会社を辞めずに賢く副業で稼ぐわかチンのブログ

» 「1人で作業するのが辛くなってきた...」そんな時は、無料のもくもく作業会をご利用ください!孤独感がなく、作業がはかどります。興味がある方は【!!●ここをクリック●!!】

【収入が気になる人必見!】コーディングスキルで稼げるリアルな収益

Webデザイン

Webデザイン コーディングで稼げる金額

コーディングスキルを習得しました「副業でスキルを活かす場合どのくらい稼げる?収益UPのコツとかも知りたいな」このような悩みが出てきました。

今回は、このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

この記事を読むメリット

  • コーディングに必要なスキルを活かした職種と年収がわかる
  • これらの職種で収入を上げる方法を知ることができる

この記事を書いている僕は、2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、Webデザイナーとして活動しています。

そんな僕は、副業を始めた当初、Webライターとブログをメインでやっており、Webデザインの勉強はゆっくり進めていました。しかし、勉強を始めて1年が経ち、ある程度コーディング関係のスキルもついてきたので、Webデザインの業務でも稼げる様になろうと思い行動しました。

そしてまず、僕が1番気にしたことは下記の内容でした。

Webデザイン コーディングで稼げる金額

「Webデザインは実際どのくらい稼げるのだろう?具体的にどうすればコーディングスキルを使って稼げるのかな?」

同じ、クライアントワークでいえば、Webライターとしての経験があったので、今となってはある程度わかるのですが、やはりWebデザインは全くわからず、色々調べ、実践しました。そして、ある程度、僕が副業で稼げる金額がわかってきました。

Webデザインは単発系の仕事ばかりをしていたら稼げません。これはWebライターと同じです。やはり稼いでいくには固定のクライアントを持つ必要があると感じました。

そのため、コーディングスキルが付いたらどの様なことを考えながら業務をこなしていけばいいのかを理解する必要があります。

この記事では、コーディングスキルをある程度持った副業のWebデザイナーが考えるべきこと、業種ごとの収益金額の平均をシェアしていきます。参考になると嬉しいです。

結論

単発受注をメインにすると240万前後です。固定クライアントを持つと600万前後です。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

本記事の動画解説版

コーディングスキルで稼げる副業の年間収益

2021_1028_2_1-real-earnings-with-coding-skills

Webデザイン コーディングで稼げる金額

「副業でコーディングをしている人って実際どのくらい稼げているのかな?高い人や低い人もいると思うけど平均どのくらい稼げるのかリアルな金額を知りたいです!」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • それぞれの職種のリアルな収益を知ることができる
  • 目標とする職種を選ぶ基準になる

こちらのテーマでは、コーディングスキルで稼げる副業の年間収益を解説していきます。さまざまな職種のリアルな収益について詳しく解説します。副業を始める際に、「その仕事でいくらくらい稼ぐことができるのか」ということは気になる部分ですよね。副業を始めたいと考えている方は1つの目安として、ぜひ参考にしてください。

これから解説する収益金額については、クラウドソーシングサイト等での案件獲得した場合を想定して算出したものになります。「そんなに簡単に仕事ができるの…?」と疑問に思うかもしれませんが、心配ありません。

特定のスキルを持つ方は、クラウドソーシングサイトでの案件獲得は比較的容易です。また、それ以外に企業案件など直接受注するものは金額が大きく変わってきますので、「副業を始めて間もない段階での収益」という認識で目安にしてみてください。

Webデザイナーの年間収益

こちらのパートでは、Webデザイナーの年間収益について解説します。副業でも人気なWebデザイナーという仕事は、みなさん収益が高いから副業にしているのでしょうか?コーディングスキルを習得したWebデザイナーは仕事の幅が広く収益にも影響してきます。Webデザイナーとしてコーディングスキルを活かしたい方は、稼げる金額の相場が分かるでしょう。

Webデザイナーとして副業で稼げる年間収益は、約120~360万円です。以下で詳しく解説していきます。

Webデザインは取り組む案件の内容によって収入が変わります。実際にはWebサイト制作、コーディング、Webデザインとジャンルが分かれています。小さな案件であればバナー制作のみの5,000円、大きな案件であればWebサイト制作で20万円以上とあります。ただし20万円以上の大きな案件は1ヶ月以上の時間がかかるため、本業と同時に行うには少しきつい作業なので、毎月仕事を受けるのは現実的ではないでしょう。

平均では月に20~30万円の収入、時給換算すると2,000~3,000円程となります。Webデザインでは小さな案件から大きな案件まであり可能な範囲で仕事量を調整できるため、余裕のある時期に副業に力を入れるなど、バランスよく仕事をしていくことができるはずです。Webデザインの案件数はとても多いので、案件の獲得ができずに稼げない、というようなことはまずないでしょう。

副業Webデザイナーとして稼ぐため「知識やスキルをしっかり習得しておきたい!」という方は、以下の記事でオススメのスクールを解説しているので参考にしてください。

コーダーの年間収益

こちらのパートでは、コーダーの年間収益について解説します。コーダーは習得したコーディングスキルをそのまま惜しみなく発揮できる職種です。本業の合間に行う仕事として、選択肢に浮かびやすいものかもしれません。実際に副業でコーダーはどのくらい稼ぐことができるのか、こちらでだいたいの相場が分かるでしょう。

コーダーとして副業で稼げる年間収益は、約60~240万円となります。以下で詳しく解説していきます。

コーディング単体の仕事の場合は1案件で5万円前後、コーディング以外のWebデザイン等のスキルもある場合は10~20万円の報酬となります。時給1,000~2,000円で求人を出している仕事もありますが、だいたい2,000円前後が相場と言えるでしょう。副業のコーダーは単価で考えると高いとは言えませんが、他の仕事と比べて1案件をこなす時間が少なく済みます。そのため数を多くこなすことで、年間の報酬をアップさせることができるのです。

仕事の受ける数によって収入にバラつきが出るため平均的な年間収益を出すのは難しいですが、コーダーという仕事が稼げないというわけではありませんので、心配しないでください。なにより、習得したコーディングスキルがそのまま活かされる仕事なのでやりがいがありますし、作業効率が上がるにつれてより多くの案件をこなすことができるため、本業と同じくらいの収益はすぐに達成するのではないでしょうか。

フリーランスとして仕事をすることを目指しているのであれば、まずは副業から始めて作業効率を上げていく練習をしていきましょう。

プログラマーの年間収益

こちらのパートでは、プログラマーの年間収益について解説します。本業がプログラマーの方も、空いた時間で副業をしている方が多いです。そうなると、プログラマーは本業でも副業でもそれなりに収益の上がる職種だということが分かります。プログラマーとしてコーディングスキルも活かして副業したい!という方は、こちらで稼げる金額の相場が分かるでしょう。

プログラマーとして副業で稼げる年間収益は、約60~240万円となります。以下で詳しく解説していきます。

基本的にどの副業も同じですが、1日にどれくらいの時間を使うかはそれほど重要ではありません。納期に間に合えばいつ作業しても良いので、時間をまとめて取れるときに作業をする方や、少しずつスキマ時間を使って作業する方などさまざまでしょう。プログラマーは、案件によって単価が以下のように異なります。

  • ホームページ、LP制作:相場5~20万円
  • マクロ、ツール:相場~5万円
  • Webサイト制作:相場30~80万円
  • スマホアプリ開発:相場10~100万円

このように、プログラマーとしての実力がどの程度あるかで一度に稼げる金額が大幅に変わってきます。スマホアプリ開発などができる程のスキルがあれば1案件で100万円という報酬もあり、高単価な仕事を受注することが可能となります。

副業でも十分なスキルと時間があれば、本業以上に稼ぐことは可能です。ただし、現実では高単価な案件をこなすには時間の制限が厳しく、上記のような収益にとどまることが多いようです。全体の平均で時給換算すると2,000円前後といったところでしょう。

フロントエンドエンジニアの年間収益

こちらのパートでは、フロントエンドエンジニアの年間収益について解説します。フロントエンドエンジニアは近年需要が高くなっている職種であり、本業+副業で仕事をする方もいらっしゃいます。完全なフリーランスになる前に副業でどのくらい稼げるのかを知っておきたい、という方は、ぜひ参考にしてください。実際の稼げる金額の相場が分かるでしょう。

フロントエンドエンジニアとして副業で稼げる年間収益は、約120~360万円となります。以下で詳しく解説していきます。

副業で行うフロントエンドエンジニアの仕事は単価基準が高く、時給換算すると5,000円以上のものが多いです。それに加えて稼働時間が短く済み、月の半分の稼働で20代の平均月収と同等の収入を得ることができるのです。

副業求人サイトではフロントエンドエンジニアの案件が非常に多いのですが、それにも関わらず技術者の数が少ないため、スキルさえあれば簡単に稼ぐことができるでしょう。「時間に余裕がある」「もっと月の収入を増やしたい」と考える方は、稼働時間を増やせば本業よりも稼げる可能性があるので、無理のない範囲で副業時間を作っていってください。いずれ独立したい方には良い準備期間になるでしょう。

ただし、フロントエンドエンジニアとして稼いでいくには幅広いコーディング能力が求められます。副業からこの仕事を選んで稼いでいきたいのであれば、コーディングスキルをしっかりと身につけて始める必要があります。

バックエンドエンジニアの年間収益

こちらのパートでは、バックエンドエンジニアの年間収益について解説します。フロントエンドエンジニアと同様、求人が増えている職種の1つです。経験やスキルがあれば、副業でも収入を得ることは可能となります。バックエンドエンジニアとして副業を始めたい方は、稼げる金額の相場が分かるので参考にしてください。

バックエンドエンジニアとして副業で稼げる年間収益は、約120~240万円となります。以下で詳しく解説していきます。

バックエンドエンジニアの副業案件は、単価相場月10~20万円程です。時給換算すると4,000円前後となり、副業の中でも単価は高い方です。フロントエンドエンジニアより少し単価は下がるものの、決して簡単にできる仕事というわけではありません。

そもそも経験がない方は副業として取り組むことがなかなか難しく、勉強している途中でその道を断念する方も少なくありません。確固たるスキルや知識、経験がこの収益を生み出しているのです。また、コーディングスキル以外にも必要とされるスキルがあり、どちらかというとそちらの方が重要なので上記のような金額を稼いでいこうと思うのであれば、事前準備が必要となるでしょう。

バックエンドエンジニアに求められる主なスキルは以下の3つです。

  • プログラミングに関する知識
  • フロントエンド開発に関する知識
  • サーバーやデータベースの知識

幅広い知識や能力が求められ、常に勉強を続けていかなければなりません。大変な職種ではありますが、そういったスキルを習得することで、高単価な案件が取り放題な状態になっていきます。

システムエンジニアの年間収益

こちらのパートでは、システムエンジニアの年間収益について解説します。今は副業エンジニアの需要が高まっており、多くの企業は「スポットでもエンジニアが欲しい」という状態です。そのため副業案件の中でも比較的高単価の報酬が期待できます。実際に副業で得られるシステムエンジニアの収益金額の相場について、解説します。

システムエンジニアとして副業で稼げる年間収益は、約120~240万円となります。以下で詳しく解説していきます。

副業のシステムエンジニアの仕事は、単価相場月10~20万円です。時給換算すると、2,000~4,000円程となるでしょう。システムエンジニアは主にシステム開発の上流工程部分を担当しており、通常は仕事の受注もこの部分で行うことが多いです。ですが実際にはシステム開発の全ての工程を行うこともできるよう習得しているスキルがあるため、システム開発全体をまとめて行う高単価な案件が取れるようになるのです。

そうすると、部分的な仕事から全体的なものまで案件の選択肢が広がり、自分で好きなように仕事をしていくことができます。また、まとまった仕事を取ることで単価もグッと上がるため、より仕事をしやすい環境を作ることができるのです。高単価な案件を狙う際にコーディングスキルが必ず役立つので、システムエンジニアという仕事は継続的な収益を見込むことができるでしょう。

以上で述べた年間収益はあくまで平均的なものです。これ以上に稼ぎたいと思えば仕事量や時間を増やしたり、他にもスキルを習得したりすることで、簡単にこれらの金額は超えてくるでしょう。副業を始めるために役立つコーディングスキルを磨きたい!という方は、以下の記事を参考にしてください。


また、どのようにコーディングスキルを学習すれば良いか分からない方は、こちらの記事を読んで参考にしてください。

こちらのテーマでは「コーディングスキルで稼げる副業の年間収益」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

コーディングスキルで稼げる副業の収益UPの方法

2021_1028_2_2-real-earnings-with-coding-skills

Webデザイン コーディングで稼げる金額

「コーディングで収益を上げるために必要なことってなんだろう…?スキルも大切だけど他に必要なものってあるのかな?」

こちらのテーマでは、このような疑問を解消するため、深掘り解説をしていきます。

本テーマの内容

本テーマを読むメリットはこちら

  • 副業の収益を上げる方法を知ることができる
  • 収益アップの方法をすぐに実践できる

こちらのテーマでは、コーディングスキルで稼げる副業の収益UPの方法を解説していきます。先程はコーディングスキルで稼げる副業のリアルな収益を解説しました。「思ったより少なかった…」「わざわざ仕事を増やす方が大変そう」と思った方もいるでしょう。こちらでは、そんなリアルな収益を更に上げていく方法について解説します。

収入アップ方法1:スキルの幅を拡げる

こちらのパートでは、収入アップの方法としてスキルの幅を拡げることについて解説します。ITの世界は常に進化しているため、知識やスキルもそれに合わせて進化させていかなければなりません。今できることだけでなく、今後も最先端の知識で仕事を行っていくために、スキルの幅を拡げていくことが重要となります。詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

スキルの幅を拡げることで収入アップを実現することができます。今あるスキルをより専門的に知識を深めていくこと、そして新しいスキルを習得していくこと、これらはどちらも「スキルの幅を拡げる」ことになっています。どちらも同じように必要なことですが、ITの職種はコーディングスキルやWebデザインのスキル等、どれも近い関係にあります。そのため、新しいスキルを習得していくことを重点的に行う方が早く収入アップにつなげられるでしょう。

●例えば以下のようなことが挙げられます。

  • HTML/CSS → 新らたにJavaScript習得
  • PHPの知識 → WordPressを扱う
  • SEOの知識 → 検索流入を増やすための施策を打つ

単純にできることが多ければその分できる仕事も増えるため、スキルの幅を拡げる = 収入アップとなるのです。

また、Webデザイナーなどの場合であれば自らスキルの幅を拡げるために、キャリアアップを狙うのも良いでしょう。キャリアアップすることだけでも収入は上がりますが、キャリアアップをして仕事量が増えることによって、必要なスキルも増えていきます。そうやって必然的にスキルを習得しなければならない過程をつくるのです。とにかく新しい分野に積極的に挑戦して、仕事の幅を拡げていきましょう。

収入アップ方法2:経験を積む

こちらのパートでは、収入アップの方法として経験を積むことについて解説します。経験を積むということは、分かりやすい収入アップの方法の1つです。副業で始める仕事が未経験、ということはよくあることです。時間がかかる方法ですが、確実な方法とも言えます。これから詳しく解説していきます。

そのままの意味ですが、実務経験を積むことで収入アップにつながります。経験を積んでいる方は知識やスキル、実務日数、信頼関係など全てにおいて未経験者よりも上だからです。年数を買うことはできませんので時間はかかりますが、未経験者や経験が浅い方はコツコツと実績を積んでいくしかありません。

経験者と比べるとできないことは多いですが、それでも実務をこなしていくことで、勉強では学びきれない知識やスキルを習得することが可能となります。また、早いうちからその仕事を経験していくことで実績も積み上げられ、収入アップも早められるようになるでしょう。

ただし、専門的な知識が必要とされる職種については仕事を経験すること自体難しいため、そのようなときはできるだけその仕事内容に近いものを選び、低単価な案件などたくさんの数をこなすと良いでしょう。そのときに収入が低かったとしても、案件数(実績の数)が多いほど、クライアントからの信頼も得やすくしっかりと評価されるので安心してください。

収入アップ方法3:コミュニケーション能力を磨く

こちらのパートでは、収入アップの方法としてコミュニケーション能力を磨くことについて解説します。IT系の仕事をする方の中には「コミュニケーションを取るのが苦手」という方もいますが、収入をアップさせるためには必須の部分になります。なぜ必要でどのように役立つのか、解説していきます。

どのような仕事でも、人とコミュニケーションを取ることは大事なことです。大人になってコミュニケーションの取り方について指摘されることは少なくなりますが、収入アップにつながるのでぜひこの能力を磨くようにしましょう。

そもそも副業は、「会社に属している自分」ではなく「自分単体」が仕事をしているのです。クライアントから直接仕事を受け、その対価として収入を得ています。この時点で最低限のコミュニケーションが取れなければ、副業をすることができないことは理解していただけるでしょう。

そしてコーディングスキルを活かす仕事は特に、クライアントとのコミュニケーションが必要になってくるのです。うまくコミュニケーションを取ることができなければ、要望どおりのものを作りあげることができず、「この人は仕事ができない」あるいは「うちの会社とは合わない」と判断されてしまうからです。

●具体的には、以下の3つを意識していきましょう。

  • クライアントからの要望やニーズを正しく把握する
  • 自分の提案や考えを分かりやすく伝える
  • 疑問に思ったことなどの意思疎通を図る

上記のことができれば、クライアントとの信頼関係を築くことができます。お互いに気持ちよく仕事ができれば、継続して仕事を頂けるようになったり、単価が上がったりすることにつながるのです。収入を上げることだけでなく良い仕事をすることにも関係してくることなので、苦手と感じる方もがんばってコミュニケーション能力を磨いていきましょう。

収入アップ方法4:ネットワークを拡げる

こちらのパートでは、収入アップの方法としてネットワークを拡げることについて解説します。ネットワークを拡げることは、収入アップの近道となります。また、収入だけでなく今後の仕事のしやすさも変わってくるはずなので、ネットワークを拡げることの重要性について詳しく解説していきます。

ネットワークを拡げることで仕事を受注しやすくなり、収入アップにつながります。数ある収入アップの方法で、これが一番楽で安心できる方法となるでしょう。

プログラミングなどの技術系の仕事は、築き上げていったネットワークで次の仕事につながっていくのです。普段の仕事やプライベートでさまざまな人とコミュニケーションをとっていく中で、誰とどのように仕事でつながるかは分かりません。

久しぶりに連絡を取り合った地元の友達や、本業の会社の上司、飲みの席でたまたま知り合った経営者など、これらの中でも一緒に仕事ができる可能性があるのです。

当然、同じ職種の人と知り合う方が仕事につながる可能性は高くなりますよね。このように、どれだけ人脈を作れるかによって仕事量が大きく変わってくるのです。ネットワークを拡げるため、ぜひ積極的に以下のようなことを行ってみてください。

  • 知人、友人から紹介を受ける
  • IT関連の交流会、勉強会に参加する
  • SNSで発信

同じ職種の仲間を増やすことで、人脈が広がり思わぬ形で仕事が舞い込むこともあります。収入を上げられることに加えて実績を積むこともできるのでオススメです。

収入アップ方法5:経営の知識を身に付ける

こちらのパートでは、収入アップの方法として経営の知識を身に付けることについて解説します。今後、より高額な収入を得ようと考えているのであれば、経営の知識はマストで身に付けておくべきです。詳しく解説していきますので、参考にしてください。

経営の知識を身に付けておくことで、収入アップにつながります。副業で収入をアップさせるということは、「自分」という会社の売上を上げるということに言い換えられます。つまりどのように売上を上げれば会社を存続させられるのか、という経営の考え方と同じことなので、経営の知識を身に付ければ副業の収入をアップさせることにそのままつながるのです。

また、会社の中では経営者と従業員では考えていることが全く違います。そのため一従業員が経営者の視点で物事を考え仕事をすることができるのは非常にめずらしく、経営者にとってもありがたい存在なのです。

クライアントにとってそのような考えを持つ人と仕事ができるのは、とても貴重なことであり信頼できます。スキルの習得が収入アップにつながることは間違いありませんが、技術面だけでなく以下のような知識も身に付けるようにしましょう。

  • 経営戦略
  • マーケティング
  • 会計

いずれ独立することを目標にして副業を始めるのであれば、経営の知識はむしろ必要になってきます。独立した際にも大いに役立つ知識となるでしょう。

ここまでの内容をご覧いただき、重要になってくることは「解説した5つの方法を使い継続案件に持ち込む」ということです。このように5つの方法を使える様になれば「次の案件もこの人に任せたい!」と思う様になります。

発注者は基本的に何度も仕事を発注しています。その度に新規で新しくデザイナーを探すのは辛いです。ですので、1回の仕事で、デザインスキル+αがあれば継続案件につながります。

このことを意識して、今後のスキルを習得していきましょう。

こちらのテーマでは「コーディングスキルで稼げる副業の収益UPの方法」について深掘り解説をしてきました。こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

2021_1028_3-real-earnings-with-coding-skills
この記事では「【収入が気になる人必見!】コーディングスキルで稼げるリアルな収益」というタイトルを下記のテーマにまとめて解説しました。

  • コーディングスキルで稼げる副業の年間収益
  • コーディングスキルで稼げる副業の収益UPの方法

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。下記の自宅で学べる無料講座「THE 副業大百科 〜個人の力でお金を稼ぐ〜」も、是非チェックしてくださると喜びます🙇‍
講座を視聴していただいた方限定で豪華特典を無料プレゼントしているので、この機会にどうぞ💁‍♂️

自宅で学べる無料講座

賢い副業!特別ウェビナー

お知らせ:厳選した下記のコンテンツがおすすめです

サラリーマンから主婦の方に対応しており、これから賢く副業をスタートしたいとお考えの方は、ぜひどうぞ🙇‍

おすすめコンテンツ

無料コンテンツ

有料コンテンツ

当ブログと他のサイトの圧倒的な違いは、様々な疑問や悩みを解決するために【無料体験レッスン】30分の無料相談会&体験レッスン(オンライン開催)に初回限定で参加できることです。

どうしても分からなかったり、1人で悩むことがあればご相談ください。

その他、ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

無料から学べる「Wakablog College」に参加はお済みですか?会社を辞めずに副業で安定した収益を発生させるために、順序立てて学べるオンライン学習サイトです。この機会にぜひどうぞ💁‍♂️

僕は、こんな人です

わかチン
本業を捨てずに、ブログを主軸に収益を発生させています。また、副業を始めた人が迷わずに学べるオンラインスクール【Wakablog College】を運営しています。当ブログではみなさんにとって有益な情報を無料で提供していきます。一緒に頑張っていきましょう!「サラリーマンや主婦の方向け!個人の力でお金を稼ぐための講座」を無料配信中!無料で集中して作業ができる環境→ もくもく作業会
» プロフィール詳細はこちら

チップをいただけると、心から喜びます

特別配信【THE 副業大百科】個人の力でお金を稼ぐ【無料で受講できる特別講座】

挫折防止【1人じゃない!】ZOOM もくもく作業会〜孤独社会からの脱却〜