副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【思考停止は稼げません】未経験でもWebライターとして稼ぐ方法

WRITING

Webライター 未経験

副業でWebライターを検討中「Webライターって未経験でもOKなの?スキルを持ってないとダメとかないかな?未経験でも大丈夫とか言ってる人多いけど本当かな?」このような疑問が出てきました。

今回は、このような疑問を解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • Webライターは未経験でもなれるのかが分かる
  • Webライターに経験や知識は必要なのかが分かる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライター兼ブロガーとして活動しています。

そんな僕は、Webライターとして、固定クライアントもでき、案件に困ることはなくなりました。また、Webライターで培ったライティングスキルを元にブログを始め、ブログからも毎月安定して収益を出すことができています。その結果、Webライターとして毎月安定し、固定の収益を発生させ、ブロガーとしてある程度、半自動での収益も発生させられるようになりました。

しかし、Webライターを始めた頃は「当然、未経験でした」文章を書くことは嫌いではありませんが、相手に伝える文章を書くことがとても苦手でした。

ただ、お金を稼ぎたかった僕は当時「未経験でも稼げる」という文言に踊らされWebライターの業界に入ったのですが、Webライターとして活動をしていく中で感じたことは下記の通りです。

Webライター 未経験

「確かに文章が書ければお金には繋がるけど、大きな報酬を得ることができない。いわゆる雑用のような仕事ばかりをしているな…」

ようするに応募すれば誰でも合格できるような仕事しかできない。

Webライターを未経験で始めた僕は、10件から20件ほどの仕事をこなし気がつきました。「スキルも実績もない状態のWebライター未経験者でも、収益を発生させることはできますが、頑張っても1万円すら稼ぐことができないな」この状態になります。

そのことに気がついた僕は、後ほど紹介しますがスキルと実績をとにかくつけました。そうすることで、月間1万円も稼げなかった僕が最高月収104万円まで稼げるようになりました。また、このような実績を元に現在では、Webライターを育成する「Wakablog College」を運営し、COLLEGEの生徒さんからも稼げ出した人もがでてきました。そのためこの記事も少しは信憑性があると思われます。

ここからは、Webライターの未経験の方が稼ぎながらつけるべき実績とスキルをシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論

Webライターは未経験でもなれるが、稼ぐには経験や知識、そしてスキルが必要

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

Webライターは未経験でもなれるのか

2021_1012_2_1-web-writer-inexperienced

Webライター 未経験

「未経験だけど副業でWebライターを始めたいです。未経験で始めることのメリット・デメリットを知りたいです。」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 未経験者がWebライターになる方法が分かる
  • Webライターのメリット・デメリットが分かる

こちらのテーマでは、未経験の人が副業でWebライターになる方法を紹介します。Webライターになる方法は非常に簡単です。「Webライターになる事と、Webライターで稼ぐことは違う」という意味を理解しましょう。

副業でもWebライターと名乗るのは簡単

こちらのパートでは、未経験者でも「Webライターになることができるの?」という疑問について解説します。このパートをしっかりと理解して、まずはWebライターになりましょう。

未経験でもWebライターになれます

Webライターは基本的に、資格が必要な仕事ではありません。Webライターになるために最低限必要なものは、日本語の読み書きができることとインターネット環境です。

そのため「ランサーズ」や「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサイトに登録をして、SNSで「Webライターです」と名乗れば誰でもWebライターになれます。

日本語の読み書きとインターネット環境があればできる」と聞けば「私にもできるかも?」と感じた人は多いのではないでしょうか。また、Webライターの仕事は求人を探すところから記事の納品までパソコンで完結します。例外として取材や対面での面談を希望するクライアントもいますが、基本的にはパソコン1つで作業ができるのです。

そのため、小さい子どもを育てる主婦の人や、副業のサラリーマンなどに人気があります。実際にクラウドソーシングサイトでは「主婦・ママさん大歓迎!」のようなWebライターの求人がありますよ。

Webライターになるだけなら、未経験でも簡単になれるのです。しかし仕事ですから、稼ぎ続けようと思うのならスキルを身につける必要があります。Webライターになることと、稼ぎ続けることは違うわけです。この記事の最後でWebライターが身につけるべきスキルを紹介しているので、ご覧ください。

クラウドソーシングサイトとは

クラウドソーシングサイトとはフリーランスが仕事を探すサイトのことで、クライアントとの架け橋の役割をしています。現在クラウドソーシングで仕事を受注する人は150万人程度と言われており、今後も伸びると推測されているのです。

実際にランサーズで仕事の数を調べてみると、「ライティング・ネーミング」の仕事だけで800件以上が見つかりました。

クラウドソーシングサイトに掲載している仕事は種類がたくさんあります。Webライティングに関する仕事の他に動画編集などもあるので、自分のスキルに合わせて仕事に応募することが可能です。

Webライターになるメリット

こちらのパートでは、Webライターになることのメリットを解説します。Webライターになることのメリットを理解した上でWebライターとしての活動をするかどうかの検討をしましょう。

Webライターになることのメリットは下記の3つです。

  • 収入を調整しやすい
  • 働く場所や時間が自由
  • 汎用性があり、収益源の確保がしやすい

1つ1つ詳しく解説します。

収入を調整しやすい

収入を調整しやすいところがWebライターの魅力です。

あなたは会社で働いていたときに、収入がなかなか上がらないと悩んだ経験はありませんか。会社員はどれだけ業績の向上に貢献しても、必ず自分の収入に繋がるわけではありませんから、やる気がなくなるときもあるでしょう。

会社員に対して、働いた分がそのまま自分の収入になるのが、フリーランスのWebライターです。在宅で働いていても条件によって経費にできるものがありますし、会社員より稼いでいる人もいます。

また、クライアントが決めているので報酬の交渉をしやすいのが、Webライターの特徴です。元々は単価の低い仕事だったとしても、報酬の交渉を上手にすれば収入アップに繋がるでしょう。

働く場所や時間が自由

Webライターの仕事は、働く場所や時間が自由です。1つの仕事が全て在宅で完結するので、決まった時間に出社する必要のある会社員とは異なります。

家族から「旅行に行きたい!」と言われても、なかなか仕事の予定を合わせられない経験をした人もいるでしょう。お子さんから「いつ遊びにいけるの?」かと聞かれて、困った経験はありませんか。

しかし自宅が東京にあっても、他の都道府県に旅行しながら働けるのがWebライターです。旅先にパソコンとWiFi環境さえあれば働けるので、お子さんの希望で夏休みに旅行に行く人もいるわけです。ちなみに僕もこんな感じで娘と旅行に行くことがあります。


このように、家族の希望や予定に合わせて旅行に行けるわけです。

汎用性があり、収益源の確保がしやすい

汎用性があり、収益源の確保がしやすいのもWebライターのメリットです。一見、文章がほとんど関わらないように見える仕事でも、その土台は文章になります。たとえば、デザインや動画編集の仕事です。

デザインの仕事でも動画編集の仕事でも、いきなりコンテンツを作り始めることはありません。まず「どのようなコンテンツを作成するのか」を文章に起こします。クライアントに訴求力を説明するための文章が必要だというわけです。

つまり、文章が書けるようになればさまざまな業界で働ける可能性が高まります。これが、Webライターに汎用性があり収益源の確保がしやすい理由です。

実際に僕もWebライターとして活動しつつ、このブログも運営しています。その結果、Webライター以外からの収入も入っていきます。本業からの安定した収入にWebライターとしての収入、そして、ブログからの半自動の収入が入ってくるので収益がある程度取れるようになってきました。

論より証拠としてこちらをご覧ください。

A8ネット

2021年9月 539,434円 
画像1-web-writer-inexperienced

もしもアフィリエイト

2021年9月 2,099,500円
画像2-web-writer-inexperienced

また、詳しい内容を以下の記事でも解説しているので、「【Webライターが人気の理由】参入障壁が低く汎用性が高いスキル!」こちらも合わせてご覧ください。

Webライターになるデメリット

こちらのパートでは、Webライターになることのデメリットを解説します。Webライターになることのデメリットを理解した上でWebライターとしての活動をするかどうかの検討をしましょう。

Webライターになるデメリットは下記の3つです。

  • 細かい作業が多いのに、最初はなかなか稼げないのがWebライター
  • クライアントワークであることから、相手次第で自分の労働量が変わる
  • 裏方の仕事であることからプログラマーのような華やかさがない

1つ1つ詳しく解説します。

細かい作業が多いのに、最初はなかなか稼げないのがWebライター

Webライターには、細かい作業が多いわりに最初はなかなか稼げない特徴があります。なぜなら、Webライターの仕事内容は文章を書くだけではないからです。

文章を書くだけでも細かい作業ですが、画像の挿入やコンテンツ管理システムへの入稿を伴う場合、さらに細かい作業が増えます。たとえば、クライアントにより以下の指示があります。

  • 文章は「ですます調」に統一。場合によって体言止めが利用できない
  • 画像を5枚以上設定する。フリー素材サイトから本文に合った画像を選ぶ作業
  • 文中の句読点の打ち方の指示
  • コンテンツ管理システムへの入稿時に、文章を装飾すること

これらは一例で、10ページ以上ある指示書を渡されることも多いです。しかし、最初のうちは大変ですが、慣れるとリズムよくこれらの作業ができるようになります。その結果、作業のスピードが速くなり稼げるようになっていくわけです。

クライアントワークであることから、相手次第で自分の労働量が変わる

前項で解説した通り、Webライターはクライアントによって仕事の内容が異なります。つまり相手次第で仕事量が変わるのが、Webライターのデメリットです。クライアントワークとは、お客さまに依頼された仕事という意味があります。

たとえば、自分とクライアントが希望する執筆量が異なる例があります。自分は10記事程度の執筆を希望しているのに、20記事以上を希望される場合があるのです。

仕事をたくさん任せてもらえるのは、Webライターにとっていいことかもしれません。なぜなら、反対に「今月は前月よりもたくさん書ける」と思っていたら、クライアントの都合で契約が終了することもあるからです。

それに、クライアントワークなので、自分の書きたい内容を自由に書けるわけではありません。「自分の書きたい内容を自由に書ける仕事だ」と思っている人にとっては、デメリットになるでしょう。

裏方の仕事であることからプログラマーのような華やかさがない

Webライターは、言うなら裏方の仕事です。大変さはあるものの、他の仕事のような華やかさは無いと言い切ってもいいでしょう。

なぜなら、ひたすらパソコンに向かって黙々と作業をする仕事だからです。毎日自宅で働いていると「会話する他人はお店の店員さんだけ」ということも普通にあります。自宅で働く仕事なら誰にでもできるだろうと考えていたら、この環境が合わない人もいるわけです。

インターネット上では「月収○○万円達成!」などの声が大きく聞こえるので、Webライターが華やかな仕事だと感じる人も多いと思います。でも実際は、パソコンに向かって1人で記事を仕上げる地味な仕事でもあるのです。

Webライターの仕事のきつさについて書いた記事があります。「【そんな美味しい話はありません】Webライターの仕事はきついです」こちらも合わせてご覧ください。

こちらのテーマでは「Webライターは未経験でもなれるのか」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談
 

Webライターに経験や知識は必要なのか

2021_1012_2_2-web-writer-inexperienced

Webライター 未経験

「本当に経験や知識がなくても大丈夫なの?経験や知識がないことの弊害を知りたいです…」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • Webライターに経験や知識は必要なのかが分かる
  • 未経験からライティングスキルを身につける方法が分かる

こちらのテーマでは、Webライターとして専門的な経験や知識をつけるメリットを紹介します。単価を上げたかったり継続して仕事を受注したかったりする場合は、経験や知識をつけるのがおすすめです。

Webライターに経験や知識は必要なのか

こちらのパートでは、稼げる分野で経験や知識をつけるのがおすすめな理由を解説します。稼げるカテゴリーに参入するのがおすすめの理由は、単価を上げやすいからです。ライティングの世界では「単価の高い傾向にあるカテゴリー」があります。

ライターとして稼いでいくためには、知識が必要です。ここでは「SEOの知識」「資格」「特定の分野に特化した経験」がおすすめの理由を解説しましょう。

Webライターは読者の悩みを解決する記事を書くため、しばしばSEOの知識が求められます。SEOはマーケティング戦略の1つで、自分のサイトを検索エンジンに表示するための工夫を施すことです。Googleの検索結果で1ページ目に表示されれば、多くの読者の目に留まります。SEOの知識があるWebライターを求めるクライアントも少なくありません。SEOの知識を持っているだけで、大勢の応募者の中から選ばれるのです。

Webライターになること自体に資格は不要です。しかし希望する分野に関わる資格を持っていれば、周囲との差別化が図れます。また、特定の分野に特化した経験があると、クラウドソーシングやWebサイトへの直接営業で単価を上げやすいです。

具体的にいえば、金融に関する資格や経験があれば、単価が高い傾向にある金融分野のライティングを受注しやすくなります。実際の体験談を読みたい読者は多いのです。

僕はWebライターを始めたばかりのころに、副業に関する記事を執筆していました。今考えると、単価の高い仕事ではなかったです。そこで転職の分野の仕事に応募してみたところ、単価の高い仕事を継続してもらえるようになりました。過去に転職の分野で実体験をした実績があったからでしょう。

ライティングのために新しい知識を身につけるのは簡単ではありません。それでも知識や経験を作ることをおすすめする理由は、単価を上げやすいからなのです。

では、どのような分野での知識があればWebライターとして稼ぐことができるかという問題ですが、詳しくは「【知らないと大損】知っておくべきWebライターが稼げるジャンル」をご覧になって下さい。

ただ、このように感じる人も出てくると思います。

Webライター 未経験

「いきなりそんなこと言われても無理だよ…忙しくてそんな経験を積むことはできません」

確かに本業があれば、ライティングで活かせる知識や実体験をつける時間が少ないですよね。そのような人は次のパートのスキルを身につけましょう。

ライティングスキルをつける必要があります

こちらのパートでは、Webライターに必要なライティングスキルを解説します。確かにWebライターは、日本語の読み書きができてパソコンさえあればできる仕事です。しかし仕事ですから、単価を上げるにはスキルを身につける必要があります。

前パートでお伝えした通り、ライティングの知識や実体験を身につけるには時間がかかります。その、知識や実体験がないのであればスキルでカバーをしましょう。スキル習得をすれば知識や実体験以上の優位性を持つこともできます。また。知識や実体験にプラス、スキルがあれば鬼に金棒となり、その分野での執筆単価は信じられない金額に跳ね上がることになるでしょう。

詳しくは「【稼ぎ方がわからない!】Webライターがスキルアップする手順」をご覧ください。

現在は参考になる書籍がたくさん販売されています。しかし、上記の知識を独学で身につけるにはおおよそ300時間から500時間かかると言われています。ライティングの知識を身につけるために専門書籍をたくさん購入して読むのは効率が悪いです。また、独学の学習では、分からないことを聞きたいときに聞けないもどかしさもあります。

短時間でスキルを習得し、効率よく稼ぐための知識をつける方法をご紹介します。

Webライティング知識とスキルを習得する方法

こちらのパートでは、Webライティングスクールで学習する方法を紹介します。とはいうものの、Webライティングスクールはお金がかかるものですから、まずは独学で身につける努力をして下さい。独学で学んだ上で「やっぱり1人でやるには限界がある」と感じた場合にのみ、Webライティングスクールを検討しましょう。

大前提として、まずは独学で学習することをおすすめします。理由は、自分で学習できない人はWebライターとして成長しないからです。最低限のラインは必ず自分で学習しましょう。具体的な学習方法は「【初心者向け】Webライターで稼ぐための勉強方法。おすすめ4選!」をご覧ください。

この記事を読めばWebライターとして、最低限のスキルは十分身につきます。

ただ、お伝えした通り、Webライターは人気の仕事なので参入者がとても多いです。その中で仕事を受注し続けるには、差別化が必要になります。他者との差別化を図り、優位性を持たすためには以下のスキルを身につける必要があります。

正直に申し上げますと、これらのスキルは独学で学べます。僕も、Webライティングのスクールを知るまで独学でコツコツとスキルを習得していました。今はWebライターとして情報発信している人もどんどん増えているので、僕が独学をしていた時代よりも情報がよく集まるでしょう。

とはいうものの独学でイチから学ぶのはとても大変なうえに、時間がかかります。それに、溢れる情報の中から選択しながら学習するのは、初心者にはなかなか難しいです。

かなり時間がかかりますし、大変になります。だから、副業で会社員と両立しながら学ぶのなら、なおさら効率よく習得できる方法をおすすめです。初心者が効率良くWebライティングのスキルを学べる方法の1つが、ライティングスクールになります。

ライティングスクールに通った人はWebライターとして稼ぎ続けられていますし、何より早くスキルを習得できるのです。また、ライティングに特化したものなので、初心者の独学よりもスキル習得までの時間が短くなります。

とはいえライティングスクールは無料のスクールもありますが、お金がかかるスクールもあります。本当に興味のある方だけ始めるのがおすすめです。ライティングスクールに関しては、こちらの記事を参考にしてください。

経験や知識が何もなく、スキルを習得するための時間も取れず不安なら、仕事を始める前にWebライティングスクールで学習する方法がおすすめです。お伝えした通り、独学でライティングの知識を身につけるのは簡単ではありません。

また、紹介している記事の中にある、スクールにかかる費用と、実際にWebライターで稼げる金額との比較を入れていますので、独学にするかスクール学習をするかの検討材料になるはずです。

こちらのテーマでは「Webライターに経験や知識は必要なのか」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_1012_3-web-writer-inexperienced
この記事では「【思考停止は稼げません】未経験でもWebライターとして稼ぐ方法」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • Webライターは未経験でもなれるのか
  • Webライターに経験や知識は必要なのか

という内容でお届けしました。
 
それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。