副業継続ビルダー:わかチンのブログ

【継続依頼に繋がる】ライティング添削で完璧な納品ができます

【継続依頼に繋がる】ライティング添削で完璧な納品ができます

副業でライティングを始めました。
「納品しても修正が多くて嫌になる」
「結構勝負の案件だけどこれで納品して問題ないかな?」
このような悩みが出てきました。

このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

  • Writing添削の内容
  • Writingの費用

この記事を書いている僕は2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、毎日Writing業務しながら活動しています。
そんな僕はWritingに自信があります。納品後の修正はほぼない状態です。そのためクライアントからの信頼も厚く、新規の仕事でも継続依頼につながる可能性が高いです。
日々どんなことを意識してライティング添削をしているかをシェアしていきます。参考なると嬉しいです。

結論です。

修正なしで納品できれば継続依頼が取れます

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

Writing添削の内容

【継続依頼に繋がる】ライティング添削で完璧な納品ができます

充実した内容のサービスです

実際に僕もライティング添削を受けて継続依頼を獲得できました

  • ライティング添削で得られるメリット
  • ライティング添削の内容
  • ライティング添削の流れ
  • 稼働時間について
  • お願い

結論です:ライティングで継続依頼の仕事が獲得できます。

「ライティング添削ってどんなことをしてくれるのだろう?」

このパートではこのような疑問を解消するために深掘ぼり解説をしていきます。

ライティング添削で得られるメリット

このサービスを受けることで得られるメリットは下記の内容になります。

  • クライアントからの信用を得ることができます
  • 単価の高い継続案件を獲得することが可能です
  • あなたが弱いジャンルにも挑戦できます

僕の添削を受けることで上記のようなメリットを受けることができます。

ライティング添削の内容

このサービスは下記の内容でご提供いたします。

  • あなたが執筆した文章を添削します。
  • クライアントに検修してもらい、OKが出ればお取引完了です。
  • 修正回数については何度でもOKです。
  • コピペチェックについて

このようなシンプルな流れです。

あなたが執筆した文章を添削します。

添削に関してはあたなが執筆したものをGoogleドキュメントに下書きして僕に納品をお願いします。また、添削は書き換えではなく色を変えて修正を行います。納品後再度修正して下さい。
※Googleスプレットシートは画像のように編集権限の設定をお忘れなきようお願いします。
【継続依頼に繋がる】ライティング添削で完璧な納品ができます
【継続依頼に繋がる】ライティング添削で完璧な納品ができます
クライアントからの依頼内容のURLをGoogleドキュメントのシートに転記して下さい。下記の画像のようにあなたのアカウントにログインをしなくても大丈夫なページのURLを貼り付けて下さい。
【継続依頼に繋がる】ライティング添削で完璧な納品ができます

修正回数については何度でもOKです

基本的にはお仕事の依頼内容を理解した上で添削を行います。そのためクライアントへの納品後、検修で不合格になることはありません。しかし、まんがいちクライアントより修正依頼が出てきた場合は再度修正を行います。僕が修正した内容をあなたが再度修正し納品を行って下さい。
このサービスの完了はあなたのクライアントからOKが出た段階での完了とさせていただきますので遠慮なく何度でも添削の依頼をかけてきてください。

コピペチェックについて

基本的にコピペチェックツールを使用します。基準は3割以上のコピペ率の場合は修正対象といたします。しかし、事実の内容が多く含まれコピペ率が上がってしまう場合は事前にお知らせ下さい。

ライティング添削の流れ

  1. スプレットシートに必要な情報を入力
  2. ChatWork、もしくはメールにてスプレットシートを送って下さい。
  3. 添削を行い納品します。
  4. 納品されたものを修正して下さい。
  5. 再度僕が確認を行います。
  6. OKの場合はクライアントに納品をお願いします。
  7. 納品後、完了報告もしくは再度の修正依頼をお願いします。

こちらで完了です。
※僕に下書きを依頼する際に文字数と納品期限を記載の上お渡しください。

稼働時間について

平日は3時間から5時間稼働しております。基本的には土日は稼働しておりません。しかし、お急ぎの場合は臨機応変に対応させていただきます。お気軽にご相談ください。

お願い

添削については時間に余裕を持って依頼をお願いします。できれば3日から1週間あれば助かりますが、お急ぎの場合は事前にご連絡をお願いします。
申し訳ありませんが、対面よる打ち合わせは対応できないです。基本はchatworkもしくはZOOMにて打ち合わせをお願いいたします。
クライアントとの間で秘密保持契約を結んでいる場合は添削をお断りする場合がございます。事前にお伝えください。
必ず添削内容の元となる依頼内容のURLを添付して下さい。こちらがないと添削しようがありません。

こちらのパートでは
Writing添削の内容
について深掘り解説してきました。

こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

Writingの費用

【継続依頼に繋がる】ライティング添削で完璧な納品ができます

1案件500円からお受けいたします

500円の投資はすぐに回収できます

  • 添削費用
  • 添削範囲
  • あなたがライティングで稼げるための環境を準備しています

結論です:今後に繋がるライティングのためのスクールも運営しています。

「ライティング添削っていくらの費用がかかるのだろう?」

このパートではこのような疑問を解消するために深掘ぼり解説をしていきます。

添削費用

1記事 500円

※完全前払い制になっております。
※クレジットカードでのお支払いのみになります。
こちらのリンクよりお支払いをお願いします。

この続きはcodocで購読

添削範囲

基本的にWEBライティング、セールスライティング、コピーライティング、セールスコピーライティング全て対応いたします。
文字数の制限はございません。Kindleブックの添削も対応いたします。

あなたがライティングで稼げるための環境を準備しています

Wakablog College

ライティング事業を含むオンラインスクールを行なっています。現在は無料クラスもご用意しております。ご興味があれば入学をおすすめします。
» 入学はこちらから

わかブログ企画室

こちらではライティング部屋で質問などがあれば直接回答します。また、Slackを使用しますので直接僕に質問を投げていただくことも可能です。
» わかブログ企画室はこちらからご確認ください。

こちらのパートでは
Writingの費用
について深掘り解説してきました。

こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_0123_2_2
この記事では
【継続依頼に繋がる】ライティング添削で完璧な納品ができます
というテーマを下記の内容にまとめて解説しました。

  • Writing添削の内容
  • Writingの費用

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。