副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【5つの手順】Webライターの始め方を現役ライターが徹底解剖

WRITING

Webライターを始めようと閃いた男性

Webライターを副業で始めます。「Webライターの始め方や仕事の流れを知りたいです。」このような疑問が出てきました。

今回は、このような疑問を解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • Webライターの始め方を知ることができる
  • Webライターになるための勉強方法がわかる
  • Webライターの仕事の取り方がわかる
  • 先輩Webライターの体験談を参考にできる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。

そんな僕は、Webライターとして、固定クラアイアントもでき、案件に困ることはなくなりました。その結果、Webライターとして毎月安定して、固定の収益も発生させられるようになりました。

Webライターとして次のステージに進むため、僕自身が「Webライターを育成するスクール」を運営したり、「Webライターで稼ぐための短期集中講座」を運営しています。

現在では、現役Webライターとしての活動とWebライターを育成する立場としての見方ができるようになりました。また、同時に僕自身がライターさんに記事を発注することも多数あります。そのため、この記事も少しは信憑性があると思われます。

日々どんなことを意識してWebライターとして仕事をしているかをシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論

Webライターの始め方は5つの手順で完結

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

Webライターの始め方 5つの手順

2021-0821-2-1-web-writer-5-steps

Webライターの始め方を知りたがる女性

「Webライターの始め方の詳細を知りたいな」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • Webライターの始め方を知ることができる
  • 仕事を受注して、お金を稼ぐまでの流れを把握できる

こちらのテーマでは、Webライターを始めるための5つの手順をひとつずつ解説していきます。この5つのステップを理解し、実践することでWebライターとしてデビューすることができます。最初の一歩は怖いですが、確実に階段を登っていけば、あなたもWebライターとして稼げるようになります。焦らず一つずつクリアしていきましょう。

Webライティングの学習方法

こちらのパートでは、Webライティングの学習方法を解説していきます。Webライターの仕事は、インターネット上で記事を書くことです。本や新聞などの記事とは違い、文章力だけでなく、検索エンジンやコピーライティングなども勉強する必要があります。

Webライティングを勉強する方法としては下記の内容です。

  • 本を読む
  • Youtube
  • 写経
  • yahoo!知恵袋
  • オンラインスクール

上記の5つの方法でWebライティングの学習を進めていきます。

1つ目から4つ目の項目については、「【初心者向け】webライターで稼ぐための学習方法。おすすめ4選!」で解説していますので参考にしてください。

記事の後半で詳細を説明しますが、Webライティングを習得して、早く稼ぎたい方はオンラインスクール一択です。こちらの記事でオススメのオンラインスクールを紹介していますので参考までにご覧ください。

必要な物はPCとインターネット

こちらのパートでは、Webライターとして仕事をするために必要な物(道具)について解説していきます。この2つがなければ、Webライターとしての仕事も勉強もできませんので必ず準備しましょう。

Webライターを始める上で必要になる物が、下記の2つです。

  • PC(パソコン)
  • インターネット

Webで仕事をするので、この2つは必須です。逆を言えばこの2つがあれば稼げます。

スマホでもできる仕事はありますが、PC(パソコン)の方が圧倒的に作業効率は上がります。さらに、スマホにはできない画像の設定や装飾などもPC(パソコン)では可能ですので、仕事の幅も広がります。

Webライターだけを仕事にするのであれば、PC(パソコン)のスペックはそれほど気にはしなくて良いです。僕の場合iPhoneを使っていて、同期しやすいMacを使っていますが、手元にあるWindowsPCでWebライターの仕事は問題なく完結できます。また、インターネットは、Webに接続さえできればどの会社でも問題ありません。

ちなみに、多くの案件ではGoogleドキュメントやスプレッドシートを使うことが多いので、今のうちにGoogleアカウントは作成しておきましょう。全て無料です。作成は、こちらからどうぞ。
» Googleアカウント作成へ

クラウドソーシングで仕事を取る

こちらのパートでは、Webライターとして仕事をするためにクラウドソーシングサイトを利用する方法や登録方法などを紹介します。Webライター初心者が仕事を探す最初の一歩となりますので必見です。ある程度ライティングの勉強をして、道具が揃ったらクラウドソーシングサイトで仕事を取りましょう。

クラウドソーシングサイトで仕事を取る手順は3つです。

  1. クラウドソーシングサイトに登録する
  2. プロフィールを完成させる
  3. 書けそうな案件に応募する


Webライター初心者が初めて仕事を探す場所として、クラウドソーシングサイトがオススメです。初心者を対象にした案件も多く掲載さています。

オススメのクラウドソーシングサイトは、下記の2つです。

2社とも最大手であり、案件数も非常に多いのでWebライター初心者は登録必須です。登録方法は簡単です。詳しく知りたい方は下記の記事を参考にされてください。

ランサーズの登録方法の詳細

クラウドワークスの登録方法の詳細


登録したあとは、自分をPRするためにもプロフィールを完成させましょう。「【無料 テンプレート有り】ライティングの仕事が舞込む自己PR文章」を参考にしてください。無料テンプレートも配布していますので、すぐにプロフィールの作成が可能です。
 
プロフィールが完成したら、案件に応募していきましょう。最初は初心者向けの案件に応募しましょう。募集要項の中に初心者歓迎や未経験可と書いてあります。案件を受注しやすい応募文の書き方は、【無料 テンプレート有り】ライティングでお仕事が受注できる応募文」で紹介しています。ここでも無料テンプレートがあるので、ぜひ活用してください。

記事を執筆する

こちらのパートでは、クラウドソーシングサイトで仕事を取った後に記事を執筆するツールについて解説します。基本的には、執筆するファイルの指定があるのでツールの存在だけでも知っておきましょう。

無事にクラウドソーシングサイトで案件を受注したら、実際に記事を執筆していきます。どこに記事を執筆するかは案件によって違うのですが、特に多いのは下記の3つです。

  • Googleスプレッドシート
  • Microsoft Word
  • WordPress

Googleスプレッドシートは、Googleアカウント内で使用できるWordみたいなものです。
 
WordPressは、ブログ記事などをインターネット上で公開するための機能を持ったツールの一つです。WordPressでの投稿の仕方は、「【ブログ初心者/執筆作業・その15】WordPressの投稿方法」で詳しく解説しています。

納品して実績を積む

こちらのパートでは、執筆した記事を納品する作業について解説します。様々な納品方法がありますが、基本的にはファイルを送信するのが納品となります。

納品の順番としては、下記の通りです。

  1. 指定されたファイルを送信して納品
  2. クライアントが納品物をチェックする
  3. 修正があれば、修正して再度納品
  4. クライアントからOKが出て無事報酬が支払われる

基本的に1回は修正が入ることが多いです。修正は自分のライティング力を上げるためにも必要なことです。素直に受け入れましょう。

納品が完了し、報酬が支払われたらこれであなたもWebライターの仲間入りです。無事に納品して、初めて報酬が支払われる時の感動は今でも忘れられません。あなたもこの経験を味わえるのを楽しみにWebライターを目指してください。

こちらのテーマでは「Webライターの始め方 5つの手順」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

稼げるWebライターの始め方

2021-0821-2-2-web-writer-5-steps

わかチンのWebライターの経験

「現役でWebライターをしている人はどうやってライターを始めたんだろう」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 現役でWebライターをしている人のライターの始め方を知ることができる
  • Webライターを始めるまでにはいろんな方法があることを知れる

こちらのテーマでは、現役Webライターがライターデビューしたときの方法を解説していきます。一つの体験談ですので参考までにご覧ください。

ライターがライターを始めた方法

こちらのパートでは、僕がWebライターを始めた手順をご紹介します。実体験を交えながら紹介します。

  1. 副業でWebライターを目指す
  2. オンラインスクールを受講
  3. クラウドソーシングサイトで案件受注
  4. Webライターデビュー
  5. ライターで得た知識を当ブログを運営

後ほど解説しますが、オンラインスクールを受講することにより圧倒的に早くWebライターとして稼ぐことができます。

副業でWebライターを目指す

Webライターを始めたきっかけは、「自宅で引きこもりながらパソコンでカタカタ作業しながら稼ぎたい」この気持ちだけでした。

しかし、文章力はありません。文章を書くことは苦ではありませんでしたが、理論立てた執筆やWebライティング独特の文章執筆はできませんした。もちろん独学で学習をしましたが、学習をしているうちに実際のお仕事を始めるタイミングを失ったことが原因で、ずっと基礎知識をつけることばかりを行なっていました。

そもそも、クラウドソーシングの登録方法も理解できていませんでした。ようするに「解らないことがわかならい」の状態でした。

オンラインスクールを受講

独学の学習期間が3ヶ月ほど続きましたが、全く稼げずにYouTubeを見ながらいつも通りに学習を進めているうちに、Webライティングのスクールの広告を目にしました。

3ヶ月間独学で知識をつけましたが、クラウドソーシングでまともなお仕事が取れないことで、ダメだと思っていた頃なので、他との比較検討もせずにすぐに入会を決めました。その頃に入会したスクールは18万ほどでした。18万円のスクールが高いと思う方もいますよね。しかし、僕はそうは思いません。

3ヶ月独学を行なって得た収益は手取りで「361円」です。

これはかなり厳しかったです。

18万かけてスクールに通い出してからの収益は「267,194円」です。

もちろんその後も収益は増え続け、最高の月収は104万円です。

結局、お金をかけてでも「Webライターで稼ぐための知識とテクニック」は必要です。ただ、もっと安いスクールはたくさんあります。基礎知識はどこのスクールでも教えてくれる内容は同じです。興味のある方は検討することもありだと思います。

クラウドソーシングサイトで案件受注

独学でクラウドソーシングの案件に応募していた時は、50件応募して1件受注ができる状態でした。ただ、受注できたとしても、安い案件ばかりだったことを覚えています。

クラウドソーソーシングで受注ができなかった理由はとても明確です。それは下記の3つが原因でした。

  • クラウドソーシングの登録状況に不足ありの状態。プロフィールやスキルなど、発注者が見ているであろう部分の登録がきちんとできていなかった。
  • 自己PR文章の内容が薄く、発注者が求めている人物像としての連想をさせられる内容になっていなかった。そのことから全くスカウトが届かなかった。
  • 応募文章の内容が薄く、発注者側の求めている文章が執筆できると認識させられなかった。応募をすることだけを考えており、「受注できたらいいな」程度の内容にしかなっていなかった。

このようなことから、クラウドソーシングでは受注ができませんした。しかし、スクールに通い知識をつけてからは受注ができるようになりました。当たり前のことですが、発注者目線に立ち物事を考えるということです。

Webライタースクールに通ったから特別な知識がついたわけではありません。しかし、Webライタースクールに通ったことで、発注者側の立場になり物事を考えらることができるようになったので、クラウドソーシングでも受注が取れるようになりました。

Webライターデビュー

Webライターでのデビューをクラウドソーシングですると、ある程度クラウドソーシングでお仕事を受注できるようになった時に思うことがあります。それはクラウドソーシングの手数料の問題です。これは誰でも通る道です。

クラウドソーシングの手数料は20%です。

10,000円の収益の20%は2,000円です。

10,000円の案件を10件こなせば、100,000円

このうち、20%は20,000円です。

このような時の対策は事前に知っている方があなたのためになります。お時間がある時にこの手の対策をしっかりと行うことをおすすめします。

ライターで得た知識を当ブログを運営

WebライターはWeb上に文字を執筆するお仕事です。しかも多くのお仕事はブログ記事の執筆です。であれば、自分のブログを執筆しないわけにはいきません。

ブログをオワコンと思っている女性

「ブログはオワコン。もう稼げないよ」

といった声を聞くことがあります。しかし、実体験としてブログから稼ぐことは可能です!
もちろん毎月1,000万円、100万円と稼ぐことは厳しいかもしれませんが、30万、50万は稼げます。論より証拠としてこちらの内容をご覧下さい。


このように僕も稼げ出しました。実際に稼ぐために行ったことは、こちらの記事をご覧になって下さい。

さらに、Webライターとして知識を付けることで、ブログ運営も有利に進めることができます。詳しくは、「【メリットしかない!】副業Webライターがブログを始める理由」で解説しています。

こちらのテーマでは「稼けるWebライターの始め方」について深掘りをしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

スキルを上達させて仕事をする方法

2021-0821-2-3-web-writer-5-steps

Webライターのスキルの上達の方法を知りたがる男性

「Webライターの始め方はわかったけど、早くライティングを上達させる方法はないの?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • Webライターとして仕事ができるレベルの文章力を最速で獲得する方法が知れる
  • Webライターとして早くデビュー、稼ぐヒントがわかる

こちらのテーマでは、Webライティングを最速で上達させる方法を紹介します。Webライティングが上達すればするほど、Webライターとして稼げるようになります。これからWebライターになりたい人は必見です。

大前提として、Webライターとして稼ぐには、下記の4つのライティングスキルを習得する必要があります。

になります。それぞれの執筆方法についてはこちらの記事を参考にして下さい。

上記の内容は稼ぐには必須のスキルです。ただし、全てを習得するには時間がかかります。そのため今回は、初心者の方に向けにすぐ身につけられる方法で紹介していきます。

Webライティングを上達させる方法

こちらのパートでは、Webライター初心者が効率的に早くライティング力を付ける方法を紹介します。Webライターとして稼いでいくためには、ライティング力が必須です。

Webライティング力を上達させる方法は、下記の3つになります。

  • 読書をする
  • 実際に記事を書く
  • 自分が書いた文章を人に読んでもらう

この中でも一番重要なのが、自分の書いた文章を他人に読んでもらうことです。

理由としては、自分が書いた文章を何度読み返しても改善点を見つけることができないからです。書く時点で自分にとって最高の文章と思って執筆している場合が多いためです。

他人に読んでもらうことで、違う視点を得ることができますし、わかりにくい文章なども見つけられる可能性があります。では、誰に読んでもらうのが一番効率が良いのですが、それは、「文章のプロに読んでもらうことです。」プロに読んでもらえる場所はオンラインスクール一択です。

オンラインスクールは、動画で効率的に学習ができ、質問もできるので最速でWebライティングを習得できます。一日でも早くWebライターで稼ぎたいのであればオンラインスクールを受講しましょう。

ただし、独学で習得できる人もたくさんいます。決して「スクールに入らないと稼げない」ということではありません。自分の力を理解したい人はまずは独学をおすすめします。独学で学習をしたのちにスクールに入ると、自分の欠点なども浮き彫りになるのでより効率良く学習をすることができます。

しかし、「1人では継続できない…」という方はスクールでの学習を検討してみましょう。

オンラインスクールのおすすめは下記の記事で紹介しております。

こちらのテーマでは「スキルを上達させて仕事をする方法」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021-0821-3-web-writer-5-steps
この記事では「【5つの手順】Webライターの始め方を現役ライターが徹底解剖」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • Webライターの始め方 5つの手順
  • 稼げるWebライターの始め方
  • スキルを上達させて仕事をする方法

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。