副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【 暴露 】Webライターで稼げる人と稼げない人の差を徹底分析

WRITING

Webライター 稼げる

副業でWebライターとして活動を始めました「Webライターとして稼げるようになるにはどうしたら良いのかな?稼げるイメージがつかない…」このような悩みが出てきました。

今回は、このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • Webライターが稼げる理由を知ることができる
  • Webライターとして稼げる人になる方法がわかる
  • Webライターとして早く稼げるようになる方法がわかる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。

そんな僕は、Webライターとして、固定クラアイアントもでき、案件に困ることはなくなりました。その結果、Webライターとして毎月安定して、固定の収益も発生させられるようになりました。

Webライターとして次のステージに進むため、僕自身が「Webライターを育成するスクール」を運営したり、「Webライターで稼ぐための短期集中講座」を開催しています。

現在では、現役Webライターとしての活動とWebライターを育成する立場としての見方ができるようになりました。また、同時に僕自身がライターさんに記事を発注することも多数あります。そのため、この記事も少しは信憑性があると思われます。

日々どんなことを意識してWebライターとして仕事をしているかをシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論

Webライターで稼げるようになるには、仕事の取り方と勉強法が大事

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

Webライターが稼げる理由

2021_0827_2_1-web-writer-exposure

Webライター 稼げる

「Webライターになる人が多いけど、稼げるのかな?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • Webライターがこれからも稼げる理由がわかる
  • 現役Webライターがどれくらい稼いでいるのかがわかる

こちらのテーマでは、Webライターが稼げる理由と稼げる金額について解説していきます。近年、Webライターを仕事や副業にする人が急増しています。在宅で稼げるうえに参入障壁が低いことが理由に挙げられます。これからもWebライターは稼いでいけるのかを考察します。

ライターが稼げる理由は情報発信

こちらのパートでは、Webライターが稼げる理由は”情報発信”について解説していきます。今の時代もこれからの時代も常に新しい情報は更新され続けています。大企業から中小企業までWebサイトを持ち、自社サイトで情報発信をするのが当たり前になっています。

Webライターの仕事は、この企業サイトで記事を書き、増益や集客をすることです。今の時代はWebライターという仕事は大きな需要があります。

これから先の時代においても、今すぐインターネットが無くなることはないですし、企業はこれからもWebを通じて集客やセールスをし続けることは間違いないでしょう。このような理由で、Webライターはこれからも稼ぎ続けられる可能性が十分にあります。

ただ稼ぎ続けるためには、ある程度のスキルが必要になってきます。「【ライティングの副業が続かない】Webライターで稼げるのは一握り」でも解説していますので参考までにご覧になって下さい。

Webライターが稼げる金額

こちらのパートでは、現役Webライターが稼げる金額について解説していきます。実際にどのくらい稼いでいるのかは気になりますよね。平均的な収入から稼ぎ方まで紹介します。

副業Webライターのリアルな収入は以下のようなものです。

5万円未満 全体の27,7%  副業Webライター初心者
案件が取れない下積みの時期。
5万円から10万円未満 全体の18.0%  副業Webライター中級者
案件に慣れてきてサッと稼げるようになる金額。
10万円から20万円未満 全体の18.5%  副業Webライター中級者
案件はこなしているがジリ貧状態になる。
20万円から30万円未満 全体の13.7%  副業Webライター上級者
クラウドソーシングで稼げる限界。
30万円から40万円未満 全体の8.7%   副業Webライター上級者
新規は無し。継続案件 + 企業案件で収益化。
40万円から100万円未満 全体の11,5%   副業Webライター上級者
企業案件で良い単価の案件のみを受けている状態。
100万円以上  全体の1.8%    副業Webライター最高峰
案件、単価、仕組みの全ての構築ができている。

●詳しくはこちらの記事をご覧下さい。


副業Webライターの平均として月に10万円前後、年間120万円ほどの収入になっていることがわかります。

この表を見る限り、副業Webライターはまず5万円の壁があります。この壁が1番大きいですね。この5万円の壁を越えることができれば、あとは単価と作業時間で月間30万円前後までは稼げる。と言うことになります。

Webライターが稼げる金額は、ライティングスキルや仕事の探し方で大きく変わります。詳細は、記事後半で解説しますので、最後までご覧ください。

こちらのテーマでは「Webライターが稼げる理由」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

ライターで稼げる人と稼げない人の差

2021_0827_2_2-web-writer-exposure

Webライター 稼げる

「Webライターで稼げる人と稼げない人の差はなんだろう?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • Webライターとして稼げる人になる方法がわかる

こちらのテーマでは、Webライターで稼げる人と稼げない人の差について解説していきます。これからWebライターとして稼ぎたい人は、稼げる人の特徴を参考にして、稼げない人の特徴に当てはまらないように注意しましょう。

Webライターで稼げる人の特徴

こちらのパートでは、Webライターで稼げる人の特徴を紹介します。長い目で稼げる人になるために大事なことですので、注意して読んでください。

Webライターとして稼げる人の特徴

  • 専門知識がある
  • 直接契約で仕事を取る
  • ライティングスキルが高い

上記の3つが稼げる人の特徴になります。1つずつ詳しく解説していきます。

専門知識がある

専門知識とは、不動産や美容、金融などの特定の分野のことを指します。他のWebライターと差別化を図ることで文字単価を上げることができます。こちらの「【知らないと大損】知っておくべきWebライターが稼げるジャンル」で詳細は解説しています。

直接契約で仕事を取る

仕事の取り方として、企業と直接契約で仕事を取ることで稼げるようになります。クラウドソーシングサイトは手数料が高いのが1番の理由です。詳しくは、「【直接受注で手取り額が増加】Webライターは仕事の取り方が大事!」を参考にしてください。

ライティングスキルが高い

Webライティングスキルは主に3つあります。

Webライターで稼げる人は、必ず身につけているスキルです。詳しくは、「【稼ぎ方がわからない!】Webライターがスキルアップする手順」で解説しています。特に身につけたいのはセールスライティングですので、勉強必須です。

この3つの条件を満たすと稼げるWebライターになれます。みなさんも「へぇ〜」で終わらせるのではなく実行していき、稼いでいきましょう。

Webライターで稼げない人の特徴

こちらのパートでは、Webライターで稼げない人の特徴を紹介します。稼げない理由を理解し、当てはまっていないかをチェックしましょう。当てはまっているのであれば今すぐ改善が必要です。

Webライターとして稼げない人の特徴

  • 勉強しない
  • 低単価案件で消耗している
  • 仕事への応募文が適当
  • 報告、連絡、相談ができない

上記の4つが稼げない人の特徴になります。1つずつ詳しく解説していきます。

勉強しない

勉強しなければ稼げるようにならないのは理解できると思います。効率的に勉強していく方法は記事後半で解説します。

低単価案件で消耗している

クラウドソーシングサイトで低単価案件ばかりを受注していると、継続できなくなってWebライターとして挫折してしまうこともあります。低単価の案件で実績を積んで、もっと単価の高い仕事を取りにいきましょう。詳細は、「【Webライターの手数料と単価】クラウドソーシングで稼げない理由」を読んでみてください。

仕事への応募文が適当

Webライターとして稼げない人は仕事が取れない人のことでもあります。私は、クラウドソーシングサイトで発注する立場でもありますが、応募文が適当な人が結構います。応募文を丁寧に書くだけで他のWebライターと差別化できるかもしれません。

応募文の書き方は、「【無料 テンプレート有り】ライティングでお仕事が受注できる応募文」で紹介しています。無料テンプレートも配布しているのでぜひ参考にしてください。

報告、連絡、相談ができない

社会人として報告、連絡、相談ができない人が稼げるようになるわけがありません。ここは確実に意識しておきましょう。特に連絡に対して、早いレスポンスを意識するだけでもクライアントから良い評価を得ることができるので、即レスは当たり前に行いましょう。
画像1-web-writer-exposure

こちらのテーマでは「Webライターで稼げる人と稼げない人の差」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

ライターで早く稼ぐ人の特徴

2021_0827_2_3-web-writer-exposure

Webライター 稼げる

「Webライターとして早く稼げるようになるにはどうしたらいいんだろう?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • Webライターがどうやって稼いでいるかがわかる
  • Webライターとして早く稼ぐにはどうしたら良いかわかる

こちらのテーマでは、Webライターで早く稼ぐ人の特徴を解説します。いつまでも独学だけで勉強ばかりをしていたり、効率の良い稼ぎ方を知らないといつまで経っても稼ぐことはできません。早く成果を出すことによりレベルもどんどん上がっていきます。

Webライターの稼ぎ方を紹介

こちらのパートでは、Webライターの基本的な稼ぎ方について解説していきます。記事の前半でも解説しましたが、仕事の取り方だけで稼ぎは大きく変わってきます。

結論は、直接案件契約を狙うことです。

これに関しては下記の記事で詳しく解説しています。参考にしてみて下さい。

早く稼ぎたいなら勉強方法も大事

こちらのパートでは、Webライターとして早く稼ぎたいなら勉強方法が大事であるということに関して解説していきます。独学だけで全く知らないWebライティングを習得しようと思ってもなかなかうまくいきません。

僕もWebライティングを勉強し始めた時は、独学で時間を消耗していました。

Webライターとして効率よく早く稼ぐためにオンラインスクールを受講するのが一番です。体系的に学ぶことができて、初心者にとって道標になってくれます。

オンラインスクールを受講することで、勉強に当てる時間が短くなり、早く案件を受けれるようになります。自分の書いた文章をフィードバックしてもらえるのも大きな特徴です。

おすすめのオンラインスクールは下記で紹介していますので、早く稼いで自分が思い描く生活を手に入れましょう。

こちらのテーマでは「Webライターで早く稼ぐ人の特徴」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_0827_3-web-writer-exposure
この記事では「【 暴露 】Webライターで稼げる人と稼げない人の差を徹底分析」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • Webライターが稼げる理由
  • ライターで稼げる人と稼げない人の差
  • ライターとして早く稼ぐ人の特徴

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。