副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【知らないと損】Webライターの稼ぎ方はここを意識するだけで変わる

WRITING

Webライター 稼ぎ方

副業Webライターとして活動しています「Webライターをやっているけど思うように収益が伸びない。Webライターとして稼いでいくにはどうしたらいいのかな?」このような悩みが出てきました。

今回は、このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • Webライターが稼ぐための仕組みを知ることができる
  • Webライターとして、どこから仕事を取れば良いかがわかる
  • Webライターが単価を上げる方法を知ることができる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。

そんな僕は、Webライターとして、固定クラアイアントもでき、案件に困ることはなくなりました。その結果、Webライターとして毎月安定して、固定の収益も発生させられるようになりました。

Webライターとして次のステージに進むため、僕自身が「Webライターを育成するスクール」を運営したり、「Webライターで稼ぐための短期集中講座」を開催しています。

現在では、現役Webライターとしての活動とWebライターを育成する立場としての見方ができるようになりました。また、同時に僕自身がライターさんに記事を発注することも多数あります。そのため、この記事も少しは信憑性があると思われます。

日々どんなことを意識してWebライターとして仕事をしているかをシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論

Webライターとして稼ぎ続けるなら直接契約を狙え

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

【重要】Webライターが稼ぐ仕組み

2021_0825_2_1-loss-if-you-dont-know

Webライター 稼ぎ方

「Webライターってどうやって効率よく稼いでいるんだろう?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • Webライターを始めて稼ぐまでのイメージをつけることができる
  • Webライターとして収入を得る方法がわかる

こちらのテーマでは、Webライターで稼ぐために重要なことを解説します。稼ぎ方を知ることで、Webライターとして収入を上げていくヒントになります。

稼ぐために必須となるスキル

こちらのパートでは、Webライターとして稼ぐために必須となるスキルについてご紹介します。なんでもそうですが、稼ぐためには「専門性」が必要です。Webライターにとって「稼ぐための専門性」とは何かについて解説します。

Webライターの専門的スキルは汎用性が広いため持っておいて損はしないスキルになります。

Webライターで稼ぐための4つ専門スキルは下記の内容になります。

になります。上記4つのライティングスキルは当たり前ですが必要です。

このスキルが身につくと後ほど紹介しますが、1文字単価や1記事単価が跳ね上がります。クラウドソーシングで永遠と安い単価で仕事をしていても将来性はありません。稼ぐためには上記4つのスキルを身につけましょう。

こちらのスキルを学習するにしても、かなりの時間がかかります。クラウドソーシングで仕事をとりながら並行して、学習したスキルが通用するかを実践の中で試しつつ、習得していきましょう。

Webライターに必要なスキルについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

Webライターの学習方法を間違えると、稼ぐまでに時間が掛かるので注意が必要です。

稼ぐために重要な2つの単価

こちらのパートでは、Webライターがどのように稼いでいるのかを紹介します。稼ぎ方を理解しておくことで、今後Webライターとしての収入の上げ方をイメージしやすくなります。

このパートちなみにその方に依頼している記事単価はの最後に本質的なことをお伝えしています。そこだけは、読んでみてください。

Webライターの稼ぎを決定する要素は2つ。

  • 文字単価
  • 記事単価

稼ぐための分母となる重要なことは、この2つになります。

文字単価

文字単価は、1文字の値段から1記事の収入が決定します。例えば、1文字1円で5000文字の記事を書いたら5000円の収入を得られる計算です。

記事単価

記事単価は、文字数に関係なく1記事の値段で収入が決定します。例えば、1記事5000円で10000文字を執筆しても5000円になります。この場合1記事3000文字でも5000円になりますが、基本的に最低文字数が決められていることが多いです。
画像1-loss-if-you-dont-know
初心者がクラウドソーシングサイトでお仕事を受注するの場合、文字単価での契約が多いです。文字単価の場合、発注者は、記事納品を目的にしている場合が多く、納品してもらった記事から収益発生を求めていることは少ないです。ようするに「集客記事」です。これからWebライターを始める人は、先ほど紹介したスキルをつけて「収益記事」「商標記事」の執筆ができるようになり、文字単価をアップできるようにしていきましょう。

また、本格的に「収益記事」「商標記事」が執筆できる中堅クラスのライターになると直接契約などが増えてきます。直接契約の場合は文字単価の契約よりも記事単価の契約になります。記事単価になると、記事納品を求められるのではなく、その記事からの収益や成約などの結果を求められることが大きくなります。

発注者目線で考えることが重要なのですが、あなたが発注者の立場だったらどのような執筆をする人に対して高額な文字単価、記事単価をお支払いしますか?

答えは「あなたの執筆した記事から収益が発生させられるなら高額報酬をお支払いします」です。

実際に、僕がお支払いした最高の記事単価は1記事15万円です。文字数にして5,000文字弱です。文字単価にして1文字30円です。しかし、その記事は公開して3ヶ月で既に40万ほどの収益が発生しています。

これなら、全く問題なしです。ちなみにその方には、次の記事の執筆を依頼しています。記事単価は18万円です。文字単価で言えば、1文字35円です。発注者は稼げるかどうか解らないものに高額な報酬をお支払いします。その報酬を支払う基準はライターさんが持っているスキルと実績です。

文字単価」と「記事単価」が大切なことは十分理解していると思います。

では、実際にどうやってその「文字単価」と「記事単価」を上げるのか?どのようなプロセスで単価交渉まで持っていくのか、これが本来はすごく重要になってくることです。

答えは「スキル」と「実績」の見せ方です。

僕は、このようなことをお伝えしているCollegeをやっています。無料クラスで上記の内容はお伝えしていますので、興味のある方は覗いてみてください。
» Wakablog College

こちらのテーマでは「【重要】Webライターが稼ぐ仕組み」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

Webライターが収入を上げる方法

2021_0825_2_2-loss-if-you-dont-know

Webライター 稼ぎ方

「Webライターはどうやって効率良く収入を上げるんだろう?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • Webライターの文字単価の推移がわかる
  • Webライターとして手取りの収入を増やす方法がわかる
  • 初心者から稼ぎ続けるために良い記事を書く方法がわかる

こちらのテーマでは、Webライターが収入を上げていく方法を紹介します。低単価案件ばかりで消耗し、Webライターを辞める人も多いのが現状です。そうならないためにも稼ぎ方を理解しておきましょう。

経験数による文字単価のイメージ

こちらのパートでは、Webライターの経験数に応じた文字単価について解説していきます。いつまでも1円以下の案件で消耗していては、稼ぎを増やしていくことはできません。それぞれのスキルにもよりますが、私の経験談として参考にしてください。
画像2-loss-if-you-dont-know
Webライターとして経験が浅いうちは、低単価で実績を積んでいくことが大切です。実績をたくさん積んで、次の高単価案件で自信を持って営業していきましょう。

クラウドソーシングサイト内では1円以上の案件は競争率が高いです。いかに、実績を積んできたかをアピールできるかが鍵となります。遠回りと思うかもしれませんが、実績を重ねることを意識しておきましょう。

仕事の受注方法は、「【ライティングの探し方】副業Webライターが仕事を受注するまでの手順」で詳しく解説していますので参考までにご覧ください。

また、発注者が求めている本質的な記事は、この3つが理解できている人です。こちらの記事はアフィリエイト記事の執筆方法になりますが、決してアフィリエイトだけに使うライティングスキルではありません。理解して損は無いのでご覧になって下さい。

手取り収入を効率的に増やす方法

こちらのパートでは、Webライターとして効率的に収入を増やす方法を紹介します。この方法を知っているだけで、収入は大きく変わりますので初心者のうちから意識しましょう。

Webライターが効率的に収入を増やすには下記の内容が必要です。

  • 直接契約案件を増やす

たったこれだけです。

皆さんは、クラウドソーシングサイトの手数料をご存知でしょうか。大手のランサーズとクラウドワークスはともに20%の手数料がかかります。

10,000円の収益の20%は2,000円です。

10,000円の案件を10件こなせば、100,000円

このうち、20%は20,000円です。
Webライター 稼ぎ方

「思ったより手取り少ないな…」

このような疑問を持ったことある方はいませんか?具体的には、「【Webライターの手数料と単価】クラウドソーシングで稼げない理由」でも解説しています。

ただし、一概にこの20%が悪いとうわけではありません。クラウドソーシングがないと、初心者は稼ぐことが難しくなります。しかし、中堅クラスに成長するにつれて少しずつ離れていくのもありです。

この手数料問題を解消するのが直接契約です。詳しくは、「【直接受注で手取り額が増加】Webライターは仕事の取り方が大事」で解説していますので参考に読んでみてください。

スキル」と「実績」を積めば稼げる単価が上がり、さらに手取りが増えることであなたは稼ぐことができます。そのためには日々学び、実践していくことが重要です。

初心者も最速で良い記事を書く方法

こちらのパートでは、Webライター初心者から最速で良い記事を書く方法を紹介していきます。初心者のうちから良い記事を書くことができれば、継続案件も受注できますし、高単価案件も取りやすくなります。

Webライター初心者から最速で良い記事を書く方法は、オンラインスクールで勉強することです。

オンラインスクールは、お金が掛かりますが圧倒的に早くWebライティングスキルを獲得できます。早くWebライティングスキルを獲得できれば案件にも取り掛かれるので、無駄に独学で時間を使うよりも効率的です。

オンラインスクールについては、「【Webライティングスクールの選び方】失敗しないための重要ポイント」で紹介しています。

おすすめのオンラインスクールを知りたい方は、下のカードをクリックしてください。

最速でWebライティングをマスターして、早くWebライターとして稼いでいきましょう。

こちらのテーマでは「Webライターが収入を上げる方法」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_0825_3-loss-if-you-dont-know
この記事では「【知らないと損】Webライターの稼ぎ方はここを意識するだけで変わる」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • 【重要】Webライターが稼ぐ仕組み
  • Webライターが収入を上げる方法

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。