副業継続ビルダー:わかチンのブログ

【稼ぎ方がわからない!】Webライターがスキルアップする手順

WRITING

ひらめいた男性

初心者Webライターです。
「Webライターとして稼ぐため、スキルアップしたいのですが、どのような手順で進めれば良いのでしょうか?」
このような疑問が出てきました。

このような疑問を解決するため、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • Webライターとして稼ぐため、スキルアップの流れが理解できます。

この記事を書いている僕は2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。
そんな僕は、Webライターとして稼ぐため、たくさんの事を勉強しています。そして、本記事の内容通りに進めてきた事で、毎月安定しお仕事の受注ができています。
Webライターとし、スキルアップするには時間がかかります。そのため挫折しそうになる事もあります。しかし、ゴールまでの手順を理解する事で、挫折を事前に回避し、稼ぐための手順を理解しました。
日々どんなことを意識し、Webライターとして活動しているのかをシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論です。

Webライターとして4つのスキルを身につければ強い

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀り解説します。

本記事の動画解説版

Webライターがスキルアップするための手順

web-writers-improve-their-skills

ガッツポーズをするサラリーマンライター

「Webライターのゴールまでの道のりが知りたい。」

こちらのテーマではこのような疑問を解消するために深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

このテーマを読むメリットは次の内容です。

  • Webライターとして収益を上げるための道筋が理解できます。

このテーマではWebライターが収益を上げていくための方法をシンプルに解説します。

副業でWebライターとしての活動をするなら、今からお伝えするポイントを押さえておかないと、ずっと単価が低いままで「Webライターは稼げない」この結果でおわります。このような事にならないためにも、今からお伝えする事をご理解ください。

Webライターが進むべき道

初心者ライターがこのパートを読めば指標が見つかる

Webライターを始めると解ると思いますが、最初は収益が少なく驚いた方も多いと思います。
Webライターは全て下記の方程式で決まります。

収益 = 文字単価 × 文字数 × 納品数

この方程式に当てはめて考えます。どれか1つでも数字が低いと、収益がガクンと下がってしまいます。全てをまんべんなく高い数字で維持させることが稼ぐために重要なことです。では、各パートごとで狙うべき数字を理解していきましょう。

文字数

文字数はお仕事を選ぶ際にしっかり確認すれば大丈夫です。
基本的には3,000文字を狙いましょう。多くても5,000文字までのお仕事を探していきましょう。理由としては2つあります。

  • 1つ目は、1つのキーワードを執筆するにあたり、調べてまとめたら大体3,000文字前後で終わるからです。
  • 2つ目は、記事の執筆に慣れていない方は、1,000文字の執筆に大体1時間程かかると言われています。副業でWebライターを始めると、最初はなかなか時間の調整が難しいと思います。仮に5,000文字の仕事を受けるにしても、1日1時間の時間の確保ができれば1週間で納品は可能。という計算になっていきます。また、執筆速度が上がれば効率よく納品でき、収益が上がります。

納品数

こちらに関しては人によって納品できる記事数は変わってきます。

最初は、1週間に1本のペースで余裕を持ち納品できればOKです。しかし、最初から稼ぎたいなら初心者でも1週間に3記事納品を目指しましょう。

記事の執筆スピードを上げる事には限界があります。早く執筆ができるにしても、1時間で1,500文字の執筆が限界です。しかし、このスピードで進められたら、3,000文字の執筆を2日で1本、納品できます。そうすると1週間で3本の納品が可能です。

文字単価

結論として、1文字1円以上のお仕事を狙いましょう。
しかし、初心者(実績が30件以下の場合)は1円以上のお仕事を受注する事が1つの壁になります。そのため、最初の30件はどうしても1文字1円以下のお仕事になることが多くなります。しかし、このことはWebライターで稼ぐための登竜門だと思って我慢する時期です。

とはいっても0.1円に満たない仕事を受ける必要はありません。最低でも0.5円以上のお仕事を受けるようにしましょう。

ではここで、1度まとめましょう。

Webライターが最初の30件のお仕事をこなすまでは初心者の扱いです。初心者のうちはまず下記の方程式を常に意識しましょう。

収益 = 文字単価 × 文字数 × 納品数

ここでは、初心者の記事数に応じて得られる収益の目安をご紹介します。

最初の10記事までは、ひと月で行うお仕事は下記の通りです。
0.5円 × 3,000文字 × 4記事納品(週1記事納品) = 6,000円
10記事から20記事まで、ひと月で行うお仕事は下記の通りです。
0.5円 × 3,000文字 × 8記事納品 (週2記事納品)= 12,000円
20記事から30記事まで、ひと月で行うお仕事は下記の通りです。
0.8円 × 3,000文字 × 16記事納品(週3記事納品)= 38,400円

ここまでくればあとは単価を上げることで収益が伸びてきます。
しかし、ここでこのような質問がでてきそうなので先にお答えしておきます。

詰め寄ってくる男性

「文字数を増やせば効率良く収益伸びるのでは?」

たしかに思いますよね。例えば下記の内容です。

0.8円 × 10,000文字 × 8記事納品(週2記事納品)= 64,000円

しかし、文字数を増やすのであれば、せめて50記事以上の実績を持って挑戦した方が良いです。

理由として、10,000文字クラスの記事執筆をすると「文字数稼ぎの文章」が出来上がり最悪です。悪い評価がつく原因にもつながります。

このようなことから、初心者のうちは文字数を増やすことはおすすめしません。
Webライターは最初の30記事までは「時給30円」みたいなこともザラにあります。これは本当にきついです。しかし、ここはどうしても通らないといけない道です。
しかし、この記事を読んでくださっている方は、どのようにWebライターとしてのスキルアップをすればいいのか、を知りたいと思います。次のパートではWebライターの収益を上げるため1番手っ取り早い「文字単価」を上げるためのスキルをご紹介します。

Webライターが習得するべきスキル 4選

副業で月に100万稼ぐならこのパートにヒントあり!

こちらのパートではWebライターが習得するべきスキルについてお伝えします。
具体的には「Webライティング」「SEOライティング」「セールスライティング」「コピーライティング」が必要なスキルになります。こちらを詳しくみていきましょう。

Webライティング

Webライティングとは「Web上に、正しく解りやい文章で執筆すること」です。
このスキルはWebライティングを30記事ほど執筆すれば習得可能です。そして、このスキルを習得すれば文字単価としては0.1円から1円を狙えるラインになります。

前パートでお伝えした方程式に当てはめると下記のような収益です。
1円 × 3,000文字 × 16記事納品(週3記事納品)= 48,000円

このような収益を得ることが可能です。

●Webライティングの詳細はこちらの記事を参考にしてください。

SEOライティング

SEOライティングとは「Googleで検索した際、上位に表示をさせるための文章を執筆をすること」です。
Webライティングで30記事ほど執筆したら、次に学ぶべきスキルの1つです。そして、このスキルを習得すれば文字単価としては1円から2円が狙えるラインです。

前パートでのお伝えした方程式に当てはめると下記のような収益です。
2円 × 3,000文字 × 16記事納品(週3記事納品)= 96,000円

このような収益を得ることが可能です。

●SEOライティングの詳細はこちらの記事を参考にして下さい。

セールスライティングとコピーライティング

セールスライティングとは「商品やサービスを販売するための文章」です。
こちらは50記事ほど執筆したら、次に学ぶべきスキルの1つです。そして、このスキルを習得できれば文字単価としては2円から7円が狙えるラインです。
また、このレベルになると、文字数が増えてくる傾向にあります。例えば、セールスライティングの型である、「PASONAの法則」などは長文になります。そのため文字数が自然と増えてきますので、納品数を減らしつつも収益を増やすことが可能です。
また、コピーライティングを同時に習得することでかなりの単価アップも期待できます。
セールスライティングとコピーライティングはスキルアップを狙うのに同時に習得していきましょう。

前パートでのお伝えした方程式に当てはめると下記のような収益です。
5円 × 8,000文字 × 8記事納品(週2記事納品)= 320,000円

このような収益を得ることが可能です。ここまでくればかなりの収益が得られることになりますね。

●セールスライティングの詳細はこちらの記事を参考にして下さい。

●コピーライティングの詳細はこちらの記事を参考にして下さい。

また、Webライターとして最高峰の執筆スキルは、セールスライティングとコピーライティングを掛け合わせた「セールスコピーライティング」です。これができれば、ライターとして稼げる金額の桁が変わってきます。そもそもこのスキルを習得できれば、直接企業との契約になりますので収益も跳ね上がります。

ここで重要なことをお伝えします。
いきなりセールスライティングやコピーライティングの記事を読んでも頭の上に「」が出る人も多いと思います。しかし、最終的にWebライターとしてのスキルアップを図るならこの部分は必ず必要になるスキルです。もし、分からない場合は、遠慮なくご質問ください。記事でお伝えできることには限界があります。さらに詳しく収益を上げれる方法などもお伝えできます。ご興味ある方はご利用ください。
» 30分無料相談

また、僕は初心者ライターが3ヶ月で5万円稼ぐための講座もご用意しております。興味がある方は受講してください。ただし、楽ではありません。本当に稼ぎたい人だけでお願いします。。。
●詳細はこちらの記事をご覧になってください。

こちらのテーマでは「Webライターがスキルアップするための手順」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 30分無料相談

まとめ

web-writers-improve-their-skills
この記事では「【稼ぎ方がわからない!】Webライターがスキルアップする手順」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • Webライターがスキルアップする手順

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。