会社を辞めずに賢く副業で稼ぐわかチンのブログ

» 「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【やっぱりあった!】売れっ子Webライターの文章の書き方

Webライティング

Webライター 文章の書き方

副業Webライターです「人気のあるWebライターの文章の書き方を知りたいです!何か特徴があるはず…僕も真似をして売れっ子Webライターになり稼ぎたいです!」この様な悩みが出てきました。

今回は、このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。
    

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • 人に記事の内容の本質を伝えることができる
  • 自分の書いた記事にアクセスを集められるようになる
  • Webライターとしての収入を上げることができるようになる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライター兼ブロガーとして活動しています。

そんな僕は、Webライターを始めた当初、文章を書く事は嫌いではありませんでしたが、とても苦手で社内のメールひとつとっても「何を言いたいのかわからない…」と言われることがよくありました。

そしてこれではまずいと思い、Webライターとしての文章の書き方を徹底的に学び、習得をしました。その結果、Webライターとしての収益がみるみるうちに上がり、今では固定のクライアントが4件もできたので毎月安定し収益を出すことができる様になりました。そのほかにも、Webライターとして得た文章術を用いて、ブログを始めこちらでも収益を発生させることができています。

論より証拠としてこちらをご覧ください。

A8ネット

2021年9月 539,434円
画像1-there-are-no-things-to-do

もしもアフィリエイト

2021年9月 2,099,500円
画像2-there-are-no-things-to-do

このように、Webライターとしての文章スキルをブログに活かした結果、上記のような収益を出すことができるまでになりました。また、このような実績が出てきたので、Webライター初心者の方に向けたスクール「Wakablog College」の運営をしており、その生徒さんも実績が出るようになってきました。そのようなことからこの記事も信憑性があると思われます。

今回は、「文章が苦手な人でも稼げる執筆方法」についてシェアします。参考になると嬉しいです。

結論

売れる文章は、読まれる文章。読まれる文章は「文体とリズム」が全てです。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

伝わりやすい文章とは

2021_1018_2_1-how-to-write-a-web-writers-text

Webライター 文章の書き方

「読まれる文章は、文体とリズムで決まるってどういう事ですか??全くの謎です…」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 人に伝えたいことを伝えられる文章を書くための基準が分かる

こちらのテーマでは、伝わりやすい文章とはどのようなものかについて解説します。自分の伝えたいことを言葉に表すことはできても、文章で伝えるのは難しいことですよね。読み手が違う捉え方をしてしまうと、本当に伝えたいことが伝えられません。

伝わりやすい文章とはなんなのかを知ることで、メールやLINEでのやり取り、Webコンテンツ、すべてにおいて役立てることができます。

人が伝わりやすいと感じる文章の仕組み

こちらのパートでは、伝わりやすい文章とはどんなものかについて解説していきます。「読みやすい」と「伝わりやすい」はまったくの別モノです。読みやすい文章が書けても、それだけでは読み手に響くかというと、そうとは言い切れません。

そんな読み手を惹きこむ、「伝わりやすい文章」について解説します。

Webライティングの基礎的な部分でありながら、実はこれができていないWebライターさんもいらっしゃいます。伝わりやすい文章を書くときに意識しなければならないことは以下のとおりです。

  • 」に伝えるのか
  • 」を伝えるのか
  • 読み手に共感し、寄り添った文章構成

1つずつ詳しく解説します。

「誰」に伝えるのか

誰に対象の記事を読んでもらいたいのか、ターゲットを明確にしましょう。読んでもらいたい相手のパーソナリティを細かく絞って、それに向けて文章を書くことでより具体的な言葉で表現できるようになります。

例えば年齢や性別、どのような仕事をしていて家族構成はどのようになっていて、何に満足して何を不満に感じているか。という内容を細かく設定します。

そうすることで、ターゲットとしているこの人が何を求めていてどんな記事を読みたいのかを想像し、記事を書くことができます。 書き出してみると、1つのストーリーが出来上がります。「」に伝えたい文章なのか、意識するようにしましょう。

「何」を伝えるのか

読み手に伝えたいことの真意を書き出しておくと良いです。人は自分の興味のあるものにしか関心を示しません。読んでもらいたい記事が読み手に「」を伝えようとしているのか、明確でなければ読み手も混乱してしまいます。

Webライター 文章の書き方

「結局なにが言いたかったの?」

なんてことにならないよう、上記で設定した相手に「」を伝えたいのかを先に考えておくと、書きながら意識することができるでしょう。

読み手に共感し、寄り添った文章構成

読み手が困っていることや悩んでいることに共感し、全体的に寄り添った構成となるように文章を作りましょう。

先ほども言いましたが、人は自分の興味のあるものにしか関心を示しません。冒頭から自分が関心のない事について書かれている記事だと思うと、そこから先は読まれずに終わってしまいます。

逆に、「この記事って私のためにある記事!?」と思わせられるくらい読み手の悩みに共感し、思考に寄り添った構成にすることで読み手の心に響く文章を書くことができるのです。

思考に寄り添った構成にするためには、以下のようなことに気を付けてください。

  • 冒頭で結論を伝え読み手の興味を惹き、「この先も読み進めたい」と思わせる
  • 理由や具体例を述べて、読み手の潜在的な悩みや願望を解決させる
  • もう一度結論で最も読み手に伝えたいことを明確にして、読み手を満足させる

この構成はWebライターの文章だけでなく、人が伝えたいことを話す際にも役立ちます。文章と言葉なので異なる部分もありますが、「相手に共感しながら、問題に対する理由や具体例を分かりやすく伝え、行動にうつしてもらう」原理は同じなので、非常に役立ちます。

伝わりやすい文章とは、思いだけではなく構成も重要なのです。

読まれる文章の「リズム」とは

こちらのパートでは、読まれる文章の「リズム」とは何なのか、解説していきます。人に読まれる文章とは、リズム感がある文章です。逆にリズム感のない文章をつらつらと書き連ねてしまうと、人は飽きて読むことをやめてしまいます。読者は特に意識をして読むことはありませんが、書き手は意識して読まれる文章を書くことができるのです。人はどのような文章にリズムを感じるのか、詳しく解説していきます。

そもそも文章にリズムがあるというのは違和感があるように思えますが、文章を声に出して読んでみると分かりやすいかもしれません。音読してみて「読みやすい」「内容が頭にスッと入ってくる」このように感じるものが“リズムの良い文章”です。逆に読みづらさを感じたり、何が言いたいのか伝わってこない、と感じたりするものがリズムの悪い文章と言えるでしょう。

●リズムの良い文章は以下のような特徴があります。

  • 文末表現は同じものを連続させない
  • 一文が長すぎない
  • 短すぎる文章を連続させない
  • 読点を適切な位置につける

ただし、場合によっては、同じ文末表現や短い文章を連続させることが良いリズムになることもあります。文章の構成もあるため一概には言えませんが、一般的に良いリズム感とされる文章には、このような特徴があるのです。

具体的に上記のような特徴をおさえたリズムの良い文章とはどのような文章なのか、以下の悪い文章と比較してみてください。

  • リズムが悪い文章

①文末表現が連続しているもの
私が今ハマっている趣味は、山登りです。山登りをすることで自然を感じられます。また都会でのストレスが浄化されるような気持ちになります。そのため、週に1回は1人で山登りに行きます。

②一文が長すぎるもの
私が今ハマっている趣味は山登りです。山登りをすることで自然を感じられ、都会でのストレスが浄化されるような気持ちになり、週に1回は1人で山登りに行っています。

③読点の位置が適切でないもの
私が、今ハマっている趣味は山登りです。山登りをすることで自然を感じられ都会でのストレスが浄化されるような気持ちになり、週に1回は1人で山登りに行きます。

  • リズムの良い文章

私が今ハマっている趣味は、山登りです。山登りをすることで自然を感じられ、都会でのストレスが浄化されるような気持ちになるのです。そのため、週に1回は1人で山登りに行くようになりました。

いかがでしょうか。上記の文章は短い方ですが、これだけでも文章の読みやすさにハッキリと差が出ています。読みやすい文章=リズムの良い文章です。特徴をおさえることで文章が大きく変わってくるので、リズムを意識してテンポをつけてみてください。

読まれる文章の「文体」とは

こちらのパートでは、読まれる文章の「文体」とはどのようなものなのか、解説していきます。文章を書く際に文体を意識すると、読みやすさが格段に変わり、文体のみで人から認識されるようになります。文体によってその人の個性を出すことができるのです。では、どのような文体で書けば人から読まれる文章になるのでしょうか。

人が夢中になって読み進めてしまう文章には特定の文体があり、その文体に惚れて文章を読む人も少なくありません。

●読まれる文章には、以下のような文体の特徴があります。

  • 文章を綺麗に書こうと意識していない
  • リズムが良い
  • 統一感がある
  • 個性がある

上記をふまえて、具体的にどのような文章が「文体が良い」とされるのか、以下の2つの文章を比較してみてください。

「文体が良い」文章

もちろん人生に対して恐怖を感じることはある。そんなのあたり前じゃないか。ただ俺はそういうのを前提条件としては認めない。自分の力を百パーセント発揮してやれるところまでやる。欲しいものはとるし、欲しくないものはとらない。そうやって生きていく。駄目だったら駄目になったところでまた考える。

村上春樹さんの文体は特徴的な言い回しがあり、リズム感が良い文章です。そのため海外の方からも多くの支持を得ているのです。自分らしい文章というものを見つけるのは簡単なことではありませんが、綺麗に書こうと意識する必要はないということが上の文章からよく分かります。では、同じ文章で文体を悪くしてみます。

「文体が悪い」文章

もちろん人生に対して恐怖を感じることはある。そんなのあたり前じゃないですか。ただ僕はそういうのを前提条件としては認めず、自分の力を百パーセント発揮してやれるところまでやる。欲しいものはとるし欲しくないものはとらない、というように生きていく。駄目なら駄目でそのときにまた考えます。

上記のように綺麗に文章をまとめようとすると、個性がなく“なんの特徴もない文章”になってしまいます。また、敬体「~です・ます」と常体「~だ・である」は統一させるようにしましょう。混在してしまうと文章の前後が繋がりにくく読みづらくなってしまいます。文体が良いかどうかで、同じような内容でも印象が変わってくるのです。

小説家や人気ブロガーの固定ファンは、「この文章はこの人が書いたものだ」とすぐに分かります。それは筆者の文体に特徴があり、それに惚れているからです。つまり、自分が書く文章の「文体」を好きになってもらえれば、必然的にアクセスも増やすことができるのです。

そのために、上記のような特徴をおさえて執筆を繰り返し、自分のオリジナルの文体を確立させて、文体のファンを獲得していきましょう。

こちらのテーマでは「伝わりやすい文章とは」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

読まれる文章の書き方

2021_1018_2_2-how-to-write-a-web-writers-text

Webライター 文章の書き方

「人に読まれる文章を書くにはどうすればいいんだろう?具体的な執筆内容について知りたいです!」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 人が文章のどこを読みやすいと感じるか知ることができる
  • 読まれる文章を書くことができるようになる

こちらのテーマでは、人に読まれる文章の書き方について解説していきます。「読みやすい文章」と「伝わりやすい文章」は、同じことのように思えますが異なります。人が読みやすいと感じる文章はどのようなものなのか、そしてどのように書けば人に読まれるのかを解説します。

読みやすい文章の3つの特徴

こちらのパートでは読みやすい文章の特徴について解説していきます。人が読みやすいと感じる文章には特徴があります。ある3つの特徴を意識しながら文章を書くことで、読みやすさは大きく向上するでしょう。
 
読みやすい文章の3つの特徴は、以下のとおりです。

簡潔な内容である

必要なことを必要最低限の文字数で書いていれば、スラスラと読めて内容も伝わってきますよね。求めている内容と関係のないことをダラダラと書き連ねていては、読み手は離れていきます。

具体的に書かれている

具体的な例を用いて書かれていると、分かりやすくイメージできます。理解しづらい難しい表現や言葉は、読み手を疲れさせてしまうため、避けなければなりません。

頭に「?」が出たらその場で解消してれる文章

文章を読んでいて「これってどういう事?」「この言葉どういう意味?」などの様に頭に「」が出ることがあります。そんなとき、その場ですぐに「」が解消されると気持ちよく読み進められますよね。

その「」が解消されずに疑問を持ったままだと、スムーズに読み進めることができなくなってしまいます。意味が分からなければ調べるためにそのページから離脱してしまったり、「よく分からない内容だ」と判断されて途中で読まれなくなったりしてしまいます。そのようなことを防ぐためにも、「」の解消がされている、誰でも読める文章を心がけなければならないのです。

読まれる文章の書き方

こちらのパートでは、読まれる文章の書き方について解説していきます。先ほどのパートでは読みやすい文章の特徴を知ることができました。ではそれを踏まえた上で、読まれる文章はどのように書けば良いのかを知り、実践に役立ててください。

読まれる文章を書くには、以下の4つのスキルを身につける必要があります。これらをすべて習得できれば、Webライターとして十分稼ぐことが可能となります。

  • Webライティング
  • SEOライティング
  • セールスライティング
  • コピーライティング

1つずつ詳しく解説します。

Webライティング

Webライティングとは、「Web上に正しく解りやすい文章で執筆すること」です。Webライティングを応用したものが以下3つのライティングになるため、自身でブログやサイトを運営をするにあたって基盤となるライティング法なのです。Webライティングでは、「PREP法」という型に沿って文章を作ります。PREP法とは下記の通りです。

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(具体例)
  • Point(結論)

になります。この流れでそのまま文章をあてはめていけば、分かりやすくまとまった文章を簡単に作ることができます。

このWebライティングのスキルを習得するだけで、文字単価1円程度は狙えるようになるでしょう。1ヶ月で無理なく執筆を行うと、以下の収益を得ることができます。

文字単価1円 × 3,000文字 × 16記事(週4納品) = 48,000円

●Webライティングについて、こちらの記事を参考にしてください。

SEOライティング

SEOライティングとは、「Googleで検索した際、上位に表示をさせるための文章を執筆すること」です。Webライターには必須のスキルであり、どのクライアントからも依頼されるはずです。ほとんどのクライアントが、ネット上に記事を掲載して記事を読んでもらうことを目的としています。より多くの読者に記事を読んでもらうには、Google検索で上位に表示されることが手っ取り早いので、誰もが目指すところなのです。SEOライティングは難しいように思われますが、コツをおさえれば誰でも書けるようになります。まずは以下の項目を最低限覚えるようにしてください。

  • 読者ファースト
  • ゴールの明確化
  • E-A-Tを使う
  • 共起語を使う
  • 表記揺れに注意
  • KW(キーワード)を各所で使用

そして、このSEOライティングのスキルを習得することで、文字単価2円程度は狙えるようになるでしょう。Webライティング同様、1ヶ月で無理なく執筆を行うと、以下の収益を得ることができます。

文字単価2円× 3,000文字 × 16記事(週4納品)= 96,000円

●SEOライティングについては、こちらの記事を参考にしてください。

セールスライティング

セールスライティングとは、「商品やサービスを販売するための文章」です。ネットビジネスで稼いでいる方は、ほとんどこのセールスライティングを使って商品を販売しているのです。情報商材などの販売も多く、詐欺と間違われることも多数あるほどです。つまりこのセールスライティングを使えば、「なんでも売れる」ようになってしまうのです。ぜひ身につけたいライティング法です。セールスライティングは、「PASONAの法則」や「QUESTの法則」に沿って文章を作っていきます。

PASONAの法則は下記の内容です。

  • Problem(問題)
  • Affinity(親近感)
  • Solution(解決策)
  • Offer(提案)
  • Narrowdown(絞り込み)
  • Action(行動)

という読者の消費行動を促す型になっています。

QUESTの法則は下記の内容です。

  • Quality(絞り込み)
  • Understand(共感)
  • Educate(啓発)
  • Stimulate(興奮)
  • Transition(変化)

という消費者心理に沿った型になっています。

これらのセールスライティングのスキルを習得することで、文字単価7円程度は狙えるようになるでしょう。ただしセールスライティングを習得すると、単価が大幅にUPする代わりに1記事の文字数が多くなる傾向があります。1ヶ月の執筆量を半分に抑えても、以下のような大きな収益になります。

文字単価7円 × 5,000文字 × 8記事(週2納品) = 280,000円

●セールスライティングについては、こちらの記事を参考にしてください。

コピーライティング

コピーライティングとは、「キャッチコピー」です。キャッチコピーで読者に印象を植え付け、記事を読んでもらうライティング法です。ブログでは、キャッチコピーをつけるのは以下の場所になります。

  • H2 タグ
  • H3 タグ

たったの一行で「この記事を読んでみたい!」と思わせられるようなキャッチコピーを作るには、一行の中に以下の3つ要素を入れるように心がけましょう。

  • ベネフィット
  • 具体性
  • 容易性

これらをすべて取り入れられれば、魅力的なコピーライティングが出来上がります。ただし、コピーライティングのみ習得したところで読者が実際に“文章を読み進めるかどうか”は分かりません。そのため、行動に移させるセールスライティングとセットで習得するようにしましょう。セールスコピーライティングになることで、文字単価は7円よりも上を狙えるようになるでしょう。文字単価10円と仮定しても、1ヶ月の収益はさらに大きなものになります。

文字単価10円 × 5,000文字 × 8記事(週2納品) = 400,000円

●コピーライティングについては、こちらの記事を参考にしてください。

以上の4つやWebライターとして必要なスキルアップについては、「【稼ぎ方がわからない!】Webライターがスキルアップする手順」こちらを参考にしてください。

こちらのテーマでは「読まれる文章の書き方」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

文章術の習得方法とは

2021_1018_2_3-how-to-write-a-web-writers-text

Webライター 文章の書き方

「どんな文章を書ける様になればWebライターで稼げる様になるかは分かった!でもこれをどの様にして習得すれば良いのだろう…」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • あなたが習得する方法でどちらが向いているかがわかる

こちらのテーマでは、文章術の習得方法について解説していきます。Webライターで稼げるようになるには、テクニックを使った文章で人に読まれなければなりません。その文章術の習得方法は、大きく分けると2パターンあります。それぞれの特長や方法について学び、自分が文章術を習得するにはどちらの方法が学習しやすく向いているのか、など比較していきましょう。

【無料だけど時間はかかる】独学で習得する方法

こちらのパートでは、【無料だけど時間はかかる】独学で習得する方法について解説していきます。読まれる文章にするためには、ある程度の文章術が必要だということが分かりました。では、その文章術を習得するにはどのような方法があるのでしょうか。「時間はかかっても、できるだけ費用を抑えたい」という方は必見の方法です。こちらの方法は、以下のような方に向いています。

  • Webライター初心者
  • 焦らずじっくり学習を進めて文章術を習得したい
  • 副業で片手間程度に考えている

そしてこの方法で学ぶことで、半年後からは月5万円程度の収益が得られるでしょう。具体的な習得方法は、以下のとおりです。

  • 【勉強方法 その1】本を読む
  • 【勉強方法 その2】YouTubeを見る
  • 【勉強方法 その3】写経をする
  • 【勉強方法 その4】yahoo!知恵袋を活用

1つずつ詳しく解説します。

【勉強方法 その1】本を読む

Webライターとして、重要なことは「文字で相手に伝える事」になります。そのため、文章の学習は必須になります。基礎となる部分は本で学ぶのが1番定着しやすいです。Webライターとして必要なスキルは「ライティングスキル」以外にも「SEO」や「心理学」も学ぶ必要があります。

しかし、ここまでお伝えするとこの様な疑問が出てくると思います。

Webライター 文章の書き方

「Webライターに関する本がいっぱいあって解らないよ…」

この様な人は「【Webライター初心者必見】読むだけで飛躍的に成長する学習本 5選」の記事をご覧になって下さい。

【勉強方法 その2】YouTubeを見る

YouTubeについては、鉄板の学習方法の1つになります。最新のトレンドなどを含めて、学習の仕方や、押さえておくべきポイントから実際の必要スキルの講座をアップしている人もいます。

スクールで教わる様なことも多数出ています、YouTubeを上手に活用し、必要な情報を取捨選択できれば独学でも十分すぎるほどのスキルを身につけることができます。

ただし、学習中は他の動画に気が取られてしまって「結局学習ができなかった…」この様なことにならない様にメリハリをつけて学習に取り組みましょう。

【勉強方法 その3】写経をする

こちらの方法は、Webライターの人や、ブロガーの人の文章をそのまま写します。目的は、写経する人の言い回しや、記事執筆を自分の体に叩き込むことです。

これができれば、自然とWebライティングに必要な文章スキルを体に染み込ませることができます。しかし、Webライターとして成功している人であったり、しっかりとブログで稼げている人の記事を参考にしないと意味がありません。

また、ただ写経をするのではなく、記事の構成や、記事の展開のさせ方を理解しながら写経を進める必要があります。これができないとただただ、コピーしているだけです。これはあまり意味がないので写経をするときは集中して、記事内容の意味を汲み取ることをしていきましょう。

【勉強方法 その4】yahoo!知恵袋を活用

実はこの方法はとても重要になってきます。目的は、「質問者の求めている回答を文章で伝えることになります」自分の書きたいことを書いても無駄だとわかる1番の練習方法です。

自分の知識を分解して、相手に伝える事。また、相手の悩みを短文で解決をしてあげるというスキルがつきます。

この学習方法では、ベストアンサーを10個取れるまでは必ず続けましょう。そうすることによって、読者の求める答えが書いている記事の執筆ができるようになるのです。

以上の4つが、独学で文章術を習得する方法です。独学の学習方法について詳しく知りたい方は「【初心者向け】Webライターで稼ぐための勉強方法。おすすめ4選!」の記事をご覧になって下さい。また、Webライティングでの稼ぎ方についてはこちらの記事を参考にしてください。

【有料だけど早く稼げる】スクールで習得する方法

こちらのパートでは、【有料だけど早く稼げる】スクールで習得する方法について解説していきます。無料ではないため出費はあるものの、その分有益な情報やより早いスピードで文章術を習得することができます。「費用がどれだけかかっても、とにかく早く習得して稼ぎたい!」という方にぜひ参考にしてもらいたい方法です。
こちらの方法は、以下のような方に向いています。

  • 初期投資に抵抗がない
  • 結果を早く出したい
  • 独学が苦手

そしてこの方法で学ぶことで、最短初月から5万円程度の収益が得られるでしょう。具体的な習得方法は、以下のとおりです。

  • 自分に合うスクールを選ぶ
  • 質問を積極的に行う
  • 同時に案件をこなす

1つずつ詳しく解説します。

自分に合うスクールを選ぶ

自分に合ったスクールかどうか、慎重に選択しましょう。Webライティングを学べるスクールはたくさんありますが、料金だけでなく講義スタイル、強みなどそれぞれ異なります。自分が「いつまでにどのくらいのスキルをどのように習得したいのか」をよく考えて、スクールの特長と照らし合わせて決めるようにしましょう。

また、Webライターのスクールを選択する際に失敗したくない人は「【Webライティングスクールの選び方】失敗しないための重要ポイント」をご覧になって下さい。

質問を積極的に行う

講師や先生とされる方には積極的に質問をするようにしましょう。独学では絶対にできないことは、「人から教わること」です。1人では解決できないことはどんどん聞いていくと分かりやすい回答を得ることができます。また、スクールに入れば講義動画を見るだけでなく、課題が与えられることもあります。実践もでき、先生から添削をしてもらうことができる場合もあります。自分の良い点・悪い点が明確になり、成長スピードが格段に違います。活用しない手はないので、ぜひ積極的に質問を行ってください。

スクールで文章術を学ぶと、実践で活用できるのが早くなります。オススメのスクールについてはこちらの記事を参考にしてください。

こちらのテーマでは「文章術の習得方法とは」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

how-to-write-a-web-writers-text2021_1018_3-
この記事では「【やっぱりあった!】売れっ子Webライターの文章の書き方」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • 伝わりやすい文章とは
  • 読まれる文章の書き方
  • 文章術の習得方法とは

という内容でお届けしました。
 
それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。下記の自宅で学べる無料講座「THE 副業大百科 〜個人の力でお金を稼ぐ〜」も、是非チェックしてくださると喜びます🙇‍
講座を視聴していただいた方限定で豪華特典を無料プレゼントしているので、この機会にどうぞ💁‍♂️

自宅で学べる無料講座

賢い副業!特別ウェビナー

お知らせ:厳選した下記のコンテンツがおすすめです

サラリーマンから主婦の方に対応しており、これから賢く副業をスタートしたいとお考えの方は、ぜひどうぞ🙇‍

おすすめコンテンツ

無料コンテンツ

有料コンテンツ

当ブログと他のサイトの圧倒的な違いは、様々な疑問や悩みを解決するために【無料体験レッスン】30分の無料相談会&体験レッスン(オンライン開催)に初回限定で参加できることです。

どうしても分からなかったり、1人で悩むことがあればご相談ください。

その他、ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

無料から学べる「Wakablog College」に参加はお済みですか?会社を辞めずに副業で安定した収益を発生させるために、順序立てて学べるオンライン学習サイトです。この機会にぜひどうぞ💁‍♂️

僕は、こんな人です

わかチン
本業を捨てずに、ブログを主軸に収益を発生させています。また、副業を始めた人が迷わずに学べるオンラインスクール【Wakablog College】を運営しています。当ブログではみなさんにとって有益な情報を無料で提供していきます。一緒に頑張っていきましょう!「サラリーマンや主婦の方向け!個人の力でお金を稼ぐための講座」を無料配信中!無料で集中して作業ができる環境→ もくもく作業会
» プロフィール詳細はこちら

チップをいただけると、心から喜びます

特別配信【THE 副業大百科】個人の力でお金を稼ぐ【無料で受講できる特別講座】

挫折防止【1人じゃない!】ZOOM もくもく作業会〜孤独社会からの脱却〜