副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【ライティングの探し方】副業Webライターが仕事を受注するまでの手順

WRITING

パソコンの前で腕組みをしながら仕事を探すWebライター

Webライター初心者です。副業で始めました!
ライティングのお仕事はどう探せばいいですか?
このような疑問が出てきました。

このような疑問を解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • ライターの仕事の探し方が解る。
  • 確実に仕事に繋がる方法が解る。
  • 安定した仕事の受注方法が解る。

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。

そんな僕は、クラウドソーシングやブログ、SNSを使い、仕事を受注したり、発注したりしています。副業Webライターが受発注業務の両方を同時にしている人は珍しいと思います。そのため、どうやれば副業Webライターとして、ライティングのお仕事を円滑に探せるか理解できています。

日々どんなことを意識し、仕事を探しているのか、シェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論です。

ライティングのお仕事は競合が多いので、戦略を立てましょう。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

副業のライティング 仕事の探し方

2021_0608_2_1-how-to-find-lighting

詰め寄るWebライター

「ライティングの仕事はどう探せばいんだろう?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • お仕事が集まる場所が理解でき、効率よく受注ができる

こちらのテーマでは、初心者Webライターが、どうすれば効率よく安定して仕事を受注できるか、解説します。

初心者Webライターは、紹介する2つのクラウドソーシングだけで問題ありません。

よく、「ブログやSNSを活用してお仕事を受注する」と聞きますが、ブログやSNSは中級レベルの方が行う事です。

今回はWebライター初心者の方が仕事を受注するための方法としてご紹介します。

段階を踏みつつ、徐々にレベルアップしていきましょう。

クラウドソーシングでお仕事探し

両社とも無料で、誰でも登録ができます。おすすめは両社とも登録しましょう。登録して、あなたに合わないのであれば、解除すればOKです。

クラウドワークス

ライティングの仕事の数が圧倒的に多いです。

●クラウドワークスに関しては、こちらの記事を参考にしてください。

ランサーズ

質の高い仕事が多数あります。

●ランサーズに関しては、こちらの記事を参考にしてください。

この2つを登録して、実績を積みましょう。

発注者側の目線でお伝えします。先ほど触れた、ブログやSNSでお仕事を発注する場合は、あきらかな実績がある人のみになります。

逆に実績のないWebライターへはブログやSNSを通じで発注はしません。理由は「問題が起きた時のリスク」が大きすぎるからです。また、納期に間に合わず逃げられた時の対応がブログやSNSではできません。

発注者としても、受注者としてもクラウドソーシングを使うことでリスクヘッジが可能です。そのため、初心者Webライター(100件の仕事をこなすまでの方)のうちは、クラウドソーシングでお仕事を受注しましょう。

SNS、ブログは今のうちに育てる

Webライター中級者になり、ブログやSNSを育てていただのでは間に合いません。クラウドソーシングは実績がつき次第。早めに卒業しましょう。

先程のパートお伝えしました、ブログやSNSは初心者Webライターのうちは使わないと解説してきました。しかし、ここで勘違いしないで欲しいことは、ブログやSNSを使わないというのではありません。

使ってもお仕事が取れない。

と伝えたかったのです。しかし、ブログやSNSを通じで交流を広げたり、お仕事の実績をアピールしておくことは大切なことです。この実績を1年後に見たクライアントがあなたに声をかけてくるのです。

SNS(Twitter)

WebライターはTwitterになります。Twitter経由での仕事の依頼が1番多いです。

日々の発信で、下記を意識しましょう。

  • 執筆しているジャンル
  • 納期までのスピード
  • 執筆した記事のSEO結果

などを発信していればOKです。発注者はこの部分を見ています。

むしろ、これ以外には興味がありません。

また、Webライターどうしで繋がっておくことでのメリットもたくさんあります。
メリットやデメリットについはこちらの記事を参考にしてください。

ブログ(WordPress)

大きな継続案件の獲得ができます。また、ブログは実際のポートフォリをにもなります。

ブログは初心者のうちからしっかりと更新していきましょう。ブログを見ることで、あなたがどのような文章執筆をしているのかがわかります。また、更新頻度や文字数からどのくらいの執筆レベルなのかも判断ができます。

適当にブログの執筆をするのではなく、Webライターに関係のあることを執筆しましょう。

Webライターとしてのノウハウやお仕事の充実感を出していると良いです。

Webライターがブログをはじめる理由についてはこちらの記事を参考にしてください。

このように、SNSとブログは初心者のうちから始め、育てておかないと必ず後悔します。今のうちから少しずつでも構いません。育てていきましょう。

こちらのテーマでは「副業のライティング 仕事の探し方」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

副業のライティング 仕事の受注方法

2021_0608_2_2-how-to-find-lighting

教えをこうWebライター

「ライティングの仕事ってどうすれば効率よく受注できる?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • このテーマを理解すると、最終的に営業をしなくても円滑に仕事が回ります。

こちらのテーマでは、実績が無いWebライターでも、安定して受注を取り続けるための方法を詳しく解説します。

新規営業は効率面を重視

応募文は基本、テンプレート化し、工数の削減をしょう。しかし、相手が欲している情報は確実に提供しましょう。

発注をしていると多くの応募が集まります。
「よろしくお願いします!」だけの一言から、自分のキャリアを1,000文字前後で書いてくる人、多数います。

短すぎる人は論外ですが、こちらが求めている回答がすぐに見当たらない長文。これもNGです。

実例を出します。
画像1-how-to-find-lighting
画像2-how-to-find-lighting
僕が実際に応募で出している案件です。

10人応募してきて、9人は再度、こちらからの質問が必要です。なぜなら、この部分の回答をしてこないからです。
画像3-how-to-find-lighting
特に多いのが、ChatWorkの部分です。質問に対しての回答を一発で出してくる人には、実績も関係なく契約を進めます。

失礼な言い方にはなりますが、クラウドソーシングに出すお仕事は、重要なお仕事というよりも誰にでもできる仕事が多いです。

1番心掛けて欲しいことは「発注者が欲しい情報を提供する」です。その後は、テンプレートで見栄えを良くしておけばOKです。

1番考えるべき点は応募数です!

頭を抱えるWebライター

「仕事が受注できません」

このような声をよく聞きます。そのような人に「今週、何件応募しました?」と聞きました。すると回答はこうでした。

ドヤ顔をするWebライター

「今週は10件ほどです。先週は1週間で30件ほど応募しました。」

はっきりお伝えします。

何かを伝えるWebライター

「少ないです!」

1日25件、1週間で125件は応募しましょう。
また、応募するのは平日です。休日は応募が多くなりますので紛れてしまいます。

ここまでしないと仕事は獲得できません!

テンプレートとオリジナル回答を混ぜる必要があります。テンプレートを使って応募ボタンまでの工数を減らしましょう。

●応募文のテンプレートについてはこちらの記事を参考にしてください。

次に大切なのが、自己PR文章を含む、マイページです。ここはよく見ます。

初心者のうちは、特にしっかりと記載している方が良いです。理由は、内容が無くスカスカのマイページだと、本当に初心者感が出てしまいます。「初心者だから記載ができない」といった項目はありません。
画像4-how-to-find-lighting
必ず、マックスまで記載しておきましょう。見栄えが大切です。

見栄えが良ければ、実績が「ゼロ」でも十分受注に繋がります。

また、すごく重要なことですが、初心者感を出してはいけません。

初心者に仕事は発注したくありません。発注者はボランティアをしているわけではないことを理解しましょう。

事前に、「初心者なので…」このような伏線は必要ありません。

具体的な登録方法については、前テーマでお伝えした、クラウドソーシングの登録の仕方で解説している通りに進めましょ。

●自己PR文章に関しては下記のテンプレートを活用してください。

ここまですれば、実績が0件でも案件は獲得できます。

どうしてもポートフォリヲがないと不安。と言う方は僕に問い合わせください。

実際のお仕事を発注します。

日本語の読み書きができれば誰でもOKですよ!ぜひ、お待ちしております。
» 執筆のお仕事が必要な方はこちらをクリック

継続案件に繋げる重要性

ここができなければ稼げません。「受注までは楽観的に、受注後は繊細に対応!」これが継続案件を獲得するための秘訣です。

この記事の冒頭でもお伝えした通り、発注者はそこまで重要なお仕事をクラウドソーシングで発注しません。誰でもできるお仕事を発注します。

ようするに、受注した際の期待値は低いと言うことです。なんなら納品してこない前提で数を増やして採用しています。

では、継続案件にするためにはどうすればいいのでしょうか?

方法は簡単です!売り上げにつながる文章を執筆できればいいのです!

うつむきながら涙を流すWebライター

「初心者の僕には無理…」

と言う考えの人がいますね。しかし、Webライターとして仕事を取った時点で、あなたはプロのWebライターです。その自覚を持ちましょう。

最低でも、SEOライティングは必要です。SEOライティングはこの記事を読めばある程度理解できます。この記事通りに執筆すれば問題ありません!

本気で、こちらの記事通りに執筆しながら進めたら5件ほどで成果が出てきます。

本当に良い記事を書けば、翌日に数字として出てきます。ようするに、Googleの検索に引っかかるということです。

また、継続案件につながる方法で1番大切なことは発注者への配慮です。
具体例で伝えますと下記の通りです。

  • 納品時にコピペチェックのデータを合わせて納品し、クライアントが本来行うの作業の手間を軽減させる
  • 1週間後、または、1ヶ月後に執筆記事の検索データの順位情報を伝え、記事のリライト提案をしてあげる
  • 根拠を持った上うえではありますが、執筆した記事の関連記事のキーワードを納品時に提案をしてあげる

このような配慮をしてくれるWebライターさんは是非とも長期でお付き合いしたいと考えるものです。

5クライアントが継続し、文字単価3円のお仕事を発注してくれるのであれば、Webライターで食べていくことができます。

例えばこのような計算です。

文字単価3円 × 文字数3,500文字 ×納品数4件(週1件)× 5クライアント = 210,000円

になります!

3,500文字の執筆にかかる時間が、リサーチを含め5時間だとしたら、サラリーマンをしているよりも全然いいですね!時給2,100円です。悪くはありません。

このような感じで収益を発生させるためには手順を踏んで進む必要があります。

そのようなことをお伝えしているスクールをご用意しております。無料ですので、ご興味があれば参加してください!
» 【無料】Wakablog college

こちらのテーマでは「副業のライティング 仕事の受注方法」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_0608_3-how-to-find-lighting
この記事では「【ライティングの探し方】副業Webライターが仕事を受注するまでの手順」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • 副業のライティング 仕事の探し方
  • 副業のライティング 仕事の受注方法

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。