副業継続ビルダー:わかチンのブログ

【奥深いけどシンプル解説】Webライティングとはこんな文字書き

Web Writing WRITING

パソコンを眺めながら悩むサラリーマン

副業でWebライティングを始めようか悩んでいます。
「Webライティングってどんなお仕事なのかな?」
このような疑問が出てきました。

このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

  • Webライティングとはこんな文章を書く人
  • Webライティングを副業でおすすめする理由

この記事を読むメリット

  • Webライティングはどのような文章能力を求められるかの理解ができる。

この記事を書いている僕は2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。
そんな僕は現在Webライターとして毎日Writing業務を行いながら収益を得ています。日々どんなことを意識してWritingを行っているのかをシェアします。参考になると嬉しいです。

結論です。

メディア運営をする基盤となるスキルです。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

Webライティングとはこんな文章を書く人

what-is-web-writing_2021_0415_2_1

頭の上にはてながある男性

「Webライティングってどんなお仕事なんだろう?」

こちらのテーマではこのような疑問を解消するために深掘ぼり解説をしていきます。

本テーマの内容

  • Webライティングの考え方
  • Webライティングの型

このテーマを読むことのメリットはこのような内容です。

  • Webライターの種類の1つのWebライティングとは何かが理解できる

Webライティングの考え方

そもそもWebライティングとは何か?

WebライティングとはWeb上に、正しく解りやい文章で執筆することです。
Webライティングの文章の目的はあくまでも読者に正しく解りやすい文章を執筆すること、となります。Webライティングを応用したものがSEOライティングであったり、セールスライティング、コピーラーティングになります。文章で収益を得るための基礎になる部分だと認識してください。

Webライティングができることのメリット

Webライティングができることのメリットは本当にたくさんあります。
そもそもの話ですが、日本人は文章を書く事をより多く求められます。例えば、本業で社内の人にメールを送ったり、クライアントに対しての連絡もメールにて行う事が増えています。また最近では、LINEなどのコミニケーションツールで会話したり、いろいろな場面で文章を使いながら生活しています。この部分が他の人よりたけている事で「高い文章力の持ち主」「この人の文章はわかりやすい」と高い評価を受けることにつながります。また、正しく、解りやすい文章を書けると相手とのコミュニケーションの時間を短縮することも可能です。

Webライティングの型

PREP法

この方法はWebライティングを行う上で非常に使う機会が多いので覚えておきましょう。

  1. Point 結論
  2. Reason 理由
  3. Example 具体例
  4. Point 結論

このような流れで文章を展開していきます。具体例で言えばこのような感じです。

僕は副業でWebライティングをし、収益を得ています。なぜなら本業の給料に加えもっとお金が欲しいからです。副業で5万円のお金が作れると大好きな旅行にも毎月行けます。また、本業ではメールなどを送る作業が多いため文章力が高いと「昇給や昇格の対象」にもなるからです。そのため僕は副業でWebライティングをしています。

こちらの文章をPREP法に落とし込んでみます。

【Point 結論】
僕は副業でWebライティングをし、収益を得ています。
【Reason 理由】
本業の給料に加えもっとお金が欲しいからです。
【Example 具体例・1】
お金が作れると大好きな旅行にも毎月行けます。
【Example 具体例・2】
本業ではメールなどを送る作業が多いため文章力が高いと「昇給や昇格の対象」にもなるからです。
【Point 結論】
そのため僕は副業でWebライティングをしています。

このように結論に対しての理由、理由に対しての具体例を挙げていきます。そして最後にもう1度結論で締めるという形で説得力を増していきます。

こちらのテーマでは「Webライティングとはこんな文章を書く人」について深掘り解説してきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

Webライティングを副業でおすすめする理由

what-is-web-writing_2021_0415_2_2

腕組みをして悩む男性

「Webライティングって副業としてどうなの?」

こちらのテーマではこのような疑問を解消するために深掘ぼり解説をしていきます。

本テーマの内容

  • 誰でも始められる参入障壁が低い副業
  • 日本語がかければ3ヶ月で5万円は可能

このテーマを読むことのメリットはこのような内容です。

  • 日本語がかければ始められる副業という事が理解できます。

誰でも始められる参入障壁が低い副業

副業としてすぐに始められます

最近では副業を始める方も増えてきました。この記事をここまでご覧になってくださっているあなたもWebライターに興味があるのかもしれませんね。
参入障壁が低い理由として、だいたいの方がWebライティングの基礎はすでに持っているからです。デザインやプログラミング、動画編集は技術の基礎が必要です。この基礎の習得に長い年月がかかります。しかし、Webライティングの基礎はすでに習得済みです。その基礎をさらに固め、応用力をつけることでWebライティングで稼ぐことは可能です。

また、参入障壁が低い理由として副業でWebライティングを始める条件がたった1つだからです。それは「日本語の読み書き」ができる事です。これができれば誰でもWebライティングで収益を稼ぐことは可能です。
もちろんWebライティングは奥が深く追求していけばキリがありません。

  • 読者の課題を解決する記事の執筆
  • クライアントが求める記事の執筆
  • 検索で上位が取れる記事の執筆

などなどたくさんあります。しかし、まずはすぐに収益を得たい。と思う方にはピッタリです。
しかしながら、Webライティングは甘いものではありません。Webライティングの基礎を固めるための学習は必要です。ただただ、言われた通りに記事を執筆するだけならWebライターは必要ありません。Webライターにはクライアントがいます。そのクライアントの想像を超えた内容の記事を納品できないと価値がないことを理解しましょう。

Webライティングは汎用性が高い

Webライティングのスキルはいろいろなところで使えます。いわば稼ぐための土台だと考えています。ブログメルマガLP作成から始まりYouTubeや音声コンテンツの台本作成。などなど多岐に渡り日本語力が必要になります。また、Webライティングの上級レベルのセールスライティングは「神のスキル」と言われています。文字をWeb上に執筆することで何百万と稼ぐ人もたくさんいます。このようなことからWebライティングは持っていて損をしないスキルになります。

日本語がかければ3ヶ月で5万円は可能

努力と時間確保で収益につながります。

副業でWebライティングを始める方の実際の収益についてもご紹介します。結論ですが「3ヶ月で5万円は稼げます」ただし、努力は必要です。何もせずに稼げることはありません。1日2時間から3時間の時間を作る必要があります。実際にWebライティングではお仕事はたくさんありますし、数をこなせば収益には必ずつながります。

次のパートでは実際にどのように収益を得るための学習が必要なのかを深掘り解説します。

学習方法と学びの場のご紹介

●Webライティングの学習方法
Webライティングには4つの学習方法があります。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

●Webライティングを継続するための学びの場
こちらについては実際に3ヶ月で5万円を稼ぐまでの実践講座をご用意しました。

こちらのテーマでは「Webライティングを副業でおすすめする理由」について深掘り解説してきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

what-is-web-writing_2021_0415_3
この記事では「【奥深いけどシンプル解説】Webライティングとはこんな文字書き」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • Webライティングとはこんな文章を書く人
  • Webライティングを副業でおすすめする理由

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。