副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【ブログ中級者必見】確実に読まれるためのブログ本文の書き方

Blog Writing

ブログ 本文の書き方

副業ブログについて、「僕の記事をもっと多くの人に読んでもらいたいし、検索サイトからのアクセスをもっとたくさん集めたいです」このような悩みが出てきました。

今回は、このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • ブログ本文の書き方のコツを知ることができる
  • 集客率を上げるためのブログ本文の書き方が知れる
  • ブログ本文の書き方で悩む必要がなくなる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、ブロガー兼Webライターとして活動しています。

そんな僕は副業ブログを始めた当初、ブログの本文の書き方には苦戦しました。

ブログ 本文の書き方

「ブログを始めたのは良いけど、文章力が上達していない気がする。そもそも本文の書き方がよく分からなくて…」

ということがありました。理由は、読まれるブログ記事を書くための手順、知識が薄いことが原因でした。また、1番の大きな問題として「僕の意向 5:5 読者の問題解決」になっていたのかもしれません。

しかし、僕はSEOライティングやセールスライティング、コピーライティングを学び、色々と試行錯誤をしました。その結果、このようにアクセス数を増加させ、変化を出すことができました。
画像1-how-to-write-the-blog-text
このような形で実績が出てきました。また、この内容を言語化できるようになったので、僕が運営する「Wakablog College」でもこのような講義をしています。そのため、この記事も少しは信憑性があると思われます。

この記事では、どんなことを意識してブログの本文を考えているかをシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論

ユーザーが知りたい内容を分かりやすく伝えることで効率よくアクセス数を増やし、多くの人に読んでもらえます。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

ここで1つ注意点!

この記事はブログを始めてしばらく経つ中級者向けに執筆した記事になります。ブログ始めたての超初心者には少し難しい内容になるかもしれません…その場合はまず、下記の記事を読んでからこちらの記事を読みましょう。

本記事の動画解説版

ブログの本文を書く前に考えておくべきこと

2021_0920_2_1-how-to-write-the-blog-text

ブログ 本文の書き方

「ブログを書く前の注意点を知っておきたい!」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • ブログを書く際に失敗しないようなコツを知れる

こちらのテーマは、副業ブログを始め30記事から50記事ほど執筆したあなたが直面する、「良い記事を書くには、どんなことに気を付けて書けば良いの?」や「本文を書く前のルール的なことを再度知りたい」と考えている方に向けて解説します。

結論としては、読者ファーストの記事を意識し、執筆しながら、「セールスライティングでこちらの意図する行動を取らせる」と「コピーライティングを駆使して離脱させない記事執筆」をしていく必要があります。

誰のどんな悩みを解決するかを考える

こちらのパートでは、ブログ記事の本文のキーワード、そしてターゲットにこだわることの重要性について解説していきます。ブログ中級者の方の中には、ブログの本文に対して「本当にこの本文で良いのかな…」と思っている方もいるはずです。

大前提として重要となる、セールスライティングに関しては、「【お金を稼ぐための神のスキル】セールスライティングとは」をコピーライティングに関しては、「【離脱率を下げ滞在時間が上がる】コピーライティングとは」をまずはご覧になってください。

確実に読まれるブログにするためには「誰のどんな悩みを解決する記事なのか」を明確にする必要があります。

ブログ本文を書く際に重要な点は以下のような感じです。

  • 記事を読んで欲しいターゲットを明確にする
  • ニーズに沿ったキーワードを選ぶ

このようなメリットを詳しく解説します。

記事を読んで欲しいターゲットを明確にする

記事の「ターゲット」となるユーザーを明確にしておくことも大切です。対象の読者が「ブログを始めたばかりの人」の場合、「みんな」に向けた記事ではありません。

例えば、「ブログを始めてみたものの、アクセス数が思うように伸びない人」や「何記事か投稿してみたけど、記事を最後まで書けなくて途中で何度も手が止まってしまう人」のように、しっかりとターゲットを絞り、「みんな」ではなく「特定の個人」に向けて記事を執筆します。

このように、本文にあったターゲットを明確にしておけば、そこからまた同じ悩みを持つ人にも自分の記事を読んでもらうことができます。

ニーズに沿ったキーワードを選ぶ

ターゲットを明確にした後は、検索するキーワードを選び、記事を書きます。SEOに沿ったキーワードで書くことが大切です。

実際、ユーザーがインターネットで検索するキーワードのことを「クエリ」と呼び、SEO記事ではこのクエリを意識することが、アクセス数アップの最大のカギとなるといっても過言ではありません。

ニーズが多いと予想されるクエリを対策キーワードとして選んでおいて、「そのキーワードで検索しているユーザーっていったいどんなニーズを持っているのか?」を考えて、調査します。

ここでおすすめの無料ツールは、「Googleのキーワードプランナー」や「Ubersuggest」などです。そういったツールは、「どんなキーワードがGoogleで1番検索されているか」や「それらのキーワードの検索数はどれくらいか」などを簡単に調べることができます。

例えば、本記事でご紹介しているような、ブログ本文の書き方について記事を書くのであれば、「ブログ 本文 書き方」や「ブログ 本文 書くコツ」などといったキーワードの検索数もさくっと調べることが可能です。

ブログの集客アップを図るなら、「検索エンジン」が重要です。検索エンジンで上位表示させるためには、ニーズに沿ったキーワードを考えましょう。

まずはブログの本文で何を伝えたいのか、そしてどんな人に伝えたいかを考え、最後に「その人達はおそらくこういったキーワードで検索するだろう」という風に考えてみるのです。「検索エンジンの上位に表示されやすい記事」にするためには、ブログ本文がSEO対策できているか否かが重要項目になる、ということを覚えておきましょう。

そして、1番重要なことは、読者が検索したキーワードは、どんな悩みを持って検索し、どのような解決策を望んでいるのかを考え執筆することが重要です。SEOを考えることも重要ですが、記事の執筆は「読者の悩み解決をすることが目的です」これができないとすぐに離脱されてしまいます。

離脱率が高いブログはSEO評価が低く検索上位にはあがりません。

SEOのことを考えるならテクニックも大切ですが、いかに「読者の悩みを解決できる記事を執筆するか」が重要です。これができれば結果的にSEOで上位が取れる記事につながるのです。

上級レベルの記事執筆ならペルソナ設計

こちらのパートでは、50記事前後の執筆をしている人に向けての内容になります。ペルソナという言葉は聞いたことがあると思います。初心者のうちはここを意識する必要はありませんが、上級者のレベルを目指すなら意識する必要があります。

ブログの本文を書く前には、「ペルソナ」を想定し、記事を読んでもらいたいユーザー像を具体化しましょう。ペルソナとは、顔や趣味などをイメージできる特定のユーザー像のことです。ペルソナの設定はブログの本文を書くための大切な下準備となります。

ユーザー像を具体化することで、より特定の人が興味・関心を持つようなブログに仕上がります。具体的にペルソナを設定する際に必要な人物像は下記の内容で作り上げていきます。

  • 年齢
  • 性別
  • 年収
  • 学歴
  • 性格
  • 家族構成

などになります。こちらを想像し、出来上がった人に向けて記事を書いていくのです。

ペルソナを立てずに記事の執筆をおこなうのがだめというわけではないのですが、今やインターネット社会となり、インターネット上に様々な情報が溢れている時代です。常に新しい情報へと更新され続けている中で、読み手のニーズを満たすブログの本文が書けているかどうかというのは重要な指標のひとつです。

例えば、自社サイトと競合サイトとの比較、ユーザーの趣味・趣向や価値観といったデータの解析も必要になってきます。ブログの本文を書く前のユーザー分析やペルソナ設計はとても大事な作業のひとつです。

このように、「誰のどんな悩みを解決する記事なのか」を明確にして、より具体的なターゲットを想定し、記事の執筆をすることで良い記事ができます。みなさんもこれを意識しながら執筆をしていきましょう。

そして、次のテーマでは、ブログをたくさんの人に読んでもらうためにはどのような記事を執筆するべきなのかについて解説します。

こちらのテーマでは「ブログの本文を書く前に考えておくべきこと」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

ブログ本文の書き方のコツと執筆方法の解説

2021_0920_2_2-how-to-write-the-blog-text

ブログ 本文の書き方

「もっとたくさんの人に読んでもらえる本文を書くにはどうすれば良い?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • アクセス数が上がるブログ本文の書き方のコツがつかめる

こちらのテーマでは、アクセス数を効率良く高めるためのブログ本文の書き方について解説していきます。ここで紹介する方法を参考にすれば、読みやすい本文の書き方が分かるはずです。

結論は、「SEOライティング」を学ぶことです。ルールを守りながらGoogleに認知してもらい、検索上位に表示させるための執筆をしていきましょう。

前パートでもSEOについては触れてきましたが、あくまでも記事に入ってからの最後まで読んでもらうことが目的であったり、他の記事に誘導し、アクセス数を稼ぐ方法をご紹介しました。

集客率がアップするブログ本文の書き方のポイント

こちらのパートでは、ブログ本文の書き方のポイントについてご紹介していきます。「せっかく文章を書いたのにアクセス数が伸びない…」なんてことにならないためにも、ポイントをしっかりとチェックしてみてください。

大前提として重要となる、SEOライティングについては「【Webライターには必須のスキル】SEOライティングとは」をご覧になってください。

ブログ本文の書き方のポイントはこのような感じです。

  • 分かりやすく簡潔に書く
  • 本文と見出しにキーワードを含める
  • 接続詞や文末、修飾語に気を付ける

それぞれ詳しく解説していきます。

分かりやすく簡潔に書く

本文はダラダラと長文を書かない事。この文章は別になくても内容が伝わるという文章は削って、簡潔に書きましょう。

ついつい、ユーザーに「伝えたい」という思いが強くなり、長文で説明してしまいがちですが…そこはあえて短文で説明すると伝わりやすくなります。

同じ内容であれば、長いよりも短い方がさくっと読めて良いのです。

本文と見出しにキーワードを含める

本文を書き始める前に決めた見出しやキーワードがありますよね。それらも本文に使用します。キーワードは、その記事の重要な役割を持っています。いわば主語のような存在です。できるだけ文章のあたまに持って来て使うように心がけると良いでしょう。

見出しは、「この章ではこんな内容が書かれていますよ」ということがユーザーと検索エンジンに伝わるため、見出しにキーワードを入れる = SEOの基本です。

しかし、無理にキーワードを盛り込み過ぎると、意味がよく理解できない記事になってしまう可能性があります。キーワードの入れ過ぎには注意してください。

接続詞や文末、修飾語に気を付ける

どうしても無機質な印象を与えてしまいますので、同様の接続詞を何度も使うのは避けたいところです。

なぜなら」「理由は」「その根拠は」「そのわけは」「~だから」「つまり」「以上の理由で」「このように」など。

接続詞は色々とありますので、バリエーション豊かに使用したいですね。

また「です」「ます」「でしょう」など、同じ文末が続くこともできれば避けましょう。文章ごとに文末を変えるだけでも、文章の印象が変わります。

修飾語に関しても、同じ意味を持つ修飾語が重なっている場合には削ってしまった方がすっきりとまとまった文章になります。

ここまでは、ブログ本文の執筆の仕方についての考え方について解説してきました。ブログ本文の執筆方法が既にできるようになっている方は、次にブログのタイトルの付け方について学びましょう。ブログのタイトルについてはこちらの記事をご覧になってください。

ブログ本文の書き方を学ぶ方法

こちらのパートでは、ブログ本文の書き方ひとつで年間、数百万円以上の収益が変わってくるということについて解説します。

ここまでの説明で理解してもらったと思いますが、どれだけ良い記事を執筆しても、読まれなければ全く意味の無い記事になります。意味のない記事からはお金を産むことはできません。

そのため、ブログの本文の書き方については学ぶべき重要な項目になります。ブログの本文の書き方だけでも奥が深く、学ぶべき項目はたくさんあります。

  • ライティングスキル
  • SEO対策
  • マーケティング

たくさん学ぶ必要があります。また確実に読まれる記事にするためには、ブログの本文が役立つ内容かどうか、信憑性のある内容なのかどうかという点も大事です。

読み手にとってプラスになる本文を書かなければ、最後まで読んでもらえないため意味がなくなってしまいます。離脱せずにきちんと最後まで読んでもらえるブログ本文を書く方法を学びましょう。

上記の内容についての学び方は大きく分けて2つあります。

  • 独学で学ぶ
  • スクールに通って学ぶ

このどちらかになります。どちらにも一長一短あります。詳しく解説していきます。

独学で学ぶ

独学で学ぶ方法としては、やはり一般的には書籍を読んだり、YouTubeやインターネット検索で出てきた記事を読んで勉強するという方法です。

独学でブログ本文の書き方を勉強するには、SEO対策やマーケティング、セールスライティング、心理学、人を惹きつけるような言い回しなど、たくさんのことを覚える必要が出てきます。

SEO対策に関しては、ワードプレスなどのブログを開設して、定期的に記事を書いて投稿します。それと並行して書籍などを参考にしつつ日々勉強をおこないましょう。また自分のブログのアクセス解析をして、どの記事がよく読まれているかを確認して分析してください。

そして多くの人に読まれる記事に仕上げるためには、コピーライティング能力も身につけておく必要があります。雑誌やチラシ、DMを参考に、100本以上の大量のコピーライティングを書くなどすると力が付きます。

マーケティングに関しても書籍を参考にしたり、ブログ運営やTwitter運用、インスタ運用をしたりなど、どんどん発信することが大切です。

このように独学は、「1人で学ぶのが好き」や「自分のペースで学びたい」という人や、本を読んでスムーズに理解できる人には向いていると言えます。

実際に独学で学ぶ場合は、その名の通り1人で考えて勉強することになるため根気が必要になりますが、お金はかかりませんのでその点が大きなメリットです。

ただ、どうしても独学では、孤独の問題から挫折する人も多くいます。そのような場合は無料で下記のようなサービスを展開しております。ご興味のある方はご覧ください。

スクールに通って学ぶ

本文の書き方を効率よく学ぶ2つ目の方法として、ブログスクールがあります。

ブログ記事の本文って、ただ文章書くだけなんだから簡単でしょ」であったり「ブログの本文の書き方のコツなんて、調べればすぐに分かる」と思っている方も多いのではないでしょうか。確かに、そういった情報はインターネット検索すればたくさんヒットします。しかし、1番重要になってくるのは、「今の時代に合った情報かどうか」、つまり「最新の情報かどうか」なのです。

ブログスクールであれば、ブログの本文の書き方のコツを網羅しているため、独学で学ぶことに比べ効率よく学べます。また基礎からしっかりと身につけることができます。

独学で学ぶ場合は、とにかく根気がいります。難しい専門用語が出て来たり、いったいどの部分から学び始めたら良いのか分からなかったり…。何より精神的な面で根気が必要ですので、途中で挫折してしまうことも多いのです。

ブログスクールは、未経験でもアフィリエイターやブロガーを目指して、ブログの書き方のスキルを習得する事ができます。実際に、僕もブログスクールへ通いました。ブログスクールで本文の書き方について学んだことで、アフィリエイト報酬も大幅にアップしました。

論より証拠としてこちらをご覧ください。

A8ネット

8月の申込金額 416,654円
画像2-how-to-write-the-blog-text

もしもアフィリエイト

8月の申込金額 213,000円
画像3-how-to-write-the-blog-text

ブログスクールへ通って、仮に学習費用が年間100万円かかったとしても、十分に元が取れます。

また下記の表は、ブログ副業で稼げている人の割合を示したものです。

年収 割合
0円 全体の39.9%
0円〜1,000円未満 全体の30.6%
1,000円〜10,000円未満 全体の16.2%
10,000円〜100,000円未満 全体の9.8%
100,000円〜1,000,000円未満 ●全体の2,5%
1,000,000円以上 ●全体の1.0%

上記の表から分かる通り、86.7%の人は、10,000円も稼げず挫折してしまいます。そのため、これまでに独学で学習をおこなったことがない人は、ブログスクールへ入って学びましょう。興味深い話として、100,000円以上稼いでいる人は、何らかのスクールまたはコミュニティーに参加している人が多いです。上の表にある●のついている3.5%の中に入るためには本気で学ぶ意欲が必要になってきます。

インフルエンサーでさえもスクールやコミュニティーに属して勉強をしています。

独学で学習をしてドメインやサーバー、テーマ代金などを無駄にして終わりにするのか、ブログスクールにお金を投資して、お金を稼ぐか…どちらの方が自分にとってメリットがあるかを考えてみてください。

この記事を読んでいるあなたは、自分が独学に向いているタイプか、向いていないタイプかは理解できているはずです。

独学では無理そう…」、「独学ではやっていけない」と感じるのであればスクールへ入ることを検討しましょう。

ブログスクールで学ぶことを検討してみようかな?と思う人はこちらの記事をご覧ください。僕がおすすめするオンラインスクールを厳選してご紹介しています。

こちらのテーマでは「ブログ本文の書き方のコツと執筆方法の解説」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_0920_3-how-to-write-the-blog-text
この記事では「【ブログ中級者必見】確実に読まれるためのブログ本文の書き方」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • ブログの本文を書く前に考えておくべきこと
  • ブログ本文の書き方のコツと執筆方法の解説

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。