副業継続ビルダー:わかチンのブログ

【結論:難しい】ライティングを副業にして挫折してしまうポイント

WRITING

頭の上に「?」がついている男性

副業でライティングを始めました。
ライティングの副業って難しいですか?
このような悩みが出てきました。

このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • 副業Webライターの厳しい面、理解しておくべき壁を理解できる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。

そんな僕は、副業Webライターとして何度も挫折を経験しました。挫折と復帰を繰り返し、現在ではライティングのお仕事に携わりながら活動しています。そのため、副業でライティングのお仕事が難しいかどうかは十分理解しています。

日々どんなことを意識し、Webライターとして活動しているかをシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論です。

副業でライティングを継続するのは難しいです。しかし、乗り越えることは可能です。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

副業ライティングの継続が難しい理由

2021_0612_2_1-writing-is-difficult

頭の上に「?」が浮かぶWebライター

「副業Webライターは、ちまたで言われている評価よりも実際はもっと難しい?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 副業Webライターが継続できなくなる理由を事前に理解し、対策ができます。

こちらのテーマでは、副業でライティングをすることがどうして厳しいのかを解説します。

Webライターは、参入障壁が低いため競合がたくさんいます。また、発注者としても、1人に固執する理由が減ってきている状態です。

どのような問題点があり、その問題点をどのように改善するべきか、解説していきます。

ライティングスキル

初心者の副業Webライターだからといっても、お仕事を受注した段階でプロと同じ扱いを受けます。

初心者であることをアピールするWebライター

「初心者だから上手な執筆ができません」

このような意識でやっていくことはできないことを十分理解してください。

お金をもらって執筆する = プロのWebライター

Webライターとして最低限必要なスキルは、SEOライティングになります。SEOライティングはWebライターで収益を発生させる以上、最低限必要なスキルと思ってください。簡単なスキルではありませんが、真剣に学習すれば5記事ほど書けば基礎は身につきます。

SEOライティングについてはこちらの記事を参考にしてください。


また、Webライターとして本気で稼ぐならSEOライティングを習得した上で、セールスライティングコピーライティングを習得する必要があります。

Webライターには大きく分けてこの3つのスキルが必要です、このことを理解せずにこの業界に飛び込んできている人も多いです。

にやりと笑うWebライター

「ただ、依頼された内容を調べて、文章を執筆すればお金がもらえる…」

流石にそこまで甘くありません。しかし、きちんと習得すれば十分やっていけます。Webライターになって稼ごうと思えばシンプルに下記の3つのスキルを習得をしていきましょう。

各スキルの習得までの時間

  • SEOライティング    20時間
  • セールスライティング 100時間
  • コピーライティング  100時間

になります。上記の内容でようやく基礎の部分が身に付きます。

そのため、Webライターとして参入した後、学習は行なうべきです。そうすれば十分ライティングスキルが身に付くので稼げます。ただし、ここで注意点があります。

学習 = 実践

になります。このことを忘れて、ずっと本を読み続けるようなことをせず、実践の中でスキル習得をしていきましょう。

学習方法についてはこちらの記事をご覧ください。

時給単価が安すぎる

ライティングのお仕事はとても特殊な報酬形態です。そのため、稼ぐには、稼げる案件を見分ける知識が必要です。クラウドソーシングでお仕事を受注する際には知識が必要になります。

文字単価が高いからと言っても、文字数が少なければ稼げません。その逆もしかりです。

重要なことは、自分の専門分野を持っていない方が、多くの執筆経験を積むため、多岐に渡りジャンルの選定をするのは問題ありません。しかし、明らかに調査業務に時間がかかるものは控えるべきです。

具体例でいえば、仮想通貨ジャンルなどです。2021年6月現在では仮想通貨のジャンルは文字単価も高く美味しい仕事ではありますが、かなり専門的知識が必要です。調べ出したらキリがありませんし、日本語訳されていないもので調べる必要があります。

このようなことをしていると、時給単価が、低くなり全く稼げない状態に陥ります。

電卓を使って数字を計算するWebライター

「Webライターは最初、時給単価100円もいかないよ。」

と言うことをよく聞きます。実際に僕もそうでした。初心者のうちは仕方がないかもしれません。しかし、ある程度のポートフォリオができ、継続案件が取れるようになってくれば、案件を選んでいく必要があります。

何を基準に売り上げの判断をするべきかというと、Webライターは時給で売り上げを見ていきましょう。

10万円稼いだとしても、月間の稼働時間が500時間ならあなたの時給(価値)は200円です。

5万円しか稼げなかったとしても、月間の稼働時間が10時間ならあなたの時給(価値)は5,000円です。

こうなれば、時給5,000円の仕事をどうやって増やすかを考えていくべきです。

ただし、大前提としては、前パートでもお伝えしました、3つのスキルがなければ、時給単価は上がりません。

になります。スキルを身につけ、仕事を選ぶ目利きも身につけられることができれば、時給単価の問題も解決ができますね。

また別の方法として、Webライター + ブログのように、Webライターの業務に関連することで稼ぐことも可能です。Webライターの実績を生かし、他の財布を作るということです。そうすることで報酬が増え、時給単価も上がっていくことになります。

Webライターの報酬が減ったとしても、ブログからの収入ができるので、ある程度は安心して過ごすことができます。

Webライターとブログの関連性についてはこちらの記事をご覧ください。

クライアント対応

Webライターは、クライアントワークになります。発注者には変な人もたくさんいます。もちろん、悪気があり変なことをしてきている人は少ないと思います。しかし、悪気がないからこそ難しいのです。

Webライターとは、文字で相手に伝えるお仕事

他の業種(デザイン、動画編集)などの業種に比べても打ち合わせが簡素です。しかも大前提としては文字だけでのやりとりが多くなります。そのため、両者ともに勘違いが起こりやすく、問題に発展する可能性もあります。

重要なポイントは「相手が発注者だから偉い」ということはないと理解して下さい!

僕も実際にお仕事を発注します。発注する理由は「自分で執筆できないから」になります。ようするに僕の代わりに執筆してくれる方の時間を買わせてもらっている状態なのです。

僕は現在、25名のライターさんとチームを組んで作業をしていますが、僕にとってこの25名はとても重要な存在です。僕からすると、Webライターを下に見る発注者のことを理解できません。

明らかにWebライターを下に見てくるような人がいれば逆にお断りをした方が良いです。そこまで嫌な思いをして、仕事を受ける必要ありませんし、他にもたくさん案件はあります。

クライアントを選ぶ際の重要ポイント

クラウドソーシングの場合、記事単価が安いテストライティングは受けない方が良いですね。ほぼ継続に繋がることはありません。どうしても受けたい場合は、最低、本契約後と同じ文字単価の案件だけにしましょう。

本当にテストライティングなのかを見抜く方法は、下記の通りです。

テストライティングを受けている人全員が、同じキーワードで執筆しているか。

応募があった人全員に別々のキーワードを執筆してもらいレベル判定はできません。テストライティングは下記を見ています。

  • 執筆レベル
    誤字脱字、その他、文章のルールに忠実に守り執筆ができるか。
  • 依頼内容の遂行
    発注者が依頼した内容に対して忠実に対応してくれるのかどうか。
  • 文章リズム
    執筆した文章が引っ掛かることなくリズム良く執筆できるか。
  • SEOレベル
    記事を公開して3日ほど置いた状態でGoogle検索で何位にできるか。

になります。

テストライティング後の「継続依頼」であったり「1文字5円以上」などの誘惑には負けないでください。美味しすぎる条件を出してくる人ほど、条件通りの案件を出せる資金力はありません。

文字単価5円前後になれば、掲載するサイトやブログのサイトパワーが強く、どんな文章でも確実に上位表示でき、商品販売に繋がる見込みがないと厳しいはずです。このような好条件を出す人に限って、テストライティングが終わったあと、継続した依頼を誰にも発注していませんのでご注意ください。

ちなみに、僕も現在Webライターを募集しています。最低文字単価として、1.5円からでの発注をさせていただきます。ご興味があればご連絡をお願いします。
» 問い合わせ

仕事が受注できない

Webライターはこの悩みが1番多いと思います。いくら頑張っても仕事がないと継続することはできないですよね。

ハンカチを神悔しがるWebライター

「いくら頑張ってお仕事の応募をしても受注が取れない…」

このような人は、3つの問題点があります。

  1. クラウドソーシングの登録状況に問題がある。または充実した内容になっていない。
  2. 応募内容の内容が薄いまたは、ただのテンプレになっており、発注者が求める回答をしていない。
  3. そもそも、仕事の応募数が少ない。実績もないのに1週間に10件前後しか応募をしていない。

お仕事が取れない理由はだいたい、この3つになります。

クラウドワークスの登録についてはこちらを参考にしてください。

ランサーズの登録についてはこちらを参考にしてください。

応募文についてはこちらの記事を参考にしてください。

Webライターのお仕事の探し方についてこちらの記事を参考にしてください。

いかがでしたでしょうか。ここまで、ライティングのお仕事を続けられなくなる要因とその対処法について解説していきました。

Webライターは参入障壁が低い分、離脱者も多くいます。たとえ、他の業界で稼ごうとしても、簡単ではありません。もし、ここまでの内容であなたに足りないものがあれば1度チャレンジしてみましょう。

こちらのテーマでは「副業でライティングの継続が難しい理由」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

副業Webライターの壁の乗り越え方

2021_0612_2_2-writing-is-difficult

パソコンの前で考えるWebライター

「副業Webライターとして継続するための方法、環境についてを知りたい」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 継続ができる環境の作り方が理解できます。

副業でライティングを継続するには、1人ではしんどい部分があります。どんな形であれ、相談できる環境を構築するべきです。

副業でライティングに参入してくる人はとても多いです。継続すれば、収益は大きくなりますが、大半の人は継続ができません。

同業の仲間を作りましょう

同業の仲間が、あなたを正しい道に導いてくれます。また切磋琢磨しながらレベル向上をすることも可能です。

Webライターは1人で作業することがメインになります。このことはメリットではありますが、「副業でやっているライティングが難しい」と感じる時に、ちょっとした相談ができる環境は持っておいた方が良いです。

Webライター同士で交流があると新しい情報なども入ってきます。ただ、このような人も出てきますね。

背を向けて悩むWebライター

「副業でライティングを始めたのは、あまり人と関わらなくても良いからなのですが…」

確かにそうですよね。僕もそう思ってWebライターになりました。この内容についての回答としては下記の通りです。

パソコンに向かうWebライター

「近すぎず、遠すぎずの関係を保ちましょう」

になります。これで全く問題ありません。

同業者の仲間はあなたにとって必要なのかを解説しているのはこちらの記事を参考にしてください。

ゆる〜く繋がれる仲間が欲しいな、という方は下記のサービスをご利用ください。無料のサービスです。Programming関係ではよくあるサービスですが、Webライターに特化したもくもく作業会はあまり聞きません。よければ覗きにきてくださいね。

Webライター特化型もくもく作業会はこちらの記事を参考にしてください。

スクールやサロンを活用

こちらのパートでは、このような人が読むべき内容のパートになります。

困っているWebライター

「お金が本当に必要なのです…」
「自分ではどうにもできない気がします…」
「短時間で本気で知識を習得したいです…」

このような人だけはこちらの記事を読み進めてください。

こちらは3ヶ月後に5万円を稼ぐための集中講座になります。

有料です。実際にどうやれば稼げるのかを全て出しています。

  • Webライターとして3ヶ月で5万円を稼ぐのは難しくありません。カリキュラムは全て無料公開しています。
  • 情報商材ではないので、読むだけは無料です。サポートと環境構築、定期アドバイスにお金を頂く内容です。
営業をするわかチン

「興味がある人は見ていってくださいね!」

Webライターに特化した返金保証付き集中講座はこちらの記事を参考にしてください。

こちらのテーマでは「副業Webライターの壁の乗り越え方」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_0612_3-writing-is-difficult
この記事では「【結論:難しい】ライティングを副業にして挫折してしまうポイント」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • 副業ライティングの継続が難しい理由
  • 副業Webライターの壁の乗り越え方

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。