副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【Webライターが人気の理由】参入障壁が低く汎用性が高いスキル!

WRITING

Webライター 人気の理由

副業を始めようと考えています「副業を始めるならWebライターからスタートするのが良いとよく聞くのですが具体的に人気の理由が知りたいです」このような疑問が出てきました。

今回は、このような疑問を解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • Webライターのやりがいや楽しさが分かる
  • 今からWebライターを始めても遅くない理由が分かる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライター兼ブロガーとして活動しています。

そんな僕は、Webライターとして、固定クライアントもでき、案件に困ることはなくなりました。また、Webライターで培ったライティングスキルを元にブログを始め、ブログからも毎月安定して収益を出すことができています。その結果、Webライターとして毎月安定し、固定の収益を発生させ、ブロガーとしてある程度、半自動での収益も発生させられるようになりました。

そして僕は、副業を始めるなら「Webライター」を1番最初に始めるべきだと考えています。理由は「参入障壁が低いこと」と「汎用性が高いスキル」だからです。

参入障壁が低いということに関しては「文章が書ければOK」そして「初期投資がほとんど不要」かつ「収入に直結しやすい」という点が大きな理由になります。またWebライターのスキルは他の分野にも活かすことができます。ようするに汎用性が高いということです。結果的に大きな収益を上げるため「その場面にあった文章力」を持つことがとても重要になってくるのです。

Webライター 人気の理由

「でも、結局スキルをつけるための学習なんかも必要なんでしょ?」

このように考える方もいると思いますが、もちろん学習は必要です。しかし、Webライターは他のスキル習得とは少し違います。例えばプログラミングであればある程度のスキルを習得するまではお金にはなりません。しかしWebライターはどうでしょう。Webライターの基礎となる文章力はすでに持ち合わせている人がほとんどです。そのため、稼ぎながらスキルを習得することができるということになるのです。

そして僕自身、副業を始めようと考えている方に向けて「Wakablog College」を運営しています。そこでは、副業を始めようとする方に向けて、「継続して稼ぐスキルを身につける学校」というのをコンセプトで運営しています。その中で、挫折せず、お金が稼げるようになっているのはWebライターであることが身をもって実感できています。そのためこの記事も少しは信憑性があると思われます。

ここからは、Webライターが人気の理由について詳しくシェアしていきます。参考になると嬉しいです。
 

結論

Webライターが人気の理由は「参入障壁が低い」と「汎用性があるスキル」だからです。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

Webライターの人気の理由は参入障壁が低い業界

2021_1010_2_1-Reasons for the popularity of web writers

Webライター 人気の理由

「副業でWebライターをみんなが始める理由ってなんだろう…??」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 参入障壁の低さが分かる
  • どこにいてもできる仕事だと分かる

こちらのテーマでは、Webライターが人気の理由を深掘りします。Webライターの仕事は参入障壁が低いだけじゃなく、時間や場所に縛られないところが人気の理由になります。インターネット環境を用意するだけで出来る魅力的な仕事がWebライターです。

Webライターができる人の条件

こちらのパートでは、Webライターができる人の条件を解説します。Webライターの特徴は、参入障壁の低さです。多くの場合、ビジネスを始めようとしたら最初に準備が必要になります。しかしWebライターに最低限必要なものは「日本語の読み書きができる」ことと「インターネット環境がある」ことです。

Webライターは基本的に、日本語の読み書きができてパソコンがあれば参入できる仕事です。参入障壁が低いことが、Webライターが人気の理由の1つになります。

日本語の読み書きとインターネット環境があればできる」と聞けば「私にもできるかも?」と感じた人は多いのではないでしょうか。また、Webライターの仕事は求人を探すところから記事の納品までパソコンで完結します。例外として取材や対面での面談を希望するクライアントもいますが、基本的にはパソコン1つで作業ができるのです。

そのため、小さい子どもを育てる主婦の人や、副業のサラリーマンなどに人気があります。実際にクラウドソーシングサイトでは「主婦・ママさん大歓迎!」のようなWebライターの求人がありますよ。

とはいえ仕事ですから、いずれ身につけるべきスキルもあるのです。Webライターの仕事のきつさを解説した記事があるので、こちらも合わせてご覧ください。

Webライターは時間や場所に縛られない

こちらのパートでは、Webライターの仕事は時間や場所に縛られないことを解説します。基本的にインターネット環境さえあればどこでもできるので、旅行をしながら働くことが可能です。インターネット環境のある場所にノートパソコンを持って行けば、いつでも作業ができます。

ネット環境さえあれば働ける:上記でも触れましたが、インターネット環境さえあればどこでもできるのがWebライターです。基本的に、求人を探すところから記事の納品までパソコン1つでできます。ワードのようなソフトを使ったりクラウド上にあるシステムにログインしたりして記事を納品しますが、どちらもインターネット環境1つで可能です。また、Webライターは納品した記事に対してフィードバックをもらう場合があります。細かい作業も、パソコンを持っていれば可能です。

自宅以外にも仕事する場所がある:Webライターとして働けるようになると、自宅以外にも仕事をする場所ができます。自由な時間に、個人事業者や在宅勤務を許可されている会社員などが使う「コワーキングスペース」に行くことも可能です。コワーキングスペースを利用するメリット・デメリットを見てみましょう。

コワーキングスペースの主なメリットは以下の通りです。

  • 仕事に集中しやすくなる
  • さまざまな業種や業界の人と関われる
  • 仕事のための環境が整っている

合わせて、デメリットも確認してください。

  • 個人情報の取り扱いに注意が必要である
  • 作業場所の広さが限られている
  • 人の出入りがあるので、集中できないときもある

Webライターは家で黙々とする仕事なので、人と会う機会が減ります。しかしどこでも働けますから、コワーキングスペースのような場所を利用するのもいいでしょう。

また、Webライターなら旅行を楽しみながら働くこともできます。職種にもよりますが、会社員として1つの職場に勤務していると、まとまった休みを取れるまでなかなか旅行の機会がありません。ですから、自宅から遠い場所へ旅行に行く機会がほとんどありませんよね。

Webライターなら、たとえば東京に自宅を持ちながら沖縄で仕事をしたり北海道で仕事をしたりできます。


このように、家族の希望や予定に合わせて旅行に行けるわけです。

こちらのテーマでは「Webライターの人気の理由は参入障壁が低い業界」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

Webライターの人気の理由は汎用性が高い業界

2021_1010_2_2-Reasons for the popularity of web writers

Webライター 人気の理由

「Webライターが人気な理由は具体的になんだろう…??僕もその恩恵って受けられるのかな?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • Webライターになるメリットが分かる
  • ブログがおすすめな理由が分かる

こちらのテーマでは、Webライターの魅力やブログがおすすめの理由を解説します。基本的に文章は、全ての仕事の土台になります。また、新たな仕事を生むチャンスになるので、既に文章を書いていたとしてもブログを持つことがおすすめです。

全ての業務は文字がベース

こちらのパートでは、全ての業務は文字がベースになっていることをお伝えします。デザインや動画編集などは一見、文章は関わっていないものかもしれません。しかし、制作段階の土台の部分では、全て文章が必要なのです。

文章が必要な仕事はWebライターだけではありません。実はプログラミングやデザイン、動画編集など、どんな仕事にしても文章が基本なのです。

プログラミングの場合、その基礎は企画書や提案書になります。企画書や提案書では、以下の内容を文章でクライアントに伝えなければなりません。

  • どのような目的で、どのような特徴を持ったサービスを作成するのか
  • 目的を達成するために必要な機能は何か
  • どのようにプログラムを動かせばいいのか
  • どのようにデザインするのか

たとえば「20代の女性に向けたゲームアプリ」を作成するのなら「このような内容だから、この部分が20代女性にウケる」と解説するわけです。これはデザインの仕事にも言えます。「どんなデザインのサービスを作って、どんな訴求力を期待できるのか」とクライアントに説明するのです。

自社でコンテンツを作成する場合でも、いきなり作成から始めるわけではありません。動画なら、集客するために動画マーケティングを行います。そして、1番最初の段階では「どのようなターゲットに向けてどのようなコンテンツを作成するか」を文章で考えるわけです。

ほとんどの仕事の基礎は文章から成り立っています。ですから、文字を書くことは汎用性が高いと言えるのです。

Webライターはブログと相性がいい

こちらのパートでは、Webライターがブログと相性が良い理由を解説します。文章力の向上に繋がるのはもちろんですが、ポートフォリオになったり仕事に繋がったりと、メリットが多いです。ポートフォリオがあれば、継続の仕事に繋がる可能性があります。

ブログは半自動型の報酬である

Webライターがブログをやるメリットは、文章力の向上と収益アップです。WebライターにはSEOライティングやコピーライティングなど、さまざまなスキルが欠かせません。個人でブログをはじめれば、Webライターに必要なスキルが身につくので単価もあがります。そして、ブログからの収入も入ってくることになりますので、本業からの収入にプラスWebライターの収入とブログの収入が入ってくるのでかなり安定するようになります。

Webライターとブロガーの違いは収益や納品先にあります。以下の図をご覧ください。
画像1-easons for the popularity of web writers
たとえるのなら、Webライターは「労働型」でブロガーは「半自動型」です。基本的にクライアントのブログに納品するのがWebライターで、自分のブログに投稿するのがブロガーになります。Webライターが報酬を得るには、クライアントに記事を納品し続ける必要があるのです。これに対して自分のブログに投稿しているブロガーは、その記事から発生した収益が全て自分のものになります。

記事の内容によっては、1年前に書いた記事から収益が発生することだってあるわけです。そのため、ブログをしっかりと作り込めば「半自動型」の収益が叶えられます。ただしブログもWebライターと同様に執筆を行うので、Webライティングのスキルが必要です。

ブログはポートフォリオになる

Webライターがブログを持っているとポートフォリオになります。「Webライターに仕事を依頼するときは執筆の実績を見たい」と考えるクライアントが少なくありません。なぜなら、相手がどんな文章を書くか分からないですし、あまりにも自分の希望とかけ離れていないかを確認したいからですね。

そんなときに全くポートフォリオがなければ「仕事を始める前にクライアントに見せる用の記事」を作らないといけません。この記事は、内容によって収益が発生しないこともあるわけです。しかし、あらかじめポートフォリオを用意していれば、記事のURLを教えるだけで実績を掲示できるのです。

このようにメリットが多いので、Webライターがブログを始めることはおすすめです。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

こちらのテーマでは「Webライターの人気の理由は汎用性が高い業界」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

Webライターになったもののこれからどうすれば…

2021_1010_2_3-Reasons for the popularity of web writers

Webライター 人気の理由

「本気でWebライターをやっていくならどのような道を辿ればいいの??」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • Webライターの将来性が分かる
  • 身につけるべきスキルが分かる

こちらのテーマでは、Webライターの将来性や身につけるべきスキルを紹介します。Webライターになるための環境は、日本語の読み書きができてインターネット環境があれば問題ありません。しかし仕事ですから、仕事の将来性や身につけるべきスキルがあります。初心者のうちから一歩踏み込んだ内容を知って、周囲と差をつけましょう。

Webライターに将来性はあるの?

こちらのパートでは、Webライターの将来性を解説します。AIが発達してきた現在はさまざまな仕事が「取って変わられるのでは」と言われているので、新しいことを始めるのに消極的になります。Webライターの仕事は将来性がありますが、考えながら働くのが大事です。

ライティングスキルを身につければ、Webライターの将来は明るいと言えるでしょう。ここでは、以下3つの内容を解説します。

  • Webライターが増えること
  • AIに仕事が奪われる可能性について
  • 動画にもWebライターの仕事がある

重要なことなのでひとつずつ詳しく解説していきます。

Webライターが増えること

副業の解禁により、Webライターは今後も増えていくと予想できます。ライバルが増えるから不利になるのでは、と考える人もいるでしょう。しかし「文章を書くだけの仕事なら私にもできそうだ」という感覚で参入する人も多いわけです。その結果スキルを持たないWebライターが増加するので、スキルを持つ人はよりクライアントに重宝される可能性が高まります。

AIに仕事が奪われる可能性について

文章を書く仕事に対して、AIに奪われる心配をしている人もいることでしょう。しかし、仮にAIが文章を作成しても、成果物を確認して修正する人は必要だと考えられます。また、思っている以上にきめ細やかな作業をこなしているのがWebライターです。

AIに細やかなスキルを学習させることはできたとしても、人の心を動かす文章を作成できるかと言われれば疑問を抱きます。Webライターの仕事は、すぐAIに奪われるわけではないと言えるのではないでしょうか?

動画にもWebライターの仕事がある

最近は「文章より動画コンテンツの需要がある」とも言われています。動画コンテンツの需要が高まっても、Webライターの仕事はすぐになくならないでしょう。なぜならシナリオライターのように、動画に関わる仕事もあるからです。

お伝えした通り、多くの動画はいきなり撮影から始まるのではなく、一度文字に起こしています。このように、Webライターの仕事はスキル次第でたくさんの可能性があるわけです。

ライティングスキルを身につける方法とは

こちらのパートでは、Webライターになるためのライティングスキルの身につけ方を解説します。Webライティングのスキルを身につける方法は、独学で学ぶのとスクールを受講する方法があります。このパートで、それぞれの違いを確認してください。

大前提として、まずは独学で学習することをお勧めします。理由は、自分で学習できない人はWebライターとして成長しないからです。最低限のラインは必ず自分で学習しましょう。具体的な学習方法は「【初心者向け】Webライターで稼ぐための勉強方法。おすすめ4選!」をご覧ください。

この記事を読めばWebライターとして、最低限のスキルは十分身につきます。

ただ、お伝えした通り、Webライターは人気の仕事なので参入者がとても多いです。その中で仕事を受注し続けるには、差別化が必要になります。たとえば、以下のスキルがありますよ。

正直に申し上げますと、これらのスキルは独学で学べます。僕も、Webライティングのスクールを知るまで独学でコツコツとスキルを習得していました。今はWebライターとして情報発信している人もどんどん増えているので、僕が独学をしていた時代よりも情報がよく集まるでしょう。

とはいうものの独学でイチから学ぶのはとても大変なうえに、時間がかかります。それに、溢れる情報の中から選択しながら学習するのは、初心者にはなかなか難しいです。

かなり時間がかかりますし、大変になります。だから、副業で会社員と両立しながら学ぶのなら、なおさら効率よく習得できる方法をおすすめです。初心者が効率良くWebライティングのスキルを学べる方法の1つが、ライティングスクールになります。

ライティングスクールに通った人はWebライターとして稼ぎ続けられていますし、何より早くスキルを習得できるのです。また、ライティングに特化したものなので、初心者の独学よりもスキル習得までの時間が短くなります。

とはいえライティングスクールは無料のスクールもありますが、お金がかかるスクールもあります。本当に興味のある方だけ始めるのがおすすめです。ライティングスクールに関しては、こちらの記事を参考にしてください。

こちらのテーマでは「Webライターになったもののこれからどうすれば…」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_1010_3-Reasons for the popularity of web writers
この記事では「【Webライターが人気の理由】参入障壁が低く汎用性が高いスキル!」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • Webライターの人気の理由は参入障壁が低い業界
  • Webライターの人気の理由は汎用性が高い業界
  • Webライターになったもののこれからどうすれば…

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。