会社を辞めずに賢く副業で稼ぐわかチンのブログ

» 「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【直接受注で手取り額が増加】Webライターは仕事の取り方が大事!

Webライティング

クラウドワークスに搾取されて悩むWebライター

Webライターの報酬について「毎回手数料が取られて手取り額が少ない。どうすれば手取り額を増やせるんだろう」このような悩みが出てきました。

今回は、このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • 手取り額を増やす方法がわかる
  • 直接受注とは何かわかる
  • 直接受注の手順がわかる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。

そんな僕は、クラウドソーシングの手数料で手取り額が減るステージを卒業し、直接受注でライティングをしています。

その結果、クラウドソーシングで受注していたときの約1.8倍前後の収益になりました。

クラウドソーシングでかかる手数料、クラウアントとの直接交渉からの単価アップで収益が増えるということです。

日々どんなことを意識し、ライティングのお仕事を直接受注しているかをシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論です。

手取り額を増やすためには直接営業をすべきです。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

Webライターが手取り額を増やす方法

2021_0718_2_1-direct-order

クラウドソーシングで疲弊するWebライター

「Webライターの仕事で手取り額はどうやって増やせばいいんだろう?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 手取り額が減る理由がわかる
  • どのように手取り額を増やすかわかる

こちらのテーマではWebライターが仕事を受注しているにもかかわらず、手取り額が減る理由と手取り額を増やす方法を解説します。

初心者の方はクラウドソーシングを利用する必要がありますが、手取り額を増やしたいのであれば直接営業をしなければなりません。

手取り額が減る理由

こちらのパートでは手取り額が減る原因であるクラウドソーシングの仕組みについて解説します。初心者の方は早い段階でクラウドソーシングを卒業する必要があります。

クラウドソーシングを利用している

Webライターの手取り額が減る理由は、クラウドソーシングを利用していることです。

クラウドソーシングはサイトにもよりますが、10〜20%の手数料が取られます。クラウドソーシング業界の大手であるクラウドワークス、ランサーズの手数料は20%です。

10,000円の収益の20%は2,000円です。

10,000円の案件を10件こなせば、100,000円

このうち、20%は20,000円です。

ようするに、2本分をタダ働き。これが、クラウドソーシングの手数料です。この状態が続くとどうなりますか?

1,000,000円稼いだら200,000円

3,000,000円稼いだら600,000円

これではどれだけ頑張っても手取り額が増えないのは当然ですね。更に詳しく考えたい方はこちらの記事をご覧になって下さい。

Webライターで手取りの増やし方を知りたがるWebライター

「じゃあどうやって案件を取ればいいんだ!」

こう思う人もいるでしょう。

最初の頃はスキルも実績もないため、クラウドソーシングを利用するのはOKです。しかし、これからさらに報酬を増やしていきたいと考えるのあれば、徐々にクラウドソーシングは卒業しましょう。クラウドソーシング以外で案件を受注する方法は後述します。

こちらの記事ではWebライターのメリット・デメリットついて解説しています。より詳しくクラウドソーシングについて知りたい方は、参考にしてください。

手取り額を増やす方法

こちらのパートではWebライターが手取り額を増やす方法を解説します。直接営業は難易度が高く感じる方も多いですが、心配はいりません。

案件を直接受注する

Webライターが手取り額を増やすためには、案件を直接受注するしかありません。

直接受注であればクラウドソーシングを利用しないため、手数料は不要です。5,000円の案件であれば5,000円が直接振り込まれるため、クラウドソーシングで仕事をするのと比べ1,000円手取り額を増やせます。

Webライターにとって手数料がかからないのは嬉しいですよね。クラウドソーシングで20,000円稼ぎたい場合は5,000円の案件を5つしなければなりませんが、直接受注であれば4つでいい訳です。

直接受注をすることに首を横に振るWebライター

「私に直接受注なんてできないよ」

こう思う人も多いでしょう。

クラウドソーシングしか利用したことのない人からすると、直接受注は難易度が高く感じます。しかし、クラウドソーシングも直接受注も基本的な流れは変わりません。手取り額を増やしたい方は、ぜひ直接受注に挑戦してみましょう。

次のテーマでは、どうやって直接営業をしていけばいいかの手順を解説します。具体的な内容ですので、ぜひご覧になってください。

こちらのテーマでは「Webライターが手取り額を増やす方法」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

Webライターの直接受注の手順を紹介

2021_0718_2_2-direct-order

直接受注の方法を考えるWebライター

「直接受注ってどうやればいいんだろう?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 直接受注の方法がわかる
  • 直接受注の手順がわかる
  • 手取り額を増やすためにやるべきことが解る

こちらのテーマでは、手取り額を増やす手段である直接受注の方法、流れについて解説します。難易度が高いと感じる直接受注も、流れを理解できれば不安も解消されます。

直接受注の方法

こちらのパートでは、直接受注の方法を解説します。どういったルートで直接営業をすればいいかがわかればすぐにでも行動できます。

直接受注をする方法を3つご紹介します。

  • SNSで案件を探し契約する
  • 編集プロダクションと契約する
  • Webメディアと直接契約する

詳しく解説していきます。

SNSで案件を探し契約する

直接受注するにはSNSを利用しましょう。

なぜなら近年では多くのユーザーがSNSをビジネス目的で利用しているからです。

Twitterで「#ライター募集」と検索すると、多くの案件募集があります。Twitterは頻繁に更新されるため、定期的に検索するのがいいでしょう。

不安がるWebライター

「Twitterの募集は不安」

このように感じる人もいるでしょう。

Twitterではユーザーのプロフィールなどをしっかり確認したうえで応募しましょう。それでも不安という方は後述する他の方法を試してみてください。

手間もかからず案件を探せるので、SNSは直接受注に有効ですよ。

編集プロダクションと契約する

編集プロダクションとは一言でいうと「受託制作する会社」です。編集プロダクションが営業をかけ「記事を書いて欲しい企業や個人」から案件を受注します。

受注した案件がWebライターに振り分けられる仕組みのため、最初の契約を除きWebライターからの営業は必要ありません。

編集プロダクションと契約をするメリットは2つあります。

  • 長期的に安定して仕事を受けられる
  • 手数料がかからない

クラウドソーシングの継続案件はいつ打ち切られるかわかりませんが、編集プロダクションであれば安定的に仕事を受注できます。

しかしこう考える人もいるでしょう。

悩むWebライター

「編集プロダクションとの契約なんてできないよ」

そんなことはありません。編集プロダクションはWebライターを必要としており、自社サイトに求人欄を設けていることが多いため、そちらから応募しましょう。

Webメディアと直接契約する

自分の得意分野で記事を書きたい場合、Webメディアと直接契約しましょう。

企業のホームページやブログは事前に内容が確認できるため、自分の強みが活かせるかどうかがわかります。

  • 自身の経験から記事を書ける
  • ジャンルの知識が豊富
  • 記事のテイストが近い

このようなサイトであれば、自分の強みが活かせるでしょう。

緊張するWebライター

「直接営業するなんて緊張する」

このように感じる人も多いでしょう。

しかし、特別はことは必要ありません。Webメディアに直接営業する場合も、編集プロダクションへの営業と同様に、サイトの募集欄やお問い合わせ欄から連絡しましょう。

営業をかけるWebメディアは自分で選べるため、自分の強みを活かせる記事が書けます。受注できた際には、手数料もかからないため手取り額を増やせますよ。

直接受注のメリット・デメリットをもっと詳しくしりたいという方は、こちらの記事を参考にしてください。

直接受注の流れ

こちらのパートでは直接受注の流れを解説します。直接受注と聞くと何か特別なことをしなければいけないのかと考える人も多いですが、基本的な流れはクラウドソーシングと同じです。

流れはクラウドソーシングと同じ

直接受注は難しそうなイメージがあると思いますが、不安になる必要はありません。

なぜなら、大まかな流れはクラウドソーシングと変わらないからです。

  1. 営業をかける
  2. オンライン面談やテストライティング
  3. 契約
  4. 案件の詳細確認
  5. 執筆
  6. 納品
  7. 修正
  8. 支払い(請求書作成)

クラウドソーシングでの流れと変わりませんよね。

疲れで目頭を押さえるWebライター

「オンライン面談はやったことがないし、請求書も作ったことがない」

こういった人でも大丈夫です。

面談は就職面接のように堅苦しいものではなく、どのような記事を執筆するかなどの打ち合わせであるケースが多いです。

請求書もExcelや請求書作成ソフトで簡単に作成できますよ。

初めての直接受注には不安もあると思いますが、直接受注するだけで大きく手取り額を増やせます。もっと手取り額を増やしたいという人は、ぜひ挑戦してみましょう。

こちらのテーマでは「Webライターの直接受注の手順を紹介」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_0718_3-direct-order
この記事では「【直接受注で手取り額が増加】Webライターは仕事の取り方が大事!」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • Webライターが手取り額を増やす方法
  • Webライターの直接受注の手順を紹介

という内容でお届けしました。まずは行動しましょう!

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。下記の自宅で学べる無料講座「THE 副業大百科 〜個人の力でお金を稼ぐ〜」も、是非チェックしてくださると喜びます🙇‍
講座を視聴していただいた方限定で豪華特典を無料プレゼントしているので、この機会にどうぞ💁‍♂️

自宅で学べる無料講座

賢い副業!特別ウェビナー

お知らせ:厳選した下記のコンテンツがおすすめです

サラリーマンから主婦の方に対応しており、これから賢く副業をスタートしたいとお考えの方は、ぜひどうぞ🙇‍

おすすめコンテンツ

無料コンテンツ

有料コンテンツ

当ブログと他のサイトの圧倒的な違いは、様々な疑問や悩みを解決するために【無料体験レッスン】30分の無料相談会&体験レッスン(オンライン開催)に初回限定で参加できることです。

どうしても分からなかったり、1人で悩むことがあればご相談ください。

その他、ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

無料から学べる「Wakablog College」に参加はお済みですか?会社を辞めずに副業で安定した収益を発生させるために、順序立てて学べるオンライン学習サイトです。この機会にぜひどうぞ💁‍♂️

僕は、こんな人です

わかチン
本業を捨てずに、ブログを主軸に収益を発生させています。また、副業を始めた人が迷わずに学べるオンラインスクール【Wakablog College】を運営しています。当ブログではみなさんにとって有益な情報を無料で提供していきます。一緒に頑張っていきましょう!「サラリーマンや主婦の方向け!個人の力でお金を稼ぐための講座」を無料配信中!無料で集中して作業ができる環境→ もくもく作業会
» プロフィール詳細はこちら

チップをいただけると、心から喜びます

特別配信【THE 副業大百科】個人の力でお金を稼ぐ【無料で受講できる特別講座】

挫折防止【1人じゃない!】ZOOM もくもく作業会〜孤独社会からの脱却〜