会社を辞めずに賢く副業で稼ぐわかチンのブログ

» 「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【壁の乗り越え方】副業でWebライターが乗り越えるべき壁 4選+1

Webライティング

自分の上におもしがのしかかるWebライター

副業でWebライターとし、活動を始め、半年ほどが経ちました。「Webライターって先があるの?Webライターって儲かるの?」こんな壁にぶち当たっています。

このような、お悩みを解決するためのお手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • 4つの壁があることを理解することで、事前に対策ができる
  • 壁にぶち当たっても乗り越えた先に待っているものがわかる
  • Webライターの壁は最初が大きいということがわかる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webライターとして活動しています。

そんな僕は、何度も壁にぶち当たりました。その都度諦めそうになりましたがなんとかクリアし、今があります。ある程度壁を乗り越えると、そこからは楽な気持ちで作業を進められます。

日々どんなことを意識し、Webライターの壁を乗り越えれば良いか、シェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論

Webライターの壁は小休憩を挟んだ後、作業をすることで解決できます。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

副業でWebライターが乗り越えるべき壁 4選+1

2_1_wall-to-overcome

落ち込み涙を流すサラリーマンWebライター

「副業のWebライターっていくつの壁を乗り越えないといけないの?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するために深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

このテーマを読むメリットはこちら

  • この記事を読めば、これから起こり得る壁を事前に知ることができます。

副業Webライターに立ちはだかる壁は、大きく分けて4つの壁に分類されます。その壁はWebライターをしている限り、繰り返し訪れます。しかし、事前にどの分類の壁に当てはまるかを理解しておくことで、次のテーマでお伝えする回避方法をうまく活用できます。まずは、副業Webライターに立ちはだかる4つの壁についてご紹介します。

副業Webライターの壁 4選+1

こちらのパートでは、副業Webライターに立ちはだかる壁について解説します。この4つの壁が、あなたのWebライター生命を潰していくのです。

  • 単価が安すぎて稼げない壁
  • 作業がつまらないと思う壁
  • 時間と体力が限界と思う壁
  • クライアント対応からの壁

壁は、この4つになります。この4つの壁とどのように向き合うかで、あなたのスキルが変わってきます。1つずつ詳しく解説していきます。

少しネガティブな話が続きますが、きちんと改善策を次のテーマでお伝えしますので、下記の内容に当てはまるかの診断テストだと思って読んでみてください。

単価が安すぎて稼げない壁

Webライターを始めて半年間、頑張って執筆し、納品しても、「手取りで5,000円も稼げない」「ひどい時には1,000円以下」なんてこともあります。このままWebライターを続けていても、「稼げると思えない」このように感じる人も多いと思います。

  • クラウドソーシングの会社が20%手数料を持っていくから
  • クラウドソーシングでは、値段の叩き合いをしているから、相場が安くなる
  • Webライター初心者から中級者は仕事欲しさに、安い案件に手を出しがち

ようするに、稼げない環境で働いているからです。
しかし、仕事を自分で探す方法がわからないため、クラウドソーシングでしか、仕事を見つけられないのが現実です。

僕もクラウドソーソングで仕事を発注しますが、「これだけ安く仕事してくれるの?」と思うことがよくあります。
また応募数が多い案件では、なぜか応募者から「値段を下げて応募してくる」このようなことが多々あります。

このような場所で稼ぐことを目的にしていると辛いかもしれませんね。しかし、実際はクラウドソーシング内で副業として稼いでいる人もいます。その人たちは「実績数が明らかに違います」納品実績が100件を超えている人が月間で20万、30万ともらっている。これが現実です。

しかし、改善策はあります!もう少しネガティブな話に付き合って下さい。

作業がつまらないと思う壁

Webライターを始めたての頃は物珍しく、好きな場所でパソコン作業をするだけで収益につなげることができる。しかし、3ヶ月もすれば飽きてきます。

  • 単調作業が多い割に頭を使う
  • 興味のない分野の記事執筆
  • 画像の作成や執筆業務以外のことが多い

ようするに、単調作業の繰り返しをこなしているからです。
しかし、スキルの問題で自分で対応ができる範囲が限られるため、自分が楽しめる仕事ができていないのが現実です。

呆然とするライター

「いつまでこのような仕事をくりかえすのだろう…」

この質問に対しての回答をします。

回答を伝えるWebライター

「自分の専門分野を見つけることができないと、興味のない分野の執筆を続けるしかない」

ネガティブな内容の話、2つ目が終わりました。あと2つありますが、理解しておくべき壁なのでもう少し頑張りましょう。

時間と体力が限界と思う壁

副業でWebライターをしていると時間がいくらあっても足らず、思ったように記事の納品数が伸びないことがあります。しかも、仕事から疲れて帰ってきた後に記事の執筆を行うため、疲労も蓄積します。せっかくの休日も記事の執筆三昧、ということがありますね。このような日々が続くと辞めたくなってしまう気持ちもわかります…

  • ずっとパソコンに向かっているため身体が固まってしまう
  • 本業との兼ね合いから、時間を作るのが難しい
  • 調べ物が多く、作業時間に対しての文字数の進捗が悪い
  • 執筆以外の作業に時間を取られることが多い

ようするに、時間と環境を上手に作れていないことが原因です。
しかし、なかなか時間と環境を作るのは難しいですよね。1日の生活リズムや家族との生活空間。この問題を解決する方法ってどうすればいいのでしょうか。

僕もサラリーマンをしていますが、時間は作れています。具体的には1日5時間は最低でも作業をする時間の確保をしています。また体についての不調はデスクワークをしていれば業種は関係ありません。ようするに時間や環境はあなたが作るかどうを決めるだけです。

このようなネガティブな話が続くと、眉間にシワがよっているかも知れません。次で最後になります。ここはグッと堪えて最後の壁を理解しましょう。

クライアント対応からの壁

そして、4つ目の壁ですが、これは当たり外れがかなり大きいです。僕も実際にクラウドソーシングで出会ったクライアントにいくつかの疑問を持つことがありました。

  • 契約、仮払い後に納期を途中で変更してくる人
  • 仮払いをしていないのに、執筆を急かしてくる人
  • 先方都合で無理矢理契約を解除してくる人

ようするに、少し変わったクライアントに当たってしまった。
しかし、Webライターとして慣れてきた頃にこのようなことをされると、腹が立ちますよね。その苛立ちから業務への支障が出ることもあります。

そもそも人付き合いが苦手な方もいると思います。Webライターはやはりクライアントがいるのでコミュニケーション力は必要になります。しかし、自分に合わないクライアントは相手にしないことが1番大切です。

お疲れ様でした。いかがでしたでしょうか?このような壁があなたの前に立ちはだかります。このような壁に加えてもう1つ全てに当てはまる壁がついてきます。これに耐えられない人も多くいますが、次のパートでは+1についてをご紹介します。

本当に最後の壁を理解して欲しいので、あと1つだけお付き合いください!

Webライターはとにかく孤独です

こちらのパートでは、Webライターの仕事は孤独という点について解説します。孤独に耐え切れず辞めてしまう人が1番多いです。孤独は本当に辛いですよね。副業でWebライターをしていると、先ほど紹介した全ての壁に関わってくる問題が立ちはだかります。前回のパートでお伝えした下記の壁をおさらいしましょう。

  • 単価が安すぎて稼げない壁
  • 作業がつまらないと思う壁
  • 時間と体力が限界と思う壁
  • クライアント対応からの壁

この壁を乗り越える時に1人で乗り越えるのは辛いですよね…。これはWebライターに限らずメディア運営をしていくにあたり、みなさんが持つ悩みです。

ハンカチを噛んで悔しがるWebライター

「相談できる人がいれば…解決策を知っている人がいれば…一緒に作業できる人がいれば…」

このように思う時ってありますよね。しかし、改善方法はあるにしても、本質的な改善にはつながらない人も多いです。

結論としては「慣れる」しかありません。1人でWebライターとして活動する環境を作るには下記の内容が重要です。

  • 作業効率が上がる、ベストな環境が重要
  • 同じ分野で活動する仲間を作ることが重要

重要なので深掘りしていきましょう。

作業効率が上がる、ベストな環境が重要

こちらはやはり大切です。カフェなどでの作業もOKですが、自分専用のスペースがあれば作業は1人でも格段に上がります。

副業の環境作りについて詳しくはこちらの記事をご覧になって下さい。

同じ分野で活動する仲間を作ることが重要

1人での作業にどうしても耐えられない時もありますよね。そこまでしゃべりたいわけではないけど誰かと繋がっている環境は欲しい。そんな時にはこのような企画も行っています。

孤独を解決する方法として詳しくはこちらの記事をご覧になって下さい。

Webライターは孤独…これは揺るがない事実です。この孤独と、どう向き合うかが非常に重要です。その中でちょっとした解決策をご提案しました。

こちらのテーマでは「副業でWebライターが乗り越えるべき壁 4選+1」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

副業でWebライターが壁にぶち当たった時の対処法

2_2_wall-to-overcome

膝を抱えて涙を流すWebライター

「立ちはだかった壁を乗り越えるのには、どのような対策をすればいいのだろう?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するために深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

このテーマを読むメリットは次の内容です。

  • 立ちはだかった壁の乗り越え方がわかります
  • このまま進むか、違う道を進むか決断可能

こちらのテーマでは、実際に立ちはだかる壁をいかにしてクリアするか、解説していきます。

壁を乗り越える方法はこの4つ

こちらのパートでは、壁を乗り越える4つの方法について解説します。壁にぶち当たった時は、この対処方法で解決します!

  • 小休憩をとり1度離れましょう
  • 自分の好きな仕事をしましょう
  • 最終手段は外注すれば問題なし
  • 保険副業を始めておきましょう

副業でWebライターをしていても辛いことはたくさんあります。あまり辛いと感じない人は「少し変わった人です」この記事に辿り着いたあなたは正常なのです。副業でWebライターをして、壁にぶちあたれば、これから紹介することを試して下さい。案外クリアできますよ。

小休憩をとり1度離れましょう

ありきたりですが、疲れたら休憩しましょう。大切なのは「嫌いになる前に少し離れる」ことです。実はこれ、結構重要です。嫌いになってしまってからでは終わりなんです。完全にWebライターのことを忘れる日を作ることが重要です。

頭の上にはてながついているWebライター

「そんなことしたら戻って来れなくなるのでは?」

このように考える人もいますね。しかし、ただ休憩するのではなく、休憩する際のコツがあります。それは次の仕事(納期長め)の依頼を受けてしまっておくことです。これをしておけば、休憩期間のお尻を決められるということです。このようにし、本当に辛ければ休憩しましょう。

自分の好きな仕事をしましょう

現在のクラウドソーシングのお仕事の数はご存知でしょうか?Webライターのお仕事の数は下記の通りです。

  • クラウドワークス 2,161件
  • ランサーズ     883件

これだけあります。仕事はいくらでもあります。
※2021年4月30日現在

ようするに、自分の得意なジャンル、今のあなたのレベルで十分対応可能なお仕事を、数件こなしましょう。

目的はWebライターとしての感を取り戻すことです。また、Webライターは簡単という気持ちにすることが重要です。難しい仕事、自分のレベルには合っていないのに、高単価かつ興味のないジャンルを受けていることが原因になっていることが多いです。

あえて、今のあなたのレベルより低い仕事をし、自信を取り戻すことをおすすめします。
この改善方法の目的は、あなたのやる気と自信を取り戻すためです。ですので、報酬は一旦無視しましょう。

最終手段は外注すれば問題なし

こちらは本当に最終の手段ですが、外注です。とはいっても、外注は全く問題なしです。ガンガン使っていくべきです。また、外注を上手に使いこなし、最終的に外注から得られる知識や経験を生かせば、他のビジネスやブログネタになります。外注をすることのメリットはこのような内容です。

  • あなたの肩の荷がおります
  • 壁を乗り越える期間も信用を失いません
  • 発注者側として実績も付けられます

ようするに、壁を乗り越えながら、新しいスキルを付けつつ、実績も作れる。ということです。

しかし、Webライターとしてやっていきたい方は、あくまでも自分の実績が必要です。どうしても厳しい時の最終手段としましょう。

保険副業を始めておきましょう

やはり大きなウエイトを占める問題として、収益の問題がありますね。

大きくため息をつくライター

「これだけ頑張っているのに、収益が少ない…」

こう思うのであればブログを始めることをおすすめします。

もちろん最初はWebライターのお仕事と被りますので労働時間は増えます。しかし、ゆくゆくは楽になるかもしれません。
  • Webライター
    フロー収益
  • ブログ
    ストック収益

ようするに、今の収益はWebライターをしながら稼ぐ。先々の収益はブログから収益にシフトチェンジする。

そもそも、ブログで収益が入ってくるようになれば、Webライターの作業を直接あなたがするのではなく、同じように悩みを抱える方のサポートなどにまわり、収益を得ることも可能です。

また、Webライターとブログは本質的には同じです。ようするに文字を書く仕事です。全く関係のない分野ではありませんし、Webライターの経験をブログに書くことで、ブログネタが尽きないというメリットがあります。

Webライターで稼ぐためにスクールで学びたい方はこちらの記事を参考にしてください。

辛いなら他の道に進んでもOK

こちらのパートでは、Webライター以外の道を選ぶ方法について解説します。

挫折しても誰もあなたを責めません!副業ですから・・・

本業をしながら副業として、Webライターを始めた方が、この記事を読んでくださっていると思います。どうしても厳しい場合は違う方向に方向転換もありだと思います。

ようするに、本業では、なかなかそうはいきませんが、副業だからこそフットワーク軽く動けると思います。

副業は、辛い思いをしてまですることではありません。もしくは、少しの期間方向転換をしてみるものありだと思います。Webライターとしても知見が広がりますし、Webライターとしての執筆が、できる範囲も広がります。

このような声もよく聞きます。

指示出しする上司

「やると決めたら最後までがんばれ!」

僕はこの言葉にはあまり賛同できません。人生は限りがあります。違うと思ったらすぐに方向転換もありです。

無理はしなくてOKです!
壁はたくさん出てきますが、乗り越えるだけが方法ではありません。壁を避けることも1つのテクニックです!

こちらのテーマでは「副業でWebライターが壁にぶち当たった時の対処法」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

3_wall-to-overcome
この記事では「【壁の乗り越え方】副業でWebライターが乗り越えるべき壁 4選+1」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • 副業でWebライターが乗り越えるべき壁 4選+1
  • 副業でWebライターが壁にぶち当たった時の対処法

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。下記の自宅で学べる無料講座「THE 副業大百科 〜個人の力でお金を稼ぐ〜」も、是非チェックしてくださると喜びます🙇‍
講座を視聴していただいた方限定で豪華特典を無料プレゼントしているので、この機会にどうぞ💁‍♂️

自宅で学べる無料講座

賢い副業!特別ウェビナー

お知らせ:厳選した下記のコンテンツがおすすめです

サラリーマンから主婦の方に対応しており、これから賢く副業をスタートしたいとお考えの方は、ぜひどうぞ🙇‍

おすすめコンテンツ

無料コンテンツ

有料コンテンツ

当ブログと他のサイトの圧倒的な違いは、様々な疑問や悩みを解決するために【無料体験レッスン】30分の無料相談会&体験レッスン(オンライン開催)に初回限定で参加できることです。

どうしても分からなかったり、1人で悩むことがあればご相談ください。

その他、ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

無料から学べる「Wakablog College」に参加はお済みですか?会社を辞めずに副業で安定した収益を発生させるために、順序立てて学べるオンライン学習サイトです。この機会にぜひどうぞ💁‍♂️

僕は、こんな人です

わかチン
本業を捨てずに、ブログを主軸に収益を発生させています。また、副業を始めた人が迷わずに学べるオンラインスクール【Wakablog College】を運営しています。当ブログではみなさんにとって有益な情報を無料で提供していきます。一緒に頑張っていきましょう!「サラリーマンや主婦の方向け!個人の力でお金を稼ぐための講座」を無料配信中!無料で集中して作業ができる環境→ もくもく作業会
» プロフィール詳細はこちら

チップをいただけると、心から喜びます

特別配信【THE 副業大百科】個人の力でお金を稼ぐ【無料で受講できる特別講座】

挫折防止【1人じゃない!】ZOOM もくもく作業会〜孤独社会からの脱却〜