副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【ライティングの副業が続かない】Webライターで稼げるのは一握り

WRITING

【ライティングの副業が続かない】膝を抱えて涙を流す男性ライター

ライティングの副業をしていますがやめようと思っています。
「稼げない割に作業が辛いです。そのため、モチベーションがあがりません。」
このような悩みが出てきました。

このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • 解決策が見えて楽になります。
  • 今後の方向性が見えてきます。

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。

そんな僕は、ライティング業務が辛いと思うことがあります。理由は、最終的に収益の問題です。しかし、そんな問題をかかえつつ、継続ができています。それはライティングに求めるものを、分散させているからです。

日々どんなことを意識し、Webライターをしているのか、シェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論です。

ライティングの副業に対し、考え方を変えましょう。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

ライティングの副業が続かない人の対処法

2021_0511_2_1_writing-side-business-does-not-continue

【ライティングの副業が続かない】うつむき涙を流すサラリーマンライター

「ライティングの副業が辛いのですがどうすればいいですか?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • ライティングの副業に対してのマイナス要素が理解できます。

ライティングの副業をしているけど「継続するのが辛い」と思っている人に向けてお届けします。
結論として「稼げないから」が原因ではないでしょうか?
ライティングは、なかなか稼げません。これが事実です。では、継続できている人は、どのようにしているのでしょうか…

ライティングの副業が続かない理由

理由は1つ「稼げない」から!

ライティングの仕事を副業とし、始めたあなたが続かない理由はたくさんありますね。

  • 作業がつまらない
  • 時間と体力が辛い
  • クライアント対応
  • 作業が孤独で辛い

などなど、理由を出せばたくさんありますね。しかし、どれも報酬が低いことが根底の原因ではないでしょうか?
例えばですが、月に100万円稼げるなら、上記の理由も耐えられると思います。しかし、現実的に月に100万円の報酬は厳しいですね。

ライティングは下記の条件があれば参入することが可能な業界です。

  • 日本語の読み書きができれば可能
  • ある程度パソコンを使えれば可能
  • 条件次第ではスマホだけでも可能

ようするに、参入障壁が低い業界ということです。

デザインやプログラミングは報酬がライティングに比べて高いですよね。
それは、ライティングに比べて、デザインやプログラミングのスキルを持っている人が少ないからです。

何を伝えたいかというと、デザインやプログラミングに比べ、ライティングは「市場価値が低い」ということなのです。

では、現実的に稼ぐためにどうすれば良いのでしょうか。
次のパートではこの「稼ぐ」に特化した内容を深掘りしていきます。

ライティングの副業を継続する方法

視点を変えれば継続可能!

このパートでは具体的にライティングで稼ぐ方法について詳しく解説していきます。

ライティングの副業で稼ぐためには下記の内容が必要です。

  • クラウドソーシングを脱却し直接受注
  • あなたにしか執筆ができないジャンル
  • スキルを向上させお金を生む文章執筆

こちらを詳しく解説していきます。

クラウドソーシングを脱却し直接受注

クラウドソーシングで稼げる人は、ほんのひとにぎりです。あまり大きな期待はしないようにしましょう。

  • クラウドソーシングが20%手数料を引く
  • 発注者側が単価設定を低くしている
  • 単発低単価で発注者が仕事を依頼する

このような理由があるからです。

ということは、このような環境のフィールドで、お仕事を探さなければ良いのです。
直接企業に案件を出して貰えば、文字単価も変わってきますし、競合がいないためクラウドソーシングよりも稼ぐことが可能です。

では、直接企業に営業するには、どのような方法があるでしょうか?案件を直接受注する方法についてはこちらの記事を参考にして下さい。

ようするに、直接企業から受注をするための動きが必要ということです。
しかし、直接企業からの受注をもらうため「実績が必要です」この実績を作るため、クラウドソーシングを活用する。この考えで進めましょう。

あなたにしか執筆ができないジャンル

ようするに専門分野を持つ、ということです。しかも、あなたに関わりのある分野での専門分野です。

わかりやすくお伝えすると、下記の内容です。

ダイエットの記事を例にします。下記の内容が専門性があり、関わりのあるジャンルです。

「昔、とても太っていた人がマッチョになり、現在はライザップで専属トレーナーをするまでになっている人」

ということです。このようなジャンルを持てればかなり強く、あなたにしか執筆できないジャンルになるはずです。

しかし、このような疑問が出てきます。

【ライティングの副業が続かない】反論してくるWebライター

「そんな、専門的なジャンルを持っていない…」

このような方も多いと思います。
これについては、作るしかありません。ライティングで単価の高いジャンルはなんでしょうか??

  • 仮想通貨
  • 住宅関係
  • 脱毛関係
  • サプリ系

この記事は単価が高いですよね。なぜかご存知でしょうか?
理由は、アフィリエイト単価、販売単価が高いからです。または支払い形態がサブスク【サブスプリクション(定額支払い制)】になっているからです。
この4つのジャンルに特化し、知識をつけるしか無いのです。

では、具体的にどのようにし、知識をつければ良いのでしょうか?

仮想通貨 = 実際に楽天証券などでポイントを仮想通貨に変更し運用してみる。

住宅関係 = 住宅展示場に通い、いろいろ体験してみる。

脱毛関係 = 無料体験などを活用し知識を広げてみる。

サプリ系 = こちらもお試しセットなどを色々活用してみる。

このようなことをするだけで専門知識は得られます。ようするに他の人よりも1歩前に出れる知識があればOKということなのです。

スキルを向上させお金を生む文章執筆

今までお伝えした内容は、正直、誰にでも対応ができるものではありません。
営業力」「行動力」「知識」「専門性」がすでにないとダメです。

では上記のことができないのであれば、ライティングは稼げないのでしょうか?そのようなことはありません。

浅い知識しか持っていなくても「販売できる文章スキル」があれば稼げます。

ようするに「セールスコピーライティング」ができれば稼げます。
このスキルがあれば単価がかなり上がり、稼げる金額が変わります。

●ライティングでのスキルアップについてはこちらの記事を参照して下さい。

ようするに、今まで同様に、とりあえず依頼されたものを調べて執筆する。ではなく、視点を変えて作業に取り組むべきです。
それは「稼ぐフィールドを変える」「専門性をもったジャンルを作る」「セールスコピーライティングのスキルを身につける」になります。

冒頭でお伝えした通り、ライティングは参入障壁が低い業界です。その分、クラウドソーソングは飽和状態になっており、発注者側が有利な状況になっています。

ここで、1つ視点を変えたお話をします。

これは超有料級です。

発注者側になれば、稼げるということです。

とても簡単なのですが、ちょっとした考え方で稼ぐことができます。

それは、無料体験のアフィリエイト商品の記事を発注することです。

こちらについては、次のパートで解説しますが、これは非常に再現性が高いです。
詳しく知りたい方はお問い合わせ下さい。もちろん料金はかかりません。全て無料で提供します

次のテーマでは視点を変え、他の副業を視野に入れつつ解説していきます。
前提として、ライティングは全ての基盤となるので離れることはできません。

こちらのテーマでは「ライティングの副業が続かない人の対処法」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

ライティングの副業に関わりつつ 他の副業

2021_0511_2_2_writing-side-business-does-not-continue

【ライティングの副業が続かない】パソコンを目の前に悩むWebライター

「他の副業ってどうなんだろう?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • ライティングの副業を基本として他の副業にも手をつけれます。

ライティングは全ての副業の母艦です。他の副業をするにしても文章力は必要です。
ライティング単体で稼げなくても、ライティングができることで他の副業で稼ぐことができますね。
ライティング、ようするに文章は避けて通ることができません。

二足?三足?のわらじ 他の副業は?

解決法 = ライティング + 他の副業

前パートでは、ライティングでの稼ぎ方について解説してきました。
とは言え、このような疑問が出てきます。

【ライティングの副業が続かない】パソコンを見ながら疲労困憊しているWebライター

「このままの状態ならライティングを続けられない」

このように思う方もいますよね。

こちらのパートではライティングを活用した別の副業について紹介します。

  • 発注業務
  • ブログ

この2つをご紹介します。

ライティングをしているからこそできる副業になります。全ては文字で稼ぐ、からの副業になります。

発注業務

前パートでも少し触れましたが、あまりみなさんが知らない副業になるかもしれません。
この方法を発信している人もいませんね。

具体的には下記の通りになります。
ASP(アフィリエイト商品を紹介する会社)が出している、無料体験商品のレビュー記事の発注をする。ということです。

ようするに、Webライターに無料体験を受けてもらい、感想を記事にしてもらうということです。

そうすればあなたにアフィリエイト報酬が入る。

ライターには記事執筆の報酬が入る。

無料体験を出している会社にはライターが無料体験をし、有料で入会する可能性がある。

という形で3方良しの関係ができるのです。

相場は色々ですが、例えば「脱毛の無料体験」であれば、1件のアフィリエイト報酬が約1万円前後になります。
脱毛に興味のあるライターに、無料体験を受けてもらい、無料体験を受けた感想を記事にしてもらいましょう。
もちろん、ライターが希望すれば、継続して通うことも可能です。また、ライティングをしたことでの報酬も発生しますね。

あなたのメリットは下記の通りです。
アフィリエイト報酬 1万円 – 記事執筆してもらう費用 (例えば1,000円の場合) = あなたの報酬は9,000円ということです。

ライターさんの数が多ければ多いだけ、報酬が増えていく仕組みですね。

もちろん、脱毛というのは例であって、他にもたくさんの内容があります。
そのため、ASPに登録をして、「無料体験」と検索してみて下さい。
画像1_Writing side business does not continue
このように商品はたくさん出てきます。

まずはASPなどに登録をしましょう。
» A8ネット
» バリューコマーズ
» もしもアフィリエイト
登録は簡単です!

ただし、1つ条件があります。それはブログが必要になるということです。

次の項目で、お伝えしますが、ブログはすぐに収益につながるものではありません。しかし、ブログは将来的に半自動的な収益に繋げることができる副業です。
実際にどのようにしてブログを副業にしていくのかお伝えします。

●ブログの始め方についてはこちらの記事を参考にしてください。

ブログ

こちらはライティングを行なっている、あなただからこそ、他のブロガーとの差別化が図れます。
ようするに、Webライティングを中心にしたブログを作るということです。

ブログを始める目的は以下の通りです。

  • 先々の資産にする
  • 先々の収益にする
  • 副業の母艦にする

になります。

ようするにブログは、すぐのお金には繋がりません、3年から5年先に半自動的に収益が得られるようになるということです。

【ライティングの副業が続かない】目をうるうるさせながら見つめるライター

「今のお金が欲しいんだよ…」

このように思う人もいると思います。

そのために、先ほどお伝えした、アフィリエイト商品との内容を組み合わせることにより、すぐの収益に繋げることが可能なのです。

  • ライティングを受注をしながら実績を稼ぐ
  • ライティングの発注をしながら収益を稼ぐ
  • ブログで記事数を生産し将来の資産を稼ぐ

このように進めれば「今のお金」、少し先のお金を稼ぐための「実績」、先々の資産を生産し「半自動化の収益」を得ることが可能になります。

ライティングは5年後に大きな資産に変わる

文章に携わらない副業はありません。

基本的に文章は、生きている以上、重要で必要なスキルになります。

【ライティングの副業が続かない】背中を見せ絶望するライター

「ライティングは稼げない…」

と思っているかもしれませんが、今後、あなたがライティングから得られる文章力を向上させることで、ライティング以外の分野からも稼ぐことが可能になるということです。

今後、自分で商品を作るにしても、メディア運営をしていくにあたり文章は必要です。
例えば、ブログは誰でもわかる通り、文字で相手に伝えることが必要です。
YouTubeや音声メディアも基本は台本があります。その台本は文章で作ります。

このようなことから個人で稼ぐために、文章力は必ず必要になります。

ライティングは確かに、稼ぐといった点では辛いかもしれません。「ライティングが辛い」「ライティングが合わない」と思う方は、辞めるのではなく、ライティング力をつけ、他の分野で活用し稼ぐことを考えていきましょう。

このようにすることで、5年後のあなたが、他の分野の副業をしていたとしても、文章力という高いスキルを持っていることで、他の人よりも稼ぐためのスキルが高いということになっているはずです。

今だけをみるのではなく、5年後のスキル構築という面も含めてライティングの継続方法を再度模索していきましょう。

こちらのテーマでは「ライティングの副業に関わりつつ 他の副業」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_0511_3_writing-side-business-does-not-continue
この記事では「【ライティングの副業が続かない】Webライターで稼げるのは一握り」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • ライティングの副業が続かない人の対処法
  • ライティングの副業に関わりつつ 他の副業

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。