副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【初心者でも分かる!】離脱させないブログ見出しの重要性&基本ルール

Blog Writing

ブログ 見出しの書き方

副業ブログについて、「ブログの見出しって重要なのかな?上手にキャッチーな見出しをつけるにはどうすればいいのだろう??」このような悩みが出てきました。

今回は、このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • 見出しが必要な理由と見出しの書き方のポイントが知れる
  • どんなことに気を付けて見出しを書けば良いのかが分かる
  • インターネット検索からアクセスしてくれる人を増やす方法が分かる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、ブロガー兼Webライターとして活動しています。

そんな僕は副業ブログを始めた当初、ブログの見出しの書き方には苦戦しました。

ブログ 見出しの書き方

「ブログを始めたは良いけれど、途中で離脱される確率が高く、最後まで読んでもらえない…そのため、アフィリエイトリンクまで辿り着いてもらえないのです…」

このようなことがありました。理由は、人を惹きつける見出しを書くためのポイントを理解していないことが原因でした。途中で読者の興味を惹く見出しをつけられていないから離脱されているんだと思います…

しかし、僕はコピーライティングを学び、色々と試行錯誤をしました。その結果、このようなクリック数の変化を出すことができました。
画像1-headlines-that-wont-let-you-leave
このような形で実績が出てきました。また、この内容を言語化できるようになったので、僕が運営する「Wakablog College」でもこのような講義をしています。そのため、この記事も少しは信憑性があると思われます。

この記事では、どんなことを意識してブログの見出しを考えているかをシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論

ブログの見出しは、読者が本文に飽きてきた頃「もう少し読みたいと」思わせるためのスパイスです。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

ブログの見出しが重要な理由

2021_0924_2_1-headlines-that-wont-let-you-leave

ブログ 見出しの書き方

「見出しはなぜ必要なのか?適当にチャチャっと書いていたらダメなの?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • ブログの見出しの重要性を知ることができる

こちらのテーマでは、なぜ、見出しにこだわることが重要なのかについて解説します。見出しは、導入文と同様で、「読者の欲しい情報をすぐに与え、離脱率を下げる」という効果であったり、「このパートは重要そうだから読んでみよう!」と思わせることにつながるため、とても重要です。

見出しは読者に離脱させず読み進めてもらうための仕掛け

こちらのパートでは、なぜブログの見出しが大事なのかについて解説します。見出しが魅力的なものだと離脱率が大幅に軽減されます。離脱率の高いブログにならないよう、見出しの付け方には気をつけましょう。

ブログの見出しの重要性は以下のような理由です。

  • 読者の欲しい情報がどこにあるか判断可能
  • 読者を飽きさせず、最後まで読ませられる

このような理由を詳しく解説します。

読者の欲しい情報がどこにあるか判断可能

見出しがあることで得られるメリットのひとつに、「目次」を作れるということが挙げられます。

目次に使われるのが見出しですので、読者は目次を見るだけで「この記事には、こんな内容が書かれているのか」と、記事の内容をすぐに把握できるのです。

書籍を思い浮かべてみると分かると思いますが、必ず初めのページの方に目次がついていますね。書籍を選ぶ際、パッと目次を開いて見れば、自分が知りたい情報を知ることができる本なのか否かを判断できますので、とても便利な機能になっています。

このことからもわかるように、ブログの見出しの必要性は目次を作成するためです。書籍と似たような感じで、読者がひとめで理解できる見出しにすることが大切です。

目次の見出しがあることで、「あ、この記事は役に立ちそう!」とクリックしてくれる確率が上がります。

読者を飽きさせず、最後まで読ませられる

ブログ記事は、文字で相手を引きつける必要がります。しかし、文字ばかりを読み続けるのが辛い人もたくさんいます。そのような方にも、離脱せずに読み進めてもらうため、見出しというポイントを使って、読者に「この見出しは、面白そうだからもう少し読んでみよう」と思わせることが重要なのです。

例えば、下記のような内容です。

  • ブログでお金を稼ぐ方法
  • 具体的にブログで毎月100万円稼ぎ続ける方法

だと、どちらの方が読み進めたくなりますか?

見出しを作るうえで重要なことは、読者に「想像」させることです。タイトルからこの記事を読めば読者が抱える問題を解決できそうだ。と思わせることが重要なのです。

また、読者は読み飛ばしながら記事をスクロールします。タイトルでは「この部分だけはスクロールを止めて!」ようするに「読者に立ち止まってもらうため」の場所になります。

装飾などだけでは限界があります。最後まで読まれるブログを執筆するための仕掛けとして見出しは重要だと言えますね。

見出しはGoogleの検索順位にも大きな影響があります

こちらのパートでは、見出しと検索順位の関連性について解説します。見出しを適当につけると、検索順位で上位を取ることは難しいと言えるでしょう。基本は読者のための見出しではありますが、少しはSEOについての意識もしておくことをおすすめします。

重要な内容は下記の2つになります。

  • 見出しはSEOランキングに大いに影響する
  • 検索上位のブログ記事の見出しは大体同じ

結構重要なので詳しく解説します。

見出しはSEOランキングに大いに影響する

ブログ記事に見出しがきちんとつけられている記事は、Googleからの評価が上がりやすい傾向にあります。

Googleクローラーと呼ばれるロボットが、ウェブページを定期的に巡回しています。見出しがあることでクローラーが記事の巡回ができます。ようするにSEO対策になるのです。そして、見出しはクローラーにどんな記事を書いているのかを認識させることができます。

Googleクローラーが記事をチェックするときに重要となるのが、キーワードです。

各所の割合で言えば下記のような感じです。

  • 【40%】タイトルにキーワードがあるか
  • 【30%】見出しにキーワードがあるか
  • 【20%】導入文にキーワードがあるか
  • 【10%】本文にキーワードがあるか

このような割合でクローラーがチェックしていると言われています。

上記のことから、見出しにはキーワードを入れるように心がけましょう。見出しに適切なキーワードを入れておくことで、検索エンジンに記事の内容を正確に伝えることができるのです。

タイトルにキーワードを入れるというのは誰でも知っている話ですが、見出しにまでキーワードを入れている人は少ないですね。だからこそ、この記事を読んでいるあなたは、タイトルにまでキーワードを入れることをすれば差別化ができるのです。

ただ、注意点として、無理にキーワードを入れすぎて、わけの解らない見出しにはならないように注意をしましょう。

検索上位のブログ記事の見出しは大体同じ

みなさんは、記事の執筆を始めるにあたり記事構成は決めていますか?大体執筆するキーワードをGoogleで検索していると思います。
※仮にやっていない方はやってみましょう。

例えば「ブログ 見出し」のキーワードで記事を執筆するとしたらGoogleのシークレットモードで検索します。
画像4-headlines-that-wont-let-you-leave
その後、1ページ目にある全ての記事をザッとみていきます。この時に見るのは、見出しです。そうすると、大体皆さん同じ見出しの内容になっていることがわかります。

このことで、見出しの方向性を決められるのです。そして、ただその内容に合わせた見出しにするのではなく、目を引くようなコピーライティングを使い「読者が読みたくなる見出しをつけていく」ということが重要になります。

このようにすることで、検索上位を狙った記事を執筆することもでき、強豪になる記事との差別化も図ることができるのです。

このようなことを考えつつ、記事の見出しをつけていくことを考えていきましょう。

こちらのテーマでは「ブログの見出しが重要な理由」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

見出しの書き方のポイントを抑えよう

2021_0924_2_2-headlines-that-wont-let-you-leave

ブログ 見出しの書き方

「分かりやすい魅力的な見出しを書くにはどうすれば良い?テクニックを含めて知りたいです!」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • アクセス数が上がる見出しの書き方のコツがつかめる

こちらのテーマでは、アクセス数を効率良く高めるためのブログの見出しの書き方について解説していきます。「見出しを作るのが苦手…」という方や「思わず読みたくなる見出しの書き方を知りたい」という方は、本テーマをチェックしてみてください。ここで紹介する方法を参考にすれば、見出しの書き方が分かるはずです。

読者にもGoogleにも分かりやすい見出しの書き方

こちらのパートでは、見出しの書き方のルールについてご紹介していきます。「せっかく記事を公開したのにアクセス数が良くない…」なんてことにならないためにも、ポイントをしっかりとチェックしてみてください。

見出しの書き方のルールはこのような感じです。

  • HTMLタグを使う
  • シンプルで分かりやすい見出しにする
  • 積極的にキーワードを盛り込む

それぞれ詳しく解説していきます。

HTMLタグを使う

見出しを付ける際には、HTMLタグのH1、H2を使うようにしましょう。「文字を太字にしたり大きくするだけで良いのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、それだけではSEO効果を得ることができません。

Googleのコンピューターは読者のように目で見出しを読んで、役立つ記事かどうかを判断しているわけではなく、HTMLタグによって見出しを判断するのです。例えば、ブログ記事でよく用いられるWordPressのようなCMSを使う事で、簡単に見出しタグをつけることができます。

また、見出しタグは数字の小さな順に付けていくようにするのが鉄則です。見出しタグをつける時は、見出しの内容に合わせて数字の小さなものから順につけていきます。

  • H1=記事タイトル
  • H2=大見出し
  • H3=中見出し
  • H4=小見出し

それ以降の見出しになると、H5、H6、H7となっていきます。重要な見出しから小さな数字をつけていくようにしましょう。

また、H1タグはブログの記事タイトルだけに使います。ひとつの記事にひとつしか使用することができません。つまりH1タグというのは記事内では最も重要度の高いタグということが分かります。そして、ブログ記事ではH4までを使って見出しを作成するのが一般的です。H5以降の見出しを使っているブログ記事はあまり見かけません。どうしても必要な場合にのみ使うという認識で大丈夫です。

【無料】ブログテンプレート申請

上記内容を使用したブログ記事テンプレートはこちらより申請して下さい。もちろん無料でお配りします。あなたのブログライフを豊かにするためのテンプレートです。

【無料】ブログ記事のテンプレート

また、テンプレートの使い方も含めた詳細は、こちらの記事をご覧になってください。

シンプルで分かりやすい見出しにする

見出しとして作る言葉はどんなのが良いだろう…」と悩む方も多いと思いますが、基本は「短く、シンプルに」を心がけると良いです。長くなり過ぎないように注意しましょう。

見出しをみて、そこにどんなことが書かれているのかが瞬時に分かるような見出しであれば、OKです。見出しでは、文章形式ではなく、きっぱりと断定する表現にするのがポイントです。

またH2タグの下には毎回画像を入れると、より見やすくなります。H2タグは一番大きな見出しとなりますので、その見出しの下に画像を入れることで目立ちますので、目に留まりやすくなります。

最近はスマホで読む方が多いため、下へスクロールしてバーっと流し読みする人がいます。そのため、適度に画像を入れた方が読者は読みやすいです。

積極的にキーワードを盛り込む

記事を書く際に選定したキーワードを見出しにも含めると、さらにSEOの効果が上がります。

Googleは、検索キーワードと関連性が高い記事から順に検索結果へ表示する仕組みです。関連性の高さというのは、記事のあらゆる要素から判定されます。検索キーワードが、その記事の中にどれだけ含まれているか、関連性が高いか、ということも判断する重要な要素となっているのです。

ただし、SEO効果を高めたいからといって不自然にたくさんのキーワードを詰め込みすぎると逆効果になる可能性もありますので要注意です。

文章の繋がりなどを見て、違和感がない程度に積極的にキーワードを入れた見出しにしましょう。

ここまでは、見出しの考え方について解説してきました。見出しが既にできるようになっている方は、次にブログ導入文の書き方について学びましょう。ブログ導入文についてはこちらの記事をご覧になってください。

ブログの見出しの書き方を学ぶ方法

こちらのパートでは、ブログの見出しの書き方ひとつで年間、数百万円以上の収益が変わってくるということについて解説します。

ここまでの説明で理解してもらったと思いますが、どれだけ良い記事を執筆しても、読まれなければ全く意味の無い記事になります。意味のない記事からはお金を産むことはできません。

そのため、見出しについては学ぶべき重要な項目になります。見出しだけでも奥が深く、学ぶべき項目はたくさんあります。

  • SEO対策
  • コピーライティング
  • マーケティング

たくさん学ぶ必要があります。適当な見出し、何が書かれているのかわからない見出しでは、ユーザーの記事への期待感がグッと下がってしまいます。その結果、最後まで読んでもらえる記事ではなくなります。

「読まれる記事」にするためには、見出しにこだわりましょう。適当な見出しでは、まずアクセス数アップは見込めません。

新聞や書籍と同じように、見出しを書いて、目次を作成することで、読者がスムーズに記事を読み進めることができます。そのためには、ブログの見出しの書き方をしっかり学びましょう。

上記の内容についての学び方は大きく分けて2つあります。

  • 独学で学ぶ
  • スクールに通って学ぶ

基本的にこのどちらかになります。どちらにも一長一短あります。詳しく解説していきます。

独学で学ぶ

独学で学ぶ方法としては、やはり一般的には書籍を読んだり、YouTubeやインターネット検索で出てきた記事を読んで勉強するという方法です。

独学で見出しの勉強をするには、それなりの時間的な余裕とやる気が必要です。また、SEO対策やマーケティング、コピーライティング、心理学、人を惹きつけるような言い回しなど、たくさんのことを覚える必要が出てきます。

●SEO対策の学習方法

SEO対策に関してはまず、自分でブログを立ち上げて、書籍や動画などを参考にしつつ日々勉強です。目安としては、100記事以上は記事を書きましょう。100記事前後本気で書けば感覚が掴めてきます。またアクセス解析をおこなってどのような記事がよく読まれているかを確認します。

●コピーライティングの学習方法

独学でコピーライティングの能力を身につけるには、雑誌、チラシ、DMなどをたくさん見ることが必要です。また大量のコピーライティングを書く練習が必要になります。コピーライティングについての学習方法は「【離脱率を下げ滞在時間が上がる】コピーライティングとは」を参考にしてください。

●マーケティングの学習方法

マーケティングはブログやTwitter、インスタなどの運用を実際におこない、ユーザーの心理を掴むことを実践し、文章で人の心を動かすことができるような見出しの書き方をひたすら繰り返します。

このように独学は、「1人で学ぶのが好き」や「自分のペースで学びたい」という人や、本を読んでスムーズに理解できる人には向いていると言えます。

実際に独学で学ぶ場合は、その名の通り1人で考えて勉強することになるため根気が必要になりますが、お金はかかりませんのでその点が大きなメリットです。

ただ、どうしても独学では、孤独の問題から挫折する人も多くいます。そのような場合は無料で下記のようなサービスを展開しております。ご興味のある方はご覧ください。

スクールに通って学ぶ

見出しの作り方を効率よく学ぶ2つ目の方法として、ブログスクールがあります。

ブログスクールで学ぶ必要ってあるのかな?」や「ブログの見出しの書き方ならインターネットでいくらでも出てくるよ」と思っている方も多いのではないでしょうか。確かに、そういった情報はインターネット検索すればたくさんヒットします。しかし1番重要になってくるのは、「最新の情報であるかどうか」です。

ブログスクールであれば、ブログの見出しの書き方のコツを基礎からしっかりと網羅して、スキルを身につけることができます。未経験でもアフィリエイターやブロガーを目指して、ブログスクールでブログの書き方のスキルを習得する事ができるのです。

実際に、僕もブログスクールへ通いました。ブログスクールで見出しの執筆方法を学んだことで、読者の滞在時間が長くなり、結果、アフィリエイトリンクまで到達してくれ、アフィリエイト報酬も大幅にアップしました。

論より証拠としてこちらをご覧ください。

A8ネット

8月の申込金額 416,654円
画像2-headlines-that-wont-let-you-leave

もしもアフィリエイト

8月の申込金額 213,000円
画像3-headlines-that-wont-let-you-leave

ブログスクールへ通って、仮に学習費用が年間100万円かかったとしても、十分に元が取れます。

下記の表は、ブログ副業で稼げている人の割合を示したものです。

年収 割合
0円 全体の39.9%
0円〜1,000円未満 全体の30.6%
1,000円〜10,000円未満 全体の16.2%
10,000円〜100,000円未満 全体の9.8%
100,000円〜1,000,000円未満 ●全体の2,5%
1,000,000円以上 ●全体の1.0%

上記の表から分かる通り、86.7%の人は、10,000円も稼げず挫折してしまいます。そのため、これまでに独学で学習をおこなったことがない人は、ブログスクールへ入って学びましょう。興味深い話として、100,000円以上稼いでいる人は、何らかのスクールまたはコミュニティーに参加している人が多いです。上の表にある●のついている3.5%の中に入るためには本気で学ぶ意欲が必要になってきます。

インフルエンサーでさえもスクールやコミュニティーに属して勉強をしています。

独学に向いていないとわかっている人が、独学で学習をし、ドメインやサーバー、テーマ代金などを無駄にして終わりにするのか、ブログスクールにお金を投資して、お金を稼ぐか…どちらの方が自分にとってメリットがあるかを考えてみてください。

この記事を読んでいるあなたは、自分が独学に向いているタイプか、向いていないタイプかは理解できているはずです。

独学では無理そう…」であったり「独学ではやっていけない」と感じるのであればスクールへ入ることを検討しましょう。

ブログスクールで学ぶことを検討してみようかな?と思う人はこちらの記事をご覧ください。僕がおすすめするオンラインスクールを厳選してご紹介しています。

こちらのテーマでは「見出しの書き方のポイントを抑えよう」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

20212_0924_3-headlines-that-wont-let-you-leave
この記事では「【初心者でも分かる!】離脱させないブログ見出しの重要性&基本ルール」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • ブログの見出しが重要な理由
  • 見出しの書き方のポイントを抑えよう

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。