副業継続ビルダー:わかチンのブログ

「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【ニッチだけど知らないと稼げない】人の心を掴む導入文の書き方

Blog Writing

ブログ 導入文の書き方

副業ブログについて、「人を惹きこむような導入文が書きたいし、検索サイトからのアクセスを増やしたいです。」このような悩みが出てきました。

今回は、このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • ブログ導入文で悩むことがなくなる
  • ブログ導入文の書き方のコツを知れる
  • クリック数を上げ、離脱率を下げるための導入文の書き方が分かる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、ブロガー兼Webライターとして活動しています。

そんな僕は副業ブログを始めた当初、ブログの導入文の書き方には苦戦しました。

ブログ 導入文の書き方

「ブログを始めたは良いけれど、クリック数が伸びない…もっと読まれるにはどうしたら良いのだろう?」

ということがありました。理由は、人を惹きつける導入文を書くためのポイントをおさえられていない。ようするに、「導入文で大切な結論を先に論じる事ができていない」という事が原因でした。読みたいと思わせられることができない記事は、いくら書いても全く意味がなかったのです…

しかし、僕はセールスライティングやコピーライティングを学び、色々と試行錯誤をしました。その結果、このようなクリック数の変化を出すことができました。
画像1-introductory-text
このような形で実績が出てきました。また、この内容を言語化できるようになったので、僕が運営する「Wakablog College」でもこのような講義をしています。そのため、この記事も少しは信憑性があると思われます。

この記事では、どんなことを意識してブログの導入文を考えているかをシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論

ユーザーが気になっている事・知りたい事を導入文で伝えると、アクセス数が増え、多くの人に読んでもらえます。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

ブログの導入文が重要な理由

2021_0822_2_1-introductory-text

ブログ 導入文の書き方

「導入文ってどうして必要なの?チャチャっと書いたのではダメなの??」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • ブログの導入文の大切さを知ることができる

こちらのテーマでは、読まれるブログの入口となる「導入文」の重要性について解説します。多くの場合、この導入文で離脱されることが多く、この部分を突破させる事ができずに悩んでいる人が多くいます。導入文を突破させる事ができれば、読者は長い滞在時間を持ちつつ本文を読んでくれます。導入文の重要性を把握しましょう。

どんな内容の記事なのかすぐに分かる

こちらのパートでは、導入文がなぜ大切なのかについて解説していきます。ブログ初心者の方の中には、ブログの導入文に対して「どんな導入文にするべきなのかな?」と悩んでいる方もいるはずです。確実に読まれるブログにするためには、導入文がなぜ大切なのかという理由を知っておきましょう。

ブログ導入文の重要性は以下の内容です。

  • 読者はあなたが思っているよりもせっかち
  • 記事の内容をある程度ユーザーに伝えられる
  • 読者に「この記事を読みたい」と思わせられる

このようなメリットを詳しく解説します。

読者はあなたが思っているよりもせっかち

まずは、あなたがスマホで悩みを解決する時の検索の仕方を思い浮かべて下さい。「あなたは、ブログを一言一句読みますか?」答えは「読まない方が多い」だと思います。

ようするに、読者は自分の検索した悩みの答えが導入文にないと離脱してしまうのです。だからこそ、導入文には読者の悩みに対しての答えを置き、その理由が何故なのかを本文に記載してあげることが大切なのです。

これはとても重要なことなのですが、できている人は少ないです。だからこそ、この部分ができるようになれば他のブログとの差別化ができ、離脱率の低い記事を量産することができるようになるのです。

記事の内容をある程度ユーザーに伝えられる

インターネット社会になっている現代では、ウェブサイトの数が10憶以上といわれています。そのことを考えると、ブログ記事というのも、実に膨大な数が存在していることが分かりますよね。

ブログ記事では、ユーザー目線で考えると、最初に記事の内容をしっかりと伝える必要性があります。

記事のはじめにある導入文で、記事の内容を伝えないと、ユーザーは「この記事にはどんな内容が書かれているのか」が分かりません。内容が分からないと、膨大にある情報の中から全部の文章を読んで、欲しい情報があるかどうかを確認していかなければならなくなります。

しかし、導入文で記事に書かれている内容をある程度知ることができれば、ユーザーは「自分の欲しい情報がこの記事にある!」と、導入文から判断してクリック → 記事を読んでもらえる、という流れになるのです。

ブログ記事は、ユーザー目線で考えることが大事です。導入文で記事の内容をある程度伝え、クリック率を上げていくことが大切です。

読者に「この記事を読みたい」と思わせられる

導入文に魅力を感じない場合、ユーザーが離脱してしまって、その先の文章を読み進めてもらえません。

導入文は、ブログ記事の顔ともいえる部分です。導入文で読む人の心をぐっと掴むことができれば、最後まで読み進めてもらえます。「この記事を読むとこんなメリットがあるのか!」とユーザーに思わせられるようなことを先に導入文で伝えるのです。

そうすると、その先の文章には、何が書いてあるのか気になりますよね。自分にとって価値のある記事だと考えて、どんどん読み進めてくれるという流れです。

導入文はSEO対策の一貫

導入文はSEOにおいても重要な役割を担っています。導入文でユーザーのニーズを満たすことができれば、ページの離脱もされにくく、多くの人に読まれる記事になります。

特にGoogleでは、ブログ評価の中でページ滞在時間・回遊率が重要とされている傾向が強いです。本文と違って導入文で離脱されたときは、ユーザーのページ滞在時間が短くなります。もちろんブログ内を回遊されることもないですので回遊率も下がってしまいます。

Googleのブログ評価では、「ブログにどれくらいの時間滞在し、記事を読んでいるか」や「ブログ内の他のページも見ているか」などが重要となり、またユーザーからの直接的な評価にもつながります。

SEO対策の一環として、ユーザーを離脱させないためには、ユーザーの興味を引く導入文を書くようにしましょう。ただ、ブログの執筆において重要なことは、SEOよりも読者ファーストです。

割合でいえば「SEO 3:7 読者」の割合です。

SEOを意識しすぎると、読者の悩みから外れてしまう文章を執筆する人が多いです。確かにSEOはとても重要ですが、1番に考えるべきことは読者の悩み解決だということを常に意識して導入文の作成にあたりましょう。

こちらのテーマでは「ブログの導入文を書く前に知っておくべきこと」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

ブログ導入文の書き方のポイント

2021_0822_2_2-introductory-text

ブログ 導入文の書き方

「多くの人を惹きつける導入文にするにはどのように書けば良い?テクニックを含めて詳しく知りたいです!」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • アクセス数が上がる導入文の書き方のコツがつかめる

こちらのテーマでは、アクセス数を効率良く高めるための、ブログ導入文の書き方について解説していきます。「そもそも導入文の書き方が分からない」という方や「導入文でいつもつまずく」という方は、本テーマをチェックしてみてください。ここで紹介する方法を参考にすれば、読みやすい導入文の書き方が分かるはずです。

クリック数が上がる導入文の書き方のポイント

こちらのパートでは、ブログ導入文の書き方のポイントについてご紹介していきます。

ブログ 導入文の書き方

「本文は良い出来なのに導入文で失敗しているかも…1度チェックしてみようかな…」

なんてことにならないためにも、ポイントをしっかりとチェックしてみてください。

ブログ導入文の書き方のポイントはこのような感じです。

  • メリットを簡潔に伝える
  • 共感できる文章にする
  • 続きを読みたくなる心理を利用する

それぞれ詳しく解説していきます。

メリットを簡潔に伝える

導入文は、「この記事を読むことで一体どんなメリットがあるのか?」や「読むことでどんな良いことが待っているのか?」をなるべく簡潔に、分かりやすく書きます。

ほとんどのユーザーは、興味がない又は役に立たない内容であればすぐに離脱してしまう傾向にあります。そのため、「記事の書き出し = 導入文」であらかじめ「この記事を読めばこんなに良いことがあります」というメリットを提示しておくのです。

例文としては、下記の通りです。

  • この記事を読めば、誰でも簡単にホームページを開設することができます!
  • アクセス数を大幅にアップできる方法を3ステップでご紹介します。

このように、この記事を読めばどのようになるのかを理解させる事が大切です。

またブログというのは、インターネット検索をしてブログにアクセスすることが多いため、ユーザーの検索意図(キーワード、悩み、欲求)が何なのかということを理解することも大事になります。

読む価値のある記事ですよ」ということを導入文で簡潔に伝えてあげるのです。

共感できる文章にする

何事もまずは信頼関係が大事です。信頼関係を結ぶため、ユーザーが共感できる導入文を書くように心がけましょう。「共感」してもらえることで、ブログの信頼度もアップします。共感される文章を執筆しましょう。

実際の対人関係でも一緒のことがいえます。例えば、初対面であっても何か共通点や共感できる部分があれば、親近感がわくものです。

導入文の例文としては、下記の通りです。

  • 頑張って作ったホームページのアクセス数が少ないのって残念な気持ちになりませんか?
  • せっかく書いた記事が最後まで読んでもらえないのって悲しいですよね…

などです。ユーザーに共感・信頼してもらえるような話題を盛り込んだ導入文を作る必要があります。

続きを読みたくなる心理を利用する

ドラマや漫画などでも、「次回へつづく」や「coming soon」と出ると、早く続きが見たい!早く読みたい!と思うものです。それはブログでも一緒で、ユーザーの「続きを読みたい」という気持ちを掻き立てられるような導入文になるように意識しながら執筆することが重要です。

ユーザーが「え?そうなの!」や「早く答えが知りたい!」と思うような、質問形式の導入文も良いですね。

例えば、下記のような感じです。

  • 簡単にサイトのアクセス数を増やすことができる方法があるのをご存知ですか?
  • あなたは〇〇していませんか?実は…~してはいけません!

など。カリギュラ効果という心理効果も導入文に大いに活用しましょう。

ブログ 導入文の書き方

「カリギュラ効果とは、禁止されることで、逆にしてみたくなる、隠されると続きを知りたくなる、という心理の一つです。」

自分のブログ記事の続きを気になってもらうための手段として使ってみましょう。

ここまでは、導入文の考え方について解説してきました。導入文が既にできるようになっている方は、次にブログ本文の書き方について学びましょう。ブログの本文についてはこちらの記事をご覧になってください。

ブログ導入文の書き方を学ぶ方法

こちらのパートでは、ブログ導入文の書き方ひとつで年間、数百万円以上の収益が変わってくるということについて解説します。

ここまでの説明で理解してもらったと思いますが、どれだけ良い記事を執筆しても、読まれなければ全く意味の無い記事になります。意味のない記事からはお金を産むことはできません。

そのため、ブログ導入文については学ぶべき重要な項目になります。ブログ導入文だけでも奥が深く、学ぶべき項目はたくさんあります。

  • SEO対策
  • コピーライティング
  • マーケティング

たくさん学ぶ必要があります。適当な導入文、価値の見出せない導入文では、ユーザーの記事への期待感がぐっと下がってしまいます。その結果、最後まで読んでもらえる記事ではなくなります。

導入文の意味 = 読者に「この記事を読めば何かしらのヒントが得られるかも!」、「悩みが解決するかな?」という期待感を持たせながら、本文へと誘導することです。

人間心理を利用した方法ですが、インターネットに存在する、よく読まれている記事というのは、基本的に同じ構造で書かれていることが多いです。

価値のある導入文の組み立て方をしっかりと勉強しておく必要があります。

上記の内容についての学び方は大きく分けて2つあります。

  • 独学で学ぶ
  • スクールに通って学ぶ

このどちらかになります。どちらにも一長一短あります。詳しく解説していきます。

独学で学ぶ

独学で学ぶ方法としては、やはり一般的には書籍を読んだり、YouTubeやインターネット検索で出てきた記事を読んで勉強するという方法です。

独学で導入文の勉強をするには、それなりの時間的な余裕とやる気が必要です。また、SEO対策やマーケティング、コピーライティング、心理学、人を惹きつけるような言い回しなど、たくさんのことを覚える必要が出てきます。

●SEO対策の学習方法
SEO対策に関してはまず、自分でブログを立ち上げて、書籍や動画などを参考にしつつ日々勉強です。目安としては、100記事以上は記事を書きましょう。100記事前後本気で書けば感覚が掴めてきます。またアクセス解析をおこなってどのような記事がよく読まれているかを確認します。

●コピーライティングの学習方法
独学でコピーライティングの能力を身につけるには、雑誌、チラシ、DMなどをたくさん見ることが必要です。また大量のコピーライティングを書く練習が必要になります。コピーライティングについての学習方法は「【離脱率を下げ滞在時間が上がる】コピーライティングとは」を参考にしてください。

●マーケティングの学習方法
マーケティングはブログやTwitter、インスタなどの運用を実際におこない、ユーザーの心理を掴むことを実践し、文章で人の心を動かすことができるような導入文の書き方をひたすら繰り返します。

このように独学は、「1人で学ぶのが好き」や「自分のペースで学びたい」という人や、本を読んでスムーズに理解できる人には向いていると言えます。

実際に独学で学ぶ場合は、その名の通り1人で考えて勉強することになるため根気が必要になりますが、お金はかかりませんのでその点が大きなメリットです。

ただ、どうしても独学では、孤独の問題から挫折する人も多くいます。そのような場合は無料で下記のようなサービスを展開しております。ご興味のある方はご覧ください。


スクールに通って学ぶ

導入文の書き方を効率よく学ぶ方法の2つ目に、ブログスクールがあります。

ブログスクールで学ぶ必要ってあるのかな?」や「ブログ導入文の書き方ならインターネットでいくらでも出てくるよ」と思っている方も多いのではないでしょうか。確かに、そういった情報はインターネット検索すればたくさんヒットします。しかし1番重要になってくるのは、「最新の情報であるかどうか」です。

ブログスクールであれば、ブログの導入文の書き方のコツを基礎からしっかりと網羅して、スキルを身につけることができます。未経験でもアフィリエイターやブロガーを目指して、ブログスクールでブログの書き方のスキルを習得する事ができるのです。

実際に、僕もブログスクールへ通いました。ブログスクールで導入文の執筆方法を学んだことで、読者の滞在時間が長くなり、結果、アフィリエイトリンクまで到達してくれ、アフィリエイト報酬も大幅にアップしました。

論より証拠としてこちらをご覧ください。

A8ネット

8月の申込金額 416,654円
画像2-introductory-text

もしもアフィリエイト

8月の申込金額 213,000円
画像3-introductory-text

ブログスクールへ通って、仮に学習費用が年間100万円かかったとしても、十分に元が取れます。

また下記の表は、ブログ副業で稼げている人の割合を示したものです。

年収 割合
0円 全体の39.9%
0円〜1,000円未満 全体の30.6%
1,000円〜10,000円未満 全体の16.2%
10,000円〜100,000円未満 全体の9.8%
100,000円〜1,000,000円未満 ●全体の2,5%
1,000,000円以上 ●全体の1.0%

上記の表から分かる通り、86.7%の人は、10,000円も稼げず挫折してしまいます。そのため、これまでに独学で学習をおこなったことがない人は、ブログスクールへ入って学びましょう。興味深い話として、100,000円以上稼いでいる人は、何らかのスクールまたはコミュニティーに参加している人が多いです。上の表にある●のついている3.5%の中に入るためには本気で学ぶ意欲が必要になってきます。

インフルエンサーでさえもスクールやコミュニティーに属して勉強をしています。

独学に向いていないとわかっている人が、独学で学習をし、ドメインやサーバー、テーマ代金などを無駄にして終わりにするのか、ブログスクールにお金を投資して、お金を稼ぐか…どちらの方が自分にとってメリットがあるかを考えてみてください。

この記事を読んでいるあなたは、自分が独学に向いているタイプか、向いていないタイプかは理解できているはずです。

独学では無理そう…」、「独学ではやっていけない」と感じるのであればスクールへ入ることを検討しましょう。

ブログスクールで学ぶことを検討してみようかな?と思う人はこちらの記事をご覧ください。僕がおすすめするオンラインスクールを厳選してご紹介しています。

こちらのテーマでは「クリック数の上がる導入文の書き方のポイント」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_0822_3-introductory-text
この記事では「【ニッチだけど知らないと稼げない】人の心を掴む導入文の書き方」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • ブログの導入文を書く前に知っておくべきこと
  • ブログ導入文の書き方のポイント

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。