副業継続ビルダー:わかチンのブログ

【副業Webライターの悩み解決】毎月安定し5万円を稼ぎ続けるコツ

WRITING

ひらめきを出すWebライター

副業Webライターとして活動しています。
継続して稼ぎ続けるためのコツを知りたいです
このような疑問が出てきました。

このような疑問を解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • 副業Webライターで継続して稼ぐためのコツが理解でき、仕組みを作れる状態にすることが可能です。

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。

そんな僕は、現在Webライターとして稼ぐことできています。しかし、Webライターになりたての頃は、1本の記事を仕上げるにも苦労していました。

Webライターとして稼ぐには「コツ」と「仕組み化」が重要です。この「コツ」と「仕組み化」が理解できれば、Webライターとして毎月安定し、3万円から5万円を稼ぎ続けることができるようになります。

日々どんなことを意識して副業Webライターをしているかをシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論です。

「コツ」と「仕組み」を使い安定した継続収益を得る

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

副業Webライター 受注のコツ

2021_0624_2_1-tips-to-keep-earning-with-writing

「Webライターのお仕事を受注するためのコツってないかな?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • Webライターの悩みである「仕事が取れない」からの脱却が可能です。

こちらのテーマでは、Webライターとして重要な「仕事を受注する」ためのコツを詳しく解説します。月に3万円から5万円の収益を稼いでいくには、仕事をスムーズに必要数受注することが重要です。

ため息を付き悩むWebライター

「それができたら苦労しないよ…」

このように感じる方もいますが、ご安心ください。紹介する方法を実践してもらえば十分可能です。

発注者が求める回答を提供

僕は普段より、クラウドワークスを利用して発注業務を行なっています。10人中9人は僕の質問に対し、100%の回答をしてこないです。受注者は質問に対し、回答が「Yes」だから応募している。と思うでしょうが、発注者側からするとそうではありません。再度確認をしないといけないので面倒です。

コツとしてまとめると下記の内容です。

応募文をしっかり読み込み、先方からの要望に対し、必要以上に回答をしてあげましょう。

具体的にはこのような部分です。
画像1-tips-to-keep-earning-with-writing
画像2-tips-to-keep-earning-with-writing
僕が実際に応募で出している案件です。

10人応募してきて、9人は再度、こちらからの質問が必要です。なぜなら、この部分の回答をしてこないからです。
画像3-tips-to-keep-earning-with-writing
特に多いのが、ChatWorkの部分です。質問に対しての回答を一発で出してくる人には、実績も関係なく契約を進めます。

ポートフォリオやあなたの経歴はこちらの質問に対しての回答の次なのです。極論ですが、ポートフォリオや経歴はなくてもこちらの質問に対し、一発で回答をしてくる人なら採用します。

みなさんも応募文はよく読み、発注者が欲しい情報を徹底提供しましょう。このコツを使うことで、仕事が取れるようになります。

また、応募文が欲しい方はこちらの記事を参考にしてください。

興味のある方は、クラウドワークスから僕に応募をしてみてください。完璧な回答をしていただければ即採用も十分あります。
» クラウドワークス/わかチン案件

無心で応募 数のみを重視

こちらのパートでは、お仕事獲得する上で重要なコツをお伝えします。クラウドソーシングを使用し、仕事を受注するなら必ず応募数が必要です。ただし、無駄に数を多く打つだけでは効率が悪いです。

大切なこととして、応募には、前パートでお伝えした応募方法を使用してください。そのうえで数を多く応募しましょう。手順は下記の通りです。

  1. 3円以上の案件
  2. 2円以上の案件
  3. 1円以上の案件
  4. 0,5円以上の案件

の順番に応募をしていきます。また、新着案件は早期に応募しましょう。そして、ここで重要になってくるのは応募ジャンルです。応募ジャンルについての考え方は下記の通りです。

  • 超初心者(実績:10件未満)
    ⇨ジャンルは選べません。
  • 初心者(10件から30件)
    ⇨少し興味のある分野に応募しましょう。
  • 中級者(30件から100件)
    ⇨自分の得意ジャンルから応募し、無理ならジャンルは選ばず応募しましょう。

このような感覚で応募をして下さい。そしてもう1つ重要なことがあります。それは、「平日に応募」です。理由は、土日は応募数が増えます。応募数が多いとあなたの応募と他人の応募が比較されます。平日の応募が少ない時に応募すると、内容をじっくりと見てくれます。

コツとしてまとめると下記の内容です。

受注ができるまでは平日は毎日25件の応募をしましょう。その際に重要なことはジャンルを選びすぎないことです。

こちらのテーマでは「副業Webライター 受注のコツ」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

副業Webライター 執筆のコツ

2021_0624_2_2-tips-to-keep-earning-with-writing

腕を組み悩むライター

「短時間で効率よく執筆する方法ってないかな?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 執筆にかかる時間が大幅に削減が可能です。

こちらのテーマでは、効率よく執筆するためのコツを解説します。月に3万円から5万円を稼ぐためには難しく考える必要はありません。自分の好きな分野を決めればストレスなく稼ぐことが可能です。

悩むWebライター

「好きな分野がないんだよ…」

このように感じる方もいますが、ご安心ください。好きな分野もしくは興味を持てる分野を見つけることは十分可能です。

好きなジャンルを決めましょう

こちらのパートでは、執筆をスムーズに進めるため、あなたの得意ジャンルを見つけることが重要です。中級者以上になると、「得意ジャンル以外は自分で執筆しない」と決めることが重要です。もちろん超初心者のうちは執筆ジャンルを選べないこともあります。しかし、スムーズに執筆をするなら、比較的興味をもてそうなジャンルでの執筆をしましょう。

このような形で執筆を繰り返していくと、特定のジャンルに対し、権威性を持たすことが可能です。そうなれば執筆に対しリサーチが不要になります。その分、時間の短縮ができ、時給単価があがり稼げるようになります。

コツとしてまとめると下記の内容です。

  • 超初心者は、少しでも興味のあるジャンル
  • 初心者は、超初心者の頃に受け、楽しいと思ったジャンル
  • 中級者は、自分の得意なジャンルを選定し、そのジャンル以外の執筆はしないと決める。

絶対に理解するべき2つの項目

  • 誰の何を解決するための記事なのか
  • 執筆する記事のゴールを明確にする

この2つが記事を執筆する際に最も理解しておくべき項目になります。

なんとなくお題を与えられ、リサーチし、まとめて執筆するのでは、どこに向けて記事を書けば良いか、わからずスムーズな執筆ができません。

具体的にイメージがつく事例をお伝えします。

キーワード「商社 一般職 美人
このキーワードでしたら、あなたはどのようなイメージを持ちますか?

  • 誰の何を解決するための記事なのか
    容姿に自信のない女性が、商社の一般職に転職をしたいが、顔採用で落とされたくない。
  • 執筆する記事のゴールを明確にする
    転職サイトへ誘導し、登録をしてもらい、アフィリエイト報酬を得ること。

であれば、このような流れで執筆するのがベターですね。分解していきましょう。

  • 誰の?
    容姿に自信のない女性
  • どんな悩み?
    商社の一般職に転職を希望しているが、容姿で落とされたくない。落とされる事実があるなら最初から転職活動をしたくない。
  • ゴールへの導き
    採用基準は容姿ではないことを理解してもらい、「それなら転職をしよう!」と決めてもらい、転職サービスへの誘導をし、申し込みをしてもらう。

キーワードから上記2つの事が理解できない場合の対処方法は2つです。

  • 指定のキーワードを検索し、1位から10位までの記事を軽く読み、2つの項目を読み取る
    ⇨「商社 一般職 美人」で検索した結果はこちら
  • 自分で読み取ることができない場合、クライアントに直接確認をする。
    ⇨クライアント側としては、上記の質問が来ても不信に感じることはありません

コツとしてまとめると下記の内容です。

  • 誰の何を解決するための記事なのか
  • 執筆する記事のゴールを明確にする

こちらの上記2つの内容を確実に理解した上で執筆作業に移る。

こちらのテーマでは「副業Webライター 執筆のコツ」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

副業Webライター 稼ぐのコツ

2021_0624_2_3-tips-to-keep-earning-with-writing

やる気に満ち溢れたWebライター

副業Webライターとして稼ぎ続けるにはどうすればいいのだろう?

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 仕組みを作れば自動で収益を発生させることが可能になり、寝ていてもお金を稼ぐことが可能です。

こちらのテーマでは、効率よく稼ぐためのコツを解説します。月に3万円から5万円を稼ぐためには少しの経験を積めば仕組みがお金を生み出してくれます。

頭の上に【?】がついているWebライター

「怪しくない…初心者でも可能なの?」

このように感じる方もいますが、ご安心ください。仕組みに働いてもらえることで、稼ぐことは可能です。

外注を上手に活用しましょう

みなさんは外注と聞いてどのようなことをイメージしますか?

嘲笑うWebライター

「外注なんて僕には関係ない」

このように思っている人はいませんでしょうか?しかし、信用を失わないために必要となるスキルになります。

信用の大きさ = 収益の大きさ

前テーマでは「平日毎日25件の応募をする」とお伝えしました。ここまでやれば、案件の受注は可能です。しかし、問題があります。それは「受注の重複」です。

あなたは1人しかいません。例えば1週間後の納期で5件の仕事を受注したとします。Webライター専業ならまだしも、副業でやっていくならかなり厳しいです。

そのような時に、外注を使います。
この時、最も注意するべきことは「あなたが赤字にならないように計算する」になります。

計算方法を含めて外注に依頼する手順です。

  1. 赤字にならない数字の割り出し
  2. 自分に利益を残すかを決める
  3. 業務内容をまとめて応募する

詳しく解説をします。

赤字にならない数字の割り出し

  • あなたが受ける際に手取りでもらう金額を算出し、文字数から割りましょう。
    ⇨文字単価1円で3,000文字執筆の場合、あなたの手取りは2,574円になります。
  • その金額をもとに計算をします。計算方法は下記の手順です。
    ⇨2,574円 ÷ 3,000文字 = 0.8円になります。ようするに、0.8円以上にすれば赤字にはなりません。

自分に利益を残すかを決める

  • 実際にあなたが、利益をもらうのであれば、計算をして依頼を出しましょう。

僕としては0.1円でも、もらっておくべきだと思います。理由は、納品後のチェックなどはあなたが行なう必要があります。また、最悪のケースとして受注者が飛んだ時、責任はあなたにあり、執筆をしないといけません。

そのようなことを考えるとある程度の利益は取っておいても問題はありません。しかし、0.5円を下回るような単価を出すことはやめてください。受け手側が可哀想です。

業務内容をまとめて応募する

外注に発注したものは、あなたが責任を持って確認をする必要があります。クライアントへの納品はあたながするべきことです。あくまでも業務のお手伝いをしてもらう。このような感覚でいてください。

実際の発注方法はこちらの記事を参考にしてください。

  • クラウドワークスの発注方法
  • ランサースの発注方法

コツとしてまとめると下記の内容です。

外注は上手に使う必要があります。特に受注案件が重なった時です。また、上手に計算をすることで稼ぐことが可能です。

知識を活かしてコンテンツ販売

こちらのパートでは、あなたがWebライターとして得た知識を情報商材として販売することです。または、学びの場、もしくは作業する場を提供するということで、稼ぐことができます。

初心者の場合は、情報コンテンツを作るだけの知識や情報がないと思うので、中級者以上の方に向けた内容になります。しかし、初心者の方でも販売できるものがあります。それは、Webライターの作業をする場所の提供です。

Webライターはかなり孤独です。これを払拭するためには同業者の仲間が必要です。

結構Twitterでも毎日募集しています。ちなみにこのような感じです。


詳しい内容はこちらの記事を参考にして下さい。あなたも、実際にどのような場を提供しているのかを知りたい場合はこちらの記事より参加してみてください。


僕の場合は無料で提供しています。このような内容にあなたのアイディアをプラスして、月に500円でも、もらうことができれば収益につながります。

また、実際の学びの場の提供についてはこのような商品もご用意しております。今回は「このサービスいかがですか?」というよりも「このような商材も販売できるんだね」ということを理解していただければと思い出していいます。

このようなことをしながら収益を得ることが可能です。

コツとしてまとめると下記の内容です。

  • 中級者、上級者レベルになると、知識を商材にして販売することが可能です。
  • 初心者の場合は作業の場所を提供して収益を上げていきましょう。

こちらのテーマでは「副業Webライター 稼ぐのコツ」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_0624_3-tips-to-keep-earning-with-writing
この記事では「【副業Webライターの悩み解決】毎月安定し5万円を稼ぎ続けるコツ」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • 副業Webライター 受注のコツ
  • 副業Webライター 執筆のコツ
  • 副業Webライター 稼ぐのコツ

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。