副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【売れるブログ記事の書き方】読者の視点にたった記事構成と文章術

Blog Writing

ブログ 売れる書き方

副業でブログを運営しています「アフィリエイトリンクは貼っていますが、なかなか収益に繋がらず悩んでいます。商品が売れる記事の書き方を教えて欲しいです」このような悩みが出てきました。

今回は、このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • 読者にとって読みやすく、購入につながりやすい記事の構成や書き方がわかる
  • ブログで提供するサービスや商品を、読者が購入するまでのプロセスがわかる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、ブロガー兼Webライターとして活動中です。
 
そんな僕は2020年11月からブログを始めました。ブログを始めた当初、アフィリエイトリンクも適当に貼り付けて終わりだったので、もちろん成約に繋がることはありませんでした。しかし、アフィリエイトについて学び実践した結果、実収益につながる様になりました。

論より証拠としてこちらをご覧下さい。

A8ネット

2021年9月 539,434円 
画像1-how-to-write-a-blog-article-that-sells

もしもアフィリエイト

2021年9月 2,099,500 円
画像2-how-to-write-a-blog-article-that-sells

このように、ブログから収益を発生させることを真剣に考え行動した結果、このような収益を出せるようになりました。また、このような実績が出てきたので、ブログ初心者の方に向けたスクール「Wakablog College」の運営をしており、その生徒さんも実績が出るようになってきました。そのようなことからこの記事も信憑性があると思われます。

今回は、このように、ブログから収益を発生させるためとても重要な「売れる記事の執筆方法」をシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論

読者に寄り添った記事は「売れるブログ」へと成長する

何事も独学では挫折してしまう…」このような方はプロに教えてもらうこともひとつの手段です。ブログをプロに教えてもらいたい場合は「無料あり/【ブログ初心者でも安心】おすすめオンラインスクール3選」をご覧ください。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

ブログから商品が売れる文章の書き方

2021_1004_2_1-how-to-write-a-blog-article-that-sells

ブログ 売れる書き方

「ブログ読者が購買行動をとるためには、どんなことに注意して記事を書けばいいのだろう?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • ペルソナとターゲットを設定することで読者に刺さる記事の書き方がわかる
  • 読者からの「信用」が得られる記事の書き方がわかる
  • 伝わりやすい記事構成が作れるようになる

こちらのテーマでは、ブログ読者の購買意欲をあげるために必要な「コンセプトの設定」や「記事の書き方」「記事構成」について、ご紹介していきます。アフィリエイトブログに限らず、商用ブログ全般に効果があるテクニックですので、ぜひ参考にしてください。

ペルソナとターゲットの設定

こちらのパートでは、ブログのコンセプトとなるペルソナとターゲットの設定についてご紹介させていただきます。実は、この設定をしているか、いないかでブログの収益に大きな影響を与えるほど重要なポイントとなりますので、必ず押さえてください。

ペルソナとターゲットの設定なくして売れる記事は書けない

ターゲット設定:誰のために発信しているブログなのか、それを明確にするために必要なのがペルソナとターゲットの設定です。商用ブログを含むWebマーケティングでは、不特定多数の顧客を対象とせず「30代男性会社員」や「40代女性フリーランス」など、年齢や性別、職業などの属性で顧客層をある程度の範囲に絞りこみます。

なぜ、ターゲットを設定しなければならないのか。それは、ブログのコンセプトがブレないようにするためです。つまり、ブログの設計やライティングにおいてターゲットが絞れていると、あなたが集客したい読者を引き寄せることができるのです。

ブログのイメージカラーひとつをとっても、ターゲットが絞れているブログとそうでないブログでは、読者がそのブログにもつ印象がガラリと変わります。

さらに、コンテンツ記事の内容も、アレコレと散らからずに一貫性がうまれるため、読者からの信用が得られやすくなります。

ペルソナ設定:そのターゲットの中でもコアとなる人を設定します。ペルソナ設定では、ターゲティングした属性(年齢や性別など)以外にも、趣味や年収、家族構成やライフステージなど、細かい部分まで設定するので、コアキャラクターが確立されます。

商用ブログの場合、記事は常に設定されたペルソナに向けて書くことが原則です。なぜなら、ペルソナはターゲット層の中でコアとなる存在なので、記事がペルソナに刺さればターゲット層にいる多数の読者に影響をおよぼすことは必然だからです。

ちなみに、ペルソナは実在する人物が理想的だとされています。例えば、あなたの会社の同僚や近所の知人でもよいですし、友人や家族の誰かでもかまいません。あなた自身でもいいのです。その特定の人物の欲求を満たすことを念頭において、記事を作成することです。

実在する人物であれば、その人が抱えている課題や欲求が掴みやすいため、記事の文章におのずと訴求力が加わってくることでしょう。

その結果として、読者が「食いつく」文章がうまれるのです。

このように「ブログ」は、あくまでもターゲットやペルソナに向けて、あなたの紹介する商品やサービスに関心をもたせ購入するための「ツール」であることを忘れてはいけません。その理由から、常に記事はターゲットのコアであるペルソナに対して書く必要があるのです。

ペルソナに刺さるライティングスキルを身につけたいと思う方は下の記事も参考にしてみてください

読者の悩みや課題を解決する記事の書き方

こちらのパートでは、記事の具体的な書き方について紹介させていただきます。設定されたペルソナに向けて、どのような記事を書けば、あなたの商品やサービスが売れるようになるのか。

ブログ運営の「肝」となる部分ですので、ぜひ参考にしてください。

読者のモヤモヤを解決させる記事を書く

一般的に読者はGoogleなどの検索エンジンに、自分が知りたいことに関するキーワードを打ち込むことで、ブログをはじめとするWebサイトに訪問してきます。ここで、あなた自身について振り返ってみてください。

あなたがこれまで、検索エンジンに何かしらのキーワードを打ち込むとき、あなたは心の中で何を期待していますか?

検索結果の1ページ目、2ページ目…と探しても、あなたが求めている情報が見当たらず、期待していたものが得られなかった時のガッカリ感…。経験ありますよね?逆に、検索表示された複数のサイトで、求めている情報が見つかったときの喜び、さらに情報の充実度が高かったときの満足感。こちらも経験したことがあると思います。

僕たちブロガーは、訪問してくれた読者にその満足感を提供することが使命であることを認識していなければなりません。つまり、小手先のSEO対策で検索の上位ページに表示されても、読者が満足する記事でなければ「売れるブログ」には到底なれないということなのです。

売れるブログ」になるためには、読者が打ち込んだ検索キーワードから、解決したいと思っている悩みや課題そのものだけでなく、その課題が発生してしまう原因や背景、そして現実的に可能な解決策を明示することです。あなたのブログに訪問した読者が、記事を読み進めていく中で、結果的にあなたが提供するサービスや商品を購入することで、抱えていた悩みや課題が解決できる道筋をブログ内につくるということです。

読者に気持ちいい「読後感」を与える記事の構成

こちらのパートでは、読者にストレスを与えることなく記事を読み進めさせ、最終的にあなたがおすすめするサービスや商品を納得して購入するために必要な「記事構成」の作成方法についてご紹介していきます。多くのブログが氾濫する中で、気持ちのいい読後感がえられる記事はそれほど多くありません。記事の読後感は購買行動に大きく影響するので、必ず押さえておいてください。

売れるブログ記事の構成は『PREP法』の一択で◎

アフィリエイトブログや商用ブログで成果をだすなら、記事の構成はこれから解説するPREP法の一択で問題ないでしょう。PREP法とは下記の通りです。

  • Point」(結論)
  • Reason」(理由)
  • Example」(事例)
  • Point」(結論)

の順で記事を構成する文章の書き方のことです。

前のパートでも述べたとおり、読者は自分の悩みや課題を解決するために、検索エンジンを使ってブログやWebサイトに訪問してきます。そのため、読者にとって不要な内容の文章がだらだら続くと「解決できない」と判断されてしまい、そのサイトから離脱してしまいます。

はじめに結論(問題の解決となる情報)から書くことが何より大事になってきます。

ポイントは、読者が理解しやすい言葉や表現を用いた文章で書くことです。難しい言葉や、まわりくどい表現をつかうことは避けるようにしてください。 結論を冒頭に書いたあとは、その根拠となる理由を挙げ、さらに理由を裏付ける事例を紹介します。

つまり、この流れによって結論に信憑性が付加されるというわけです。

ひとつの記事に複数のパートがある場合も、パートごとにPREP法を用いれば、読者にストレスを与えることはありません。それどころか、気持ちのいい読後感が得られ購買意欲に繋がることになります。また、記事を量産するのであれば、すべての記事構成をPREP法でパターン化すると、ブロガー自身の負担も軽減できるといったメリットもあります。

ここまででお伝えした通り、アフィリエイトブログや商用ブログで成果をだすために欠かせない要点として下記の内容が挙げられます。

  • ペルソナとターゲットの設定
  • 読者の悩みや課題を解決する記事の書き方
  • PREP法

の3つをご紹介しました。「売れるブログ」のために必要なことはまだありますが、最低限この3点だけは必ずおさえましょう。

ここまでの内容はいかがでしたでしょうか?この内容を独学で習得できれば全く問題ありませんが、ここまでの内容を完璧に習得しないとブログで稼ぐことはできません。

ブログ 売れる書き方

「自分でこのスキルを習得するのは厳しいな…」

このように思う方はある程度プロに任せることも視野に入れていきましょう。興味のある方は「無料あり/【ブログ初心者でも安心】おすすめオンラインスクール3選」をご覧ください。

こちらのテーマでは「ブログから商品が売れる文章の書き方」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

ブログから商品を売るために必要な知識

2021_1004_2_2-how-to-write-a-blog-article-that-sells

ブログ 売れる書き方

「ブログから商品を販売するために必要なスキルはなんだろう…知りたいです!」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 文章レベルを上げてなんでも物がうれるようになります
  • アフィリエイトに特化した必要なスキルを理解できます

こちらのテーマでは、ブログで収益化するうえで必要なスキルについて解説していきます。アフィリエイトにしろ個人コンテンツにしろ、ブログを用いて収益をあげるには、正しい知識を身につけて、正しく継続しなければなりません。

このルールを守らずブログを運営すると、たとえ売れるモノであっても見向きもされず、ただ消耗するだけです。とても大切なスキルですので、ぜひ参考にしてください。

いち段上のライティングスキル

こちらのパートでは、数あるライティングの中でも、収益に直結するライティング「セールスライティング」について紹介していきます。最終的に、顧客が「買う、買わない」の決断をするのは、このセールスライティングのスキルにあるといっても過言ではありません。

正しいセールスライティングの書き方をしっかり理解して、実践できるスキルを身につければ、まさに「鬼に金棒」です。

あなたの書いた記事に読者が共感してくれると、そこにはある種の信用が生まれますが、だからといって、自動的に読者が商品を購入することはありません。

そこで重要になるのが、セールスライティングなのです。

信用があるからこそ、確実に購入へと導くセールスライティングですが、間違った書き方をしてしまうと、売れないどころか折角の信用さえも失いかねず、正しい書き方を理解しておく必要があります。下の記事では、セールスライティングの正しい書き方について詳しく解説しています。ぜひご覧になってください。

アフィリエイトで稼ぐ3つのスキル

こちらのパートでは、ブログアフィリエイトで稼ぐために必要な3つのスキルについて紹介していきます。

アフィリエイトをやっているけど稼げない」という人のほとんどは、このスキルを身につけていません。実をいうと、僕もアフィリエイトをはじめた当初は、このスキルについて知らなかったので、1円も稼げませんでした。ところが、この3つのスキルを身につけてからというもの、徐々に売上があがるようになり今に至っています。

ズバリ、その3つのスキルとは下記の3つになります。

になります。この3つのスキルについて、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧になってください。

こちらのテーマでは「ブログから商品を売るために必要な知識」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

【大前提】商品が売れるまでの読者の導線

2021_1004_2_3-how-to-write-a-blog-article-that-sells

ブログ 売れる書き方

「読者を商品購入ページまで誘導するにはどうすればいいのだろう?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • ブログで商品が売れるまでの導線が理解できる

こちらのテーマでは、ブログを訪問してくれた読者が商品を購入するまでに、どのような導線をひいて誘導すればよいかについて解説していきます。せっかく読者の悩みや課題が解決できる素晴らしい商品を販売しているのに、そのページに行きつくまで迷わせてしまうと読者は一瞬で離れてしまいます。

購入ページまでスムーズに誘導できるかどうかは、ブログの売上に大きく影響するので、とても大切な戦略のひとつです。

読者を迷わせない導線をつくる

こちらのパートでは、読者がスムーズに商品が購入できるための導線をひく方法について、わかりやすく解説していきます。この方法はインターネットに限らず、僕たちのリアルな日常でも昔から用いられている方法なのですが、あまりにも日常に浸透しすぎて、見落としてしまっています。なので、もう一度、再認識したうえでブログに反映させるといいでしょう。

悩みの解決記事からセールスページへ誘導する

読者に商品を購入してもらうためには、悩みの解決記事からセールスページへと誘導する導線をひくと成果がでやすくなります。

例えば「いつか海外に移住したいな」と考えているユーザーに向けて、移住に最適な国を紹介し、その国の魅力を様々な角度で記事にしながら、「語学スクール」への受講を紹介する流れです。

読者は、これまで知らなかったニッチな魅力を知ることで、さらに移住への欲求を膨らませることでしょう。そこへ、移住への準備として語学習得への意欲につなげることができます。

ショッピングモールや空港、観光地などで必ずといっていいほど存在する「インフォメンションセンター」が良い例です。顧客がインフォメンションセンターの受付でニーズを伝えれば、そのニーズを満たしてくれる店舗や場所を紹介してくれます。

そして、ニーズが満たされるのであれば、読者は積極的に購買行動をとる準備にはいります。これはネットでもリアルにも共通する顧客の行動心理です。

ただし、ブログ内で誘導するための導線をひくときに注意するポイントがあります。それは、解決記事の中の認識しやすい位置にセールスページのバナーを設置しておくこと。つまり読者がいつでも簡単にセールスページに移動できるようにしておくことです。この導線のおかげで、読者は悩みや課題の解決策として、あなたが紹介するサービスや商品を購入することになります。

その結果として、読者は高い期待度や満足感をえることにもなるので、ブログ運営者としては嬉しいかぎりですよね!

あなたのブログに辿り着かせるための導線についてはこちらの記事をご覧になって下さい。

こちらのテーマでは「【大前提】商品が売れるまでの読者の導線」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_1004_3-how-to-write-a-blog-article-that-sells
この記事では「【売れるブログ記事の書き方】読者の視点にたった記事構成と文章術」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • ブログから商品が売れる文章の書き方
  • ブログから商品を売るために必要な知識
  • 【大前提】商品が売れるまでの読者の導線

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。