副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【Webライター初心者必見】読むだけで飛躍的に成長する学習本 5選

WRITING

Webライター 学習 本

Webライターとして必要な知識を得るために本を探しています。「初心者がどの本を読めばいいのか、本選びのコツとかも知りたいな」このような悩みが出てきました。

 
今回は、このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • 本の選び方に失敗しなくなる
  • おすすめの本を知ることができる
  • 自分に合った本で学習することができる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライター兼ブロガーとして活動しています。

そんな僕は、Webライターを始めたころはまったくの未経験だったので、どのように活動して、どんな学習をすべきなのか何も分からず、日々模索していました。

そして僕は、まずは独学でWebライターとしての基礎を身につけるべく学習を始めました。学習方法は下記の通りです。

  • 【勉強方法 その1】本を読む
  • 【勉強方法 その2】YouTubeを見る
  • 【勉強方法 その3】写経をする
  • 【勉強方法 その4】yahoo!知恵袋を読む

僕はこの内容で、Webライターとしての基礎を身につけることができ、ある程度の収益を得ることができました。

Webライターの学習方法については「【初心者向け】Webライターで稼ぐための勉強方法。おすすめ4選!」をご覧になって下さい。初心者はこの方法でWebライティングの基礎を身につけることができます。

また、この学習方法の中で1番勉強になったのは、やはり「読書」でした。僕はWebライティングの学習をするため、100冊以上の本を読んできました。そのため、どの本で学習すべきかが明確になりました。そして、本当の意味でのWebライティングについて学ぶことができ、文章の書き方や読み方に大きな変化が出てきたのです。そのため、この記事も少しは信憑性があると思われます。

特に本を読みWebライティングの学習をすることの最大のメリットは「読者の心理を理解することができる」ということです。これが理解できれば、離脱されにくく、読者が読みやすく、読んでいて気持ちの良い記事を執筆できるようになります。

このような知識がついたことで、Webライターとしての仕事が認められるようになり、仕事の受注もかなり増え、今では継続した高単価案件も獲得できるようになりました。
 
どんなことを意識して初心者が本選びをすれば良いのか、本選びのコツをシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論

Webライターになるための最短距離は、自分に合った本を選び学習すること
 
上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

Webライターが読むべき学習本 5選

2021_1014_2_1-5-web-writer-learning-books

Webライター 学習 本

「初心者におすすめのWebライターの本ってどれになりますか?おすすめの本を教えてください!」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • それぞれの本の魅力が分かる

こちらのテーマでは、初心者が読むべきおすすめの本についてご紹介していきます。「どの本を選べば良いか分からない!」という方は、この中から選べば本選びの失敗は避けることができますよ。

また、おすすめする5冊の本が具体的にどのような内容なのか、詳しく解説していきます。まずどの本から読み始めるのか、今の自分に合っている本がどれなのか、解説を見て選んでみるのもありです。
 

初心者が読むべきおすすめ5選は以下のとおりです。

画像0-5-web-writer-learning-books
1冊ずつ詳しく解説していきます。
 

20歳の自分に受けさせたい文章講義

こちらの本では、著者の古賀さんが「文章を書くことは他者を動かさんとする“力の行使”である」と言っています。つまり、文章を書くときには自分が書きたいことだけを書くのではなく、他者(読者)の心を考え、行動を促すために書くということを心がけるようにしなければならないのです。

より相手に分かりやすくするために、文章を書くのではなく、「翻訳する」ことが大切で、翻訳とはどのような意味で考えれば良いのか、詳しく教えてくれます。

文章を書くすべての方にとって参考になる

こちらは文章の書き方や作り方について書かれています。自分の中にある考えや感情を、口で伝えることはできても、うまく文章に変換できないことってありますよね。

そんな、話し言葉から書き言葉にするノウハウをたっぷりと伝えてくれるのがこちらの本です。文章を魅せるものにする細かいテクニックがたくさん紹介されていて、本に書かれていることを忠実に実践することで文章力をしっかり身につけてくれます。

読者の「読まない」という選択肢を潰してしまうほど心を動かすことができれば、Webライターとして怖いことはありません。そのことを教わることができるのです。

とにかく読みやすく、分かりやすい文章の書き方を習得できます。また、この本自体が分かりやすいのも特徴的です。「20歳」に関係なく誰でも読んで学べるこの文章講義はおすすめです。

沈黙のWebライティング

すでに多くの方がオススメしているこちらの本ですが、学んでいる感覚がないのに情報量が多く、読み進めることで自然と知識を得られるような万人が読みやすくおもしろいと思えるものです。

物語は、世界トップのWebコンサルタントから教わるSEO対策やノウハウを実践することによって、業績の悪かった会社がみるみるうちに業績が改善されていく、という自分にも置き換えられるような内容になっています。

実践できるWebライティングを学ぶ

こちらの本はストーリー性があって、キャラクターが登場しながら会話形式でWebライティングについて解説されています。とにかく読みやすい印象があるので、Webライティングの勉強が少し億劫になっている方にとっては特におすすめです。

先ほども言ったとおりストーリー性のある内容で独自の世界観があるため、主人公を自分に見立てて学習していくことができますし、マンガを読んでいるかのように錯覚してしまいます。サイトやブログなどWebでの文章の書き方について、そしてSEOの知識も習得することができます。

基礎的な知識のみならず、Webライターとして自身が運営するブログやサイトで把握しておいた方が良い応用知識も得られるようになっています。そのためライティングスキルの向上だけでなく、集客できるサイトを作り、独立して1人で運営できるようになるまでサポートしてくれる本です。

Webライティングで必要な知識を一通り習得できるため、実践にて成果を出したい方はぜひ読んでください。

沈黙のWebマーケティング

こちらは、先ほどご紹介した「沈黙のWebライティング」と併せてぜひ読んで頂きたい本です。

内容は、コンテンツがユーザー目線で作られているかどうか、デザインを重視しすぎていないか、Googleの性質等、サイトを作りあげていく上で知るべき知識が詰め込まれていて、丁寧に解説されています。

SEO、情に訴えるマーケティングの考え方を学ぶ

こちらも「沈黙のWebライティング」と同様、ストーリーに沿って学習を進めていきます。Webマーケティングとは何なのか、どのような視点を持つべきなのか、など1から10まで項目ごとに解説されており、さらにSEOの仕組みもこちらの本で分かります。

「読まれる記事にするにはどうすれば良いのか?」ターゲットの分析やSNSでの発信など、マーケティングの重要性を理解し、行動に移せるよう具体的に書かれています。

そのため、納得のいくコンテンツを作れず悩んでいる方にとっても、解決の糸口を見つけられる本になるのではないでしょうか。

Webライターとして、身につけておきたい“Webマーケティングの本質”が詳細に解説されています。おそらく、Webライターをこれから始める、という方は初めて目にする言葉ばかりが並んでいるかと思います。これを他の本で学ぼうとすると、堅苦しい言い回しで学ぶのにも一苦労です。

楽しく学び、サイト運営をして売上に繋げていきたい方は必見です。

人を操る禁断の文章術

人を話し言葉で操ることさえ難しいのに、書き言葉で操ることは可能なのか!?実は書き言葉の方が、じっくり考え戦略を練って文章で表現できるため、話し言葉よりもよほど簡単な方法なのです。

人の心理を先回りした書き方を学ぶ

こちらは、メンタリストのDaiGoさんが執筆した本です。読み手の心を自在に操る「メンタリズム文章術」について解説されており、それを心理学の見地から裏付けて説明しています。

このテクニックを身につけてしまうと「怖いものなしなのでは?」と思えてきます。

文章はさまざまな場面でみなさんが書いています。メール、手紙、ブログ、DM等…それらのすべてに役立つ文章術であり、特にWebライターは読者の心を読み、行動させることを文章1つで行わなければなりません。この文章術を得ることで集客ができ、売りたいものが売れ、誘導したい方に誘導できるのです。

まさに文章で人を操れるのです。このテクニックさえ習得できれば、極論Webマーケティングに無知でも問題ないでしょう。

すぐに応用できるテクニックも紹介されていますので、文章の書き方をさらにスキルアップさせたい場合など、必見の本になります。

ドリルを売るには穴を売れ

こちらは、新人のマーケターが廃業寸前のレストランをマーケティングする、という内容でストーリー展開しています。

社会人だけでなく、就職前の大学生などマーケティング初心者の方などに向けて、“マーケティング脳”を鍛えていきます。

「売れる人」になるマーケティングを学ぶ

やり手の営業マンはどうやってモノを売っているのか?できる人のモノの売り方、モノを売る考え方を学べる本になっています。こちらもまた、ストーリー展開されていて楽しく読み進めることができます。

Webライターとして収入を安定させるためには、Webマーケティングについての知識が不可欠です。

マーケティングの基礎知識を分かりやすく学ぶことができ、自分の買い物そのものがマーケティングである、とマーケティングをより身近に感じられ、「難しそう」「なんとなく苦手」という意識を薄めてくれます。

売るモノの本質を見抜き、そしてそれを文章で売る、その為のスキルを習得するにはこちらの本が大いに役立つでしょう。

こちらのテーマでは「Webライターが読むべき学習本 5選」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

スキルを上げるための本を選ぶコツ

2021_1014_2_2-5-web-writer-learning-books

Webライター 学習 本

「Webライターの本を選ぶ基準ってなんなんだろう?Webライターに役立つ本の選び方を知りたいです!失敗はしたくありません…」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 学習しやすい本を見つける基準が分かる

こちらのテーマでは、本を選ぶコツについて解説していきます。初心者でも分かりやすく、すぐに実践できるような本に出会いたいところですが、数あるWebライターに関する本からどれを選べば良いのか悩みますよね。そんな方はぜひ本テーマをチェックしてください。
 

Webライターの本を選ぶ3つのコツ

こちらのパートでは、Webライターの本を選ぶ3つのコツについて解説していきます。どの本も為になることは書かれているのですが、その中でも自分が継続して学習できるものであり、そして実践できるものを選ぶことで、より成果に繋がりやすくなってきます。以下の3つのコツをしっかり押さえておきましょう。
 

Webライターの本を選ぶコツは以下のとおりです。

  • 自分が読みやすいと感じるものを選ぶ
  • “Web”に特化したライティング本を選ぶ
  • 基礎から学び、分野ごとに本を選ぶ

それぞれ詳しく解説していきます。

自分が読みやすいと感じるものを選ぶ

本を選ぶ際には、自分が読みやすいと感じるものが良いです。分厚い参考書や文字数の多い本って、知識量は多そうですがあまり読む気にならないですよね。そういった文字数の多い本を好む人もいれば、図解やイラストなどが多くページ数が少ないものを好む人もいます。分厚く情報量の多いものを読んだ方が勉強したような気にはなりますが、実際に頭に入っているかというとそれは人によります。

同じ分野の本の基礎的な部分は、どれも大きな違いはありません。それなら、より自分が読みやすいと感じる本を選ぶ方が、よっぽど勉強しやすいと思いませんか?

継続して無理なく読み続けられる、読みやすいと感じる本を選ぶようにしましょう。

“Web”に特化したライティング本を選ぶ

まずは“Web”に特化したライティング本を選ぶようにしましょう。当たり前と思うかもしれませんが、「ライティング」と一言でいってもさまざまです。論文で書くような文章とWebの媒体で書く文章とでは全然違いますよね。

私達が学校で習う文章の書き方は、基本的に「起承転結」の型に沿っています。ですがWeb媒体の文章の書き方では、「結論」を最初に書いて始まります。

ebライター 学習 本

「大枠でくくったライティングについて勉強できれば、Webライティングの詳細な勉強は必要ないのでは?」

このように思う人もいるかもしれません。とはいえWebライターになるためには、まずWebライティングを学び、人に読まれる文章を書くことが第一前提になります。

そのために“Web”に特化したライティング本を選ぶことは大事なことなのです。

基礎から学び、分野ごとに本を選ぶ

初心者から勉強するのであれば、しっかり基礎から学んで必要なスキルごとの本を選んでいくようにしましょう。まずはWebライティングの基礎を身につける必要があります。より文章を魅力的なものにするのであれば、文章の書き方だけでなく必要なスキルがたくさんあります。

記事を読む気にさせるタイトル作りや、検索上位に表示されるためのライティングなど、専門の本で学ぶことができます。もちろん、すべての内容をぎっしり1冊に詰めこんだ本もあるかと思います。ただそれが、自分が見やすいと感じる本であるかどうか。

そして本1冊その分野専門のものと、1冊の中の数十ページに収まっているものとどちらが具体的で学べる量が多いか。よく考えてみると、どちらを選ぶべきか自分で判断できるでしょう。

初心者で今後Webライターとして仕事をしていきたい方は、Webライターに必要なことを基礎から学び、そして分野ごとに本を選ぶと良いでしょう。 

なぜ、Webライターは本で学習するべきなのか

こちらのパートでは、なぜ、Webライターは本で学習するべきなのかを解説していきます。本での学習は必要ない!という方も中にはいますが、本で学習するかどうかで、今後Webライターで活躍できるかどうかが変わってきます。

なぜ、Webライターは本で学習するべきなのか、理由は以下の通り

  • ネット上の情報だけでは学習は難しい
  • 本を読むことで必要なことが分かる

それぞれ詳しく解説していきます。

ネット上の情報だけでは学習は難しい

ネット上にある情報だけでは、執筆スキルを向上させるべく学習は難しいです。検索してみると分かりますが、ネット上にある情報の多くは「Webライターの稼ぎ方」に関する内容がほとんどです。

執筆スキルを上げるためにどのようにすれば良いのか調べてみると、だいたい“実践で鍛える”であったり“練習のみ”と具体的に書かれているものはないのです。

では練習や実践で執筆スキルを上げることができるのかというと、確かに可能です。ただ、向上させられるのはライティングの基礎が身についている方に限られます。Webライター初心者の方にとっては文章の書き方も分からなければ、サイトの運営方法も分からないのです。

Webライターになるべくその専門の本を選び学習することで、基礎から応用まで一通りの必要な知識を得ることができ、特に初心者の方は入口がスムーズに始めやすくなるでしょう。

本を読むだけで必要なことが分かる

本を読むだけで、Webライターとして必要なことが分かります。これは、本も同じく読者の心を掴むようなテクニックが使われていたり、文章の書き方に工夫があったりの勉強できるからです。

自分の文章ばかり読んでいると、気づかないうちに自己中心的な内容になってしまうことがあります。

この文章を読む読者はどのような気持ちになるかな?読みづらく感じてしまうところはないかな?」そういったことを客観的に理解できるようになるには、たまに自分自身が「読者」になることが大事なのです。

自分が読者になることで、どのような文体やリズムが読みやすいと感じるものなのかを改めて理解できるようになるのです。また、学習本として扱われているのは人気ブロガーや文章を書くスペシャリストが著者であることが多く、読むだけで学べる・盗めるライティングで溢れています。

Webライター 学習 本

「まだ本を読むだけでそこまで理解できないよ…」

このような方は、無理に汲み取ろうとする必要はありません。基礎的な部分からしっかりと教えてくれる本はたくさんあります。自分が読みやすいと感じる本を選び、無理なく学習していきましょう。

また、Webライターとしての基礎ができ「本格的に稼ぎたい!稼ぐためのスキルや知識を習得したい!」という方は、こちらの記事を参考にして下さい。

こちらのテーマでは「スキルを上げるための本を選ぶコツ」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_1014_3-5-web-writer-learning-books
この記事では「【Webライター初心者必見】読むだけで飛躍的に成長する学習本 5選」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • Webライターが読むべき学習本 5選
  • スキルを上げるための本を選ぶコツ

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。