずは、これを決めるのがポイントです。

目標収益金額 ÷ ( 文字単価 × 文字数 )
= 納品記事数

目標収益額に届かない場合は徐々に文字単価と文字数を上げることを考えましょう。

とはいえ、最初は以下くらいの金額で無理のない目標設定がおすすめです。

(収益)20,000円 
=(報酬/文字単価1円×5,000文字)
5,000円 × (納品)4件

さて、稼ぐための目標設定はできましたか?さらに、Webライターで稼げる金額や、将来性について知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。


次はいよいよ、Webライティングで仕事を始める準備を進めていきます。

こちらのテーマでは「Webライティングを副業にすると稼げます」について深掘り解説してきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

副業Webライティングの始め方

started-with-web-writing/

頭を抱えるサラリーマンライター

「仕事の始め方や進め方がわからない」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • Webライティングの準備と始め方がわかります

こちらのテーマでは、Webライティングで仕事をするための準備を始めます。ここで解説するものを順番にそろえていけば、稼ぐための準備はバッチリです。

パソコンを準備

こちらのパートでは、Webライターとして稼いでいくにあたり必要なパソコンについて解説します。パソコンとスマホ、タブレットについても解説しますので、ご覧になってください。

このような質問がよくあります。

スマホを持ったライター

「スマホだけでできる?」

結論 「できます。

ただし、このようなデメリットがあることをご理解ください。

  • PCなら2時間の作業が、スマホだと6時間くらいかかってしまう
  • 受注できない仕事もある

また、画像の差込みや装飾を依頼される場合はスマホではできないことがあり、そうなると仕事を限定されてしまいます。

このような理由から、安いものでもまったく問題ないのでパソコンは用意しましょう。

Googleドキュメントを準備

こちらのパートでは、Googleドキュメントについて解説します。こちらは必ず用意しましょう。理由は、Googleドキュメントを使えないと仕事の受注できる幅が思いっきり狭まります。無料で使えるものなのでご安心下さい。

PCやスマホ、いろんなデバイスで編集可能な”Googleドキュメント”を準備しましょう。これを使えば、移動中やスキマ時間に執筆できるので便利です。

実際に僕は、Googleドキュメントで移動中に文章の修正や校正確認をしています。

パソコンをしているライター

「WordやExcelじゃダメなの?」

と考える方がいると思います。

結論 「ダメではありません。

ただ、副業でライティングをする場合、スキマ時間の活用は重要です。スキマ時間を有効活用するために、Googleドキュメントの準備をおすすめします。また、最近では、Googleドキュメントを使って納品を求めてくるクライアントも多数います。そのため、Googleドキュメントは必須になります。

スマホかタブレットを準備

こちらのパートでは、「スマホ、タブレットは実は重要」といった内容でお届けします。当たり前のことなのですが、意外と活用できていない人が多くいます。

これはスキマ時間の活用ですね。PCを持っていなくても、スマホやタブレットがあれば移動中に作業したり、時間が空いた時に作業できたりと重宝します。

「スマホなどで作業ができないからPCの購入をすすめていたのでは?」

という声が聞こえそうなので、使い分けについて簡単にお伝えします。

パソコン

メインの文章や大枠の文字入力、画像の差し込みや、装飾

スマホ、タブレット

細かい編集、文字の追加、誤字の訂正など

と使い分けをしましょう。細かい編集などは移動中のスキマ時間を活用すれば効率よくできるので、おすすめです。

テンプレートを作る

こちらのパートでは、Webライターとして、お仕事を受注するにあたり、とても重要なテンプレートについて解説します。僕は、発注者としての業務を行なっておりますが、応募文やプロフィールがきちんとしてない人には発注はしません。そのくらい大切なことになります。

ただ、理解して欲しいことは、テンプレートはあくまでもテンプレートです。相手の欲しい情報に合わせて文章を書き換える必要があります。

受注率アップにつながるプロフィールと応募文のテンプレートについて解説します。

テンプレートで意思を伝える

  • プロフィールで伝えること
  • 応募文で伝えること

テンプレートを使用して、しっかりと意思を伝え提案のブレを無くしましょう。

僕は何度かテンプレートを更新しました。
そのおかげで仕事の受注率はかなり上がりました。5件応募したら1件は通ります。

プロフィールで伝えること

  • 対面、電話、LINEによる打ち合わせはしないと伝える
  • 仮払い前の執筆はしないことを伝える

このように伝えることが非常に大切です。
もし他にもできないことがある場合は、テンプレートに記載しておきましょう。

モヤモヤと考えているライター

「これで受注数が減るのではないか?」

と心配される方もいると思います。

ただ、そういう案件はだいたい単価が安いと思っていいです。また、無理をしてまで受注することはないと思います。

プロフィール文には「できないことはできない」と必ず記載しておきましょう。

そうすれば無理な要求が確実に減ります。

プロフィール文章については、無料でプレゼントをしています。詳しくは、こちらの記事を参考にして下さい。

応募文で伝えること

  • 簡単なベースだけを作る
  • 依頼者の要望に応える内容を追記する
  • 得意分野を記載しておく

これで受注数は確実に上がります。

下を向いて考えているライター

「これだけで本当に受注できるの?」

と思う方もいると思います。

結論 「できます。

クライアントも人間です。長々と文章を書いてもほとんど読まれません。
シンプルにわかりやすく、相手が必要な情報のみを渡す」これを徹底しましょう。

応募文についても、無料でプレゼントをしています。詳しくは、こちらの記事を参考にして下さい。

クラウドソーシングサイトに登録

基本的に初心者はまず、クラウドソーシングを使って仕事を見つける必要があります。クラウドソーシングもたくさんありますが、まずはこの2つを使えば問題なしです。

仕事を探して受注するクラウドソーシングサイトへの登録です。ライティング案件を受注しやすいサイトについても解説します。

クラウドソーシングサイト

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

この2つのサイトには登録しておきましょう

最後はクラウドソーシングサイトへの登録。実際に仕事を探すサイトです。もちろん無料で登録できます。

» クラウドワークス
こちらはライティングの仕事数が多い。
2020年12月現在で、約2,000件

●具体的な登録方法や使い方はこちらの記事をご覧になってください。

» ランサーズ
こちらは仕事を探すのが簡単です。
2020年12月現在で、約380件

●具体的な登録方法や使い方はこちらの記事をご覧になってください。

これを見ると、クラウドワークス一択でいいのでは?と思うかもしれません。しかし、サブサイトとしてランサーズに登録しておくのには理由があります。

クライアントがクラウドワークスで評価点数を見て、ランサーズからスカウトしてくる場合もあるからです。クラウドソーシングでは、サイトごとに自分の評価点数がつきます。この評価点数は非常に大切です。

受注の基準となる評価点数は【4.5点以上】だと思ってください。

また、これは、僕の偏見かもしれませんが、ランサーズの方が仕事の質は高いです。。。どちらも無料なので登録しておきましょう。

クラウドソーシングサイトへの登録が完了したら、いよいよ仕事探しですね。受注につながりやすい手順を次の項で解説します。

●学習方法や稼ぎ方まで詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

こちらのテーマでは「副業Webライティングの始め方」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

副業Webライティングの受注のしかた

started-with-web-writing

パソコンを見ながら悩んでいるライター

「Webライティングの案件はいっぱいあるけど、どれに応募するのがいいんだろう?」

はじめての応募は不安ですよね。ここでは、このような疑問を解消するために深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 具体的な仕事の受注方法がわかります

まずはやってみることが重要です。先ほどお伝えした単価を参考にしながら本テーマの5つを意識してください。

ジャンルで選ばない

初心者はジャンルを選べる立場ではありません。少しでも興味のあるものに応募しましょう。しかし、将来的には稼ぐためのジャンルを執筆できれば強いです。

初心者は好きなジャンルで仕事を選びがちですが、それでは見つかりません。知らないジャンルでも執筆できるWebライターを目指しましょう。

  • 自分の好みのジャンル
  • 執筆できる業界のジャンル

大半の人はこれが原因で挫折します。

  • 好きなジャンルならラッキー
  • 無知なジャンルの執筆
ぼーっと考えているライター

「知らないジャンルでは執筆できない」

このような疑問が出てくると思います。

ただ、現代ではGoogle検索をすれば、だいたいの答えは落ちています。不明点を検索するクセをつければ、ある程度のジャンルには対応できるはずです。また、検索してもわからない点はクライアントに聞けば教えてくれます。

なので、最初からジャンルを選ばないことが鉄則です。

ライティングで稼ぐ人の共通点は「どんなジャンルでも対応できること」です。

ビビらずにどんどん応募していきましょう!

とは、いっても稼ぎやすいジャンルは知っておきたい…と思うものですよね。このような方はこちらの記事を参考にしてください。

仮払い前の執筆はしない

これは、鉄則です。「仕事をした後に報酬を支払わずに逃げられる…」僕もやられたことがあります。本当にやる気を無くしてしまうので、必ず守りましょう。

これは必須です。説明するまでもありませんが、仮払いをしないクライアントとは契約をしてはいけません

納品後に報酬を支払ってくれないことがあります。クラウドソーシングの規定違反にもなるので気をつけましょう。

冷や汗をかいているライター

「ここまで絞ってしまうと仕事を逃すのでは?」

と心配する方もいると思います。

このような心配はいりません。仕事は他にも多数あるので、上記3つの条件をしっかり頭に入れておきましょう。

対面・電話に対応しない

ライターは文字で伝えることができるお仕事です。電話たZOOMを使っての打ち合わせは時間の無駄です。

理由はシンプルです。打ち合わせを重ねるごとに追加条件が増えてしまいます。チャットワークやクラウドソーシング内の対応だけにしましょう。

個別でLINEなどを聞いてくる場合は、勧誘につなげられることがあるので気をつけましょう。あくまでもお仕事をすることが目的です。

とにかく応募する

Webライター初心者はこちらが1番重要です。何よりも応募を優先して下さい。

まだ実績がないうちは、どんどん応募するしかありません。案件選びのコツや目安について解説するので参考にしてください。

  • 数を打ちすぎると首を絞めます
  • 受注率を常に意識して、保有案件は2つ以上にしないこと

仕事がないと始まりません。とはいっても応募する条件は下記の3つに絞りましょう。

  • ライティング案件に絞る
  • 単価を1円〜1.9円に設定する
  • ”継続依頼あり”にチェックを入れる

条件検索で出てきた案件の上から順番に応募していきます。

応募文のテンプレートを活用して、どんどん応募してください。仕事を取ってからどのように動くか考えましょう。

ただし、1回の応募は5件から10件にしておきましょう。

僕の経験で1番の失敗は「何件も応募して、多くの案件を受けてしまったこと」です。
これが原因で仕事が回せなくなりました。

この経験から「1回の応募を5件ほどにして受注がなければ、また5件応募する」この繰り返しがいいと考えます。

先ほどお伝えしたとおり最初の目標としては
(収益)20,000円
= (報酬/文字単価1円×5,000文字)
5,000円 × (納品)4件
くらいがベストです。

つまり、5,000文字で文字単価1円の仕事に応募すればいいということですね。これなら、特に問題なく受注できます。

よくある話で、こんなことを耳にします。

パソコンの前で考え込むライター

「応募しても、まったく受注できない」

これは次のことが原因だと考えられます。

  • 応募件数が少ない
  • 応募文の内容が薄い

解決策として

①応募文はテンプレートを活用してください。

②応募件数を毎日5件から10件、受注できるまで応募し続けてください。

受注できた場合は必ず納期内に納品すること!初めての受注では、目安として「1記事を1週間で納品」くらいの余裕を持ちましょう。

クラウドソーシングで仕事を受注する目的は「継続依頼を受けるため」です。

継続案件になれば、単価アップ交渉も可能になります。

まずは受注ができるまで、とにかく応募しましょう!

ただ、どうしても案件が取れない場合は、実績作りとしてこちらを活用して下さい。僕の発注案件になります。

付加価値をつけて納品する

発注者も人間です。ご紹介することを意識されたら、初心者でも採用します…

クライアントを120%満足させる

継続依頼につなげるためにも、クライアントに「この人に書いてほしい」と思ってもらえることが大事です。

  • クライアントの先の行動を把握する
  • 継続契約に持っていく

単発の仕事ではかなりしんどいです。
納品後、クライアントがどのように記事を世に出すのかを把握しましょう。

  • ブログの記事として出す
  • 電子書籍として出す
  • HPの紹介文として出す

などいろいろあります。これは記事を依頼される際、クライアントにヒアリングしておくといいですね。

たとえば、「ブログの記事として出す」のであれば、見出しのタグ”や”囲みにする部分”をわかりやすく記載しておく”などの気遣いをしてあげましょう。
可能なら、タグをつけると喜ばれます。

納品後の形式に合わせることで、先方の作業の手間を省く

これができれば、他の受注者とかなりの差別化が図れます。

クラウドソーシングで仕事を探している人の大半は初心者なので、ちょっとした気配りでかなりの差がつきます。

これが継続案件につながるのです!

継続案件になれば単価が上がり、少ない執筆件数でも10万以上稼げます。
納品時にはクライアントの想像以上の形で納品することを心がけましょう

こちらのテーマでは「副業Webライティングの受注のしかた」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

started-with-web-writing/
この記事では【初心者におすすめ】Webライティングを副業にして稼いでいく方法というというテーマで、下記の順に解説しました。

この記事で解説した方法をうまく使えば副業として稼げるようになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。