副業継続ビルダー:わかチンのブログ

【Webライターには必須のスキル】SEOライティングとは

Web Writing WRITING

悩むライター

Webライターをしています。
「クライアントからSEOライティングを求められているのですが、SEOライティングとはですか?」
このような疑問が出てきました。

このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • Webライターとしてのレベル向上ができます
  • あなた自身のブログも検索上位表示されます

この記事を書いている僕は2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。
そんな僕は現在Webライターとブログを行っています。現在執筆している記事では5件に1件は射程圏内を狙える検索順位にランクインしている状態です。日々どんなことを意識してSEOライティングしているかをシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論です

WebライターとしてSEOライティングは必須スキル

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

SEOライティングとはこんな文章を書く人

what-is-seo-writing

パソコンの前で考えるサラリーマン

「WebライティングとSEOライティングってどんな関連性があるの?」

こちらのテーマではこのような疑問を解消するために深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

このテーマを読むメリットは次の内容です。

  • SEOライティングが理解でき執筆ができるようになります。

SEOライティングの考え方

SEOライティングの正しい考え方を知らない人は稼げません。どうせ、いつか学ぶのだから今学びましょう。

そもそもSEOライティングとは何か?

SEOライティングとは一言でお伝えすると「Googleで検索した際、上位に表示をさせるための文章を執筆すること」です。WebライターはこのSEOライティングが執筆できないと意味がありません。クライアントからの依頼はネット上に掲載する記事の執筆が大半ですよね。ということは、読者に読んでもらう事を目的とした記事を作りたいわけです。ようするにクライアントは読者に読んでもらうため、Google検索で上位表示できる記事を最低限求めています。そのためWebライターになるため、このSEOライティングは必須のスキルになるということです。

SEOライティングができることのメリット

SEOライティングができるメリットはWebライターの場合、安定して高い単価のお仕事を受注する事が可能になるという事です。
例えばクラウドソーシングの場合、実際にお仕事を受注しているWebライターの6割以上は初心者と言われています。そのため「SEOライティングって何?」であったり「SEOライティングは知っているけど、どうやって執筆するの?」と思っている人が多いのが実状です。
ここであなたがSEOライティングを執筆できるWebライターだとしたらどうなるでしょう。確実に重宝されますし、お仕事を選べる幅も広がります。そうする事で下記のメリットが得られます。

  • 文字単価が上がる
  • 継続案件が取れる
  • お仕事の内容を選べる

になりますね。Webライターの単価は非常に安く、現在でも1文字、1円以下のお仕事が多く、ひどい場合には0.1円ということもあります。これでは稼ぐ事ができません。Webライターが収益を上げるためには、下記の方程式を理解しておく事が必要です。

収益 = 文字単価 × 文字数 × 納品数

になります。どの部分も大切ですが、やはり注力するべき点は文字単価です。
このようなメリットを得るためにも、SEOライティングの習得をしていきましょう。

SEOライティングで意識するべき執筆対策

検索上位を取りたいなら最低今から伝えることを理解すべし!適当に執筆して上位表示できるような甘い世界じゃない!

これだけは理解しておきたいSEOライティングの執筆方法

今回はテクニックというよりも必ず覚えておくべき最低限のSEOライティングの基礎をお伝えします。

  • 1つ目:読者ファースト
  • 2つ目:ゴールの明確化
  • 3つ目:E-A-Tを使う
  • 4つ目:共起語を使う
  • 5つ目:表記揺れに注意
  • 6つ目:KW(キーワード)を各所で使用

1つ目:読者ファースト
SEOライティングを執筆する上で大前提、大切になることは「読者のどのような悩みを解決するための記事」をメインにした「読者ファースト」の記事です。いくらSEOライティングだからと言っても読者が読みづらい記事になっては全く意味がありません。
読者ファーストの記事ではない場合、読者は必ずその記事を短い時間で閉じることになります。そうなると「離脱率の高いページ」とGoogleから判断され検索順位を下げられる可能性があります。
そのため、SEOライティングの根底で理解しておくべきことは「読者のどのような悩みを解決するための記事」なのかを明確にし「読者ファースト」の記事を執筆することが重要です。

2つ目:ゴールの明確化
この記事は読者をどこに導きたいのか」ようするに、1本の軸に沿った文章が重要ということです。記事の中身がフラフラしていると読者も困惑します。
こちらはブログでも言えることですが、記事の執筆は下書きが大切です。ようするに記事の設計ですね。設計方法としては下記の順番です。

  1. タイトルを決める
  2. タイトルに沿ったテーマを決める
  3. テーマに沿ったパートを決める
  4. パートに合わせた本文を執筆

この手順ですね。このようにゴールを決め、そのゴールに向い、通過点を先に作っていくことで軸からずれない記事の執筆が可能です。

3つ目:E-A-Tを使う

  • E Expertise(専門性)
  • A Authoritativeness(権威性)
  • T Trustworthness(信頼性)

になります。最近のGoogleはこの部分をかなり重視しています。
※2021年4月21日現在
なるべく上記の内容を入れ、記事の執筆をしていきましょう。この内容に合わせて独自性を付けた記事執筆ができれば尚良しです。

4つ目:共起語を使う
共起語とはキーワードに関連し使われる事が多い言葉を指します。重要ですので図にして説明します。
what-is-seo-writing
このようにキーワードにも関わっていることがわかります。
具体的に共起語を例にしてみましょう。例えば「副業」題材にしてみます。副業の共起語は下記の通りです。

  • おすすめ
  • 情報
  • サービス
  • 記事
  • サイト

このようなものが出てきます。ようするにメインの言葉に付属されるであろう言葉です。
共起語は下記のツールを使えばすぐに検索ができます。不明な場合は使ってください。
» 共起語検索ツール 

5つ目:表記揺れに注意
絶対にしてはいけないことです。特にWebライターである以上、日本語は正しく使わないとクライアントからの信用を失います。
表記揺れとは、一言でわかりやすくお伝えすると「同じ日本語でも違った文字で表現する」ということです。具体的にはこのような内容です。

  • 【漢字】  犬   イヌ
  • 【カタカナ】 ベット ベッド
  • 【数字】  午後4時 午後4時
  • 【英語】  Writing WRITING
  • 【文末】  〜だ   〜です

このような内容です。SEOライティングはあくまでもWebライティングのお仕事です。基礎となるWebライティングでは「正しく解りやい文章で執筆すること」です。そのためこのような表記揺れがあってはなりません。
表記揺れなどを含め、執筆した文章は校正チェックツールなどを使い確認しましょう。
» 校正チェックツール 

6つ目:KW(キーワード)を各所で使用
こちらは初心者でも気をつければ、対応可能な対策の1つです。
こちらに関してはブログでも同じことが言えます。僕が別の記事で執筆しているこちらの記事を参考にしてください。


こちらの記事ではあくまでもブログに特化してるように見えますが、SEOライティングでも全く同じことが言えます。そのため読んでおいて損はありません。知らない方は読んでくださいね。

Webライター初心者は迷わずクライアントに確認しましょう

SEOライティングを執筆する際にとても重要な事です。下記の内容をお仕事ごとに理解しましょう。

  • 読者のどのような悩みを解決するための記事
  • この記事のゴール(着地)はどこなのか

この内容をしっかりと理解する事が重要です。初心者のうちはこの部分を読み取ることが難しいです。
初心者ライターはこの状態を理解せず執筆を進めるため、1つの記事にかかる執筆時間が長くなるのです。

ため息をつくライター

「クライアントに質問なんて、できないよ」

と思う人もいますよね。クライアントからしたら確かに「質問無しで完璧な記事を執筆してくれる」に越したことはありません。しかし、納品されたものがクライアントの意図するものと全く違う内容だと意味がありませんし、継続したお仕事を受注はできないです。初心者のうちは仕方ありません。せめて上記の2点のみをヒアリングしましょう。

こちらのテーマでは「SEOライティングとはこんな文章を書く人」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

SEOライティングを副業でおすすめする理由

what-is-seo-writing

トロフィーを掲げるサラリーマン

「SEOライティングができると稼げるの?」

こちらのテーマではこのような疑問を解消するために深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

このテーマを読むメリットは次の内容です。

  • SEOライティングの稼げる金額、学習方法が理解できる

SEOライティングができると稼げる金額

SEOライティングって、実は稼げる金額が少ないって知ってましたか??

クラウドソーシングでの価格比較

SEOライティングができることで、クラウドソーシング内での文字単価が変わってきます。しかし、SEOライティングができるからといって、文字単価がいきなり3円や4円になることはありません。この記事の冒頭でお伝えした通りSEOライティングはWebライターとして最低限求められるスキルです。クラウドソーシングでは、文字単価が1円から1.3円ほどになると考えてください。

涙を流すライター

「SEOライティングができても安いんだね・・・」

と思う方もいるかもしれませんね。しかし、このように考えてください。「SEOライティングのスキルがあれば1円以下のお仕事をしなくて済む」ようするにWebライター本来の「効率良く稼げる」という事ができるのです。
また、これ以上の文字単価を狙う場合はセールスライティングとコピーライティングのスキルが必要です。ようするにSEOライティングはWebライティングで稼ぐための登竜門とも言えます。
●セールスライティングに関してはこちらの記事を参考にして下さい。


●コピーライティングに関してはこちらの記事を参考にしてください。


この2つのスキルを掛け合わせた、セールスコピーライティングができるようになれば、月に100万円、1,000万円も夢ではありません。人生が大きく変わる神のスキルです。まとめると下記の内容です。

 1万円から 3万円 一般的なWebライター
 3万円から 5万円 SEOライティングができるWebライター
 5万円から30万円 セールスライティングもしくはコピーライティングができるWebライター
 10万円から青天井 セールスコピーライティングができるWebライター 

  
になります。徐々にスキルアップをしながら収益もあげていきましょう

ブログで稼げる金額

ブログでもSEOライティングが使えると稼ぎやすくなりますね。
ブログで収益を上げるためには、まずPV(アクセス)を集める事が大前提です。その大前提のPV(アクセス)を集めるためには、やはりSEOライティングのスキルが必要です。しかし、いくらSEOライティングができるようになり、Googleで検索上位を取れるようになったとしても、やはりセールスライティングコピーライティングができないと収益に直結しません。
SEOライティングができるようになったからといっても劇的にブログでの収益が増えるということはないのが実状です。
ただ、SEOライティングができるようになれば、目に見えてPV数が変わってきます。そうするとアドセンス広告(クリック広告)などでの収益は大きなものになってきます。

SEOライティングの学習方法

勉強しないと稼げないよ。でも、高額なスクールも辛いよね。そんな人はこのパートを実践すべし!!

本の紹介

初心者は、この本を読むことをおすすめします。
こちらに関しては別のWriting関係の記事でもお伝えしておりますが、本はお手頃なものから高価なものまであります。基本的に自己投資だと思い全部を読みましょう。
SEOライティングやWebライティングを学ぶためのスクールもありますが高額です。それに比べれ、本は自己投資にしても問題はない金額です。また、SEOライティングやWebライティングが同時にできるようになれば、3つほどの仕事をこなすことで、上記の自己投資に使った本代は回収できます。真剣にSEOライティングを学びたい方は読破しましょう。

ブログを使ってアウトプット

こちらに関しても別のWriting関係の記事でお伝えしましたが、SEOライティングも執筆です。いくら知識をつけても、執筆に慣れていないと身につきません。そのため学習したことを踏まえ、インプットしたことはブログを通じてアウトプットしましょう。
そして先々では執筆のスキルアップを図り、セールスコピーライティングができるようになれば、ブログから商品やサービスの販売も可能です。そうなれば、Webライターの収益を超えることも可能かと思います。また、そもそもの話ですが収益の形が違います。

  • Webライター = 労働型収益
  • ブログ = 自動型収益

になります。この2つの収益源ができれば本当に強いです。学習のため、収益向上のため、ブログも同時に始めることをおすすめします。
●ブログの始めかたの詳しい情報はこちらの記事を参照して下さい。

SEOライティングを継続するための学びの場

SEOライティングはWebライティングを始めるのと同じで、初心者がまず理解しておくべきスキルの1つです。

1人で作業をするライター

「1人で学習するのは厳しいな・・・」

と思う方はこちらのサービスもご用意しております。


よろしければ参考にしてみてください。

こちらのテーマでは「SEOライティングを副業でおすすめする理由」について深掘り解説してきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

what-is-seo-writing
この記事では「【Webライターには必須のスキル】SEOライティングとは」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。