会社を辞めずに賢く副業で稼ぐわかチンのブログ

» 「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【Webビジネスで販売する商品の作り方】実はとても簡単に作れます

商品作りの始め方

ネットビジネス 商品作り 方法

Webビジネスを始めました。「個人コンテンツの販売をしたいです。しかし、どうやって商品を作れば良いかわかりません。また、どのような価格帯にすればいいのかなども含めて教えて欲しいです。」このような悩みが出てきました。

今回は、このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • Webビジネスの商品の作り方がわかる
  • 作った商品の販売方法がわかる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライター兼ブロガーとして活動しつつ、個人コンテンツを作り販売をしています。

そんな僕は、Webライターとブログをメインにしてある程度満足のいく収益も取れるようになってきました。しかし、活動をしていく中で、最近になりとても気になり出したことがあります。それは下記の内容です。

ネットビジネス 商品作り 方法

「この環境があるからやっていけることだな…」

Webライターとしての収入は、固定のクライアントとの関係があるから、仕事が入ってくる状態を作れている。また、ブログに関してはGoogleのSEOの状態が今の自分のブログにマッチしているから稼げている。また、最大の環境は僕自身が在宅で本業を行えていることや、健康な体があるから稼げている状態だと感じています。

ようするに、環境が変われば大きく収益が上下してしまうことです。

この状態では、一生労働が必要になります。また、新しい分野への挑戦や学習をする時間がない…であったり、本業との兼ね合いがあるので、少ない時間で稼ぐ必要がありもっと効率良く大きな金額を稼げるようになりたい。と思ったら個人コンテンツの作成が必要になります。

そして、現在の僕は、個人の商品の代表としては「Wakablog College」の運営をしたり、また単発商品として「稼ぐための短期集中講座」を開催しています。また現在では、プロダクトローンチなどを使い高額の商品も作成し、販売することができるようになってきました。そのため、この記事も少しは信憑性があると思われます。

日々どのようなことを意識し、商品の作成から販売までをしているかをシェアします。参考になると嬉しいです。

結論です。

初心者がコンテンツを作る時は、高額商品を作る

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

Webビジネスの商品と料金形態

2021_0127_2_1-how-to-make-a-product

ネットビジネス 商品作り 方法

「個人コンテンツはどんな商品があって、どんな料金形態がいいのかな??」

こちらのテーマではこのような疑問を解消するために深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら。

  • 承認作りの落とし穴に落ちなくて済む
  • 稼ぎ続ける料金形態を導入できます

こちらのテーマでは、商品作りの負のループに落ちず、稼ぎ続けることができる料金形態を導入することについて、ご紹介していきます。ネットビジネスにおいては必須となるテクニックですので、ぜひ参考にしてください。

3つの商品を作りましょう

こちらのパートでは、Webビジネスを成功させるカギとなる、3つの商品を作ることについてご紹介させていただきます。この、3つの商品を作ることの重要性について深く知っているか否かということは、今後のコンテンツ販売に大きな影響を与えるほど重要なポイントとなりますので、必ず押さえてください。

「松・竹・梅の法則」を使うこと

ネットビジネスで効率よく収益を上げて、どんどん良い商品を作るためには、「松・竹・梅の法則」を使いましょう。「松・竹・梅の法則」とは、商品を3つの価格帯に分類して展開したときに、大多数の人が真ん中にある価格帯の商品を買う傾向にある、という法則です。

●例えば、飲食店で以下のメニューがあったとします。

  • 松定食 1500円
  • 竹定食 1200円
  • 梅定食  900円

上の3つのメニューが用意されている場合、殆どの人が中間にある価格帯の「竹定食」を選択する傾向が強いのです。一番上のメニューは贅沢で高いという感覚があり、一番安いメニューも何となく物足りないと思ってしまいます。そして、ついつい真ん中の無難な竹定食を選んでしまう、というわけです。

この「松・竹・梅の法則」は色々な場面で多く使われています。

つまり、ネットビジネスでも上記の法則を使う事で効率よく収益を上げることができるようになるのです。この「松・竹・梅の法則」は、マーケティング戦略を考える上でも必要不可欠なもので、商品の「値段設定」がいかに重要な要素なのかがお分かりいただけると思います。

初心者はまずこの料金形態の商品を作る

●単発有料商品
ここでの商品は、ユーザーの悩みを短期間(3ヶ月から半年)で解決できる商品にしましょう。考え方としては「あなたの時間を販売する」というのが理想です。あなたの今持っているスキルを「個別セッションをつけて販売する」のです。

  • 情報商材のみの販売はしない
  • 販売単価を安く設定しすぎない
  • 単価のバランスと商品構成を考える

上記を守るようにしてください。

ここの商品構成は複雑にせず、シンプルなものにしましょう。複雑な商品は売れにくい傾向にあります。「商品タイトル」を見て、「あ、この商品は〇〇だ!」と商品の中身が一目で分かるものを作ります。ここでは、このような疑問が出てくると思います。

ネットビジネス 商品作り 方法

「情報商材を販売しないと何を販売するの?」

という疑問が湧いてくると思います。情報商材の販売はリスクが大きすぎます。特に「PDFを渡して終わり」これはやめておきましょう。情報商材でも販売の仕方になります。「情報商材 + 個人セッション」であればOKです。理由はインターネット社会になっている昨今、情報は常に溢れています。もし仮に、インターネットで検索してPDFの内容が出てきてしまったらクレームは避けられないでしょう。

自分が知りたいと思ったときに検索したら簡単に出てくる情報を販売してお金を稼ぐ事は、今後は厳しくなっていくと想定されます。また、そういった情報ばかりを売っていると、あなたの信用が失われる可能性だってあるのです。

情報商材を販売すると決めたのであれば、本当に誰も知らない有益な情報を提供しないといけません。誰もが、あっと驚くような目から鱗の有益な商材です。

お金の価値を産むのは、「付加価値」だと覚えておいてください。またその時代に合ったトレンド商品を自分で作り出すのです。

●例えば、以下のような感じで設定すると良いです。

  • フロント商品  10万円~15万円
  • ミドル商品     30万円~50万円
  • エンド商品     50万円~80万円

情報商材のようなPDFを売る場合で考えてみると、PDFの単発有料商品10万円に、プラスコンサルをつけて30万円のような形で構成してみる、など工夫をしてみましょう。

また、別の方法としては、このような方法も存在します。最初のフロント商品を10万円~15万円にする場合は、その商品を購入しなかった見込みのあるユーザーに低価格の商品を販売するダウンセルという方法を試すのも一案です。

●サブスク
前述しましたが、サブスク型の商品購入が最終目的ですので、ここで多くの人に購入してもらえると…以下のようなメリットが生まれます。

  • 毎月、安定した収入を確保できる
  • 単発の商品でも高額商品を購入してもらえる

上記のようなことが起きます。

よく考えてみてください。高いものを買うとき、「信用できる相手から買いたい」あなたもそう思いませんか?多くの人は、高額な商品を購入する場合、信頼できる人・信用のある人から商品を購入したいと思うものです。これは当たり前の人間の心理です。

また、Webビジネスで定期収入を獲得したいのであれば自分の価値観に共感してくれる人を50人集めれば良いのです。

希望収益が10万円だとすると、5,000円のサブスク型課金の商品を20名が買ってくれたら、希望収益に到達します。ユーザーが、あなたを信用できると思ってくれている間はずっと毎月10万円が入ってくることになります。

このことを基にし、下記の方式を使って商品単価を決めましょう。

欲しい収益 = 単価 × 購入人数

もっと収入を増やしたい場合は、下記の項目を改良すればOKです。

  1. 単価を上げる
  2. 購入数を増やす

この2つを検討すれば良いです。また、サブスク型商品の購入の場合は、あなたを信用して購入しています。その後に高額な商品を出した際に、「この人が販売する商品だから、本当に価値があるんだな」と思ってもらえる確率が高いですので、高額商品でも購入してくれることが大いに期待できます。

このように、自分の工夫次第で収益をどんどん上げていく事ができます。また、サブスクの場合はオンラインサロンやカレッジ運営で収益を得ることができます。料金形態については下記のような内容となっています。

オンラインサロン

  • 480円/月
  • 980円/月
  • 2,980円/月

このように、料金の違いで受けられるサービスが異なっています。例えば、視聴可能な動画の内容が違っていたり、コミュニティー内でのサービスを受けられる価格が違っていたりなどします。

分かりやすく例えると、下記のような内容です。

  • 0円    :小学生
  • 4,980円 :中学生の高校受験
  • 25,000円 :高校生の大学受験

このような感じで、料金の違いは受けるサービスのレベルの違いです。

そもそも、オンラインサロンというのはコミュニティーや交流が目的のもので、カレッジの場合は、受講できる内容の違い、と覚えておきましょう。

1番の理想としては、サブスクの人に商品販売をすることです。もしくは単発商品を販売し、それをきっかけにオンラインスクールへ入れるという流れもありです。

特典も大事な要素

商品を作るときに1番大事で、忘れてはならないのが「特典」です。特典を作る真の目的としては、商材を売りやすくするためです。人間の心理としては、特典ありと特典なしでは、特典ありの方が魅力的で購入したくなるものですよね。

特に全く同じ商品を販売する場合には、特典なしよりも特典ありの方がお得感がありますので、「気になる商品だから買いたい!特典が付いてくるなら今買っちゃおう」という気持ちになるのです。

特に、情報商材のPDFをたくさん売りたい場合には、人を惹きつける魅力的な特典を付けて人を多く集めましょう。また、独自の商品を作るのは、あまりおすすめしません。商品は真似をして作った方が断然良いです。まずは色々な商品を見て参考にし、自分にできそうなものを商品として売ります。

Wakablog College」では、このような内容を無料クラスで講義しています。

高額商品とサブスク商品

こちらのパートでは、「高額商品」と「サブスク商品」について詳しく解説します。

本テーマを読むメリットはこちら

1つ1つ詳しく解説します。

値付けについての知識が身に付く

ビジネスにおいて料金の値付けは、とても重要です。料金の値付けは、個別コンサル料金と期間の違いがあります。下記のような例題を参考にして下さい。

  • 週に1回60分のコンサル付き  半年間なら36万円
  • 週に1回120分のコンサル付き  半年間なら72万円

上記のような値段となっています。値段が極端に安過ぎる場合、広告費にもなりません。初心者の場合は、絶対に安売りはしてはダメです。初心者が安売りをしてしまうと、かえって稼げなくなります。

単価10,000円でも100,000円のものでも、1,000,000円のものを販売しても業界・集客方法が同じであればコンバージョン率はさほど変わりません。つまり、何が言いたいかと言うと「高額な商材を販売した方が効率が良い」ということです。

例えば…この様な内容です。

  1. 1,000件のリストがあったとします。
  2. CTR(クリック率)約1.72%
  3. CVR(成約率)9.43%
  4. 単価

これを式にまとめると下記のようになります。

1,000(リスト) × 1.72%(CTR) × 9.43%(CVR) × 100,000円(単価) 
= 162,196円(売り上げ)

  500(リスト) × 1.72%(CTR) × 9.43%(CVR) × 500,000円(単価) 
= 405,490円(売り上げ)

5,000(リスト) × 1.72%(CTR) × 9.43%(CVR) × 300,000円(単価) 
= 2,432,940円(売り上げ)

商品を作る時に単価は高くしないと儲かりません。また、単価だけでなく、リストの数も重要になることを忘れないようにしましょう。

リストの重要性については「【ネットビジネスではリストが最重要】失敗しないリスト取得の方法!」の記事をご覧になって下さい。また、実際のリストの収集方法については、下記の記事を参考にして下さい。

また、最終的には広告を出すことになります。安売りしてしまうと経費が圧迫し、結局は利益が出ません。だからこそ、高額商材を販売する方が断然、賢い選択です。

値段はあってないようなもの。価値あるものを提供して、ユーザーが満足のいく対価をもらえるようにしてあげるのが良い方法だと言えます。そのために、相手を満足させることができる商材作りに励みましょう。

また値付けの基本は、個別コンサルをつけることで自由に変更できるようになります。

料金形態が分かる

・単発商品
基本的には、一括払いになることが多いです。どうしても分割にしたい場合は3回までが限界となります。分割は3回以上になると逃げられる可能性が高いです。

そのため一括で支払える人を相手にすることが大切です。

・サブスク
一番の目標は、このサブスクにたくさんの人を集めることです。単発商品からサブスク商品、サブスク商品から単発商品へと紹介し、効率よく売れるサイクルを生み出しましょう。

そして、下記のようなマインドを持ちましょう。

  • 1回の販売で終わらせない
  • 何度も売っていく

このことを実践します。

決済方法について詳しくなれる

  • PayPal
  • codoc

それぞれの手数料・入金サイクルについてご紹介します。

PayPal

PayPalは単発決済のときにおすすめです。公式サイトはこちらのリンクをクリックしてください。

PayPal

入金サイクル:支払い完了後、事業者のペイパルアカウントへ即入金。ペイパルと直接契約する場合は、ペイパルアカウントに事業者の銀行口座を登録することで、最短3日で入金されます。
決済手数料:下記を参考にしてください。

売上金額 決済手数料(国内) 決済手数料(海外)
〜30万円 3.6 % + 40 円 / 件 4.1 % + 40 円 / 件
30万円〜100万円 3.4 % + 40 円 / 件 3.9 % + 40 円 / 件
100万円〜1,000万円 3.2 % + 40 円 / 件 3.7 % + 40 円 / 件
1,000万円〜 2.9 % + 40 円 / 件 3.4 % + 40 円 / 件

詳しくはこちらのサイトをご覧になってください。
» PayPal 解説ページ

codoc

サブスク決済にはcodocが良いです。公式サイトはこちらのリンクをクリックしてください。

codoc

入金サイクル:通常4営業日で入金。
決済手数料:一律となっているのが特徴です。下記を参考にしてください。

売上金額 決済手数料 振り込み手数料
一律(金額設定なし) 15 % / 件 300 円 / 件

詳しくはこちらのサイトをご覧になってください。
» codoc 解説ページ

こちらのテーマでは「Webビジネスの商品と料金形態」について深掘り解説してきました。これらを組みたいとお考えの場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

Webビジネスで商品を作る方法

2021_0127_2_2-how-to-make-a-product

ネットビジネス 商品作り 方法

「そもそも…商品ってどうやって作ればいいのか解らない…」

こちらのテーマではこのような疑問を解消するために深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 商品を簡単に作れることができます。
  • 商品作りで重要なことを理解できます。

こちらのテーマでは、「一体商品をどうやって作れば良いか分からない」という人に向けて、Webビジネスで商品を作る方法を詳しく解説します。集客できる商品の作り方を学び、Webビジネスに役立ててください。

商品は自分で作るな、真似をしよう!

こちらのパートでは、Webビジネスで商品を確実に売るにはどうすれば良いのかについて、詳しく解説していきます。

まず言えることは、「今世の中に出ている商品を真似しましょう」ということです。

YouTube広告などを見て勉強するのがおすすめです。YouTube広告などから「どんな商品をいくらで売るの?」「ユーザーの何の悩みを解決する商品?」「この人のコンセプトメイキングは何?」などを研究します。

未開拓のブルーオーシャン市場は見ないようにし、徹底して既存市場のレッドオーシャンを狙いましょう。

オリジナル商品のみではまず売れませんので、すでにある商品にプラスして、オリジナルを載せて作っていくというイメージです。オリジナル商品にできるのは、グレーな商品あるいは需要がない商品という証拠であり、売れる商品であれば既に誰かが作っているものです。

また、自分が実際に体験して「これは良い」と感じたものを販売しましょう。

まずは自分が体験しないと、どういったところが魅力的なのか?微妙な点はどこか?などが分かりませんよね。分からないまま人に勧めるのは難しいですし、信憑性に欠けます。ようするに、自分が購入した商品をアレンジして、アップグレードして売るのです。

高額にするコツを挙げるとすると、「個人コンサル」です。独学では成果を出すのがなかなか難しいと言われているネットビジネス。だからこそ、個人コンサルで高収益を目指すのも賢い選択肢だといえるでしょう。

商品の賞味期限は短いものもあります

こちらのパートでは、商品の告知から販売までの期間について解説します。どれくらいの期間で販売すれば良いのかが分かりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

商品には賞味期限があることも忘れないでください。「この商品いいな!」と思ったらすぐに作るようにします。商品の告知から販売までは1ヶ月以内に終わらせましょう。理想としては2週間です。

先程も述べたように、完璧に出来上がった商品を出すのではなく、ブラッシュアップをしながら出しましょう。その理由は、消費者のニーズは待ってくれないからです。

完成度も60%くらいで出してしまう。くらいの気持ちで進めましょう。

また、商品作りについては「Wakablog College」の無料クラスでヒントになることがたくさんあります。興味のある方はぜひ、覗いてみて下さい。

こちらのテーマでは「Webビジネスで商品を作る方法」について深掘り解説してきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

Webビジネスで商品を販売する方法

2021_0127_2_3-how-to-make-a-product

ネットビジネス 商品作り 方法

「商品は作れた!今、1番売れるための商品の販売方法を知りたいです!」

こちらのテーマではこのような疑問を解消するために深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 効率良く自社コンテンツを販売する方法がわかる

こちらのテーマでは、売れるためにぜひ実践しておきたい、商品の販売方法について詳しく解説していきます。「商品は無事に作れたけど、利益を得るための販売方法が分からない」という人に役立つ情報です。

半自動で販売するならプロダクトローンチ

こちらのパートでは、半自動の販売や顧客リストについて解説していきます。効率よく集客して成果をあげるためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

顧客のリスト集めは、すぐに効果が反映されるものではないため根気がいる作業です。やる気と根気さえあれば成し遂げられますので、諦めずに続けることが大事です!短い期間でドカッと爆発的に売れる手法、プロダクトローンチについて解説します。大きな収益につながる内容です。ぜひ参考にしてください。

1日の予算3,000円ほどで、YouTube広告からリストを取得することができますので、活用しましょう。広告から商品を販売できるようになると、ネットビジネスにおける作業がとても楽になります。

プロダクトローンチに必要な準備物は以下です。

  • 広告動画
  • オプトLP
  • 動画視聴ページ
  • 本番動画
  • 決済システム

YouTube広告からリストを取得し、その取得したアドレスにステップメールが流れて、動画が届く…という仕組みになっています。

動画が流れ、無料体験を促します。そして最終的に商品販売までつなげていくのです。

顧客リストの重要性

こちらのパートでは、「顧客リスト」の重要性について解説します。顧客リストは本当に重要な項目です。顧客リストを持っているか持っていないかによって、ネットビジネスの伸び率が全く変わってきます。

普段からとにかくリストを集めましょう。YouTube広告も顧客リストを集めるためです。リストを多く集めることは、安定的な売上を獲得するために重要になります。

顧客リストの保有数によって売上は大きく変わってきます。たとえば、リストを100件しか持っていない人と、10,000件持っている人で比べると、商品を売り込むことができる人数が100倍も違うということが分かります。

リストの詳しい集め方は、「【Webビジネスの集客はSNSから!】発信から販売へつなげる方法」をご覧ください。リストの集め方について分かりやすく、すぐに実践できる方法をご紹介しています。

リストの保有数は直接的な売上に大きく関係します。まずは顧客リストをとにかく多く集めることが重要です!
 
このことは、あなたが今後ネットビジネスで成功を収めていくために知っておかなければいけない必須の知識になります。顧客リストを獲得する方法は様々ありますが、一番手っ取り早いのはSNS、ブログです。

顧客リストの重要性&リスト取得の方法を詳しく解説した記事を読みたいという人は、こちら「【ネットビジネスではリストが最重要】失敗しないリスト取得の方法!」をご覧ください。

また、集客については「Wakablog College」の無料クラスでヒントになることがたくさんあります。興味のある方はぜひ、覗いてみて下さい。

こちらのテーマでは「Webビジネスで商品を販売する方法」について深掘り解説してきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_0127_3-how-to-make-a-product
この記事では「【Webビジネスで販売する商品の作り方】実はとても簡単に作れます」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • Webビジネスの商品と料金形態
  • Webビジネスで商品を作る方法
  • Webビジネスで商品を販売する方法

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。下記の自宅で学べる無料講座「THE 副業大百科 〜個人の力でお金を稼ぐ〜」も、是非チェックしてくださると喜びます🙇‍
講座を視聴していただいた方限定で豪華特典を無料プレゼントしているので、この機会にどうぞ💁‍♂️

自宅で学べる無料講座

賢い副業!特別ウェビナー

お知らせ:厳選した下記のコンテンツがおすすめです

サラリーマンから主婦の方に対応しており、これから賢く副業をスタートしたいとお考えの方は、ぜひどうぞ🙇‍

おすすめコンテンツ

無料コンテンツ

有料コンテンツ

当ブログと他のサイトの圧倒的な違いは、様々な疑問や悩みを解決するために【無料体験レッスン】30分の無料相談会&体験レッスン(オンライン開催)に初回限定で参加できることです。

どうしても分からなかったり、1人で悩むことがあればご相談ください。

その他、ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

無料から学べる「Wakablog College」に参加はお済みですか?会社を辞めずに副業で安定した収益を発生させるために、順序立てて学べるオンライン学習サイトです。この機会にぜひどうぞ💁‍♂️

僕は、こんな人です

わかチン
本業を捨てずに、ブログを主軸に収益を発生させています。また、副業を始めた人が迷わずに学べるオンラインスクール【Wakablog College】を運営しています。当ブログではみなさんにとって有益な情報を無料で提供していきます。一緒に頑張っていきましょう!「サラリーマンや主婦の方向け!個人の力でお金を稼ぐための講座」を無料配信中!無料で集中して作業ができる環境→ もくもく作業会
» プロフィール詳細はこちら

チップをいただけると、心から喜びます

特別配信【THE 副業大百科】個人の力でお金を稼ぐ【無料で受講できる特別講座】

挫折防止【1人じゃない!】ZOOM もくもく作業会〜孤独社会からの脱却〜