副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【副業Webライティングはおすすめ?】ライター視点でのリアルを公開!

WRITING

ライティング 副業 おすすめ

Webライティングの副業を始めようか悩んでいます。「ライターってどのくらい稼げるの?また、ライティングって将来性あるの?そもそもライターのメリット・デメリットを知りたい」このような疑問が出てきました。

今回は、このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • Webライティングで稼げる収入とライターの現実がわかります
  • Webライティング業界の需要と将来性がわかります

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライター兼ブロガーとして活動しています。

そんな僕は、Webライターとして、固定クラアイアントもでき、案件に困ることはなくなりました。その結果、Webライターとして毎月安定して、固定の収益も発生させられるようになりました。

次のステージに進むため、僕自身が「Webライターを育成するスクール」を運営したり、「Webライターで稼ぐための短期集中講座」を開催しています。

現在では、現役Webライターとしての活動とWebライターを育成する立場としての見方ができるようになりました。また、同時に僕自身がライターさんに記事を発注することも多数あります。そのため、この記事も少しは信憑性があると思われます。

しかし、今では僕がライターを始めた頃のイメージと少し違っています。Webライティングについて現役ライターの目線から、おすすめできるポイントとおすすめできないポイントを紹介します。

日々どんなことを意識し、Webライターとして活動しているかをシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論

副業のとっかかりとしてWebライティングはおすすめ!

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

この記事の動画解説版

Webライティングで稼げる収入

2021_0123_2_1-web-writer-recommended-as-a-side-job-2

ライティング 副業 おすすめ

「Webライティングの副業ってどれくらい稼げるんだろう?リアルな金額を知りたいです…」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 実際の執筆作業について理解できます
  • ライター需要の高さがわかります

こちらのテーマでは、ライティング作業の実情とライター需要について解説していきます。この記事の内容を理解した上でライターを目指そうとする人は、ライティング副業への意欲が高い人といえます。

副業Webライターのリアルな収入は以下のようなものです。

5万円未満 全体の27,7%  副業Webライター初心者
案件が取れない下積みの時期。
5万円から10万円未満 全体の18.0%  副業Webライター中級者
案件に慣れてきてサッと稼げるようになる金額。
10万円から20万円未満 全体の18.5%  副業Webライター中級者
案件はこなしているがジリ貧状態になる。
20万円から30万円未満 全体の13.7%  副業Webライター上級者
クラウドソーシングで稼げる限界。
30万円から40万円未満 全体の8.7%   副業Webライター上級者
新規は無し。継続案件 + 企業案件で収益化。
40万円から100万円未満 全体の11,5%   副業Webライター上級者
企業案件で良い単価の案件のみを受けている状態。
100万円以上  全体の1.8%    副業Webライター最高峰
案件、単価、仕組みの全ての構築ができている。

●詳しくはこちらの記事をご覧下さい。


副業Webライターの平均として月に10万円前後、年間120万円ほどの収入になっていることがわかります。

この表を見る限り、副業Webライターはまず5万円の壁があります。この壁が1番大きいですね。この5万円の壁を越えることができれば、あとは単価と作業時間で月間30万円前後までは稼げる。と言うことになります。

執筆作業は結構ハードです

こちらのパートでは、ライティング作業の実情について解説します。 Webライターはそこまで甘くありません。なぜなら、執筆作業はかなりハードだからです。

目標を立てることが大事です

  • 最初の3ヶ月でまずは3万円の収益を狙いましょう。

結論:慣れたら3万から5万は十分狙えます。

Webライターの仕事は案件を選ばなければいくらでも受注できます。しかし、下記の内容を理解していないと、全く稼げず挫折することになります。

文字単価 × 文字数 × 納品数 = 収益

この式を頭に入れておきましょう。これはWebライターとして知っておくべき大切な法則です。これが理解できないと一切稼げません…Webライターとして稼ぐ方法はこちらの記事を参照してください。

執筆作業は結構ハードな理由を解説します

先ほどお伝えした通り、案件を受注することはそう難しくありません。ただ、実際に執筆を始めると結構ハードです。

  • 知識のないジャンルの案件
  • 日本語の難しさがわかる

結果的に「案件は受注できるけど挫折してしまう…」ことがあります。ここでお伝えしたいのは「Webライティングは簡単には稼げない」ということです。

ライティング 副業 おすすめ

「では、なぜ即金性があるの?」

こんな質問が出てきそうなのでお答えします。

  • 慣れれば書けるようになるから
  • 納品すればお金になるから

要するにコツをつかめば大丈夫ということです。「ライターは執筆業務2割、検索して調べること8割」と思った方がいいです。もちろん、自分の得意分野の案件ならラッキー。さほど難しくはありません。

  • 不動産
  • お金やクレジットカード
  • FXや投資または仮想通貨

こういった分野は単価が高いので、得意分野であれば稼ぎやすいです。詳しくは「【知らないと大損】知っておくべきWebライターが稼げるジャンル」で解説しています。

しかし、このような案件を軽々とこなす人は少ないでしょう。だから最初は「全く知らない分野からのスタート」になることが多いですね。なので「ライター業務は知らない分野のことを調べてまとめる仕事」だと思えば良いです。

このような理由から、Webライティングを何の知識も持たずに始めるのはハードです。とはいえ、きちんと勉強をすれば誰でも始められます。

ライティング 副業 おすすめ

「ライティングの学習方法が知りたい。」

と思う方はこちらの記事を参考にしてください。Webライターの学習方法をまとめていいます。

まずは独学で学習したい人はこちらの記事を参考にして下さい。

独学に向いておらずスクールを検討したい人はご覧ください。

独学は自分のペースでじっくり勉強できます。スクールはすぐに稼げるようになる実践的な内容もあります。「どちらが自分にあっているか解らない…」このような方は僕が運営する「Wakablog College」の無料クラスにまずは入会するのもありだと思います。興味があればのぞいて下さい。

とはいえ、ライター需要は高い

こちらのパートでは、ライターの需要について解説していきます。ライティングの副業を始めようとする人は必見です。

現在はWebライターの需要が高く、需要と供給のバランスが崩れています。つまり「ライティング案件数に対して、ライターの数が少ない」ということです。クラウドソーシングでは、初心者でも執筆に挑戦できる案件が多数あります。なので、副業で月に3万から5万ほどの収益につなげることは難しくありません。

ただし、先ほどお伝えした通り、初心者が慣れるまでの「ライティング作業はかなりハード」ということを覚えておいてください。これを理解した上でライター業務を始めれば、稼げます。ただ、ずっとクラウドソーシングで案件を受注していても、大きな収益にはつながりません。

クラウドソーシングは実績を作るための通過点」と思って始めてください。申し込み方法などを解説した記事を添付します。
» 【苦手意識有り】Webライターがクラウドワークスを登録する手順
» 【苦手意識有り】Webライターがランサーズを登録する方法
クラウドソーシングは通過点と先ほどお話しさせていただきましたが、その理由などを下記の記事で解説しています。まずは、クラウドソーシングを利用する必要がありますが、「ずっとクラウドソーシングではダメ」ということを認識しましょう。

実績を積めば企業からの直接受注も可能です。そうなれば「1案件10万、20万」などの高単価な案件を受注できるようになります。高単価案件をこなせば「月間に50万、100万」と稼ぐことも夢ではありません。このようなWebライターはたくさんいます。具体的な内容についてはこちらの記事を参考にして下さい。

色々とお伝えしてきましたが、初心者のWebライターはまずスタートとして、最初の3ヶ月は月に3万~5万円を狙うくらいでちょうどいいかと思います。先を把握しながら地盤を固めていきましょう。

こちらのテーマでは「Webライティングで稼げる収入」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

Webライティング業界の将来性

2021_0123_2_2-web-writer-recommended-as-a-side-job-2

ライティング 副業 おすすめ

「Webライティング業界の将来性ってどうなんだろう?長く携われる業界なのかな??」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • Webライティング業界の将来性がわかります
  • ライティングスキルを磨く重要性がわかります

こちらのテーマでは、Webライティング業界の将来性とライターとしてのポジションやスキルについて解説していきます。文章コンテンツの未来は明るいです。

Webライティングはこれから確実に伸びる分野

こちらのパートでは、Webライティング分野の将来性について解説していきます。ライターになるなら早めにスタートしましょう。

オウンド化の進行が進んでいます。

広告宣伝費をかけられる企業が少なくなっています。現在はコロナの影響もあり、企業はどんどん広告宣伝費を削っています。

僕は飲食店ポータルサイトの営業マンです。

ライティング 副業 おすすめ

「広告宣伝費を下げたい…外部の広告ではなく自社のHPを作りたい…」

現実に、このようなことを毎日耳にします。ようするに、これからどんな業種の企業でも「自社のHP = オウンドメディア」を使っていくことになります。

では、自社のHP内の文章は誰が書くのでしょうか?「そうです!それがWebライターです」だからこそ、今から始めるのがベストなのです。

ライティング 副業 おすすめ

「HPなどは大手企業が受注するんじゃないの?」

という質問が出てくると思います。こちらは以下のようなケースが多くあります。

  • デザイナーがページの形を作成
  • 文章はWebライターが執筆

または、下記のような内容もあります。

  • HP作成を請け負った企業がライティング業務を外注する

つまり、Webライターは需要があり、将来性があります。

ライターは増えるので今のうちにポジション構築

こちらのパートでは、ライターの今後について解説していきます。Webライターとしてのポジションをとるなら今のうちです。今後さらに需要が増えることによって、このようなところが参入してくると思われます。

  • 副業者
  • フリーランス
  • 企業

その時に「Webライターの上級者です!」といえる状況を作っておくと強いです。この時に備えて、Webライター初心者のフェーズから抜け出しておくことが重要であり、ポジションの構築が大切になってきます。

Webライティングスキルは他の分野に汎用性がある

こちらのパートでは、Webライティングスキルの汎用性について解説していきます。ライティングスキルがあれば、さまざまな分野で活躍できます。Webライティングスキルを活かせる1番大きな副業はこちらです。

  • ブログ

ただ、こちらはすぐには収益につながりません。しかし…将来的に…こんなことが待っています!

  • 自動化
  • 拡張性

の収益が作れ、また下記のような収益源が作れます。

  • アフィリエイト

などでも稼ぐことができます。ブログで、月間100万円以上稼ぐ人もたくさんいます。Webライティングとセールスライティングは違いますが、ライタースキルがあれば、ブログで読者がわかりやすい記事執筆ができるようになり、これが実益につながるのです。なので、僕はこちらを実行しています。

その結果、Webライターの報酬にプラスブログからの報酬も入ってきています。このように副業でWebライティングのスキルをつけてそのスキルの汎用性を活かしてさらに収益を増やしていくことも可能です。

論より証拠としてこちらをご覧ください。

A8ネット

2021年9月 539,434円
画像1-web-writer-recommended-as-a-side-job-2

もしもアフィリエイト

2021年9月 2,099,500円
画像2-web-writer-recommended-as-a-side-job-2

このように、Webライターとして即効性のある収益を獲得し、将来的にブログで収益を生む仕組みを同時に進めていくことをおすすめします。また、理由についてはこちらの記事を参考にして下さい。

また、本業においても、メール文章をレベルアップできます。このように、Webライターが汎用性のある業種だということもメリットです。

こちらのテーマでは「Webライティング業界の将来性」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_0123_2-web-writer-recommended-as-a-side-job-2

この記事では「【副業Webライティングはおすすめ?】ライター視点でのリアルを公開!」というテーマで、下記の内容にまとめて解説しました。

  • Webライティングで稼げる収入
  • Webライティング業界の将来性

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。