副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【離脱率を下げ滞在時間が上がる】コピーライティングとは

Copy Writing WRITING

パソコンをみて悩むサラリーマン

稼ぐためにWritingを勉強しています。
「コピーライティングってなんだろう」
「セールスライティングとコピーライティングって違いはなんだろう」
この様な疑問が出てきました。

このような疑問を解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

  • コピーライティングとはこんな文章を書く人
  • コピーライティングを副業でおすすめする理由

この記事を読むメリット

  • コピーライティングとは何かが理解できる
  • コピーライティングの習得方法理解できる

この記事を書いている僕は2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。
そんな僕は読者の離脱率を下げるためにコピーライティングを学習し、滞在時間を伸ばしています。日々どんなことを意識してコピーライティングを執筆しているかシェアしていきます。参考なると嬉しいです。

結論です。

コピーライティングとは読者を惹きつける文章術です。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

コピーライティングとはこんな文章を書く人

【離脱率を下げ滞在時間が上がる】コピーライティングとは

「コピーライティングってどんなライティング?」

こちらのテーマではこのような疑問を解消するために深掘ぼり解説をしていきます。

本テーマの内容

  • コピーライティングの考え方
  • コピーライティングとセールスライティングの違い

このテーマを読むことのメリットはこのような内容です。

  • コピーライティングがなんなのかを理解できます

コピーライティングの考え方

そもそもコピーライティングとは何か?

コピーライティングはひとことで言うと「キャッチコピー」です。目的は「ブランディング力向上」と「印象の植え付け」になります。
例えば有名なコピーライティングの「キャッチコピー」は下記の内容になります。

  • 生きろ。
    ⇨もののけ姫
  • 愛は地球を救う
    ⇨24時間テレビ
  • あなたとコンビに、ファミリーマート
    ⇨ファミリーマート

このような表現がキャッチコピーになります。
ではそもそもこのようなキャッチフレーズをWebライターが使うことのメリットを次のパートで解説していきます。

コピーライティングができることのメリット

Webライティングでコピーライティングのキャッチコピーを使うメリットは、「読者に記事を読んでもらう事が可能になる」です。

見下しながら笑みを浮かべる男性

「ブログに入ってきているのに読んでもらうってどう言うこと?」

と思う方もいると思います。しかし、この3原則を頭に入れておいてください。

●3つのNOT

  • Not Read
    ⇨読者はあなたのブログを読まない
  • Not Believe
    ⇨読者はあなたのブログを信じない
  • Not Act
    ⇨読者はあなたのブログ読んでも行動しない

これは悲しいことですが現実です。「あなたも悩みを検索し、ブログに辿り着いたとして全部の文字を読みますか・・・?」今、あなたが思い浮かんだ考えが一般的な回答です。ですので、コピーライティングでキャッチコピーをつける1つの目的として、読者に目を止めてもらうためのインパクトのあるキャッチコピーが必要になるのです。
ブログでの例えにはなりますが、コピーライティングのキャッチコピーをつける箇所としては下記の場所です。

  • 〈h2〉タグ
  • 〈h3〉タグ

ようするにコピーライティングで上手なキャッチコピーをつけれたら読者に読んでもらうことができる。と言うメリットがあります。

コピーライティングとセールスライティングの違い

コピーライティングとは

コピーライティングとはひとことで言えば「キャッチコピー」です。
ようするに「読者はコピーライティングを読んでも直接行動につながらない」ということです。
コピーライティングの目的は下記の通りです。

  • あんたのブランディング力アップ
  • あなたのイメージ力アップ
  • 注意を引いてつづきを読みたいと思わせる
  • 商品やサービスの魅力をひとことで表す

になります。このような内容を踏まえたキャッチコピーを作ることが目的の文章となります。

セールスライティングとは

セールスライティングとはひとことで言えば「商品やサービスを販売するための文章」です。
ようするに「読者はセールスライティングを読み直接行動する」と言うことです。
詳しくはこちらの記事をご覧になってください。

セールコピーライティングになる

セールスライティングとコピーライティングを掛け合わせて初めて文章で商品やサービスを販売できる。と言うことですね。
ようするにWebライターはこのセールスコピーライティングを求められると言うことです。「コピーライティングだけでは記事からの収益が発生しにくい」「セールスライティングだけでは記事を読んでくれない」と言うことになるため、この2つを掛け合わせた文章の執筆が必要になると言うことです。この2つができれば文字書きとしては最高峰の位置にたどり着けます。みなさんもセールスコピーライティングが描ける様になりましょう。

こちらのテーマでは「コピーライティングとはこんな文章を書く人」について深掘り解説してきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

コピーライティングを副業でおすすめする理由

【離脱率を下げ滞在時間が上がる】コピーライティングとは

「どうなんだ?」と問いただす男性

「コピーライティングを副業にするとどのくらい稼げる?」

こちらのテーマではこのような疑問を解消するために深掘ぼり解説をしていきます。

本テーマの内容

  • コピーライティングができると稼げる金額
  • コピーライティングの学習方法

このテーマを読むことのメリットはこのような内容です。

  • コピーライティングを習得すると稼げる様になります。

コピーライティングができると稼げる金額

クラウドソーシングで稼げる比較

こちらのパートではそれぞれのWritingでの文字単価を見ていきましょう。

  • Webライティング
    ⇨1文字/0.1円から2円
  • セールスライティング
    ⇨2円から7円
  • コピーライティング
    ⇨3円から7円
  • セールスコピーライティング
    ⇨4円から上限なし

になります。ただ、コピーライティングやセールスライティングが執筆できる様になれば基本的にはクラウドソーシングでの仕事を探さなくても直接企業との契約などができるようになります。
そうすれば文字単価での契約というよりも「1記事で3万円」や「1ヶ月15記事納品で30万円」などの契約になってきます。また、Webライターとしての仕事をこなしながらブログ アフィリエイトなどでも稼ぐことができ、かなりの収益が期待できます。

コピーライティングの学習方法

本の紹介

初心者はまずこの本を読むことをおすすめします。
こちらに関しては「【お金を稼ぐための神のスキル】セールスライティングとは」でもお伝えしておりますが、本はお手頃なものから高価なものまでありますが、基本的に自己投資だと思い全部を読んでみましょう。セールスライティングやコピーライティングを学ぶためのスクールもありますが高額です。それに比べれば自己投資にしても問題はない金額だと思います。また、コピーライティングやセールスライティングが同時にできる様になれば1つの仕事の受注で上記の自己投資に使った本代は一瞬で回収できます。ですので真剣にコピーライティングを学びたい方は読破しましょう。

ブログを使ってアウトプット

こちらに関しても「【お金を稼ぐための神のスキル】セールスライティングとは」でお伝えしましたが、コピーライティングも執筆です。いくら知識をつけても執筆に慣れていないと身につきません。そのため学習したことを含めインプットしたことはブログを通じてアウトプットしましょう。
そして、先ほどもお伝えした通りですが、コピーライティングとセールスライティングを掛け合わせ、セールスコピーライティングができる様になればブログから商品やサービスの販売も可能になります。そうなればWebライターの収益を超えることも可能かと思います。また、そもそもの話ですが収益の形が違います。

  • Webライター = 労働型収益
  • ブログ = 自動型収益

になります。この2つの収益源ができれば本当に強いです。学習のため、収益向上のためブログも同時に始めることをおすすめします。
●ブログの始めかたの詳しい情報はこちらの記事を参照して下さい。

こちらのテーマでは「コピーライティングを副業でおすすめする理由」について深掘り解説してきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

【離脱率を下げ滞在時間が上がる】コピーライティングとは
この記事では「【離脱率を下げ滞在時間が上がる】コピーライティングとは」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • コピーライティングとはこんな文章を書く人
  • コピーライティングを副業でおすすめする理由

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。