副業継続ビルダー:わかチンのブログ

【あり?なし?】副業でWebライターを始めると人生が変わる!

WRITING

パコソンの前で悩むサラリーマン

副業でWebライターを始めるのってどうかな?
具体的にどんな仕事なのかな?僕にWebライターはできる?Webライターを副業にする際、理解しておくべきことを知りたい。
このような疑問がでてきました。

このような疑問を解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • Webライターを副業にするとは、どのようなことか全体像が把握できる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。

そんな僕は、Webライターを副業として活動し、ある程度の期間が経ちましたので、具体的にどのようなお仕事なのかを理解することができました。

日々どんなことを意識してWebライターとして活動しているかシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論です。

Webライターは得意な分野があれば継続可能です。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

副業Webライターのお仕事内容

2021_0618_2_1-side-business-web-writer

頭の上に「?」が付いている男性

「Webライターのお仕事の中身はどんな感じなのだろう?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • Webライターの良い点と悪い点を理解可能

Webライターのお仕事は、ウェブ上のコンテンツに文章を執筆することです。Webライターを始めようと思っている人が覚えておくべきWebライターのお仕事内容はこのように理解してください。

ウェブ上のコンテンツから商品やサービスを販売するための文章を執筆するお仕事です。

人の人生を変えるお仕事です

ウェブ上で検索する人の大半は、悩みを検索する人です。例えば下記のような内容です。

  • Webライター 始め方
  • Webライター 稼げる金額
  • Webライター メリット デメリット

このような検索をしてくる人に向けて、悩みを解決してあげるための記事になります。

悩みを解決するために執筆する

上記のような事例で出した、お悩みを解決するための文章を執筆します。

  • Webライター 始め方

この検索をしてきた人が、あなたの執筆した文章を見て「この記事の通りに進めればWebライターになれるんだね」と思える記事を執筆します。

読者ファーストの記事を執筆することがとても重要になってきます。

検索上位がとれる記事を執筆する

あなたが執筆した記事は、ウェブ上で上位に表示させる必要があります。理由は読者に読んでもらうためです。いくらいい記事を執筆しても、読まれなければ意味がありません。

上位表示させるための文章構成を理解する事が重要です。

読者の悩みを解決できる記事を執筆したうえで、検索順位でも、上位が取れる記事を執筆する必要があります。

あなたが執筆する記事で、読者の悩みを解決することができるので、大変意味があることなのです。

Webライターの仕事はハード

前回のパートで「Webライターは人の悩みを解決するためのお仕事」とお伝えしました。

しかし、現実はどうでしょうか?

Webライターは激務です。全く未知の分野のジャンルをリサーチし、まとめる必要があります。しかも、1文字の執筆に神経を尖らせながら、気がついたら瞬きをすることを忘れて執筆しているのです。この表現は実際にやっていかないとわかりません。実際の経験者じゃないとわからない激務が待っています。

また、Webライターはクライアントワークです。クライアントの要望に沿った内容と実際の読者や検索エンジンの狭間に立ちながら執筆をします。

  • クライアント
  • 記事の読者
  • 検索エンジン

この3者にまんべんなく気に入ってもらう必要があるのです。

精神的に辛いこともあるはずです。また、体力面でも肩や首、腰にも疲労がたまります。

疲労に対しての改善策として、Webライターは環境を整えた方が良いです。環境を整えるだけでも体の負担は減ります。環境構築に関してはこちらの記事をご覧になってください。

精神的な辛さに対しては、仲間を作る事が重要です。仲間を作るコツとしては、近すぎず遠すぎずの仲間を作ることです。精神的な辛さを紛らわす仲間作りについてはこちらをご覧になってください。

確かにWebライターはハードです。収入と労働の対価は見合っていません。しかし、最大のメリットは「プログラミングでしたら、コードを覚える必要がある」などのような、スタートラインに立つためのスキル習得の必要はないとろこにあります。

独学でも学習は可能です。Webライターの学習方法についてはこちらの記事をご覧になってください。

こちらのテーマでは「副業Webライターのお仕事内容」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

副業Webライターの向き不向き

2021_0618_2_2-side-business-web-writer

ハンカチを神悔しがる人

「Webライターに向いている人と向いていない人のタイプを知りたい」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • あなたがWebライターをやっていけるのかを見分けることができます。

Webライターのお仕事は「向いている人、向いていない人」はっきりと分かれます。Webライターで稼ぐには時間がかかります。あなたが向いていないと思うのであればWebライターはかなりしんどいお仕事です。

Webライターに向いている人

こちらのパートでは、Webライターに向いている人をご紹介します。紹介するタイプに当てはまればWebライターを始めましょう。

  • 文章執筆に苦痛を感じない人
  • 引きこもりで個室が好きな人
  • 興味のない事を検索できる人
  • 電話よりメール、LINE派の人
  • 時間や約束をきちんと守れる人

になります。詳しく解説します。

文章執筆に苦痛を感じない人

Webライターとは、ウェブ上に文章を執筆する人です。文字数は3,000文字から5,000文字。時間にして3時間から5時間の執筆を休憩しながらでも、執筆できる人は向いています。

引きこもりで個室が好きな人

長時間労働になることが多いです。もちろん気分を変えて外での執筆もできますが、基本は引きこもってカタカタと長時間の作業ができる人の方が向いています。

個室でパソコンをカタカタいじる人

「自室に引きこもってパソコンをカタカタ…」

これを幸せに感じる人はすぐにWebライターを始めましょう。

興味のない事を検索できる人

Webライターは、クライアントから依頼されたジャンルの執筆内容を調べ、まとめて、記事にします。中には、「こんなジャンルの記事誰が読むの?」というものまであります。
※このようなジャンルが案外月間100万以上の売り上げになっていることもあります…

このような時にでも、たくさんの検索をこなし、調べたことをまとめ、記事として執筆できる人は向いています。

電話よりメール、LINE派の人

実際に喋って相手に伝えるよりも、落ち着いて文章にまとめ、相手に伝えることが好きという人は向いています。

ここでの内容に文章力は関係ありません。あくまでも喋るよりテキストで伝えられる方が良い人という意味です。

コミ症で人と話すのが苦手な友達の少ない人

このような人は、バッチリです!

時間や約束をきちんと守れる人

詰め寄ってくる男性

「当たり前でしょ?」

って思いますよね。。。僕はWebライターとして活動をしていますが、発注をすることもあります。

3人中1人は納期を守りません。

これは事実です。あまりにも腹が立つ時があるので、最近の発注は納期を設定していません。クライアントワークに対し、納期や途中経過の連絡業務を怠る人ってたくさんいます。僕の個人的な意見としては、中途半端な中級レベルのライターさんよりも、何も分かっていないガムシャラな初心者ライターさんの方が納期を守ります。

このことは「育ってきた環境によって大きく左右される」ということがわかりました。普段から時間や約束は本当に守れる人、というよりも「時間や約束は守らないと気持ちが悪い」と本気で思う人は向いています。

Webライターに向いていない人

こちらのパートは、前パートの逆の内容に当てはまらない項目を紹介します。

  • 孤独に耐えられない人
  • 本業が忙しすぎる人
  • 見直しができない人
  • 学習意欲が低すぎる人
  • 得意ジャンルを作れない人

になります。詳しく解説します。

孤独に耐えられない人

Webライターは孤独です。1人でもくもくと作業をします。性格的に「ずっと友達といて楽しみたい!」という人には向いていません。

孤独は問題ないけど、ずっと一人は辛い」という人は、こちらのサービスをご利用下さい。もちろん無料です。Webライターとブロガーに特化したもくもく作業会は見たことがありません。

本業が忙しすぎる人

副業でWebライターを始める人は、時間を作る必要性があります。1日最低でも1時間から3時間ほどは時間を確保する必要があります。

平日は最低でも1時間、理想は3時間、確保する必要があります。

休日は最低でも3時間、理想は5時間、確保する必要があります。

ここでわかるように、本業が忙しすぎる人には向いていません。もちろんWebライターだけに限ったことではありません。

副業で稼ぐなら、時間を作ることが必要です。

頭を抱えて悩む女性

「時間管理が苦手なの…」

という人はこちらの記事をご覧になってください。

見直しができない人

Webライターとしての致命傷は、誤字脱字です。絶対にあってはいけません。

誤字脱字は注意しても出てきてしまうものです。とは言ってもあってはいけません。

必ず、何度も見直しをしましょう。理想の手順としては下記の流れです。

  1. 確認ツールを使いチェック
  2. スマホに移し目視でチェック
  3. 第三者にチェックしてもらう
  4. 最終、スマホでチェックする

ここまで、確認する必要があります。ちなみにスマホでチェックする理由はシンプルに誤字脱字をチェックしやすいからです。PCでは見落としてしまう誤字脱字が必ず見つかります。

また、第三者に見てもらえる方はチェックしてもらいましょう。自分で執筆した文章は、自分で文書のリズムチェックができません。第三者に確認してもらうことで、読みやすい文章かどうかもチェックが可能です。

納品する段階で、完璧な状態のコンテンツに仕上げて納品することができない人は、向いていないです。

学習意欲が低すぎる人

Webライターは参入障壁が低いため誰でもWebライターになることは可能です。しかし、稼ぐことを目的にするなら、どれだけ忙しくても学習する必要があります。

Webライターとして学習する項目としては下記の3つになります。

この3つが学習できない人は、スキルが伸びないため収益も伸びません。また、Webライターは文章のスキルが上がることで汎用性を持つことができるのです。ですので、学習しない選択肢はありません。

性格の悪そうな男性

「とりあえず、与えられたお題を調べて執筆するよ」

この考えの人は絶対に続きませんので早めに他の副業を探しましょう。

得意ジャンルを作れない人

Webライターはある程度学習すれば、執筆レベルは止まります。そして、お付き合いするクライアントによって収益が決まってきます。

Webライターが大きく収益を伸ばすためには「自分の得意なジャンルを見つける」に尽きます。理由は5つです。

  • 執筆していても飽きない
  • リサーチが楽しくなる
  • 好きなことでお金を稼ぐ
  • 得意ジャンルを極られる
  • 得意ジャンルで権威性

になります。発注者は全く無知の人に頼むよりも、多少でも知識を持っている人に頼みます。

最初から得意な分野を持つことはできませんが、さまざまなジャンルで経験を積むことで、あなたにあったジャンルが見つけられるといいですね。

おすすめのジャンルは下記の通りです。

  • 金融関係
  • サプリ系
  • 住宅関係
  • 美容関係

になります。理由はシンプルに単価が高いからです。もちろん競合も多い分野なのである程度の知識を持ってから臨みましょう。

このように、スキルと得意ジャンルを持つことができれば、Webライターとし十分稼ぐことが可能になります。

こちらのテーマでは「副業Webライターの向き不向き」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

副業Webライターは将来性有り

2021_0618_2_3-side-business-web-writer

チャンスを狙う男性

「Webライターは将来性あるのかな?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 今、Webライターを副業で行うことによっての将来性が理解できます。

Webライターは将来性があります。Webライターとしてのスキルは、Webライター以外でも使えるからです。正直、Webライターだけで食べていくには限界がありますし、食べられる人はほんのひと握りです。しかし、Webライターのスキルがあれば、あなたの人生が大きく変わります。

Webライターとしての将来性

冒頭でお伝えした通り、Webライターは将来性があります。特にこの感染症が広がっているご時世、対面でのセールスがどんどんなくなってきていますね。

わかりやすく言えば飲食店です。飲食店で食べる人が減りました。しかし、Uber Eatsや出前館などのプラットホームを使い、インターネットでの集客をしていますね。また、通販での販売も拡大しています。このように、インターネットで販売するということは、テキストや画像でセールスをする必要があります。

そのほかにも昨今ではインターネットを使って何かを購入することが当たり前になっています。この状況はしばらく続くと思います。ですので、Webライターの将来性があると言えるのです。

また、Webライターでスキルをつければ、将来Webライターだけに固執しなくても稼いでいくことは可能になります。

文章力がつけばあなたは無敵

日本人は何をするにしても「テキスト」を使います。確かにWebライターは軽く見られがちではあります。しかし、テキストが無くなることはありません。

  • ブログで記事の執筆
  • メルマガで記事の執筆
  • 動画配信に欠かせない台本
  • 音声配信の質を決める台本
  • サイトのキャッチコピー
  • セミナーで使うスライド資料

などなど、見渡せば「文字」は必ずあります。文字がない世界ってありますか?基本は文字がどこかには隠れています。

副業でWebライターをしている人が1番身に付くスキルは、本業のメール作成になります。メールの作成って割と頭を使いますし、なかなかうまく相手に伝えることができない人もいますね。このようなメールもWebライターをしていると上達します。

また、社内資料や営業資料、多岐に渡りWebライターで培ったスキルが生きていきます。

このようにWebライターを始めるということは、人生でずっと付き合う事になる「テキスト」を極めることができます。

ちなみにメディア運営で大きく稼いでいる人は、テキストで商品やサービスを販売しています。テキストを極めている人は年間1億円以上の金額を稼いでいる人もたくさんいますね。

文字はあなたの人生を変えます。まずはWebライターとして踏み出してみましょう。

Webライターの始め方についてはこちらの記事を参考にしてください。

Webライターを始めるのに事前に知っておくべきことを学びたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

こちらのテーマでは「副業Webライターは将来性有り」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_0618_3-side-business-web-writer
この記事では「【あり?なし?】副業でWebライターを始めると人生が変わる!」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

本記事の内容

  • 副業Webライターのお仕事内容
  • 副業Webライターの向き不向き
  • 副業Webライターは将来性有り

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。