副業継続ビルダー:わかチンのブログ

【月間収入25万円は本当?】副業Webライターのリアルな収入は?

WRITING

お金を掘り当てるWebライター

副業Webライターの初心者です。
Webライターの収入はどのくらいですか?
実際に年間300万円の収益って取れますか?
このような疑問が出てきました。

このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • Webライターのリアルな収入がわかる
  • Webライターの収入の上げ方がわかる
  • 月に25万円以上稼ぐ方法がわかる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。

そんな僕はWebライターとしての稼ぎ方が理解でき、月に25万円以上の収入が取れるようになりました。また、僕はWebライターへのお仕事の発注もしており、稼げる人と稼げない人の差がはっきりとわかりました。

日々どんなことを意識し、Webライターとして稼いでいるのかシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論です。

副業Webライターで月間25万円稼ぐことは可能です。しかし、かなりハードです。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

副業Webライターのリアルな収入は?

2021_0606_2_1-web-writer-income

やる気に満ち溢れたWebライター

「副業Webライターで月に25万円稼げるの?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 副業Webライターとして、実際どのくらい稼げるのか、どのような人が25万円以上稼いでいるのかがわかります。

こちらのテーマでは、副業Webライターが実際に稼げる金額をご紹介します。

フリーランスWebライターであれば、月に25万円以上稼いでいる人は多いですし、珍しくもありません。しかし、副業Webライターとして月に25万円以上稼いでいる人は、本当にひと握りです。

具体的にどのように稼いでいるのかをご紹介します。

Webライターの収入をまとめました

Webライターとしての手取りの金額をまとめました。フリーと副業の人では大きな差がありますね。

フリーランスWebライターの収入

20万円未満 全体の32%  Webライター初心者
案件自体をそこまで数多くこなしていない。
20万円から35万円未満 全体の26.9%  Webライター中級者
案件は数多くこなしている。
35万円から50万円未満 全体の21.5%  Webライター中級者
単価の良い企業案件を複数持っている。
50万円から65万円未満 全体の8.2%  Webライター上級者
メインは企業案件。一般的に個人一人で執筆できる限界値。
65万円から100万円未満 全体の5.5%   Webライター上級者
企業案件を外注しながら効率よく稼いでいる。
100万円以上  全体の5.9%   Webライター最高峰
案件、単価、仕組みの全ての構築ができている。

こちらを見るとフリーランスの平均として月に25万円、年間300万円ほどの収入があるとわかりますね。

副業Webライターの収入

5万円未満 全体の27,7%  副業Webライター初心者
案件が取れない下積みの時期。
5万円から10万円未満 全体の18.0%  副業Webライター中級者
案件に慣れてきてサッと稼げるようになる金額。
10万円から20万円未満 全体の18.5%  副業Webライター中級者
案件はこなしているがジリ貧状態になる。
20万円から30万円未満 全体の13.7%  副業Webライター上級者
クラウドソーシングで稼げる限界。
30万円から40万円未満 全体の8.7%   副業Webライター上級者
新規は無し。継続案件 + 企業案件で収益化。
40万円から100万円未満 全体の11,5%   副業Webライター上級者
企業案件で良い単価の案件のみを受けている状態。
100万円以上  全体の1.8%    副業Webライター最高峰
案件、単価、仕組みの全ての構築ができている。

一方、副業Webライターの平均として月に10万円前後、年間120万円ほどの収入になっていることがわかります。

この表を見る限り、副業Webライターはまず5万円の壁があります。この壁が1番大きいですね。この5万円の壁を越えることができれば、あとは単価と作業時間で月間30万円前後までは稼げる。と言うことになります。

副業Webライターは5万円前後の収入が1番多く、ここを超えた人がさらに伸ばしていく。と言う感じですね。その後、フリーランスのWebライターに転身する人が多いのが現実です。

まずは月に5万円の壁を越えることを1つの目標にしましょう。

月間25万円稼げる人はひと握りです

副業Webライターで5万円の壁を乗り越える人は25万円までの道のりは長くありません。
実際に25万円をWebライターで稼ぐための設計をしていきましょう。

収益 = 単価 × 文字数 × 納品数

これに当てはめながら進めていきましょう。

例1
252,000円 = 文字単価3円 × 3,500文字 × 24納品
例2
252,000円 = 文字単価3円 × 3,000文字 × 28納品
例3
255,000円 = 文字単価3円 × 5,000文字 × 17納品

ここで重要なことは単価です。3円と言うのは無理な数字ではありません。普通に転がっている数字です。視野を広げ探してみましょう。

クラウドワークスで見ると、文字単価「3円以上」、文字数「3,000文字以上」かつ、「継続依頼あり」のお仕事は16件です。
※2021年6月5日現在の数字

しかも、このようなお仕事は強豪が、かなり少ないのが現状です。応募数0が4件ありました。そもそも見られていないです。逆に同じような仕事でも、文字単価1円未満のお仕事の方が競合が多い状況です。

実際に僕もお仕事の発注をクラウドソーシングで行なうことがあります。今出している仕事は、スタートでも1.5円でやってますし、1番単価の高い人は4.8円でお願いしている人もいます。興味があればお問い合わせください。ライターさんを募集しています!

文字単価3円を厳しいと思っている人が多いように見受けられますが、実際はそんなことはありません。発注側としては、文字単価1円でも3円でもそこまで大きな差があると思っていません。

よく、安い文字単価でも、文字数で稼ぐ人もいます。しかし今のご時世では、長文は好まれません。短い文字数で、良質な文章執筆ができるかどうかが鍵になります。また、納品数自体もそこまでたくさんしない方が良いです。1日1記事、週に4本から5本の納品で25万円稼げたら、人生は大きく変わります。

5万円の壁を乗り越えられれば、あとはひたすら文字単価を上げることを意識しましょう。そうすれば副業Webライターで、月間25万円の収入は全然稼げる範囲です。

法則とやり方を理解してWebライターとしてのお仕事を進めましょう。

こちらのテーマでは「副業Webライターのリアルな収入は?」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

月に25万円稼ぐためのプロセスを紹介

2021_0606_2_2-web-writer-income

前向きなWebライター

「具体的にどうすればWebライターとして25万円以上稼げるの?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 月に25万円稼ぐための手順がわかります。

こちらのテーマでは、副業Webライターが月25万円の収入を得るための手順を解説していきます。

かなりハードですが、手順を踏めば必ずできる数字です。重要なのは「単価」です。文字単価3円のお仕事が獲得できれば25万円は稼げます。

具体的には方法を解説していきます。

月25万円稼ぐために必要なスキル

単価3円以上の継続案件を受注しましょう。これが必須条件です!この案件を受注するにはどうすれば良いかの解説をします。

こちらのパートでは単価3円のお仕事を受注するのに必要なスキルについて解説します。
必要なスキルは3つになります。

1つ目:SEOライティング

このスキルは、自然とできるレベルになりましょう。

2つ目:セールスライティング

このスキルをもつと、3円から5円のお仕事が可能になります。

3つ目:コピーライティング

このスキルを持つとランディングページなどの案件の受注も可能になります。

この3つのスキルがあれば、単価3円は十分可能です。3円でも安いと思います。実際に僕も現在、単価10円のお仕事を受けています。難易度は1円のお仕事とそこまで変わりません。逆に専門的業界知識が必要になるため、内容はクライアントが提示してくれます。その点で言えば、「業界のことを自分で調べる」みたいなことはないので逆に楽です。

また、ランディングページなどのお仕事は単価にプラスの料金も発生しますので、単価が5円や6円になることが多いです。

上記の3つで共通して必要なことは、「読者に文章だけ販売する執筆能力」です。

物が売れる文章術」とは情報ではありません。考え方とイメージの連鎖で作り上げていくものになります。そのため習得には、長期的に訓練が必要になります。頭を柔らかくして想像力と会話力が必要です。

もっと詳しいことを勉強したい方は僕が運営しているカレッジに参加してみてください!もちろん無料です!
» 【無料】Wakablog college

まずは継続して5万円稼ぎましょう

何事もステップアップが重要です!まずは手堅く5万円から稼ぎましょう。

とはいっても、まだ5万円も稼げていない人がこの記事を読んでいることが多いと思います。
実際に5万円を稼ぐためには何が必要なのかになりますが、5万円をクリアするまでが1番しんどいです。

  • 仕事が取れない
  • 単価が安すぎる
  • 継続案件がない

これでは実際に稼げません。しかし、5万円までは下記の内容ができれば十分稼げます。

  • クラウドソーシング登録状況の整備
  • 受注につながる応募文を作る
  • スカウトが届く自己PR文章を作る

になります。

クラウドワークスの登録見直しについてはこの記事を参考にしてください。

ランサーズの登録見直しについてはこちらの記事を参考にしてください。

受注につながる応募文についてはこちらの記事をご覧になってください。

スカウトが届く自己PR文章はこちらの記事をご覧になってください。

上記の内容はできるけど、1人で作業ができないと言う人はこちらの記事をご覧になってください。

上記の内容をやっていけば5万円の収益は十分取れます。重要なことは下記の内容です。

  • Webライターで「稼げない」からやめる
  • 思ったより仕事が「辛い」からやめる

このような人は一度こちらのサービスをご覧になってください。1人でできないなら、一緒に頑張りましょう。

上記の内容を1人でやっていくのは辛いと言う方はこちらの記事をご覧になってください。

こちらのテーマでは「月に25万円稼ぐためのプロセスを紹介」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_0606_3-web-writer-income
この記事では「【月間収入25万円は本当?】副業Webライターのリアルな収入は?」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • 副業Webライターのリアルな収入は?
  • 月に25万円稼ぐためのプロセスを紹介

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。