副業継続ビルダー:わかチンのブログ

【ブログ初心者/初期設定・その5】カテゴリーとタグの違い

BLOG

ブログのカテゴリーとタグについての質問です。
「カテゴリーは使っているけどタグってどうやって使うの?」
「カテゴリーとタグってSEOに影響があるって聞いたけど本当?」
このような疑問が出てきました。

このようなお悩みを解決するための、お手伝いをします。

本記事の内容

  • カテゴリーとタグの違い
  • カテゴリーとタグの使い方

この記事を書いている僕は2020年9月から副業を始めました。現在は本業と両立し、毎日ブログを執筆しながら活動しています。
そんな僕はブログを始めた当初、カテゴリーとタグの違いがよくわかっていませんでした。しかし、カテゴリとタグを使いこなし、整理することでSEOの評価が変わり、50位以内に入る記事が以前より増えてきました。
日々どんなことを意識してカテゴリーとタグと使い分けているをシェアしていきます。参考なると嬉しいです。

結論です。

カテゴリーとタグは重要な設定の1つです。

上記のとおりです。
過去の僕と同じ悩みを抱える方へ、心を込めて深堀りします。

カテゴリーとタグの違い

【ブログ初心者/初期設定・その5】カテゴリーとタグの違い

カテゴリーは「ジャンル」、タグは「キーワード」です。

サイト上の本棚です。

  • カテゴリとタグはこのように理解
  • SEOとの関連性について

結論です:読者の読んでもらう為には必要な項目です。

「カテゴリーとタグって何が違うんだろう?」

このパートではこのような疑問を解消するために深掘ぼり解説をしていきます。

カテゴリとタグはこのように理解

【ブログ初心者/初期設定・その5】カテゴリーとタグの違い

  • カテゴリー:「健康本」/「旅行本」などの括り
  • タグ:カテゴリーが異なっても、共通するもの(例:著者)

カテゴリーとタグの違い

◆カテゴリー
いわゆる、「ジャンル」です。親カテゴリーや子カテゴリーに分類できることです。ようするに「雑誌の、旅行カテゴリー」と思えば問題ありません。

◆タグ
記事に関連する、「キーワード」です。階層を持てない(単発のキーワード)ということです。ようするに作者の方の名前のようなものです。

まとめるとこのような分け方になります。
ようするに、本棚でいうと○○さんの旅行記事を読もうとしたときにすぐに探せるようにすることです。

  • ○○さん タグ
  • 旅行本 カテゴリー

このような感じです。

SEOとの関連性について

SEOを簡単に説明すると、読者が検索したキーワードで自分の記事を検索上位に表示させる取り組みになります。タグを正しく使うことでSEOはプラスに働くことになります。

タグを効果的に使うと読者が他のブログ記事を読むきっかけになります。
1人の読者が複数の記事を読むことでSEO上ではプラスになりますので、「SEOにおいてタグの設置は重要」と言われている理由です。
しかし、タグをうまく設置したからといって「読者が他の記事まで必ず読む」というほどの強力な施策ではないことも頭に入れておきましょう。
しかし、注意しないとSEO上でマイナスになることがあります。具体的にはタグの作りすぎです。タグを大量に作ってしまった場合、記事数の少ないタグページがたくさんできてしまいます。
例としてはこのようなことがあります。
タグが100個あるけど1つのタグに対して1~2記事しかないような状態です。このような場合はひとつひとつのタグのページがGoogleから「情報量が少ない低品質なページ」と評価される可能性があります。
この例だとそんな低品質なページが100個あると見なされるのでブログ全体がGoogleからの評価を落とされる危険があります。タグを設定するなら少なくとも5記事以上の記事数が該当するタグの時だけにしましょう。
さらにタグを付けすぎるとユーザーが目的の情報が探しづらくなります。このことで、読者がブログから離脱する原因にもなります。
つまり、タグを使うことはリスクでもあるということです。むやみやたらにタグを設置することはマイナスでしかありません。

こちらのパートでは
カテゴリーとタグの違い
について深掘り解説してきました。

こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

カテゴリーとタグの使い方

【ブログ初心者/初期設定・その5】カテゴリーとタグの違い

ファイルと付箋を使うのと同じです。

読者が読みやすいように整理するための設定

  • カテゴリーの使い方
  • タグの使い方
  • カテゴリーとタグの注意点

結論です:サイト内は常にわかりやすい設計にしましょう。

「カテゴリーとタグはどのように使うのだろう?」

このパートではこのような疑問を解消するために深掘ぼり解説をしていきます。

カテゴリーの使い方

まずは僕のカテゴリーを紹介します。
【ブログ初心者/初期設定・その5】カテゴリーとタグの違い
※2021年3月26日現在の状況です。
※「ー」が付いているのは階層になります。
このような感じで作るのが良いですね。ようするに、大きなジャンルの中にあるカテゴリーを作っていく感じになります。

タグの使い方

まずは僕のタグを紹介します。
【ブログ初心者/初期設定・その5】カテゴリーとタグの違い
※2021年3月26日現在の状況です。
全部で9個あります。
こちらはジャンルやカテゴリーを超えて作成できます。ようするに僕の場合であればこのような感じになります。
Blog」「Writing」「Design」「Programming」がカテゴリにあります。このカテゴリーごとの始め方に関わる内容が「STRAT」のタグをつけるというイメージです。

カテゴリーとタグの注意点

カテゴリとタグの注意点として数を多くしすぎないことです。あれもこれも入れたくなる気持ちが出てくると思いますが、数を多くすることであなた自身がきちんと管理ができない状態になります。ジャンルを含めたカテゴリの数とタグの数は下記のようにするのが良いとされています。

  • ジャンル 
    ⇨4個から6個
  • カテゴリー 
    ⇨各ジャンルに3個から4個
  • タグ  
    ⇨5個から15個

がベストとされています。大前提として自分が管理できる数で作成するようにしましょう。

こちらのパートでは
カテゴリーとタグの使い方
について深掘り解説してきました。

こちらの件でご相談がある場合は無料相談を行なっています。
» 【無料】30分無料相談

まとめ

【営業がコロナをきっかけに在宅勤務になった】成績爆上がりの方法!
この記事では
【ブログ初心者/初期設定・その5】カテゴリーとタグの違い
というテーマを下記の内容にまとめて解説しました。

  • カテゴリーとタグの違い
  • カテゴリーとタグの使い方

という内容でお届けしました。

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございました!

動画でも解説していますのでご興味ある方はご覧になって下さい。

わかチン
当ブログの筆者。副業をスタートさせたばかりの現役サラリーマン。業種は営業。そのため、ある程度の時間的自由がある。その中でライティング、デザイン、プログラミング、ブログの執筆をメインで活動中。また、疲れた時はメルカリで不用品販売を行っている。本業よりも副業の業務が優先の37歳。